寺本婉雅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
寺本 婉雅
1872年 - 1940年
Enga Teramoto.jpg
生地 愛知県海東郡
没地 滋賀県と推測
寺院 東本願寺
著作 蔵蒙旅日記・十万白龍

寺本 婉雅(てらもと えんが、1872年明治5年) - 1940年昭和15年))は、日本の仏教学者愛知県海東郡出身で、日本人として3番目にチベットに入った東本願寺である。

略歴[編集]

著書[編集]

  • 『蔵蒙旅日記』 芙蓉書房 1974年
  • 西蔵文秘密集根本担特羅 刊年不明

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 江本嘉伸 『西蔵漂泊―チベットに魅せられた十人の日本人〈上〉』 山と溪谷社 1993年 ISBN 4635280233
  • 江本嘉伸 『西蔵漂泊―チベットに魅せられた十人の日本人〈下〉』 山と溪谷社 1994年 ISBN 4635280241
  • 日本人チベット行百年記念フォーラム実行委員会(編) 『チベットと日本の百年―十人は、なぜチベットをめざしたか』 新宿書房 2003年 ISBN 4880082821

外部リンク[編集]