日本の貧困

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東京 渋谷のホームレスの男性

日本の貧困(にほんのひんこん、en:Poverty in Japan)について、日本では 相対的貧困とは、世帯収入が統計中央値の半分以下の状態と定義されている [1]OECDの数字によると、日本の世帯平均純可処分所得は23,458米ドルで、OECD加盟国の平均である22,387米ドルよりも高くなっている [2]が、他国とは異なり日本には公的な貧困を示すラインがなく、貧困状態に苦しんでいる人々の正確な数値を得ることが困難。ただし雇用状況調査から、2006年に正規従業員の8.2%が、貧しき労働状況と見なされるほど十分な収入を得ていなかったと推定された。 2009年10月、日本の労働省は、日本人の6人に1人(2200万人)が貧困状態にあるという報告書を発表。

日本の厚生労働省は2012年の国家予算で新しい貧困指数を作成するよう要請。新しい指標では貧困に影響を与える重要な要因、すなわち健康、食、衣服、生活条件を含めて提され、2013年に日本政府は16%の相対的貧困率を記録したがこれは統計記録上過去最高記録であった。別の研究では20〜64歳で一人暮らしの日本人女性の3人に1人が貧困状態にあることが報告されている。

レポートと調査結果[編集]

他の国とは異なり、人口のかなりの部分が貧困状態にあるという事実にもかかわらず、貧困指標ではほんのわずかとなっている [3]

国内レポート[編集]

2009[編集]

2009年10月、日本の厚生労働省は、2007年に日本人の約6分の1(2200万人)が貧困状態にあると述べた報告書を発表 [4]

2013[編集]

2013年、日本政府は16%の相対的貧困率を記録。これは、国民の平均収入の半分未満で生活する人口の割合として定義されているが、統計上で最高記録である [5]

人口統計[編集]

別の研究では、20〜64歳で一人暮らしの日本人女性の3人に1人が貧困状態にあることが示された [6]

国際レポート[編集]

いくつかの国際機関は、貧困率を推定するために日本での調査と研究がなされている。

OECDの調査結果[編集]

OECDは2006年7月に、日本は相対的貧困率が高いと報告した。別のOECD報告書は、2000年代半ばに日本がOECD加盟国の中で貧困において2番目に悪いと述べた [1]。OECDは2011年4月に、日本を貧困下に生きている人々が人口の割合に占めるリストで34の加盟国のうち29位に位置付けた。貧困者は15.7%で、日本はOECD加盟国の平均11%を上回っていたとしたが、この日本の15.7%は1985年以降で日本よりも資源が少なく発展が遅れている国、スロバキア共和国(6.5%)、スロベニア(7.2%)、ポーランド(10.1%)を上回っている。他のすべてのOECD加盟国の貧困率増加平均は年間1.0%で [3] [7] OECD報告はわずか17.3%の貧困指標を有する米国、下に日本を配するが、統計では米国は1985年以来0.7%の減少によって、貧困を減らしたことが示されている[7]

日本のワーキングプア[編集]

他のいくつかの近代的な国とは異なり、日本には公的な貧困ラインがなく、貧困状態に苦しんでいる人々の正確な数値を得ることが困難であり、代わりに日本は、収入の中央値、OECD指数で都道府県ごとに異なるその他の要因を使用して計算される「最低生活水準」に基づいて貧困を測定している。2006年に、雇用状況調査を使用して個人ベースで測定した場合、正規従業員の8.2%が十分な収入を得ていないと推定されている。ひとり親家庭、公的扶助制度の欠点、不安定な雇用、最低生活水準をカバーするのに不十分な最低賃金など、いくつかの要因が貧困層と相関していることがわかっている。非正規労働者は貧しい人々の一員である傾向を示し、多くの場合は日本企業のリストラの結果である。これらの労働者はまたホームレスになる傾向があり、学者の篠田徹が米国のフーバービルと比較、日本にもホームレスのHakenmuraのようなよく知られたホームレスの「村」が存在するが一般的に目から離れた地域に住んでいる、これらのコミュニティのメンバーは、非正規労働者である日雇い労働者になる傾向があるとしている [8] [9] [10]

埼玉飢死事件[編集]

2012年2月20日、老夫婦と39歳の息子3人の家族の死が、埼玉県から報告された。家族は家賃を払う余裕がなく、電気は止められていた [7]。暖房費を支払うことができないための低体温症も死の原因であると疑われている [3]

子供の貧困[編集]

日本の貧しい子供たちに関しては、350万人の日本人の子供、または17歳までの子供の6人に1人が、 OECDが収入の中央値の半分以下と定義する国民の可処分所得で相対的貧困を経験している世帯に属していると推定されている [11]。また、350万人の貧しい子供のうち200,000人だけが養育費を受け取っていると推定されている。 [11]日本の厚生労働省の統計によると、2017年5月現在、日本の子供の16%が定義された貧困生活下で生活しているとしている [12]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]