日本の国の象徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本の国の象徴(にほんのくにのしょうちょう)は、国の独自性を表すために日本で使用される記号であり、文化生活や歴史のさまざまな側面を反映している。[1]

記号[編集]

記号 画像 参照資料
日本の国旗
日本の国旗
紋章 日本の国章
キク
日本の国章
国歌 君が代
政府の印 桐紋
キリ
桐紋
国蝶 オオムラサキ
(大紫、Sasakia charonda)
オオムラサキ
国木 サクラ
Prunus
サクラ
国花 (デファクト) サクラPrunus)とキク
サクラ
キク
国鳥 キジ
Phasianus versicolor
Green pheasant
国立楽器
箏
国石 ヒスイ
ヒスイ
デファクト 国山 富士山
富士山
デファクト 国技 相撲
相撲
海上自衛隊の旗 旭日旗
旭日旗
自衛隊の旗と陸上自衛隊 自衛隊
自衛隊旗
国の創設者 神武天皇
神武天皇
国酒 日本酒
日本酒
日本酒[2]泡盛ジャパニーズ・ウイスキー焼酎

関連項目[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ England's National Symbols”. england.org.za. 2012年9月19日閲覧。 “National symbols are defined as the symbols or icons of a national community (such as England), used to represent that community in a way that unites its people.”
  2. ^ RatesToGo: Best National Drinks Part I Archived 2009-11-02 at the Wayback Machine.