斎藤成也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

斎藤 成也(さいとう なるや、1957年1月14日 - )は、日本の遺伝学者、国立遺伝学研究所教授、総合研究大学院大学生命科学研究科遺伝学専攻教授、東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻教授。日本学術会議会員。福井県出身。

中立進化論を主張している。アイヌと琉球人の近縁性についての研究結果を定期的に発表している[1][2]

経歴[編集]

1972年福井大学教育学部附属中学校卒業、1975年福井県立藤島高等学校卒業、1979年東京大学理学部生物学科人類学課程卒業、1987年同大学院理学系研究科博士課程人類学中退、1986年テキサス大学ヒューストン校生物医科学大学院修了(Ph.D.)。

1989年2月より東京大学理学部生物学科人類学教室にて助手を経て、1991年1月、国立遺伝学研究所進化遺伝研究部門助教授。翌1992年10月より総合研究大学院大学生命科学研究科遺伝学専攻助教授を併任。

1994年3月、「分子レベルにおけるヒト科の進化 (Hominoid Evolution at the Molecular Level)」により東京大学理学博士。1995年、国際日本文化研究センター助教授を1998年まで併任。同年、日本遺伝学会奨励賞を受賞。

2002年、国立遺伝学研究所集団遺伝研究部門教授に就任、および総合研究大学院大学教授を併任。2004年木原記念横浜生命科学振興財団より第12回木原記念財団学術賞受賞、2005年10月より日本学術会議第20期会員、2006年には東京大学理学系研究科生物科学専攻教授就任、同年、京都大学理学研究科生物科学専攻教授を併任。

著書[編集]

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • 根井正利『分子進化遺伝学』五条堀孝共訳 培風館 1990
  • ジョンジョー・マクファデン『量子進化 脳と進化の謎を量子力学が解く!』監訳 十河和代,十河誠治訳 共立出版 2003

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 遺伝子で探る日本人の起源
  2. ^ 遺伝子からみた東ユーラシア人

外部リンク[編集]