青木文教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

青木 文教(あおき ぶんきょう、 1886年明治19年)9月28日 - 1956年昭和31年)11月7日)は日本チベット研究者で僧侶。チベット=西本願寺間の交換留学生としてチベットのラサ市に派遣され、ダライ・ラマ13世の教学顧問を務めた。

生涯[編集]

雪山獅子旗

浄土真宗本願寺派末寺正福寺(現在の滋賀県高島市)の生まれ。旧名・仏教大学(現・龍谷大学)在学時の1910年(明治43年)、西本願寺法主・大谷光瑞の命でインドで仏教遺跡調査、1911年(明治44年)、ロンドンで教育事情調査に従事する。同年、清国のチベット進軍を逃れてインドのダージリンに亡命していたダライ・ラマ13世に謁見し、学僧ツァワ・ティトゥーを日本への留学生として同行する。

1912年(大正元年)にインドにて再度ダライ・ラマ13世に謁見し、「トゥプテン・ギャンツォ」のチベット名を与えられ、チベットへの入国を許され、ラサ入りを果たす。

多田等観とともにラサに滞在したが、多田等観がセラ寺で修行生活を送ったのに対し、青木文教はラサの街に居住し、特技の写真撮影の腕を活かして多くの当時のチベットの風景・文物を記録した。またチベット仏教を研究し、主にチベットの市井で多くのチベット仏教に関する文物を収集した。また、文法学や歴史学などを学ぶ傍ら、ダライラマ13世の教学顧問として近代化のための助言を行った。

雪山獅子旗のデザインもする。また今に言うバックパッカー的な存在だったとも伝う矢島保治郎が当時のチベットの軍事顧問であったとして共にデザインへ関与した説もある[要出典]

1915年(大正4年)に学院での学びを終え、ダライラマ13世よりサンビリクト(別名パンディタ)の学位を受ける。そして、文教がチベットを離れる最後の一夜はダライ・ラマ13世と就寝したなど、深く現地に溶け込んだ。

1916年(大正5年)帰国。翌1917年(大正6年)に河口慧海の持ち帰ったチベット大蔵経の所有権をめぐり、青木文教と慧海との間で論争が起きる(大正の玉手箱事件)。

1941年(昭和16年)から終戦まで外務省調査部嘱託職員としてチベット問題研究に従事。戦後の1950年(昭和25年)、東京大学文学部チベット語講師に就任。

著書[編集]

資料[編集]

国立民族学博物館(大阪吹田市)・東京大学図書室・龍谷大学大宮学舎図書室には、ダライ・ラマ13世の書簡やチベットから請来したコレクションが所蔵されている。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]