日本人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本人の起源から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本人
日本人、日本民族
Japanese People.jpg
紫式部織田信長徳川家康明治天皇
伊藤博文与謝野晶子湯川秀樹今上天皇
明治維新志士たち・現代の一般的な日本人
総人口
約1億2692万人[1]
日本の旗 日本 121,500,000人
海外に住む日系人4,010,000人以上
全人類の2%弱
居住地域
先住地
日本列島日本の旗 日本)
規模の大きな移民
アメリカ大陸
ブラジルの旗 ブラジル 1,600,000[2]
アメリカ合衆国の旗 アメリカ 1,404,286[3]
中華人民共和国の旗 中華人民共和国 140,134[4]
フィリピンの旗 フィリピン 120,000[5][6]
カナダの旗 カナダ 109,740[7]
ペルーの旗 ペルー 100,000[8]
オーストラリアの旗 オーストラリア 71,013[9]
イギリスの旗 イギリス 63,017[10]
タイ王国の旗 タイ 45,805[9]
ドイツの旗 ドイツ 36,960[9]
アルゼンチンの旗 アルゼンチン 34,000[11]
フランスの旗 フランス 30,947[9]
    ニューカレドニアの旗 ニューカレドニア 8,000[12]
大韓民国の旗 韓国 28,320[9]
シンガポールの旗 シンガポール 23,000[13]
香港の旗 香港 21,297[4]
中華民国の旗 中華民国 20,373[9]
ミクロネシア連邦の旗 ミクロネシア 20,000[14]
メキシコの旗 メキシコ 20,000[15]
ボリビアの旗 ボリビア 14,000[16]
ニュージーランドの旗 ニュージーランド 13,447[9]
イタリアの旗 イタリア 12,156[9]
インドネシアの旗 インドネシア 11,263[9]
ベトナムの旗 ベトナム 9,468[9]
マレーシアの旗 マレーシア 9,142[9]
スイスの旗 スイス 8,499[9]
バングラデシュの旗 バングラデシュ 8,114[17]
スペインの旗 スペイン 7,046[9]
オランダの旗 オランダ 6,616[9]
ベルギーの旗 ベルギー 6,519[9]
マーシャル諸島の旗 マーシャル諸島 6,000[18]
インドの旗 インド 5,556[19]
言語
日本語族日本語琉球諸語)、アイヌ語
宗教
神道仏教

日本人(にほんじん、にっぽんじん、: Japanese)は、日本国籍日本国籍)を持つ日本国民。または祖先が日本列島に居住していた民族集団を指す。

目次

概要[編集]

主に日本人という語は、日本国の法律で「日本国民」と呼んでいる日本国に国籍を有する人々の呼称として用いられる場合と、日本列島に起源をもつ民族集団を指す場合に用いられている。

定義と分類[編集]

日本人は、次のような幾つかの考え方により定義、分類が可能である。

国籍による分類[編集]

本項では日本国籍を有する人々として定義される日本人について述べる。

2018年5月1日時点で、日本に住む日本人の数は124,354,431人[26]。2017年時点での海外在留邦人の数は1,351,970人となっている[27]

人種と民族[編集]

朝鮮系日本人[編集]

2017年末までに韓国・朝鮮籍から日本に帰化した累積者数は371,161人となっている[28]

歌手に都はるみ、タレントに和田アキ子、実業家に孫正義などがいる。

中国系日本人[編集]

2017年末までに中国籍から日本に帰化した累積者数は141,668人となっている[29]

スポーツ選手に張本智和、モデルにはな、料理人に陳建民陳建一などがいる。

台湾系日本人[編集]

俳優に金城武、歌手に一青窈、タレントに渡辺直美、評論家に金美齢、政治家に蓮舫などがいる。

ブラジル系日本人[編集]

両親の一方もしくは両方がブラジル人にルーツを持つ者、もしくは、ブラジル国籍を有したがその後日本に帰化した人物を指す。スポーツ選手にラモス瑠偉田中マルクス闘莉王などがいる。

アメリカ系日本人[編集]

歌手にアンジェラ・アキ、タレントに梅宮アンナウエンツ瑛士、アイドルに大島優子、政治家に玉城デニーなどがいる。

ロシア系日本人[編集]

歌手に東山紀之、タレントにローラ、アイドルに村重杏奈などがいる。

モンゴル系日本人[編集]

力士に旭天鵬勝朝赤龍太郎などがいる。

言語[編集]

日本人のほとんどが日本語を話す。他、琉球民族では琉球語琉球方言)が話されるが、伝統的な方言はほとんど衰退している。そもそも琉球語を個別言語とするか日本語の方言とするかで議論があり、琉球語の下位方言をさらに独立した言語とする場合もある。

アイヌの母語はアイヌ語であるが、母語話者はほとんど現存していない。

宗教[編集]

日本人の特定の宗教信者数は、文化庁宗教法人に対する宗教統計調査では、神道系が約9,126万人、仏教系が約8,690万人、キリスト教系が約294万人、その他約906万人、合計1億9,017万人と日本の人口の約1.5倍になっている[30]。一方、国民へのアンケート調査からは、「何らかの信仰・信心を持っている、あるいは信じている」人の割合は20% - 30%という結果が出やすい[31]河合隼雄は『対話する生と死』の中で、日本人は宗教を毛嫌いしたり無宗教であることを公言する人が他国に比較し多いことを指摘し、キリスト教イスラム教信者の信仰心は日本人の想像を超えるものであると述べている。また、日本では戦時中に宗教が国家権力と結びつき悪用されたことやもともと日本人は日常生活の中に、宗教性を入れ込んで生きる姿勢を保持していたため、特定の宗教を他の一神教の信者らが「信じる」ような態度で信仰しなかったと指摘している[32]

自然人類学的分類[編集]

本項ではモンゴロイドの一種として定義される日本人について述べる。

身体的特徴[編集]

皮膚は薄い黄色頭髪黒色茶色で直毛もくせ毛もあり、 は一重のものも二重のものもあり[33]身長は中位、また幼児期蒙古斑が現れる[34]。平均身長は1940年代末ごろから伸びてきており、男性は171cmになっている。成人女性は通例として、成人男性より平均身長がほぼ8%低い[35]

成立[編集]

主要に日本人を形成したのは、「ウルム氷期の狩猟民」と「弥生時代農耕民」とが渡来したことだった[36]。「ウルム氷期にアジア大陸から日本列島に移った後期旧石器時代人は、縄文人の根幹をなした」という[36]。「ウルム氷期直後の厳しい自然環境」が改善され生活が安定化していくと、「日本列島全域の縄文人の骨格は頑丈」となり、独自の身体形質を得ていった[36]。そして縄文時代終末から弥生時代にかけて、「再びアジア大陸から新石器時代人が西日本の一角に渡来」した[36]。その地域では急激に新石器時代的身体形質が生じたが、彼らが直接及ばなかった地域は縄文人的形質をとどめ、その後「徐々に均一化」されていった[36]。「地理的に隔離された北海道南西諸島の人びとは、文化の変革による身体形質の変化はあっても、現在なお縄文人的な形態をとどめている」とされる[36]

近年、埴原和郎尾本恵市などが、W・W・ハウエルズの分類による「モンゴロイドの2型」を用いている[36]。すなわち「古モンゴロイド」と、寒冷に適応した「新モンゴロイド」である[36]。「初め日本列島に渡来した後期旧石器時代人ないし縄文人は古モンゴロイド」であり、「縄文時代終末から弥生時代に渡来した新石器時代人を新モンゴロイド」と呼ぶ[36]。「新モンゴロイドの影響がまったく及ばなかったアイヌや南西諸島住民は、古モンゴロイド的特徴を今もなお残している」と解されている[37]

かつては約3万年前に大陸から渡来して先土器時代縄文時代文化を築いた先住民を、大陸から渡来した今の日本人の祖先が駆逐したとする説があったが、現在は分子人類学の進展により置換説は否定され、混血説が主流となっている[38]

民族としての形成[編集]

以下、上記民族的分類による日本人について概説する。なお、近年の科学的研究の進展により従来の見方は大きく見直しが進んでおり、先史時代の日本人の形成については流動的な状況にあることに留意されたい。

石器時代の日本人[編集]

石器時代の日本列島には下記の人々が活動した記録がある。

縄文人と弥生人[編集]

先史時代の日本列島に住んでいた人間を縄文土器を使用していたことに因み縄文人と呼んでいる[39]。水稲農耕が始まった弥生時代の日本列島に居住する人間を弥生人と呼んでいる。佐原真は弥生人について、渡来系の人々とその子孫、渡来系と縄文人が混血した人々とその子孫などの弥生人(渡来系)と、縄文人が弥生文化を受け入れて変化した弥生人(縄文系)に区別できるとした。ただし、弥生時代において縄文文化のみを保持するものや渡来した後縄文文化を受け入れたものについては言及すらしていない[40]。渡来系の人々の移動ルートについては諸説ある。

倭人[編集]

倭、倭人に関する記載は、もっとも古い文献では紀元前2世紀に中国の『山海経』と『論衡』にて登場するが、これらの記載は中国南東部の倭人のことを指しているとする説と日本列島の倭人のことを指しているとする説[41]があり、日本列島住民との関わりは不明である[42]。日本列島周辺の倭人について書かれた確実な初出は75年から88年にかけて書かれた『漢書』地理志で、百余りの倭人の国々が楽浪の海にあるとしている。この頃には近隣の漢民族が倭人を別民族として区別していたことがわかる。(詳しくは中華思想を参照。)また、朝鮮半島南部においても近年倭人の墓とされる前方後円墳が発見されており、1600年以上前には朝鮮半島南部も倭人の居住地だったとみられている。

「日本民族」の形成[編集]

古墳時代、朝廷権力の拡大とともに「日本」という枠組みの原型が作られ、その後、文化的・政治的意味での日本民族が徐々に形作られていくとされる。

「日本人」「日本民族」という認識(ナショナルアイデンティティ)が形成され浸透していく経緯については諸説あり、ヤマト王権の支配が広い地域に及ぶ以前の弥生時代から倭人として一定の民族的統合があったとする説、また律令制を導入し国家祭祀体制を確立させた7世紀後期の天武持統期(飛鳥時代後期)にその起源を置く説、13世紀元寇鎌倉時代中期)が国内各層に「日本」、「日本人」意識を浸透させていく契機となったとする見解などがある。

大和盆地大王を中心とした連合政権であるヤマト王権(大和朝廷)が成立すると、本州四国九州の住民の大半は大和民族として統合された。東北の蝦夷や南九州の熊襲と呼ばれた諸部族は大和朝廷に服属せず、抵抗した。その後、それらの諸部族は隼人の反乱の失敗や坂上田村麻呂の蝦夷征伐などにより、大和朝廷の下に統合されていった。白村江の戦い以後、倭国は長年支配した朝鮮半島から手を引いたが、代わりに東北日本へ進出し、現在の青森県にあたる本州最北部までを統一する。朝廷の支配が揺らいだ平安時代の東日本では、平将門の将門政権や奥州藤原氏の平泉政権など半独立政権が築かれたものの、東日本と西日本の民族的統合は保たれ、後に関東地方を基盤とした武家政権が全国を支配することとなった。

国民国家の認識[編集]

朝鮮台湾を領有した戦前日本の領土

近代に入り、日本がネーションステート(国民 / 民族国家)として朝鮮半島台湾島を領有していた時代には、日本人という語は、公式には、朝鮮人、台湾人など日本国籍を付与された併合地の先住民族を含む国籍的概念であった。しかしこれらの地域には日本本土と異なる法令が施行された事実上の植民地であり、本土籍の人は内地人、併合地の先住民族は外地人と呼ばれて区別されていた。法令の連絡統一を図るために制定された共通法で日本本土は内地と規定され、それ以外の地域は外地と呼ばれていた。そのため当時から「日本人」が内地人と同義として使われることが多かった。

事実上の内地であった南樺太では、ロシア人ポーランド人ウクライナ人ドイツ人、朝鮮人、ウィルタニヴフの中には日本国籍を持っていた者もいた。そのため、第二次世界大戦後、ソ連によって日本人として北海道に強制送還、ないしは自ら進んで移住した朝鮮人、ウィルタ、ニヴフがいた。また、反ソ分子として抑留された者もいた。ポーランド系日本国民の多くはポーランド国籍を取得しポーランドに移住した。

系統[編集]

以下、人類学的観点から、日本人の系統または起源に関する諸説について記述する。

形質人類学的観点から日本人は、過去の縄文人弥生人や現在の日本国内に古くから住む住民がモンゴロイドに属する。むろん「モンゴロイド」という分類概念では漢民族などの東ユーラシア人全体が包括され、イヌイットアメリカ先住民も含まれる。

だが遺伝子の研究が進むにつれ、便宜的に使用される分類名称としての各人種も、推定される起源地(原初の居住地)の地理的名称を基準とすることが多い。モンゴロイド集団の分布は日本人形成過程の分析にとって今日もなお重要な手がかりである。

なお、日本人の元となった集団を仮定する際、その集団(もしくはその集団と遺伝的に近い集団)が「どこで発生したか」、「どこを通って日本にやってきたか」、そして「現在の集団においてどの集団と近縁か」は分けて考える必要がある。例えば、仮に「日本人の祖先集団は樺太を通じてやってきた」という記述がなされた場合、その記述だけで樺太で日本人の祖先、すなわち日本人と遺伝的に近い集団が発生したかは判断できず、また現在の樺太住民が日本人と近縁かも判断はできない。以下の説明を読む際は、その都度時系列的な違いも考慮する必要がある。

分子人類学による説明[編集]

分子人類学の進展により、日本人に関してもDNAからルーツをたどる研究が行われるようになった。最初に発達したのが、母系をたどるミトコンドリアDNAハプログループの研究だった。ミトコンドリアは染色体のある核の外部にある構造で、情報量は染色体と比べ非常に少ないが、それゆえに効率的に分析ができたからである。また、変化の速度が速いため、遺伝的な多様性が高いという特徴があった[43]。次に発展したのが、父系をたどる核内のY染色体ハプログループで、情報量がミトコンドリアDNAよりも多く、長期の追跡に適していた[44][45]。さらに、2004年のヒトゲノムの解読を契機に、核内の常染色体全体を分析するゲノムワイドな研究が盛んになった[46]。ミトコンドリアDNAとY染色体はそれどれ母系・父系にさかのぼっていきつく一人の先祖の遺伝子を分析するものだが、常染色体はその人間に関わる全ての先祖の遺伝子情報を調べられるという利点がある[47]。また、ある人物間のDNAを比較する場合、遺伝子情報がひとつしかないミトコンドリアDNAとY染色体は、遺伝子情報をハプログループで分類することによって比較するが、どこまで分類を細分化し、またどこまで近縁と理解するかによって判断が変化してしまう欠点があった[48]。しかしながら、2017年時点で核DNAの解析はまだ途上の段階であることに注意しなければならない。また母系・父系の情報がわかるという点でミトコンドリアDNAとY染色体は未だ独自の価値を保っている。

ミトコンドリアDNAによる近隣集団との比較[編集]

以下にミトコンドリアDNAによる人類集団を類似性を系統樹様にして表したものを記す。人類集団は常に混合しているため、多数の遺伝子を用いた分析においては一元的な系統関係は存在しないことに留意する必要がある。 この図はあくまで他集団との類似性を示すものである。

下図左では、日本人集団に最も近いのは中国人集団であり、その次にカンボジア人集団であるという結果となっている。下図右では、日本人集団は中国人集団、マレーシア人集団、ポリネシア人集団などと近縁で、「アジアのモンゴロイド」としてまとめられている。「アジアのモンゴロイド」と近縁なのが「アメリンド」、次いで、「オーストラロイド」、「コーカソイド」の順で、「ネグロイド」とは最も離れている。

ミトコンドリアDNA(mtDNA)ハプログループ(母系)による系統[編集]

1980年代からのミトコンドリアDNAハプログループ(母系)の研究の進展により、ヒトの母系の先祖を推定できるようになった(ミトコンドリア・イブ参照)。これにより、アフリカ単一起源説がほぼ証明され、民族集団の系統樹も作成されるようになった。ミトコンドリアDNAやY染色体のようなゲノムの組換えをしない部分を用いた系統樹の作成は、集団の移動とルーツを辿るのに用いられる。たとえば日本人のミトコンドリアDNAのハプロタイプの割合と、周辺の集団つまり各ハプログループを比較することで、祖先がどのようなルートを辿って日本列島にたどり着いたかを推測できる。分析に用いられるのは、ミトコンドリアDNAの塩基配列のうち、遺伝子の発現に影響しない中立的な部分である。形態の生成等に関与せず、選択圧を受けないため、分析に用いることができる[49]

日本人に特徴的なミトコンドリアDNAハプログループとして、ハプログループM7aがある[50]琉球諸島アイヌに比率が高く本州で比率が少なくなるという分布になっている。発祥地域については議論があるが、台湾付近で発生したM7aが日本を最大集積地(最も頻度の高い地域)とし、台湾・日本から朝鮮半島中国北東部へ北上し、北上の上限がシベリアとなったとの見方がある[要出典]

また、篠田謙一は2007年の著書で、ハプログループM7の発生を四万年前、さらのそのサブグループの発生を二万五千年前と推定し、M7の起源地を当時海水面の低下によって陸地となっていた黄海から東シナ海周辺とした [51]

これに対して崎谷満2009年の著書で、M7aは極東・アムール川流域にも見られるほか、シベリア南部(ブリヤート)、東南アジアにも見られるとし、発生したのはシベリア南部 - 極東あたりと予想する一方、台湾先住民にも台湾漢民族にも存在せず、台湾から北上して日本列島に入ったものではないと記している[52]。なお崎谷は上記の著書において、ミトコンドリアDNA・Y染色体といった分子人類学的指標、旧石器時代の石刃技法という考古学的指標、成人T細胞白血病ウイルスやヘリコバクター・ピロリといった微生物学的指標のいずれにおいても、東アジアのヒト集団は北ルートから南下したことを示し、南ルートからの北上は非常に限定的で日本列島には及ばなかったと述べている[53]

その他、日本人によくみられるタイプとして、ハプログループD (mtDNA)ハプログループA (mtDNA)ハプログループG (mtDNA)ハプログループN9 (mtDNA)ハプログループB (mtDNA)ハプログループF (mtDNA)が挙げられる。

Y染色体ハプログループ(父系)による系統[編集]

母系のみをたどるミトコンドリア解析に対し、父系をたどるY染色体は長期間の追跡に適しており、1990年代後半からY染色体ハプログループの研究が急速に進展した[45][54][55]

Y染色体ハプログループによる近隣集団との比較[編集]

ヒトのY染色体のDNA型はAからTの20系統がある。複数の研究論文から引用したY染色体のDNA型の比率を示す[56]。全ての型を網羅していないため、合計は100%にならない。空欄は資料なしで、必ずしも0%の意味ではない。

日本人および周辺(日本からおよそ5000km以内)の諸民族のY染色体ハプログループの割合
  n C D NO* N O Q R
C1a1 C2 D* D1a D1b O1a O1b O2
O-M95 O1b2
O-47z O1b2
(xO-47z)[57]
日本
(Nonaka et al. 2007)[58]
日本 263 2.3 3.0 0.4 38.8 0.8 3.4 0.8 25.1 8.4 16.7 0.4
日本
(Hammer et al. 2006)[59]
アイヌ 4 0 25.0 0 0 75.0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
青森 26 7.7 0 0 0 38.5 0 7.7 0 0 27.0 3.8 15.4 0 0
静岡 61 4.9 1.6 0 0 32.8 0 1.6 0 1.6 21.3 13.1 19.7 1.6 0
徳島 70 10.0 2.9 0 0 25.7 5.7 1.4 0 2.9 24.3 5.7 21.4 0 0
九州 53 0 7.5 0 0 26.4 3.8 0 0 3.8 28.3 3.8 26.4 0 0
沖縄 45 4.4 0 0 0 55.6 0 0 0 0 11.1 11.1 15.6 0 2.2
日本
(Sato et al. 2014)[60]
S=大学生
A=成人男性
長崎S 300 3.3 5.3 0 30.0 1.3 0 1.0 23.3 10.7 23.7
福岡A 102 5.9 7.8 0 33.3 1.0 2.0 0 26.5 8.8 10.9
徳島S 388 5.7 5.9 0 30.6 1.0 1.8 2.1 23.2 10.3 17.8
大阪A 241 6.2 7.5 0.4 31.2 1.7 1.2 0.8 17.8 10.4 22.5
金沢S 298 3.4 6.4 0 32.6 2.3 0 3.7 21.1 11.4 18.5
金沢A 232 4.7 5.6 0 32.7 0.9 3.0 0 18.5 9.5 21.9
川崎S 321 5.6 5.9 0.3 33.0 1.6 0.9 0.3 24.3 10.0 17.8
札幌S 302 4.4 5.0 0.3 33.1 0.7 1.3 0.3 23.2 8.6 20.3
札幌A 206 3.4 7.3 0 35.0 1.0 1.0 1.9 19.9 7.8 19.9
2390 4.7 6.1 0.1 32.1 1.3 1.2 1.3 22.0 9.9 19.7
日本
(Tajima et al. 2004)[61]
アイヌ(北海道日高 16 0 13 0 88 0 0 0 0
本州 82 5 1 0 37 0 20
九州 104 4 8 0 28 2 24
日本
(Seo et al. 1999)[62]
宮崎 270 35.2
日本
(Shinka et al. 1999)[63]
沖縄本島中部
(読谷勝連)
61 30
沖縄本島南部
(糸満具志頭)
99 45
八重山
(西表・波照間)
27 4
東アジア
(Hammer et al. 2006)[59]
朝鮮民族 75 0 9.3 0 0 4.0 0 2.6 2.6 2.7 4.0 33.3 40.0 0 1.3
満州民族 52 0 26.9 0 0 0 0 5.7 5.7 5.8 0 3.8 38.5 0 7.7
モンゴル 149 0 52.3 0 2.6 0 0.7 8.0 0.7 O1b*=1.3 22.8 2.7 4.0
漢民族華北 44 0 4.5 0 0 0 2.3 9.1 0 6.8 0 0 65.9 4.5 2.3
漢民族華南 40 0 5.0 0 0 0 2.5 15.0 15.0 30.0 0 0 32.5 0 0
イー 43 0 2.3 0 16.3 0 2.3 30.2 0 9.3 0 0 32.6 0 0
ミャオ 58 0 3.4 0 8.6 0 0 0 6.9 10.3 0 0 68.9 0 0
チベット 105 0 1.9 3.8 46.6 0 0 2.9 0 0 0 0 35.2 0 6.7
台湾原住民 48 0 2.1 0 0 0 0 0 89.6 2.1 0 0 6.3 0 0
東南アジア
(Trejaut et al. 2014)[64]
フィリピン 40 0 0 0 0 0 4.8 0.7 42.5 3.4 0 15.0 0 4.1
タイ 75 0 0 1.3 2.7 0 0 0 5.3 42.7 0 29.3 0 1.3
東南アジア
(Hammer et al. 2006)[59]
ベトナム 70 0 4.3 0 2.9 0 0 2.9 5.7 27.1 2.9 1.4 40.0 7.1 1.4
マレー 32 0 0 0 3.1 0 3.1 0 6.3 34.4 0 0 31.3 0 3.1
インドネシア(西部) 25 0 0 0 0 0 0 0 20.0 12.0 8.0 8.0 36.0 0 4.0
南アジア
(Thangaraj et al.2003)[65]
オンゲ 23 0 0 100 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ニコバル 11 0 0 0 0 0 0 0 0 100 0 0 0 0 0
オセアニア
(Hammer et al. 2006)[59]
ミクロネシア 17 0 0 0 0 5.9 0 0 11.8 0 0 5.9 17.6 0 0
北アジア
(Tambets et al.2004)[66]
ガナサン 38 5.3 92.1
ケット 48 6.2 93.7
北アジア
(Duggan et al.2013)[67]
ヤクート 184 2.1 94.5 0.5 2.2
ユカギール 13 30.8 30.8 30.8
北アジア
(Hammer et al. 2006)[59]
アルタイ 98 0 22.4 5.1 0 0 0 4.0 0 0 0 0 1.0 17.3 46.9
ブリヤート 81 0 60.5 0 0 0 0 30.9 0 0 0 0 2.5 0 3.7
エヴェンキ 95 0 68.4 0 0 0 0 18.9 0 0 0 0 0 4.2 1.1
オロチョン 22 0 90.9 0 0 0 0 4.5 0 O1b*=4.5 0 0 0
北アジア
(Lell et al.2002)[68]
コリャーク 27 0 59.3 0 0 0 0 22.2 0 0 0 0 0 18.5 0
チュクチ 24 0 4.2 0 0 0 0 58.3 0 0 0 0 0 33.3 4.2
ニヴフ 17 0 47.1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 11.8 35.3 0

日本人のハプログループは、出アフリカ後、イランからアルタイ山脈を経由した「北ルート」[69]で到達したとする説、インドから東南アジアを経由したルート[70]で到達したとする説がある。D1b系統O1b2系統O2系統の3系統で日本人全体の約8割以上を占めるほど高頻度に見られる。他にC1a1系統C2系統N系統O1a系統O1b1系統なども低頻度に見られる。日本人全体で見るとD1b系統が約35%、O1b2系統が約30%、O2系統が約20%の順となっている。

全世界のY染色体ハプログループの拡散
Y染色体ハプログループの世界拡散を表す想定地図
Y染色体グループごとの近隣集団との関係[編集]
  • ハプログループD1aは、チベット等に多いが、日本人にも見られるタイプである[71]
  • ハプログループD1bは、日本列島に固有に見られるタイプで、アイヌが高頻度で約85%、次いで琉球民族で約40%、本土日本人にも35%ほど見られる。
    縄文人の血を色濃く残すとされるアイヌ[72]や一部の沖縄県民(特に糸満宮古島)で高頻度に見られ、反対に漢民族朝鮮民族などの周辺諸民族にはほとんど見られないことから、ハプログループD1b縄文人に特徴的なY染色体だとされる。(ミクロネシア[73]ティモール島[74]でもわずかに発見されている。)
    アリゾナ大学のマイケル・F・ハマー (Michael F. Hammer) のY染色体分析でもD系統が扱われ、チベット人にも、約50%の頻度でこのハプログループDを持っていることを根拠に、縄文人の祖先は約5万年前に中央アジアにいた集団が東進を続けた結果、約3万年前に北方ルートで北海道に到着したとする仮説を提唱した[75][76][77]。しかし、実際にどのような経路を通ったかは様々な学説があり結論には達していない。
    D系統は、現在世界で極めて稀な系統になっており、日本人 (D1b) が最大集積地点としてその希少な血を高頻度で受け継いでいる。遠く西に離れたチベット人 (D1a) やアンダマン諸島(D*)で高頻度である他は、アルタイ(D*)、タイ (D1a)、ヤオ族 (D1a)、フィリピン (D2)、グアム島(D*) 等の南方地域にわずかに存続するだけである。しかしながら同じD系統とは言え、D1b系統と東アジア(チベット等)のD1a系統は分岐してから4 - 5万年もの年月を経ていると考えられる。[78](O系統が誕生したのが3 - 4万年前であるため、これよりも前に分岐しているD1bとD1a等は別系統であるが双方とも日本列島で見られる)
  • ハプログループO東アジアから東南アジアにかけて最多を占めるグループである。O系統は約40,000年前(36,800年前[79]、41,900年前[80]、44,700年前[81])に東アジアにてハプログループNOから誕生し、35,000年前頃から30,000年前頃にかけて多くの現代東アジア人や東南アジア人の父系に繋がる五つの大系統を生み出した。約35,000年前の日本列島の旧石器時代初期頃に日本列島にまで到達したと考えられるD系統と比べると、O系統はその後から東ユーラシア全域に広がり、誕生時期的には比較的若い系統であるものの、西ユーラシア系のハプログループRと並んで現代人類において最も帰属人口の多い系統となっている。[82] 日本で主に見られる詳細系統はO1b2系統O2系統である。
    O1b2系統は、日本列島の他、満州民族朝鮮半島でも日本と同程度見られ、他は東アジア北東部や東南アジアでも低頻度見られる[59][83]。O1b2系統はおおよそ30,000年前に現代東南アジア人男性の多くが属すO1b1に繋がる系統から分岐をして、約10,000年前から中国大陸で帰属人口が増え始め、やがて日本列島や満州地域、朝鮮半島へ拡散をしたと見られる[84]。日本のO1b2保有者の約8割で見られるO1b2a-47zというサブグループは、おおよそ8,000年前に発生したと推定されているので、他の満州や朝鮮、インドネシアで多く見られるO1b2-M176(x47z)というサブグループとはそれ以上昔に血筋がわかれているということになる[59][79]
    O2系統は日本においてはO1b2系統より低頻度であるものの、中国朝鮮ベトナム等においては最多を占めるグループであり、日本やその他の東南アジア、インド北東部やネパールなどの南アジアでも中から低頻度見られ、O系統では最大のサブグループである。
Y染色体グループから推定される日本人の成立史[編集]
日本人の形成に至る東アジアのY染色体ハプログループと民族移動

崎谷満によれば、最初に日本列島に到達し、後期旧石器時代を担ったのは、4万-3万年前にやってきたD1b系統である[85]。D1bは日本に多く見られる系統であり、アイヌ88%、沖縄県約50%(4% - 56%)[63][61][58]、本州約36% (31% - 39%)[63][61][59][58]で、東アジアではほとんど存在しない。遠縁のD1aが多数のチベット人で見られるほか、少数のウイグル人、モンゴル人、アルタイ人、イ(彝)人、ミャオ(苗)人、ヤオ(瑶)人、漢人などでも確認されている。D1系統は4万年程前に二つのグループに分岐し、日本列島に至り誕生したのがD1bであり、アルタイ-チベット付近にとどまったグループがD1aであると考えられる。

渡来時期については諸説あるが、後期旧石器時代及び新石器時代のヨーロッパ(クロマニョン人)、そして少数の現代ヨーロッパ人[86]ベルベル人アルメニア人、ネパール人[87]でわずかに見られるC1a2と姉妹系統のC1a1系統もかなり古い時代に日本列島に入ってきたと考えられる。崎谷満はC1a1の祖型はイラン付近からアルタイ山脈付近を経由し朝鮮半島経由で日本に到達したとする説もある。[88]。他にも華南から海流に乗って日本列島に到達した南方経由説、樺太から北海道に流入後、日本列島各地へ流入した説など様々な意見がある。渡来年代についてはD1bより早い4万年以上前という説もあり、C1a1が日本列島最古層という可能性もある。現代日本人男性の約20人に1人(5%)がこのC1a1系統に属していると見られ[59][89][58][60][81]、朝鮮半島南方海上に浮かぶ済州島の男性1人から検出されたほか[90]、日本人以外で観察された例がない。

一部はサハリン経由で北海道に達した。崎谷はC2系統は細石刃石器を用い、ナウマンゾウを狩っていたと考えている。現在、C2系統はカザフ人、モンゴル人、エヴェンキ人等のアルタイ系諸族、極東ロシア(ニヴフ人、コリャーク人等)及び北アメリカ大陸北西部の原住民(例えば北部アサバスカ諸語話者等)に多い。ただし、C2系統も渡来時期については諸説あり、朝鮮民族などの周辺民族にも一定頻度見られることから、後述のO1b2系統やO2系統と共に渡来してきた可能性もある。ちなみにアルタイ系民族(チュルク系民族モンゴル系民族ツングース系民族)で高頻度なC2系統はC-M407という若いサブクレードに属すものを除けばほぼ全てC-L1373系統であるが、日本人や漢民族、朝鮮民族などで観察されるC2系統はC-F1067系統が大半で、C-L1373はわずかである[91]。また日本列島固有のC2a (C-M93) もあり、一概にC2系統といっても、そのルーツや渡来時期は複数存在したことが想定される。現代日本人に於けるC2-M217の頻度については、各研究によって差があり、少ないものでは2%[89]、3%[59][58]ほど、多いものでは6%[60]、7%[90]ほどとなっている。

O1a系統(O-M119)は台湾原住民の男性に非常に多いので、新石器時代の台湾または対岸の中国本土沿岸部が起源であろうと推測されている。崎谷満はオーストロネシア語族との関連があると想定している。台湾と近いにもかかわらず、日本列島の男性ではO1aは全体の約1%(0%~3%)に過ぎない。中国復旦大学黄穎李輝高蒙河らの研究によれば、中国春秋時代百越(粤)のY染色体は、O1a系統である[92]

O1b1系統の下位系統の一つであるO1b1a1a(O-M95)は現代の東南アジアの男性に多いけれども、元々は新石器時代の中国から拡散していったと見られている。[84] O1a-M119と同様、現代日本人の全体の約1%(1%~4%)がこのO1b1系統に属していると見られる。

O1b2系統(O-M176)について、崎谷満は長江文明の担い手だと考えている。O1b2系統が移動を開始したのは約2800年前で、長江文明の衰退に伴い、O1b1および一部のO1b2は南下し、百越と呼ばれ、残りのO1b2は西方及び北方へと渡り、中国東北部朝鮮半島から日本列島へ渡ったと崎谷満は主張している。O1b2系統は中国江南から水稲栽培を持ち込んだと考えられ、日本列島への流入は弥生人と関連し、則ちO1b2系統の到来と共に縄文時代から弥生時代へ移行しはじめたと考えられる。O1b2系統は日本列島の他、朝鮮半島や中国東北部の一部でも比較的多く見られる。

O2系統(O-M122)について崎谷は、その一部は縄文時代~弥生時代にミレット農耕をもたらしたが、大部分は弥生時代よりも更に後、特に4世紀から7世紀頃に中国大陸及び朝鮮半島から到来した渡来人による流入が多かったであろうとしている[93]。O2は現代の漢民族及び朝鮮民族に最多の系統である。

N系統(N-M231)はウラル系民族に高頻度で、日本には0-8%見られるが、具体的な渡来経路などは明らかでない。N1(xN-M128,N-P43,N-M46/N-Tat)が青森で7.7%観察され[59]遼河文明の遺跡人骨からもN1(xN-M128,N-P43,N-M46/N-Tat)が高頻度で見つかっており[94]、かつ三内丸山遺跡と遼河文明の関連性が指摘されている[95]

ミトコンドリアDNAとY染色体による比較結果の相違[編集]

ミトコンドリアDNAのハプログループ構成を東アジアの集団で比較すると、本土日本人・山東遼寧の集団、韓国の集団は互いにかなり類似しており、沖縄の集団はハプログループM7aが多いなど少し離れているが本土日本人と近縁で、台湾・広東の集団は離れてるという結果になった[96]

一方、Y染色体による比較では、主にハプログループDが日本人において優勢であり、他の集団にはほとんど見られないことで、中国・韓国・モンゴルといった東アジアの集団から日本人は大きくかけ離れている[97]。また、アイヌ沖縄においてもハプログループDは頻度が高い。

この相違について篠田謙一は、母系と父系の子孫の残し方の違いに原因があると考えている。すなわち、女性は一生に産むことのできる子供の数が限られているのに対し、男性は一人で多くの子供を作ることができるといった事情に起因するという説である。特に、支配者層の父系DNAは短時間で爆発的に増加することがある。そこから、大陸においては何らかの理由で特定のY染色体ハプログループが伸長した一方、日本では縄文人の遺伝子とみられるY染色体ハプログループDが多く残存していることから、縄文人とその後日本に流入し弥生時代を開始した集団とは平和のうちに共存し、その後も特定のハプログループが拡大することがなかったのではないかと推測している[98]

これに対し斎藤成也は、男性と女性の子供の残し方の違いによる影響の可能性を認めつつも、そもそもミトコンドリアDNAもY染色体もそれぞれひとつの系統樹しか持たず、ゲノムワイドな分析と比べて単純である点が問題であると論じた[99]

HLAハプロタイプの流れ[編集]

HLAハプロタイプについては、日本人には大きく以下の4タイプの流れが認められる[100][101][102][103]

  1. B52-DR2: 中国大陸北部から朝鮮半島を経て北九州・近畿へ
  2. B44-DR13、B7-DR1: 満州・朝鮮半島東部から日本海沿岸へ
  3. B54-DR4: 中国南部から琉球諸島を経て太平洋側へ
  4. B46-DR8: 中国大陸南部から直接、あるいは朝鮮半島を経由して北九州へ

1. は中国北部、モンゴルの一集団に高頻度のタイプで、国内では九州北部から本州中央部にかけて多い。

2. は満族、韓国人[104]に高頻度タイプで、国内では日本海側に多い。

3. は中国南部に多いタイプで、国内では沖縄や太平洋側に多い。

4. は国外では満族と韓国人[104]のみに多くみられ、国内には九州北部から本州中央部にかけて多い。このタイプの姉妹タイプB46-DR9が東南アジアで最も高頻度でみられる。

さらにこれとは別に縄文系と想定される別の複数のハプロタイプが南九州や北東北に存在する。またアイヌは日本人と異なる型が多いという。

塩基多様度のネット値 (DA) 分析による系統関係[編集]

ミトコンドリアDNAの塩基配列の多様性の度合いを比較分析することによっても系統関係を計測できる。塩基多様度のネット値 (DA) 分析によって求められた集団間の遺伝距離をもとにした系統樹では、まずアフリカ人より西ユーラシア人(ヨーロッパ人)と東ユーラシア人(東アジア人)とが分岐し、次いで東ユーラシア人からアメリカ先住民が分岐し、次いでアイヌと東アジア人クラスターが分岐、次いで中国人と東アジア人が分岐、次いで沖縄と本州とが分岐する[105]

核DNAに対するゲノムワイドな解析[編集]

ヒトゲノムが解析されて[106]以来、人類集団間の遺伝的関係を推定するために大量のSNPを解析する研究が進展している[107]。日本列島の人類集団においても、このようなアプローチによる集団の歴史の解明、医療方面への応用が期待される。

遺伝子マーカーとしてのミトコンドリアDNA、Y染色体DNAとの違いは、①注目するDNA領域長、②遺伝的組み換えの有無、③遺伝様式などが挙げられる。

遺伝情報に基づいて系統関係を議論する場合、ハプロタイプ単位、あるいはマイクロサテライト、SNP単位での遺伝的多型に注目しているわけだが、遺伝的多型が必ずしも真の系統関係を示すとは限らない。なぜならば、遺伝的多型の実体である対立遺伝子頻度は、そのゲノム領域に依存した突然変異率、組換え率、さらに、遺伝的浮動自然選択、集団間での個体の移住、個体群動態などの影響を受けるためである。この問題を避けるためには、互いに独立な関係にある座位を多数解析することが必要である。この点で、注目する領域が相対的に小さく、組換えのないミトコンドリア、Y染色体の遺伝子マーカーは得られる情報量が制限される。しかしながら、遺伝様式が常染色体とは異なることから、母系、父系の遺伝子系図を比較する議論ができるという長所もある。

ゲノム解析は中立進化をしている領域の他、転写されるコード領域も解析に含むため、適応進化の研究、個別化医療への応用も期待される。

上記詳細は太田(2007)[108]、斉藤(2009)[109]、斎藤(2017)[110]などを参照。

以下、日本列島人類集団を含む研究例をあげる。

International HapMap Consortiumの研究[107]では、東京由来の44名を含む人類集団サンプルを解析している。

Tian et al.(2008)[111]では、東アジア地域をカバーした集団サンプルを用いて、その遺伝的構造を議論している。主成分分析の結果からは日本列島人が単独のクラスターを形成することが見て取れる。同様のクラスターとさらに詳細な遺伝的多様性に関する研究は、HUGO Pan-Asian SNP Consortium[112]によってなされている。

日本列島内部集団の遺伝的構造を解析した例として、7001人のサンプルを解析したYamaguchi-Kabata et al.(2008)[113]では、日本列島の人類集団が琉球クラスターと本土クラスター に分かれることをゲノムレベルで示した。これはミトコンドリアやY染色体の解析からも予想されていた、日本列島人類集団の二重構造モデルを支持する結果であった。しかし本土クラスターと琉球クラスターの遺伝的分化の程度は非常に小さく、そのためSNPの頻度の違いは大部分についてはわずかであった[114]

しかしYamaguchi-Kabata et al.(2008)ではアイヌ人の集団サンプルを解析してはいなかった。その後、斎藤成也ら総合研究大学院大学により、ヒトゲノム中のSNP(単一塩基多型)を示す100万塩基サイトを一挙に調べることができるシステムを用いて、アイヌ人と琉球人を含む日本列島人の大規模なDNA分析が行われた。

その結果アイヌ人からみると琉球人が遺伝的にもっとも近縁であり、両者の中間に位置する本土人は、沖縄にすむ日本人に次いでアイヌ人に近いことが示された[115][116]。また、アイヌ人は本土人との混血の度合いの差により個体間のばらつきがきわめて大きいが、遺伝的な多様性自体は本土人や沖縄人よりも低かった[注釈 1][117]。また、主成分分析およびfrappe分析から、アイヌ人個体の3分の1以上に本土日本人との遺伝子交流が認められた[115]。 さらに、東アジアの他の30の人類集団のデータと日本列島人の比較調査が行われた。30集団のうちほとんどの集団が近縁のグループを形成したのに対し、本土日本人、沖縄人、アイヌ、韓国人、ウイグル人ヤクート人のみが大きく乖離していた。このうち日本列島の三集団はアイヌ、沖縄人、本土人の順に同傾向の乖離を示し、縄文人の影響を受けていることが確かめられた形となった[注釈 2]。このことは、現代日本列島には旧石器時代から日本列島に住む縄文人の系統と弥生系渡来人の系統が共存するという、二重構造説を強く支持する[118]

アイヌ人と琉球人は、東ユーラシア人の系統樹においてクラスターを形成しており、ブートストラップ確率(推定系統樹の信頼度)は100%であった。さらにこのクラスターは、系統樹上で、本土日本人とのクラスターを形成していた[119]

また、アイヌ人を縄文人に見立て、他の日本列島人と比較すると、本土日本人には14‐20%[120]、沖縄人には27‐30%[121]の縄文人の血が伝わっていると推定された。

また、日本を七地域に分けてその遺伝的距離を測った研究では、沖縄と他の本土日本人との距離はその他の地域同士の距離よりも大きく離れていた[注釈 3]。沖縄人と個々の地域集団との関連でいえば、比較的地理的に近い九州だけではなく、東北の集団とも比較的共通性がみられることがわかった[122]。さらに別の調査では、出雲地域の集団[123]や南薩摩の集団[124]が東北の集団と遺伝的に近いことが判明した。またこれら沖縄、東北、出雲、南薩摩の集団は、関東の集団と比べて大陸の集団との遺伝距離が遠いという結果になった。これは、北九州、畿内、中部、関東などの政治文化の中心地には弥生時代の渡来人やその後も断続的に続いた流入民が集まりやすく、逆に沖縄・東北・出雲・南薩摩などの周縁部は弥生以降の渡来人の影響が少なかったことが影響しているのではないかと推測されている[125]

また、斎藤はアイヌと本土日本人との遺伝的距離、そして本土日本人における遺伝的地域性を鑑みて、縄文人の後に大陸から渡来した人々は遺伝的に二つの集団に分かれると主張した[126]

核DNA解析によって推定される日本列島への人類集団の移住の歴史[編集]
  • 第一段階(狩猟採集民)(約4万年前から約4400年前、旧石器時代から縄文時代の中期)

第一波の渡来民が、ユーラシアの各地からさまざまなルートで日本に流入した。特に1万2000年前まで日本は大陸と陸続きであったため流入は容易であった。この集団は狩猟採集を主とし、現在の大半の東アジア人とは大きくDNAの異なる集団だった。この旧石器時代の日本人がそのまま縄文人へと発展したと考えられる[127]

  • 第二段階(漁撈・園耕民)(約4400年前-3000年前)

縄文時代後期になって、第二の渡来民が流入した。これは縄文人とDNAを大きく異にしていたが、後述の第三期渡来民とも若干異なっていた。斎藤はこの集団を黄海沿岸に住む「海の民」と推定し、漁労を主とする狩猟採集民もしくは狩猟採集と農耕をともに生業とする園耕民であったとした。この集団は日本列島中心部において縄文人と混血したが、北海道、南西諸島、東北地方にはほとんど影響を及ぼさなかった[128]。また、ABO式血液型の分布から、この集団はO型を主とし、シベリアもしくは東南アジアの集団と近縁である可能性がある[129]

  • 第三段階前期(農耕民)(約3000年前-1700年前)

朝鮮半島を通じて稲作を主とする渡来民が流入し、水田稲作を導入した。この集団は主に北九州、畿内、関東を結ぶ日本の中心軸に広がり、その他の場所では比較的影響を及ぼさなかった。特に北海道や南西諸島、東北への影響は引き続きほとんどなかった[130]

  • 第三段階後期(約1700年前-現在)

政治の中心が畿内に移り、朝鮮半島に加え、現在の上海周辺からも若干の渡来民が流入するようになった。古墳時代に入ると、東北地方に居住していた第一段階(旧石器・縄文人)の子孫の大半が北海道へ移り、替わって第二段階(漁労民もしくは園耕民)の子孫を中心とする人々が住み着いた。南西諸島では、グスク時代に南九州から第二段階の子孫を中心する集団が移住・混血し、江戸時代には第三段階の集団との混血も進んだ。北海道では古墳時代から平安時代にかけてオホーツク文化人と縄文人の子孫との交流があり、江戸時代以降は本土日本人との混血も進んだ[131]

仮に東アジアの六集団(本土日本人、アイヌ人、沖縄人、韓国人、北方中国人[注釈 4]、南方中国人[注釈 5])がすべて三つの集団の混血からなると仮定してゲノムを分析すると、 第一段階の集団の遺伝子はアイヌの一部が100%を受け継いでおり、沖縄人は20%弱、本土日本人もそれより低い確率で受け継いでいるが、その他の三集団ではほとんど見られない。 第二段階の集団の遺伝子は、沖縄人が80%以上、本土日本人が60%以上、韓国人は30%前後、北方中国人が10%前後受け継いでいるが、南方中国人はほとんど持っていない。 第三段階の集団の遺伝子は南方中国人のほぼ100%を占め、北方中国人の90%前後、韓国人の70%前後もこの系統である。本土日本人においては第一段階の集団よりも多いが、第二段階の集団よりは少ない。アイヌにもある程度影響のある個体が存在するが、沖縄人への影響はほんの一部に過ぎない[132]。 ただし、これらの推計は限りなく単純化されたもので、必ずしもそのまま受け取れるものではないことに注意する必要がある[133]

その他の分子人類学的指標による諸説[編集]

集団遺伝学者の根井正利は、「現代人の起源」に関するシンポジウム(1993年、京都)にて、(アイヌを含む北海道から沖縄県までの)日本人の起源は約3万年前から北東アジアから渡来し、弥生時代以降の渡来人は現代日本人の遺伝子プールにはわずかな影響しか与えていないという研究結果を出している[134][135]。分子人類学者の尾本恵市は埴原の原日本人(アイヌを含む縄文人)の南方起源説を批判しており、1995年に出した系統図では、日本人はチベット人と同じ枝に位置づけられ、アイヌとは異なるとしており、1997年に出した系統図では、本州日本人はアイヌや琉球諸島、チベット、一部の台湾原住民と近く、韓国人、中国人とは離れているという結果を出している[136][137][138]松本秀雄はGm遺伝子の観点から、日本人の等質性を示す「日本人バイカル湖畔起源説」を提唱している[139]。また、ヒト白血球型抗原の遺伝子分析により、現代日本人は周辺の韓国人や台湾人よりも等質性が高い民族であるとの研究結果が発表されている(台湾50、韓国70、日本80)[140]

京都大学ウイルス研究所日沼頼夫はALT(成人T細胞白血病)レトロウイルス (HTLV) のキャリアが多い地域を縄文系の人が色濃く残存する地域と考えた[141]。ATLのウイルスキャリアは日本人に多数存在するが、東アジアの周辺諸国ではまったく見出されず、アメリカ先住民やアフリカ、ニューギニア先住民などで多い。日本国内の分布に目を転じると、九州や沖縄、アイヌに特に高頻度で見られ、四国南部、紀伊半島の南部、東北地方の太平洋側、隠岐、五島列島などの僻地や離島に多いことが判明している。九州、四国、東北の各地方におけるATLの好発地域を詳細に検討すると、周囲から隔絶され交通の不便だった小集落でキャリアは高率に温存されている。HTLVはかつて日本列島のみならず東アジア大陸部にも広く分布していたが、激しい淘汰が繰り返されて大陸部では消滅し、弥生時代になってウイルス非キャリアの大陸集団が日本列島中央部に多数移住してくると、列島中央部でウイルスが薄まっていったが、列島両端や僻地には縄文系のキャリア集団が色濃く残ったものと考えられている。

形質人類学、考古学からの接近方法[編集]

日本人の形成過程を分析する形質人類学からの接近方法には原人や古人骨などの形態解析、石器の分布分析などが古典的な方法としてある[142]。形質人類学的な手法は、「ヒト集団の系統関係の把握」という用途に用いるにはかなり限界があるとの指摘が聞かれてきたところであり、この用途に限って言えば、完全に主役の座を分子人類学に譲り渡した感が強い。もっとも、遺跡発掘骨の年代推定は、発掘物のAMS放射性炭素年代測定法によりかなり正確に推定できる利点がある。

東大人類学教室の長谷部言人鈴木尚は豊富な発掘調査をもとに、日本人が時代を通じて変化してきたこと、明治以降の例でも分かるように、混血等がなくとも急激に形質が変化しうることを示し、一見、形質が大いに異なる縄文人と弥生人の間でも、実は連続していて、外部からの大きな遺伝子の流入を仮定する必要はないと主張し、1980年代半ばまで有力な説であった(これは「変形説」と呼ばれる)。

それに対して、現代日本人は日本の先住民族に置き換わって成立したという「置換説」も、幕末、明治のフィリップ・フランツ・フォン・シーボルトエドワード・S・モースの考察に早くから見られ、記紀神話などを参考に、在来の原住民を天孫族が征服して日本人が形成されたという論は盛んであった。エルヴィン・フォン・ベルツは日本人でも長州藩出身と薩摩藩出身では顔に形質的な違いがあるとして「混血説」を提唱した。京都大学清野謙次の論などが「混血説」の代表である。第二次世界大戦後、長谷部=鈴木ラインの説が唱えられると、一時期、表立って主張されにくい傾向があったが、同じ東大系の鈴木尚の弟子である埴原和郎が、1980年代半ばに日本人の起源は南方系の縄文人と北方系の弥生人の混血であるとする「二重構造説」を唱えたが、近年分子生物学の研究が進むにつれて「縄文人」も北方系であるとする研究結果が多数出るに至っている。

考古学の観点からは、弥生早期の遺跡に外来系の土器が玄界灘に面した大きな遺跡からしか発見されていないことから、弥生人(渡来系)の人数を1割程度に見積もる研究者が多い[143]。一方で、人類学者による研究では大量の渡来があったとされ(埴原和郎で100万人、宝来聰で65%が渡来系)、人類学者の中橋孝博らによる人口シミュレーションによると、農耕民の弥生人は狩猟民である縄文人よりも人口増加率が高く、渡来が少数でも数百年で大きく数を増やす可能性も示された[143][144]

稲作の起源とその考古学的分析[編集]

日本人の渡来ルートを知るために稲作の渡来ルートを考える研究があり、いくつかの説が存在しているが、稲作以前から日本列島には人が住んでいたことと、移民してきた少数の稲作耕作者から稲作が原住民に伝搬された可能性とを考えれば、稲作伝搬が必ずしも大規模な移民を裏付けるものではないことに注意が必要である。

かつて、佐々木高明らによる照葉樹林文化論は、稲作が中国雲南省などの山間部における陸稲を発祥としていると主張していたが、近年、長江文明の全貌が明らかにされるにつれ、稲作は長江下流域の水稲耕作を発祥とする説が有力視されつつある。 上記項目にて詳述。

民族学・古代史から[編集]

民族学[編集]

人類学者の鳥居龍蔵は、アイヌ、固有日本人(朝鮮半島を経由して、あるいは沿海州から来た北方系民族)、インドシナ族(苗族)、インドネシア族(隼人)を主な構成要素として日本民族が形成されたと考えた[145]

民族学者の岡正雄は、先史時代の日本列島には少なくとも以下の5つの種族文化が渡来したとしている[146][147]

  1. 母系的、秘密結社的、芋栽培=狩猟民文化(メラネシア方面)
  2. 母系的、陸稲栽培=狩猟民文化(東南アジア方面)
  3. 父系的、「ハラ」氏族的、畑作=狩猟民文化(北東アジア・ツングース方面)
  4. 男性的、年齢階梯制的、水稲栽培=漁撈民文化(中国江南地方)
  5. 父権的、「ウジ」氏族的=支配者文化(アルタイ、朝鮮半島)

1. は縄文中期はじめ頃日本に流入。メラネシア原住民の文化と著しく一致(乳棒状石斧、棍棒用石環、石皿、土器形態と文様、土偶、土面、集団構造)。男性秘密結社の祭り(ナマハゲ)、タロ芋の一種であるサトイモを祭事の折の食物にする。

2.は縄文末期に日本に流入。狩猟生活とともに山地丘陵の斜面の焼畑において陸稲を栽培した。(太陽神アマテラスの崇拝、家族的、村落共同的シャーマニズム、司祭的女性支配者)

3.は弥生初期に満州、朝鮮方面からツングース系統のある種族によって日本に流入。を焼畑で栽培しながらも狩猟も行った。アルタイ語系の言語を最初に日本に持ち込んだのはこの種族。(櫛目文土器、穀物の穂摘み用半月系石器)。日本語のウカラ、ヤカラ、ハラカラなど同属集団を意味する言葉ハラ=カラはツングース諸語において外婚的父系同属集団を呼んだ語ハラ (Hala) に系統を引く。

4.は紀元前4世紀から5世紀頃、揚子江の夏口地方よりも南の沿岸地域から両国滅亡に伴う民族移動の余波として日本に渡来したもの。弥生文化における南方的と言われる諸要素を日本列島にもたらした。アウストロネシア系の種族文化。(水稲耕作、進んだ漁撈技術、板張り船)若者宿、娘宿、寝宿、産屋、月経小屋、喪屋など機能に応じて独立の小屋を建てる慣習も年齢階梯制(年齢や世代の区分で社会を階層づける社会組織)によるもの。

5.は支配者王侯文化・国家的支配体制を持ち込んだ天皇氏族を中心とする部族の文化。4の文化と同系同質の種族が、西から来たアルタイ系騎馬遊牧民によって征服され国家に組織されることによって、満州南部に置いて成立したが1世紀前から南下し始め朝鮮半島南部に暫く留まり3 - 4世紀頃に日本列島に渡来。大家族、「ウジ」族、種族のタテの三段に構成される種族構造。「ウジ」父系的氏族、軍隊体制、王朝制、氏族長会議、奴隷制、氏族職階製、各種の職業集団、鍛冶職集団などを所有。氏族や種族を五つの部分に区画する「五組織」的な社会及び軍事の構造もこの文化。天神崇拝、父系的祖先崇拝、職業的シャーマニズムなどの宗教要素もこの文化。ユーラシア・ステップ地域の騎馬遊牧民の文化と本質的に完全一致する。これが、鮮卑及び「倭」の文化に比定される。

古代史[編集]

歴史学は資料の存在を必要とするため新しい年代の議論に限定される。ヤマト王権の起源については伽耶百済高句麗夫余に求める見方がある[148]

「倭族」論[編集]

古代史、文化人類学研究者の鳥越憲三郎は「倭族」仮説(倭族論)を提唱している[149]。鳥越の定義では倭族とは「稲作を伴って日本列島に渡来した倭人、つまり弥生人と祖先を同じくし、また同系の文化を共有する人たちを総称した用語」である[150]。古代日本列島における倭人・倭国については『魏志倭人伝』(『三国志』魏書東夷伝倭人条)が有名であるが、鳥越は他の史書における倭人の記述(『論衡』から『旧唐書』に至るまで)を読解し[151]、長江(揚子江)上流域の四川省雲南省貴州省の各省にかけて、複数の倭人の王国があったことを指摘した。その諸王国はたとえば『史記』にある以下の諸国である[152]

さらに鳥越は、倭族の起源地を雲南省の湖・に比定し、水稲の人工栽培に成功したというシナリオを描く。以降、鳥越は古代史的な文献研究と現場調査を交差させ、倭族の一部が日本列島に移住し、また他の倭族と分岐していったことを示した。分岐したと比定される民族には、イ族ハニ族(古代での和夷に比定。またタイではアカ族[153])、タイ族ワ族[154]ミャオ族カレン族ラワ族などがある[155]。ほか鳥越は、高床式建物貫頭衣和服)、注連縄などの風俗を比較している。

また諏訪春雄は倭族を百越の一部としている[156]

いずれにせよこの倭族論(倭族仮説)は長江文明を母体にした民族系統論といってよく、観点は異なるが環境考古学安田喜憲の長江文明論や近年の稲作の渡来とも重なっている。

言語学から[編集]

日本語の起源を解明することで、日本人のルーツを明らかにするという研究もある。

日本語の起源は、従来、アルタイ諸語オーストロネシア語族との関連が想定されてきたが、比較言語学的にはまだ証明されていない。現在の所、日本語の起源については、いくつかの説が出ているが決定的な物はない。

学際研究による日本列島へのヒト渡来経路の総合的分析[編集]

平成17年(2005年)度から21年(2009年)度にかけて、日本学術振興会による共同研究「更新世から縄文・弥生期にかけての日本人の変遷に関する総合的研究」が行われ、2010年2月20日には国立科学博物館にて公開シンポジウム「日本人起源論を検証する:形態、DNA、食性モデルの一致、不一致」が開催され、また雑誌『科学』(岩波書店、2010年4月号)では同内容が掲載された[157]。研究代表者の溝口優司は、研究班員全員の同意が得られるようなシナリオは作れなかったと断ったうえで、日本列島へのヒト渡来経路は現時点では次のようになるとしている[158]

  1. アフリカで形成された人類集団の一部が、5 - 6万年前までには東南アジアに渡来し、その地の後期更新世人類となった。
  2. - 3. 東南アジア後期更新世人類の一部はアジア大陸を北上し、また別の一部は東進してオーストラリア先住民などの祖先になった(典型性確率を使った頭蓋計測値の分析で、オーストラリア東南部出土の人骨化石であるキーロー[159]などに似た後期更新世人も、縄文時代人の祖先候補とすべきであることが指摘された)。
  3. アジア大陸に進出した後期更新世人類は北アジア(シベリア)、北東アジア、日本列島、南西諸島などに拡散した。シベリアに向かった集団は、少なくとも2万年前までには、バイカル湖付近にまでに到達し、寒冷地適応を果たして北方アジア人的特徴を得た。日本列島に上陸した集団は縄文時代人の祖先となり、南西諸島に渡った集団の中には港川人の祖先もいた。
  4. 更新世の終わり頃、北東アジアにまで来ていた、寒冷地適応をしていない後期更新世人類の子孫が、北方からも日本列島へ移住した可能性もある。
  5. シベリアで寒冷地適応していた集団が東進南下し、少なくとも約3000年前までには中国東北部、朝鮮半島、黄河流域、江南地域などに分布。

また同研究では、北海道縄文時代人は北東アジア由来かもしれないという仮説、縄文時代人の祖先は東南アジア・中国南部のみならず広くオーストラリアまでも含めた地域の後期更新世人類の中から探さなければならないという指摘、後期更新世の沖縄港川人はアジア大陸の南方起源である可能性が高いが、北海道 - 九州地方の縄文時代人とは下顎形態に多数の相違点が見出され、両者の間の系譜的連続性を認める従来の仮説は見直される必要があるという主張もなされた[160]

名称[編集]

美称
  • 日本男児、大和男(やまとおのこ)
  • 大和撫子

前者は日本男性、後者は日本女性を指す。武士道武芸、日本的道徳教養芸術和裁日本料理の技能などを備えていることの誉め言葉としてよく使われる。国際スポーツ大会で活躍した日本チーム・選手は、20世紀末からは「サムライ○○」と呼ばれるようになった。(例)サムライブルーサムライジャパン

他の言語

アイヌ語で、アイヌ人以外の日本人を、「自分のそば」「隣人」という意味のシサムという。それ以外の言語では、おおむね「漢語の日本の現地発音、ジパングに類似した固有名詞」+「国民、住民を表す接頭語、接尾語」で表現される。

中国語では、日本または日本人のことを小日本という蔑称で呼ぶことがある。

その他[編集]

  • 日本人論
歴史的に日本人の形質が大きく変化してきたことは人類学者鈴木尚らの研究によって明らかになっているが、近代以降は下肢が伸びて身長が高くなる、が縮小して面長になるなどの変化(小進化)が著しい。の縮小と永久歯の減少が進んでおり、親知らずが生えない日本人が増えているが、それ以上に顎の退化が進み、歯並びが悪い若者が増えている。歴史的には同様の現象は徳川将軍家を始めとする江戸時代大名家にも顕著にみられ、柔らかい食べ物を好んで食べるようになったのが原因と考えられている。
  • 邦人(ほうじん)
」の字は「」と同義であり、したがって「邦人」の字義は「」(歴史的用語である国人とは意味が異なる)である。その語義は第1に「(主体とする)国の人間」を意味し、「自国の人」を指す。この意の「邦人」は、文の主体が日本であれば「日本人」を指し、他の国であればその国の人を指す(用例:アメリカ政府は邦人の救出に成功した)。ただ、当然ながら日本語において日本人を指すことが多いため、現代においてはこれが「邦人」の第2義となっている(用例:日本政府は邦人の釈放を要求した)。なお、第2義の「邦人」は日本に滞在する外国人日系人を含まないことが多い。「日本国外に居留(在留)する日本人(海外在留邦人、略して在留邦人とも、在外邦人などとも呼ばれる。旅行者は含まない)」に対して使われることが多く、マスメディアでは「現地在留の日本人」を指して用いられる頻度が高いが、現代日本語のニュアンスとしては、硬質な話題、すなわち、政治経済のニュースや現地在留の日本人が何らかの災禍を被ったネガティブなニュースで用いられるケースがほとんどであり(用例:事故に巻き込まれた邦人の数は…)、硬質でない話題で用いられることは比較的少ない(用例:ご到着になった天皇陛下と現地在留の日本人らは…)。また、「当事国の在留日本人」という意味で「在+国名+邦人」や「国名+邦人」とする例も見られる(用例:在アルジェリア邦人拘束事件[165]cf. アルジェリア人質事件〉。アルジェリア邦人拘束の報。※後者の場合は第1義的用法〈アルジェリア国の邦人〉との判別は不可能)。「内国人」とも呼ばれる[166]が、一般的ではない。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ これは人口が少ない集団は遺伝的多様性が少なくなるからと考えられている。
  2. ^ なお、ウイグル人とヤクート人は西ユーラシア人との混血のため東アジアの主集団と離れていると考えられる。また韓国人は若干日本列島人と同様の乖離の傾向を示したため、わずかではあるが縄文人のDNAを含んでいる可能性が示唆された[118]
  3. ^ ただし、北海道地域のサンプルはアイヌを選んだわけではないということに留意する必要がある
  4. ^ サンプルは北京の漢族
  5. ^ サンプルは中国系シンガポール人

出典[編集]

  1. ^ http://www.stat.go.jp/data/jinsui/pdf/201609.pdf 総務省
  2. ^ [1]
  3. ^ American FactFinder - Results
  4. ^ a b http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/tokei/hojin/11/pdfs/1.pdf
  5. ^ Japan news, commentary, culture, sports | The Japan Times(2009年3月6日時点のアーカイブ). Search.japantimes.co.jp. Retrieved on 2013-08-24.
  6. ^ Adachi, Nobuko (2006年5月30日). Japanese diasporas: Unsung pasts, conflicting presents, and uncertain futures. ISBN 978-0-415-77035-4. http://books.google.com/?id=litYzL0GYSkC&pg=PA97&lpg=PA97#v=onepage&q&f=false. 
  7. ^ 2011 National Household Survey: Data tables | Ethnic Origin (264), Single and Multiple Ethnic Origin Responses (3), Generation Status (4), Age Groups (10) and Sex (3) for the ...
  8. ^ MOFA: Japan-Peru Relations
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/tokei/hojin/10/pdfs/1.pdf
  10. ^ 外務省: 英国(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)基礎データ
  11. ^ MOFA: Japan-Argentine Relations
  12. ^ Tourism New Caledonia (PDF, Prepare your trip in New Caledonia) (2008年10月14日時点のアーカイブ
  13. ^ MOFA: Japan-Singapore Relations
  14. ^ http://www.mra.fm/pdfs/nr_los_FromFSMAmbassador.pdf
  15. ^ MOFA: Japan-Mexico Relations
  16. ^ ボリビア日系協会連合会 (FENABOJA)
  17. ^ Bangladesh Japanese Population”. 2016年2月12日閲覧。[リンク切れ]
  18. ^ Pacific Islands President, Bainbridge Lawmakers Find Common Ground » Kitsap Sun(2011年7月16日時点のアーカイブ
  19. ^ 外務省: インド
  20. ^ “日本人”. 広辞苑. 
  21. ^ 日本国憲法第10条
  22. ^ “日本人”. マイペディア. 平凡社. 
  23. ^ 環日本海交流、山東半島などからの渡来ルートを含む
  24. ^ 南西諸島、東南アジア諸地域からの渡来ルート
  25. ^ 古代世界の航海技術は従来考えられてきたよりもずっとさかのぼって高度に発達していた可能性が近年の考古学では明らかになってきているが、まだ年代や具体的な技術の内容については確定できない。海部陽介『人類がたどってきた道』NHK出版ほかより。
  26. ^ 人口推定 - 平 成 30 年 10 月 報 -”. 総務省統計局. 2018年11月13日閲覧。
  27. ^ 海外在留邦人数調査統計 平成30年要約版”. 外務省領事局政策課. 2018年11月13日閲覧。
  28. ^ 帰化許可申請者数,帰化許可者数及び帰化不許可者数の推移”. 法務省. 2018年11月13日閲覧。
  29. ^ 帰化許可申請者数,帰化許可者数及び帰化不許可者数の推移”. 法務省. 2018年11月13日閲覧。
  30. ^ 宗教統計調査結果―平成25年12月31日現在― (PDF)”. 文化庁 (2013年12月31日). 2016年2月17日閲覧。
  31. ^ 日本の宗教人口-2億と2-3割の怪の解-”. 武蔵野大学仏教文化研究所 渡辺浩希. 2014年7月3日閲覧。
  32. ^ 河合隼雄『対話する生と死』(大和書房
  33. ^ 完全な一重55.4% 栃原きみえ・斉藤一枝・水口綾子・池田恵子 (1979), 論文-被服の着装効果と顔の形態的因子との関係についての研究, p. 9 
  34. ^ 内藤芳篤著 「日本人」『世界大百科事典』21、下中直人編、平凡社2009年、改定新版、445頁。
  35. ^ 塚田史紀・片山一道「『骨が語る日本人の歴史』を書いた京都大学名誉教授片山一道氏に聞く」、『週刊東洋経済』7月18日号、東洋経済新報社、2015年、 114頁。
  36. ^ a b c d e f g h i 前掲 『世界大百科事典』21、447頁。
  37. ^ 前掲 『世界大百科事典』21、447-448頁。
  38. ^ 溝口優司(国立科学博物館人類研究部長)『アフリカで誕生した人類が日本人になるまで』日本人の成り立ちについての3つの仮説 (P173)
  39. ^ なお、佐原真はこの語の原義である「縄紋土器を使用していた人間」ということを強調するために「縄紋人」という呼称を提唱している。
  40. ^ 『日本大百科全書』(小学館)「弥生文化」の項(2012年7月9日時点のアーカイブ)参照。
  41. ^ 『中国史のなかの日本像』王勇参照。
  42. ^ 佐々木高明『日本文化の多重構造?アジア的視野から日本文化を再考する』小学館,1997,p.112。
  43. ^ 斎藤成也、『日本人の源流』、河出書房新社、2017年、25-26頁
  44. ^ 斎藤成也、『日本人の源流』、河出書房新社、2017年、180頁
  45. ^ a b McDonald, J. D. (2005), Y chromosome and Mitochondrial DNA haplogroups, http://www.scs.uiuc.edu/~mcdonald/WorldHaplogroupsMaps.pdf 2008年4月14日閲覧。 
  46. ^ 斎藤成也、『日本人の源流』、河出書房新社、2017年、4-6頁
  47. ^ 斎藤成也、『日本人の源流』、河出書房新社、2017年、26-28頁
  48. ^ 斎藤成也、『日本人の源流』、河出書房新社、2017年、180頁
  49. ^ 篠田謙一 (2007), 日本人になった祖先たち - DNAから解明するその多元的構造, 日本放送出版協会 、p.32.
  50. ^ Haplogroup M7.
  51. ^ 篠田謙一 (2007), 日本人になった祖先たち - DNAから解明するその多元的構造, 日本放送出版協会 、p.111-113.
  52. ^ 崎谷満『新日本人の起源』勉誠出版、2009年、P45
  53. ^ 『新日本人の起源』P35 - 38、52
  54. ^ National Geographic, ed., Atlas of the Human Journey, オリジナルの2008年4月5日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20080405232839/https://www3.nationalgeographic.com/genographic/atlas.html 2008年4月14日閲覧。 
  55. ^ International Society of Genetic Genealogy, ed. (2007), Y-DNA Haplogroup Tree 2006, 1.24, http://www.isogg.org/tree/Main06.html 2008年4月14日閲覧。 要引用
  56. ^ 崎谷満 (2008), DNAでたどる日本人10万年の旅, 昭和堂, ISBN 978-4-8122-0753-6 
  57. ^ 文献等(2014年以前)ではO2b*と表記されているが、実際はO1b2(旧O2b)からO-47zを除いたものである。
  58. ^ a b c d e I. Nonaka, K. Minaguchi, and N. Takezaki, "Y-chromosomal Binary Haplogroups in the Japanese Population and their Relationship to 16 Y-STR Polymorphisms," Annals of Human Genetics (2007) 71,480–495. doi:10.1111/j.1469-1809.2006.00343.x
  59. ^ a b c d e f g h i j k Michael F Hammer; Tatiana M Karafet; Hwayong Park; Keiichi Omoto; Shinji Harihara; Mark Stoneking; Satoshi Horai (2006年). “Dual origins of the Japanese: common ground for hunter-gatherer and farmer Y chromosomes”. Journal of Human Genetics 51 (1): 47 - 58. doi:10.1007/s10038-005-0322-0. PMID 16328082. 
  60. ^ a b c YOUICHI SATO, TOSHIKATSU SHINKA, ASHRAF A. EWIS, AIKO YAMAUCHI, TERUAKI IWAMOTO, YUTAKA NAKAHORI Overview of genetic variation in the Y chromosome of modern Japanese males. doi:10.1537/ase.140709
  61. ^ a b c Atsushi Tajima, Masanori Hayami, Katsushi Tokunaga, Takeo Juji, Masafumi Matsuo, Sangkot Marzuki, Keiichi Omoto, and Satoshi Horai, "Genetic origins of the Ainu inferred from combined DNA analyses of maternal and paternal lineages." Journal of Human Genetics (2004) 49:187–193. doi:10.1007/s10038-004-0131-x
  62. ^ Yasuhisa Seo, Yasunari Takami, Tatsuo Nakayama, and Keiichi Takahama, "Y chromosome DNA polymorphisms and their haplotypes in a Japanese population." Legal Medicine (Tokyo). 1999 Sep;1(3):145-9. doi:10.1016/S1344-6223(99)80027-3
  63. ^ a b c Toshikatsu Shinka, Keiko Tomita, Tatsushi Toda, Svetlana E. Kotliarova, Juwon Lee, Yoko Kuroki, Dong Kyu Jin, Katsushi Tokunaga, Hideki Nakamura, and Yutaka Nakahori, "Genetic variations on the Y chromosome in the Japanese population and implications for modern human Y chromosome lineage," Journal of Human Genetics (1999) 44:240-245
  64. ^ Jean A Trejaut, Estella S Poloni, Ju-Chen Yen, Ying-Hui Lai, Jun-Hun Loo, Chien-Liang Lee, Chun-Lin He and Marie Lin "Taiwan Y-chromosomal DNA variation and its relationship with Island Southeast Asia."BMC Genet. 2014 Jun 26;15:77. doi:10.1186/1471-2156-15-77.
  65. ^ Kumarasamy et al.(2003)Genetic Affinities of the Andaman Islanders, a Vanishing Human Population Current Biology Volume 13, Issue 2, Pages 86–93 doi:10.1016/S0960-9822(02)01336-2
  66. ^ Tambets, Kristiina et al. 2004, The Western and Eastern Roots of the Saami—the Story of Genetic “Outliers” Told by Mitochondrial DNA and Y Chromosomes PMC: 1181943
  67. ^ Duggan AT, Whitten M, Wiebe V, Crawford M, Butthof A, et al. (2013) Investigating the Prehistory of Tungusic Peoples of Siberia and the Amur-Ussuri Region with Complete mtDNA Genome Sequences and Y-chromosomal Markers PLoS ONE 8(12): e83570. doi:10.1371/journal.pone.0083570
  68. ^ Lell, Jeffrey T. et al. 2001-2002, The Dual Origin and Siberian Affinities of Native American Y Chromosomes PMC: 384887
  69. ^ 崎谷満(2009)『DNA・考古・言語の学際研究が示す 新・日本列島史』勉誠出版
  70. ^ 篠田謙一(2015)『DNAで語る 日本人起源論』岩波現代全書
  71. ^ JAPAN DNA Project(kit:N200584)
  72. ^ ただし、近年の遺伝子調査により、アイヌは縄文人の単純な子孫ではなく、オホーツク人等の新モンゴロイド系北方民族のY-DNAも10%ほど見られ、複雑な過程を経て誕生したことが明らかになった。消えた北方民族の謎追う 古代「オホーツク人」北大が調査
  73. ^ Michael F Hammer; Tatiana M Karafet; Hwayong Park; Keiichi Omoto; Shinji Harihara; Mark Stoneking; Satoshi Horai (2006年). “Dual origins of the Japanese: common ground for hunter-gatherer and farmer Y chromosomes”. Journal of Human Genetics 51 (1): 47 - 58. doi:10.1007/s10038-005-0322-0. PMID 16328082. "Outside of Japan D-P37.1 and its sub-lineages are extremely rare, being found in only three Korean males (D-P37.1* and D-M125*) and one male from Micronesia (D-M116.1*)." 
  74. ^ Meryanne K Tumonggor, Tatiana M Karafet, Sean Downey, et al., "Isolation, contact and social behavior shaped genetic diversity in West Timor." Journal of Human Genetics (2014) 59, 494–503; doi:10.1038/jhg.2014.62
  75. ^ 道方しのぶ『日本人のルーツ 探索マップ』平凡社新書,2005年,61頁
  76. ^ Michael F. Hammer (2005年) (PDF). Dual origins of the Japanese: common ground for hunter-gatherer and farmer Y chromosomes. The Japan Society of Human Genetics and Springer-Verlag. オリジナルの2006-06-25時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060625025512/http://www.eva.mpg.de/genetics/pdf/Japan.pdf 2007年1月19日閲覧。. 
  77. ^ University of Pittsburgh, Jomon Genes - Using DNA, researchers probe the genetic origins of modern Japanese by John Travis
  78. ^ Haplogroup YTree v5.03 at 09 April 2017 (accessed 12 May 2017).
  79. ^ a b YFull Haplogroup YTree v5.05 at 30 July 2017
  80. ^ Monika Karmin, Lauri Saag, Mário Vicente, et al., "A recent bottleneck of Y chromosome diversity coincides with a global change in culture." Genome Research 2015 Apr;25(4):459-66. doi: 10.1101/gr.186684.114. Epub 2015 Mar 13.
  81. ^ a b G. David Poznik, Yali Xue, Fernando L. Mendez, et al., "Punctuated bursts in human male demography inferred from 1,244 worldwide Y-chromosome sequences." Nature Genetics 2016 June ; 48(6): 593–599. doi:10.1038/ng.3559.
  82. ^ Shi, Hong; Zhong, Hua; Peng, Yi; Dong, Yong-li; Qi, Xue-bin; Zhang, Feng; Liu, Lu-Fang; Tan, Si-jie et al. (October29,2008). “Y chromosome evidence of earliest modern human settlement in East Asia and multiple origins of Tibetan and Japanese populations”. BMC Biology (BioMedCentral) 6: 45. doi:10.1186/1741-7007-6-45. PMC 2605740. PMID 18959782. http://www.biomedcentral.com/1741-7007/6/45 2010年11月21日閲覧。.  オープンアクセス
  83. ^ Jin, Han-Jun; Kwak, Kyoung-Don; Hammer, Michael F.; Nakahori, Yutaka; Shinka, Toshikatsu; Lee, Ju-Won; Jin, Feng; Jia, Xuming et al. (2003). "Y-chromosomal DNA haplogroups and their implications for the dual origins of the Koreans". Human Genetics 114 (1): 27–35. doi:10.1007/s00439-003-1019-0. PMID 14505036.
  84. ^ a b Shi Yan, Chuan-Chao Wang, Hui Li et al., "An updated tree of Y-chromosome Haplogroup O and revised phylogenetic positions of mutations P164 and PK4." European Journal of Human Genetics (2011) 19, 1013–1015.
  85. ^ 『DNA・考古・言語の学際研究が示す新・日本列島史』(勉誠出版 2009年)
  86. ^ Scozzari R, Massaia A, D'Atanasio E, Myres NM, Perego UA, et al. (2012), "Molecular Dissection of the Basal Clades in the Human Y Chromosome Phylogenetic Tree." PLoS ONE 7(11): e49170. doi:10.1371/journal.pone.0049170
  87. ^ Pille Hallast, Chiara Batini, Daniel Zadik, et al. (2014), "The Y-Chromosome Tree Bursts into Leaf: 13,000 High-Confidence SNPs Covering the Majority of Known Clades." Mol. Biol. Evol. Advance Access publication December 2, 2014. doi:10.1093/molbev/msu327
  88. ^ 『DNA・考古・言語の学際研究が示す新・日本列島史』(勉誠出版 2009年)
  89. ^ a b Yali Xue, Tatiana Zerjal, Weidong Bao, Suling Zhu, Qunfang Shu, Jiujin Xu, Ruofu Du, Songbin Fu, Pu Li, Matthew E. Hurles, Huanming Yang, and Chris Tyler-Smith, "Male Demography in East Asia: A North–South Contrast in Human Population Expansion Times." Genetics 172: 2431–2439 (April 2006). DOI: 10.1534/genetics.105.054270
  90. ^ a b Soon-Hee Kim, Ki-Cheol Kim, Dong-Jik Shin, Han-Jun Jin, Kyoung-Don Kwak, Myun-Soo Han, Joon-Myong Song, Won Kim, and Wook Kim, "High frequencies of Y-chromosome haplogroup O2b-SRY465 lineages in Korea: a genetic perspective on the peopling of Korea." Investigative Genetics 2011, 2:10. http://www.investigativegenetics.com/content/2/1/10
  91. ^ So Yeun Kwon, Hwan Young Lee, Eun Young Lee, Woo Ick Yang, and Kyoung-Jin Shin, "Confirmation of Y haplogroup tree topologies with newly suggested Y-SNPs for the C2, O2b and O3a subhaplogroups." Forensic Science International: Genetics 19 (2015) 42–46. doi:10.1016/j.fsigen.2015.06.003
  92. ^ 『古代基因:百越族群研究新證』復旦大學(2003)
  93. ^ 『DNA・考古・言語の学際研究が示す新・日本列島史』(勉誠出版 2009年)
  94. ^ Yinqiu Cui, Hongjie Li, Chao Ning, Ye Zhang, Lu Chen, Xin Zhao, Erika Hagelberg and Hui Zhou (2013)"Y Chromosome analysis of prehistoric human populations in the West Liao River Valley, Northeast China. " BMC 13:216 doi:10.1186/1471-2148-13-216
  95. ^ 中国北方新石器文化研究の新展開【詳細報告】「東北アジアにおける先史文化の交流」王 巍(中国社会科学院考古研究所・副所長)
  96. ^ 篠田謙一 (2007), 日本人になった祖先たち - DNAから解明するその多元的構造, 日本放送出版協会 、p.131-135.
  97. ^ 篠田謙一 (2007), 日本人になった祖先たち - DNAから解明するその多元的構造, 日本放送出版協会 、p.131-135.
  98. ^ 篠田謙一 (2007), 日本人になった祖先たち - DNAから解明するその多元的構造, 日本放送出版協会 、p.199-201.
  99. ^ 斎藤成也、『日本人の源流』、河出書房新社、2017年、180頁
  100. ^ 徳永勝士 (1995)「HLA遺伝子群からみた日本人のなりたち」『モンゴロイドの地球(3)日本人のなりたち』東京大学出版会, 第4章, 遺伝子からみた日本人, p193-210
  101. ^ 徳永勝士 (1996) 「HLA の人類遺伝学」『日本臨床免疫学会会誌』=『Japanese journal of clinical immunology』19(6), 541-543
  102. ^ 徳永勝士 (2003)「HLA と人類の移動」『Science of humanity Bensei 』(42), 4-9, 東京:勉誠出版
  103. ^ 徳永勝士 (2008)「HLA遺伝子:弥生人には別ルートをたどってやってきた四つのグループがあった!」『日本人のルーツがわかる本』逆転の日本史編集部, 東京:宝島社, p264-p280
  104. ^ a b 北朝鮮では調査がなされていない
  105. ^ 宝来聡「DNA人類進化学」岩波書店、116頁。宝来聡「ミトコンドリアDNAからみた日本人の成立」琉球大学医学部公開講座講演要旨、1997年3月
  106. ^ International Human Genome Sequencing Consortium (2001) Initial sequencing and analysis of the human genome. Nature, 409: 860-921. doi:10.1038/35057062
  107. ^ a b International HapMap Consortium (2005) A haplotype map of the human genome. Nature, 437: 1299-1320. doi:10.1038/nature04226
  108. ^ 太田(2007) ゲノム科学と人類学―世界の動向と今後の展望―Anthropological Science (Japanese Series). 115(2), 73-83. doi:10.1537/asj.115.73
  109. ^ 斉藤(2009) ヒトゲノム研究の新しい地平 (PDF) (2013年6月1日時点のアーカイブ)Anthropological Science (Japanese Series). 117(1), 1-9.
  110. ^ 斎藤成也、『日本人の源流』、河出書房新社、2017年
  111. ^ Chao Tian, Roman Kosoy, Annette Lee, Michael Ransom, John W. Belmont, Peter K. Gregersen, Michael F. Seldin (2008) Analysis of East Asia Genetic Substructure Using Genome-Wide SNP Arrays PLoS ONE, 3(12): e3862. doi:10.1371/journal.pone.0003862
  112. ^ HUGO Pan-Asian SNP Consortium(2009) Mapping Human Genetic Diversity in Asia. (PDF) (2012年4月5日時点のアーカイブ) Science. 326, 1541-1545.
  113. ^ Yumi Yamaguchi-Kabata, Kazuyuki Nakazono, Atsushi Takahashi, Susumu Saito, Naoya Hosono, Michiaki Kubo, Yusuke Nakamura, Naoyuki Kamatani(2008) Japanese Population Structure, Based on SNP Genotypes from 7003 Individuals Compared to Other Ethnic Groups: Effects on Population-Based Association Studies. The American Journal of Human Genetics, 83(4), 445-456. doi:10.1016/j.ajhg.2008.08.019
  114. ^ http://www.riken.jp/r-world/info/release/press/2008/080926/detail.html [リンク切れ]
  115. ^ a b アーカイブされたコピー”. 2013年3月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月4日閲覧。
  116. ^ 斎藤成也、『日本人の源流』、河出書房新社、2017年、136頁
  117. ^ 斎藤成也、『日本人の源流』、河出書房新社、2017年、137-138頁
  118. ^ a b 斎藤成也、『日本人の源流』、河出書房新社、2017年、138-141頁
  119. ^ 国立大学法人 総合研究大学院大学 【プレスリリース】日本列島3人類集団の遺伝的近縁性
  120. ^ 斎藤成也、『日本人の源流』、河出書房新社、2017年、145頁
  121. ^ 斎藤成也、『日本人の源流』、河出書房新社、2017年、148頁
  122. ^ 斎藤成也、『日本人の源流』、河出書房新社、2017年、128-130頁
  123. ^ 斎藤成也、『日本人の源流』、河出書房新社、2017年、154-156頁
  124. ^ 斎藤成也、『日本人の源流』、河出書房新社、2017年、162頁
  125. ^ 斎藤成也、『日本人の源流』、河出書房新社、2017年、160-162頁
  126. ^ 斎藤成也、『日本人の源流』、河出書房新社、2017年、163-169頁
  127. ^ 斎藤成也、『日本人の源流』、河出書房新社、2017年、165-168頁
  128. ^ 斎藤成也、『日本人の源流』、河出書房新社、2017年、168頁
  129. ^ 斎藤成也、『日本人の源流』、河出書房新社、2017年、184-186頁
  130. ^ 斎藤成也、『日本人の源流』、河出書房新社、2017年、168頁
  131. ^ 斎藤成也、『日本人の源流』、河出書房新社、2017年、169頁
  132. ^ 斎藤成也、『日本人の源流』、河出書房新社、2017年、163-164頁
  133. ^ 斎藤成也、『日本人の源流』、河出書房新社、2017年、164頁
  134. ^ 宝来聰『DNA 人類進化学』(岩波書店、1997年)
  135. ^ 月刊誌『選択』2007年12月号
  136. ^ 尾本恵市 (1996), 分子人類学と日本人の起源, 裳華房, pp. [要ページ番号], ISBN 978-4-7853-8638-2 
  137. ^ 斉藤成也『DNAからみた日本人』筑摩書房 p56
  138. ^ 篠田謙一 (2007), 日本人になった祖先たち - DNAから解明するその多元的構造, 日本放送出版協会, pp. [要ページ番号], ISBN 978-4-14-091078-8 
  139. ^ 松本秀雄 (1992), 日本人は何処から来たか — 血液型遺伝子から解く, 日本放送出版協会, ISBN 978-4-14-001652-7 
  140. ^ 李成柱 (2001), “血液分析により民族の移動経路を判明する”, 東亜日報, http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2001010317828 2008年4月14日閲覧。 
  141. ^ 日沼頼夫(1998) 「ウイルスから日本人の起源を探る」『日本農村医学会誌』, 46(6), 908-911
  142. ^ 馬場悠男「港川人1号人骨」東京大学総合研究資料館1996(2003年9月22日時点のアーカイブ)ほか。
  143. ^ a b 篠田謙一『日本人になった祖先たち』(2007年)p185
  144. ^ 『日本人はるかな旅・5/そして日本人が生まれた』(NHK出版)
  145. ^ 『鳥居龍蔵全集』第1巻、朝日新聞社、1975年
  146. ^ 異人その他 日本民族=文化の源流と日本国家の形成 言叢社 1979
  147. ^ 『異人その他 他十二篇 岡正雄論文集』岩波文庫、1994年
  148. ^ 澤田洋太郎『日本語形成の謎に迫る』(新泉社、1999年)
  149. ^ 鳥越憲三郎『原弥生人の渡来』(角川書店、1982年)『倭族から日本人へ』(弘文堂、1985年)『古代朝鮮と倭族』(中公新書、1992年)『倭族トラジャ』(若林弘子との共著、大修館書店、1995年)『弥生文化の源流考』(若林弘子との共著、大修館書店、1998年)『古代中国と倭族』(中公新書、2000年)、『中国正史倭人・倭国伝全釈』(中央公論新社、2004年)
  150. ^ 諏訪春雄編『倭族と古代日本』(雄山閣出版、1993年)7 - 8頁
  151. ^ 倭・倭人関連の中国文献倭・倭人関連の朝鮮文献
  152. ^ 三国志地名事典(索引)も参照
  153. ^ 『古代中国と倭族』(中公新書、2000年)263頁
  154. ^ 『弥生文化の源流考』(若林弘子との共著、大修館書店、1998年)
  155. ^ 中国の少数民族タイの民族
  156. ^ 諏訪春雄編『倭族と古代日本』(雄山閣出版、1993年)
  157. ^ 平成17年度から平成21年度日本学術振興会科学研究費補助金(基盤研究(S))による研究「更新世から縄文・弥生期にかけての日本人の変遷に関する総合的研究 」日本人形成過程のシナリオ(2008年3月27日時点のアーカイブ)、まとめ2010年5月(2010年5月26日時点のアーカイブ)2010年9月20日閲覧。および『科学』岩波書店、2010年4月号
  158. ^ 溝口は「本プロジェクト研究班の班員全員の合意によるものではない」と明記している。同リンク先。
  159. ^ Australian History Database(2004年9月10日時点のアーカイブ) キーローはメルボルンの北西19kmに位置し、1940年に約1万3000年前のキーロー頭骨と4万年前と考えられる石器が出土した。
  160. ^ 同リンク
  161. ^ Geno 2.0: The Greatest Journey Ever Told” (英語). (official website). National Geographic Society. 2013年1月23日閲覧。:有料。※日本語版
  162. ^ DNAルーツ”. (公式ウェブサイト). 株式会社ローカス (Rucus). 2013年1月23日閲覧。:有料。
  163. ^ 研究チーム紹介・健康長寿ゲノム探索研究チーム”. (公式ウェブサイト). 地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター 東京都健康長寿医療センター研究所. 2009年8月30日閲覧。
  164. ^ 産経新聞生命ビッグバン取材班 『ここまでわかってきた日本人の起源』 産経新聞出版2009年5月30日、17頁。ISBN 978-4-594-05955-2
  165. ^ 在アルジェリア邦人拘束事件(我が国の働きかけ)”. (公式ウェブサイト). 外務省 (2013年1月21日). 2013年1月23日閲覧。
  166. ^ goo辞書

関連項目[編集]

外部リンク[編集]