佐々木閑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐々木 閑(ささき しずか、1956年9月27日[1] - )は、日本の仏教学者インド仏教史、戒律)。真宗高田派の僧侶[2][3]花園大学教授博士(文学)佛教大学)。

経歴[編集]

受賞歴[編集]

  • 1992年、日本印度学仏教学会賞
  • 2003年、鈴木学術財団特別賞

出演[編集]

NHK教育-解説者で「100分de名著」に出演

著書[編集]

  • 『出家とはなにか』(大蔵出版、1999年)
  • インド仏教変移論、なぜ仏教は多様化したのか』(大蔵出版、2000年)
  • 『犀の角たち』(大蔵出版、2006年)。『科学するブッダ』(角川ソフィア文庫、2013年)
  • 『日々是修行 現代人のための仏教100話』(ちくま新書、2009年)
  • 『「律」に学ぶ生き方の智慧』(新潮選書、2011年)
  • 『ブッダ真理のことば = Buddha Dhammapada』(NHK出版、2012年)。「100分de名著」ブックス
  • 『仏教は宇宙をどう見たか アビダルマ仏教の科学的世界観』(化学同人(選書判)、2013年)
  • 『ゴータマは、いかにしてブッダとなったのか』(NHK出版新書、2013年)
  • 『般若心経』(NHK出版、2014年)。「100分de名著」ブックス
  • 『ブッダ 最期のことば』(NHK出版、2015年)。「100分de名著」放送テキスト
  • 『出家的人生のすすめ』(集英社新書、2015年)

博士論文[編集]

  • 『アショーカ王時代の仏教部派』(博士(文学)、佛教大学、乙種、1999年)

科研費[編集]

  • 『アシヨーカ王時代の仏教と大乗の成立』(花園大学、1999年)
  • 『インド仏教における多様化の起源』(花園大学、2002年)
  • 『部派仏教と大乗の関連性に関する歴史的研究』(花園大学、2006年)

共編著[編集]

  • 『生物学者と仏教学者 七つの対論』(斎藤成也との共編著、ウェッジ選書、2009年)
  • 『真理の探究 仏教と宇宙物理学の対話』 (大栗博司との共著、 幻冬舎新書、2016年)

訳書[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.318
  2. ^ 佐々木閑先生 [仏・法・僧]
  3. ^ 稱讃寺の年間行事
  4. ^ 盛立山 稱名寺
  5. ^ 佐々木 閑 「ブッダの教え」で生きるということ・・・仏教は心の病院
  6. ^ 科学技術週間 カフェ・デ・サイエンス in 福井