フョードル・イポリトビッチ・シチェルバツコイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シチェルバツコイ

フョードル・イポリトビッチ・シチェルバツコイシシェルバツコイスチェルバツキーもしくはスチェルバッコイ(: Fyodor Shcherbatskoy: F. Th. StcherbatskyФёдор Ипполи́тович Щербатско́й1866年10月1日 - 1942年3月12日)は、ロシアインド学者。西洋における仏教および仏教哲学の研究機関の設立に貢献した。

生涯[編集]

ポーランドキェルツェ(旧ロシア帝国領)生まれ。ツァールスコエ・セロー・リツェイ(ロシア皇帝アレクサンドル1世が1811年にサンクトペテルブルク郊外に設立した学校)で学び(1884年卒業)、サンクトペテルブルク大学歴史文献学部を1889年に卒業。イヴァン・ミナエフロシア語版セルゲイ・オルデンブルクに師事。その後海外に派遣され、ウィーンにてゲオルク・ビューラーの下でインド詩文を、ボンにて ヘルマン・ヤコビの下で仏教哲学を学ぶ。1897年に、オルデンブルクとともに、稀少仏教テクストを収蔵した「佛教文庫」(Bibliotheca Buddhica)の出版を開始する。

インドおよびモンゴルへの旅行(ゲルク僧より学んだとされる[1]。)を終えた彼は、1903年に「後期仏教教義の理論(Theory of Knowledge and Logic of the Doctrine of Later Buddhists)」第1巻(ロシア語)を刊行する[2](全2巻。1903-1909年刊)。1928年、サンクトペテルブルクに仏教文化研究所(Institute of Buddhist Culture)を設立。 「仏教における涅槃の概念(The Conception of Buddhist Nirvana)」(英語。1927年刊)は、西洋世界において評判となった。続いて出版した主著「仏教論理学(Buddhist Logic)」(全2巻。英語。1930-32年)は現代仏教学に大きな影響を及ぼした。

1942年、カザフスタンのボロボイ(Borovoye)[3]にて死去。

母国での知名度は上がらなかったが、サンスクリット語やチベット語の分野では、ネルー(インド初代首相)やタゴール(ノーベル文学賞受賞)らからも称賛された。ブリタニカ百科事典(2004年版)では、彼のことを「西洋における仏教哲学の第一人者」と表現している。

脚注[編集]

  1. ^ 金岡秀友「フョードル・イッポリトウィチ・シチェルバトスコイ伝」『大乗仏教概論』所収, 1957。
  2. ^ Teoriia poznaniia i logika po ucheniiu pozdnieĭshikh' buddistov ( 2 vols., S.-Petersburg: Tip. "Gerol'd", 1903-1909 ) - Vol. I: Uchebnik logiki Darmakirti s tolkovaniem na nego Darmottary ( 1903 ) ( Note: Vol. 1 includes a translation of Dharmakirti's Nyāyabindu and Dharmottara's Nyāyabindutīkā. ) - Vol. II: Uchenie o vospriĭ a tiĭ i umozakli u cheniĭ ( 1909 ).
  3. ^ カザフスタン北部のアクモラ州シュチンスクから北北西約15マイル(24km)に位置するリゾート地。

文献[編集]

  • 金岡秀友「フョードル・イッポリトウィチ・シチェルバトスコイ伝」『大乗仏教概論』(1957)
  • Bapat, P. V. (1943), Fedore Ippolitorich Stcherbatsky, Annals of the Bhandarkar Oriental Research Institute 24 (3/4), 284-285 (要購読契約)
  • Ruegg, D. Seyfort (1971, Dedication to Th. Stcherbatsky, Journal of Indian Philosophy 1 (3), 213-216 (要購読契約)

外部リンク[編集]