武邑尚邦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
武邑尚邦
1914年11月20日-2004年8月19日
諡号 浄楠院
生地 滋賀県栗東市伊勢落
没地 滋賀県栗東市伊勢落
宗派 浄土真宗本願寺派
寺院 真教寺
高楠順次郎
弟子 上山大峻市川良哉大野玄妙、北塔光昇、相馬一意

武邑 尚邦(たけむら しょうほう、1914年11月20日 - 2004年8月19日)は、東京大学仏教文化研究所で高楠順次郎に師事し、龍谷大学に奉職、因明学と真宗学を中心に研究を重ね、龍谷大学学長・浄土真宗本願寺派勧学寮頭を務めた仏教学者であり僧侶である。

略歴[編集]

主著[編集]

  • 『仏教に於ける思惟と実践』(1949年)
  • 『仏陀―新しき世界への出発』(1951年
  • 『起信論入門』(1953年
  • 『大乗起信論講読』(1959年
  • 『危機と人間愛―新しき日のために』(1959年)
  • 『教養仏教〈第1〉序説』(1962年
  • 『経典解釈の諸問題』(1963年
  • 『自覚と信仰』(1967年
  • 『仏教論理学の研究―知識の確実性の論究』(1968年
  • 『仏教入門―仏教を学ぶ人のために』(1970年)
  • 『仏性論研究』(1977年
  • 『十住毘婆沙論研究』(百華苑1979年
  • 『仏教思想辞典』(教育新潮社、1982年) ISBN 9784763301062
  • 『インド仏教教学―体系と展相』(法藏館1995年ISBN 9784831873460
  • 『因明学―起源と変遷』(法藏館、2000年ISBN 9784831873248
  • 『大無量寿経講讃』(永田文昌堂、2005年ISBN 9784816221330

論文[編集]