日本の犯罪と治安

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

この項目では日本の犯罪治安(にほんのはんざいとちあん)について解説する。

概要[編集]

日本の犯罪に関する資料は、法務省は1960年度版以後の『犯罪白書』で1926年以後の犯罪統計を[1]警察庁は『警察白書』と『警察統計』で1946年以後の犯罪統計を公開している[2][3]。総務省及び警察庁の統計に載ってないデータは、1881年~1936年に関しては内務大臣官房文書課の『大日本帝国内務省統計報告』[4]、1923年~1939年に関しては内務省警保局の『警察統計報告』[5]、1932年~1946年に関しては、国家地方警察本部の『刑事警察統計書』[6]、1943年と1948年~1970年に関しては警察庁及び国家地方警察本部の『犯罪統計書』[7]を用いた。法務省も警察庁も1926年以後・1946年以後の全ての統計項目について網羅して公開しているのではなく、古い時代の資料は、分類・項目がないかまたは資料が散逸して現在では検証不可能な分類・項目も多数ある。また、時代により分類・項目の設定の基準や統計の方法が変化している分類・項目もあるので、全ての分類・項目について過去と単純比較できるわけではない。

完全無欠な統計は存在せず、犯罪統計に関しては、被害者が発見されていない、被害者が被害を訴えていない、被害者が存在しない事件の被疑者を警察・検察が認知していない事例など、政府機関の統計に表れない暗数の部分は必ず存在する。しかし、民主的政治制度と国民に対する行政の情報公開制度が整備されている国の政府機関の統計は、国家・社会の各年度のマクロ的な状況、および、5年・10年・20年・30年・40年・50年・100年などの時間単位の推移を表す資料として、概要を包括的に認知する程度の信用度はあると一般的には評価されている。犯罪に関する分類・項目を過去から最近年までの推移をみると、日本の犯罪と治安の状況、その変化の概要を知ることができる[8][9]

刑法犯罪全体[編集]

刑法犯罪の認知件数・検挙件数・検挙人数・発生率・検挙率[編集]

刑法犯罪と一般刑法犯罪の認知件数・検挙件数・検挙人数・発生率・検挙率
年度 人口 認知件数 検挙件数 検挙人数 人口10万人中の発生率 検挙率
刑法犯 一般
刑法犯
刑法犯 一般
刑法犯
刑法犯 一般
刑法犯
刑法犯 一般
刑法犯
刑法犯 一般
刑法犯
1923 58,119,000 422,221 --- 372,486 --- --- --- 726.48 --- 88.2 ---
1924 58,876,000 524,649 521,484 433,879 430,688 --- --- 891.11 885.73 82.7 82.6
1925 59,737,000 561,587 557,607 491,962 487,981 --- --- 940.10 933.44 87.6 87.5
1926 60,741,000 716,286 710,981 674,615 669,310 --- --- 1179.25 1170.51 94.2 94.1
1927 61,659,000 748,133 741,628 689,646 683,140 --- --- 1213.34 1202.79 92.2 92.1
1928 62,595,000 786,146 777,980 733,430 725,322 --- --- 1255.92 1242.88 93.3 93.2
1929 63,461,000 912,245 902,634 857,868 848,242 --- --- 1437.49 1422.34 94.0 94.0
1930 64,450,000 1,049,986 1,039,118 1,025,981 1,015,154 --- --- 1629.15 1612.29 97.7 97.7
1931 65,457,000 1,181,705 1,169,770 1,136,335 1,124,590 --- --- 1805.31 1787.08 96.2 96.1
1932 66,434,000 1,290,397 1,285,972 1,247,517 1,235,130 --- --- 1942.37 1935.71 96.7 96.0
1933 67,432,000 1,552,039 1,538,788 1,502,661 1,489,502 --- --- 2301.64 2281.98 96.8 96.8
1934 68,309,000 1,566,435 1,550,645 1,531,540 1,515,770 --- --- 2293.16 2270.04 97.8 97.8
1935 69,254,000 1,528,188 1,511,722 1,464,989 1,448,554 --- --- 2206.64 2182.87 95.9 95.8
1936 70,114,000 1,306,902 1,291,141 1,212,652 1,196,916 --- --- 1863.97 1841.49 92.8 92.7
1937 70,630,000 1,221,697 1,205,246 1,094,869 1,078,452 --- --- 1729.71 1706.42 89.6 89.5
1938 71,013,000 1,243,636 1,230,078 1,122,755 1,109,257 --- --- 1751.28 1732.19 90.3 90.3
1939 71,380,000 1,027,845 1,016,462 893,001 881,643 --- --- 1439.96 1424.02 86.9 86.7
1940 71,933,000 1,026,955 1,017,273 862,260 852,614 --- --- 1427.65 1414.20 84.0 83.8
1941 72,218,000 922,526 914,432 771,653 763,752 334,417 326,165 1277.42 1266.21 83.6 83.5
1942 72,880,000 890,331 883,286 691,314 684,276 299,395 292,300 1221.64 1211.97 77.6 77.5
1943 73,903,000 979,336 973,528 788,069 782,225 346,709 340,599 1325.16 1317.31 80.5 80.3
1944 74,433,000 905,836 900,899 709,596 704,784 310,951 306,218 1216.98 1210.35 78.3 78.2
1945 72,147,000 711,596 708,809 472,853 470,095 242,645 239,865 986.31 982.45 66.4 66.3
1946 75,750,000 1,387,080 1,384,222 803,264 800,431 445,484 442,579 1831.13 1827.36 57.9 57.8
1947 78,101,000 1,386,020 1,382,210 697,585 693,845 459,339 455,097 1774.65 1769.77 50.3 50.2
1948 80,002,000 1,603,265 1,599,968 811,907 808,619 550,540 546,991 2004.03 1999.91 50.6 50.5
1949 81,773,000 1,603,048 1,597,891 925,996 920,855 585,328 579,897 1960.36 1954.06 57.8 57.6
1950 84,115,000 1,469,662 1,461,044 999,709 991,107 616,723 607,769 1747.21 1736.96 68.0 67.8
1951 84,541,000 1,399,184 1,387,289 974,330 962,455 619,035 606,686 1655.04 1640.97 69.6 69.4
1952 85,808,000 1,395,197 1,377,273 949,754 931,863 575,852 557,521 1625.95 1605.06 68.1 67.7
1953 86,981,000 1,344,482 1,317,141 954,261 927,012 547,550 519,707 1545.72 1514.29 71.0 70.4
1954 88,239,000 1,360,405 1,324,333 952,797 916,804 539,789 503,063 1541.73 1500.85 70.0 69.2
1955 90,077,000 1,478,202 1,435,652 1,011,086 968,626 558,857 515,480 1641.04 1593.81 68.4 67.5
1956 90,172,000 1,410,441 1,354,102 898,852 842,660 527,950 470,522 1564.17 1501.69 63.7 62.2
1957 90,928,000 1,426,029 1,354,429 909,603 838,210 544,557 471,600 1568.31 1489.56 63.8 61.9
1958 91,767,000 1,440,259 1,353,930 904,966 818,715 545,272 457,212 1630.09 1475.40 62.8 60.5
1959 92,641,000 1,483,258 1,382,792 925,878 825,511 557,073 454,898 1652.04 1492.64 62.4 59.7
1960 94,302,000 1,495,888 1,378,817 958,629 841,718 561,464 442,527 1614.47 1462.13 64.1 61.0
1961 94,287,000 1,530,464 1,400,915 1,019,963 892,547 581,314 451,586 1652.19 1485.80 66.6 63.7
1962 95,181,000 1,522,480 1,384,784 1,022,512 885,465 569,866 430,153 1691.24 1454.90 67.2 63.9
1963 96,156,000 1,557,803 1,377,476 1,045,417 868,207 606,649 425,473 1620.08 1432.54 67.1 63.0
1964 97,182,000 1,609,741 1,385,358 1,107,374 885,168 678,522 449,842 1656.42 1425.53 68.8 63.9
1965 99,209,000 1,602,430 1,343,625 1,069,617 812,996 706,827 440,563 1615.21 1354.34 66.7 60.5
1966 99,036,000 1,590,681 1,293,877 1,051,607 756,230 740,055 433,545 1606.16 1306.47 66.1 58.4
1967 100,196,000 1,603,471 1,219,840 1,077,103 692,913 802,578 402,738 1600.33 1217.45 67.2 56.8
1968 101,331,000 1,742,479 1,234,198 1,205,371 697,407 923,491 393,831 1719.59 1217.99 69.2 56.5
1969 102,536,000 1,848,740 1,253,950 1,269,193 675,183 999,981 377,826 1803.02 1222.94 68.7 53.8
1970 104,665,000 1,932,401 1,279,787 1,362,692 710,078 1,073,470 380,850 1846.27 1222.75 70.5 55.5
1971 106,100,000 1,875,383 1,244,168 1,321,241 690,027 1,026,299 361,972 1767.56 1172.64 70.5 55.5
1972 107,595,000 1,818,088 1,223,546 1,294,920 700,378 976,706 348,788 1689.75 1137.18 71.2 57.2
1973 109,104,000 1,728,741 1,190,549 1,226,520 688,328 931,329 357,738 1584.49 1091.21 70.9 57.8
1974 110,573,000 1,671,965 1,211,005 1,157,495 696,536 852,372 363,309 1512.09 1095.21 69.2 57.5
1975 111,940,000 1,673,755 1,234,307 1,152,479 713,031 830,176 364,117 1495.23 1102.65 68.9 57.8
1976 113,094,000 1,691,247 1,247,631 1,186,664 743,048 830,717 359,360 1495.43 1103.18 70.2 59.6
1977 114,165,000 1,705,034 1,268,430 1,160,113 723,509 822,319 363,144 1493.48 1111.05 68 57.0
1978 115,190,000 1,776,843 1,336,922 1,219,618 779,697 843,538 381,742 1542.53 1160.62 68.6 58.3
1979 116,155,000 1,738,452 1,289,405 1,214,992 765,945 840,333 368,126 1496.67 1110.07 69.9 59.4
1980 117,060,000 1,812,798 1,357,461 1,266,526 811,189 869,844 392,113 1548.61 1159.63 69.9 59.8
1981 117,902,000 1,925,836 1,463,228 1,333,121 870,513 904,643 418,162 1633.42 1241.05 69.2 59.5
1982 118,728,000 2,005,319 1,528,779 1,392,598 916,058 944,051 441,963 1689.00 1287.63 69.4 59.9
1983 119,536,000 2,039,209 1,540,717 1,427,813 929,321 963,544 438,705 1705.94 1288.91 70.0 60.3
1984 120,305,000 2,080,323 1,588,693 1,494,553 1,002,923 961,363 446,617 1729.21 1320.55 71.8 63.1
1985 121,049,000 2,121,444 1,607,697 1,546,626 1,032,879 970,369 432,250 1752.55 1328.14 72.9 64.2
1986 121,660,000 2,124,272 1,581,411 1,533,511 990,650 967,997 399,886 1746.07 1299.86 72.2 62.6
1987 122,239,000 2,132,617 1,577,954 1,566,739 1,012,076 983,931 404,762 1744.63 1290.88 73.5 64.1
1988 122,745,000 2,207,380 1,641,310 1,548,235 982,165 988,784 398,208 1798.35 1337.17 70.1 59.8
1989 123,205,000 2,261,076 1,673,268 1,360,128 772,320 934,194 312,992 1835.21 1358.12 60.2 46.2
1990 123,611,000 2,217,559 1,636,628 1,273,524 692,593 899,650 293,264 1793.98 1324.01 57.4 42.3
1991 124,101,000 2,284,401 1,707,877 1,231,062 654,538 899,023 296,158 1840.76 1376.20 53.9 38.3
1992 124,567,000 2,355,504 1,742,366 1,249,428 636,290 922,953 284,908 1890.95 1398.74 53.0 36.5
1993 124,938,000 2,437,252 1,801,150 1,359,712 723,610 958,475 297,725 1950.77 1441.64 55.8 40.2
1994 125,265,000 2,426,694 1,784,432 1,410,106 767,844 974,158 307,965 1937.25 1424.53 58.1 43.0
1995 125,570,000 2,435,983 1,782,944 1,406,213 753,174 970,179 293,252 1939.94 1419.88 57.7 42.2
1996 125,859,000 2,465,503 1,812,119 1,389,265 735,881 979,275 295,584 1958.94 1439.80 56.3 40.6
1997 126,157,000 2,518,074 1,899,564 1,378,119 759,609 957,460 313,573 1995.98 1505.71 54.7 40.0
1998 126,472,000 2,690,267 2,033,546 1,429,003 772,282 1,006,804 324,263 2127.16 1607.90 53.1 38.0
1999 126,667,000 2,904,051 2,165,626 1,469,709 731,284 1,080,107 315,355 2292.67 1709.70 50.6 33.8
2000 126,926,000 3,256,109 2,443,470 1,389,710 576,771 1,160,142 309,649 2565.36 1925.11 42.7 23.6
2001 127,316,000 3,581,521 2,735,612 1,388,024 542,115 1,195,897 325,292 2813.10 2148.68 38.8 19.8
2002 127,486,000 3,693,928 2,853,739 1,432,548 592,681 1,219,564 347,558 2897.52 2238.47 38.8 20.8
2003 127,694,000 3,646,253 2,790,136 1,504,436 648,627 1,269,785 379,602 2855.46 2185.02 41.3 23.2
2004 127,787,000 3,427,606 2,562,767 1,532,459 667,890 1,289,416 389,027 2682.28 2005.50 44.7 26.1
2005 127,768,000 3,125,216 2,269,293 1,505,426 649,782 1,278,479 386,955 2446.01 1776.10 48.2 28.6
2006 127,901,000 2,877,027 2,051,229 1,466,834 641,036 1,241,358 384,250 2249.42 1603.76 51.0 31.2
2007 128,033,000 2,690,883 1,908,036 1,387,405 605,358 1,184,336 365,577 2101.71 1490.27 51.6 31.7
2008 128,084,000 2,533,351 1,818,374 1,288,720 573,743 1,081,955 339,752 1977.88 1419.67 50.9 31.5
2009 128,032,000 2,399,702 1,703,369 1,241,357 545,024 1,051,838 332,888 1874.30 1330.42 51.7 32.0
2010 128,057,000 2,271,309 1,586,189 1,182,809 497,689 1,029,117 322,620 1773.35 1238.66 52.1 31.4
2011 127,834,000 2,139,720 1,481,093 1,121,495 462,868 986,068 305,631 1673.83 1158.61 52.4 31.2
2012 127,593,000 2,015,347 1,382,490 1,070,838 437,981 939,826 287,021 1579.51 1083.52 53.1 31.7
2013 127,414,000 1,917,929 1,314,483 997,910 394,464 884,540 262,823 1505.27 1031.66 52.0 30.0
2014 127,237,000 1,762,912 1,212,163 921,317 371,059 819,136 251,605 1385.53 952.68 52.3 30.6
2015 127,095,000 1,616,442 1,098,969 874,957 357,484 770,674 239,355 1271.84 864.68 54.1 32.5
2016 126,933,000 1,478,570 996,120 819,516 337,066 721,275 226,376 1164.84 784.76 55.4 33.8
2017 126,706,000 1,368,355 915,042 780,394 327,081 680,304 215,003 1079.94 723.24 57.0 35.7
2018 126,443,000 1,231,307 817,338 723,378 309,409 631,037 206,094 973.59 646.41 58.7 37.9
2019 126,167,000 1,117,741 748,559 663,388 294,206 571,442 192,607 885.92 593.31 59.4 39.3
2020 125,708,000 --- 614,231 --- 279,185 --- 182,582 --- 488.62 --- 45.5
年度 人口 刑法犯 一般
刑法犯
刑法犯 一般
刑法犯
刑法犯 一般
刑法犯
刑法犯 一般
刑法犯
刑法犯 一般
刑法犯
認知件数 検挙件数 検挙人数 人口10万人中の発生率 検挙率
    • 刑法犯は刑法に対する違反件数の総合計(法務省の犯罪統計用語、特別法に対する犯罪は含まない)。
    • 一般刑法犯は刑法犯から自動車運転による業務上過失致死傷と危険運転致死傷を除外した合計(法務省の犯罪統計用語)。
    • 警察庁の犯罪統計では法務省の犯罪統計用語の一般刑法犯に相当する犯罪を刑法犯と表現する。
    • 検挙率は当該年度以前の認知事件の検挙を含む検挙件数÷当該年度の認知件数×100。
    • 1923年~1925年は前年以前の事件は含まれていない。
    • 1965年以前の検挙人数は全ての業務上過失致死傷を除外した数値。
    • 1966年以後の検挙人数は道路上の車両運転による業務上過失致死傷を除外した数値。
    • 2002年以後の検挙人数は道路上の車両運転による業務上過失致死傷罪と危険運転過失致死傷罪を除外した数値。
    • 出典元の資料の発行年によりデータの数値に差異がある場合は最近の年度のデータを引用。
    • ‐‐は統計資料無しまたは未発見・未公開・未発表。
  • 出典
    • 2020年の人口統計[10]
    • 1923~2019年の人口統計[11]
    • 2020年の一般刑法犯の認知件数・検挙件数[12]
    • 2011~2020年の一般刑法犯の認知件数・検挙件数・検挙人員[13]
    • 1946~2019年の一般刑法犯の認知件数・検挙件数・検挙人員[14]
    • 1926~1945年の刑法犯と一般刑法犯の認知件数[15]
    • 1927年~1945年の刑法犯の検挙件数[16]
    • 1942年~1945年の一般刑法犯の検挙件数・検挙人員と刑法犯の検挙人員[17][18][19][20]
    • 1940年の一般刑法犯の認知件数・検挙件数[16][21][22]
    • 1934年~1939年の一般刑法犯の検挙件数[17][23][24]
    • 1926年~1933年の一般刑法犯の検挙件数[25][26][27]
    • 1923年~1925年の刑法犯の認知件数、1923年~1926年の刑法犯の検挙件数、1924年・1925年の一般刑法犯の認知件数・検挙件数[28][29][30]

刑法犯罪発生率の推移[編集]

法務省と警察庁及び旧内務省と国家地方警察本部の統計によると、人口10万人中の刑法犯罪(刑法以外に刑罰を規定した各種の特別法犯、例えば、軽犯罪法道路交通法覚醒剤取締法麻薬及び向精神薬取締法大麻取締法銃砲刀剣類所持等取締法売春防止法などは含まない)総数の発生率は、1923年は1923年以後の最少の726.48件、関東大震災昭和金融恐慌昭和恐慌世界恐慌時代の1923年-1933年は増加傾向で、1933年は第二次世界大戦終結前の最多の2,301.6件、日中戦争が進行した1934年-第二次世界大戦が終結した1945年は減少傾向で、1945年は986.3件である。第二次世界大戦終結後の1946年-1948年の期間は増加傾向で、1948年は2,004.0件である。1949-1954は減少傾向で1954年は1,541.7件、1955-1970年は増加傾向で1970年は1,846.2件、1971-1975年は減少傾向で1975年は1,495.2件、1976-2002年は増加傾向で2002年は1923年以後の最多の2,897.5件、2003-2019年は減少傾向で2019年は885.92件である。

法務省と警察庁及び旧内務省の統計によると、1924-2019年の全ての年度の刑法犯罪総数に対する罪種別の比率の1位は窃盗であり、2019年の比率は47.6%である。1926-1958年は、刑法犯罪総数に対する罪種別の比率の2位は(1942・1945年の3位を例外として)詐欺だった。1926-1954年は、刑法犯罪総数に対する罪種別の比率の3位は(1942・1945年の2位を例外として)横領だった。1950年代以後は自動車の普及により、刑法犯罪総数に対する自動車事故による業務上過失致死傷(自動車事故以外の業務上過失致死傷は除く)の罪種別の比率は、1955年に横領を抜いて3位になり、1959年に詐欺を抜いて2位になり、1959-2019年は2位であり、2019年は自動車事故による危険運転致死傷・過失運転致死傷の比率は33.0%である。2019年度の刑法犯罪総数に対する窃盗と自動車事故による業務上過失致死傷の認知件数の合計の比率は80.7%である。日本の刑法犯罪総数の増減は窃盗と自動車事故による業務上過失致死傷罪の増減が大きく影響している。

刑法犯罪の暴力犯罪も非暴力犯罪も各罪種の発生率が、1920年代半ば-1930年代前半に第二次世界大戦終結前の最多、または、統計がある1924年以後の最多を記録(人口10万人中の発生率は、殺人は1926年は4.14件、誘拐は2.46件、強姦は1933年は2.53件、傷害は1935年は42.29件、強盗は1929年は3.80件、放火は1931年は3.99件。)した原因として、関東大震災昭和金融恐慌昭和恐慌世界恐慌による経済的な貧困社会保障・福祉・所得の再分配などの不整備、家庭・学校・職場・社会の教育の不十分、失業、などの人々の生活に関する環境的原因が複合的に影響して、暴力犯罪と非暴力犯罪の原因としての個人的素質の誘発と、暴力犯罪と非暴力犯罪としての現象を推進したという仮説が指摘されている。

刑法犯罪の暴力犯罪も非暴力犯罪も各罪種の発生率が、日中戦争が進行した1930年代中期-第二次世界大戦終結前後の1940年代中期に減少傾向になり、第二次世界大戦終結前の最少、または、統計がある1926年以後の最少を記録(人口10万人中の発生率は、殺人は1944年は1.25件、誘拐は1945年は0.03件、強姦は1946年は0.81件、傷害は1945年は6.23、強盗は1941年は1.59件、放火は1945年は0.77件)した原因として、暴力犯罪者も非暴力犯罪者も男性は女性より著しく多数派(2019年の罪種別検挙者中の男性の比率は、殺人は73.7%、強盗は91.8%、傷害は90.9%、放火は75.5%、恐喝は89.9%、窃盗は68.9%、詐欺は83.7%、横領は89.5%、偽造は79.0%[31]。)であるが、多数の男性が徴兵労働徴用軍隊に吸収されたから、社会に中で暴力犯罪や非暴力犯罪をする意欲・能力・機会が抑制されたという仮説、戦争の激化や日本へのアメリカ軍の爆撃の被害により、暴力犯罪や非暴力犯罪をする意欲・能力・機会が抑制されたという仮説、戦災により放火・強盗・窃盗・詐欺・横領の対象物が激減したという仮説、戦時下や占領統治下では警察・検察・政府が十分に機能せず、犯罪が認識されずに統計に現れていないという仮説、前期の環境的原因が複合的に影響して、暴力犯罪と非暴力犯罪の原因としての個人的素質の誘発と、暴力犯罪と非暴力犯罪としての現象を抑制したという仮説が指摘されている[8][9]

刑法犯罪の暴力犯罪の各罪種の発生率が、第二次世界大戦終結後の1940年代後半~1960年代前半に増加傾向になり、第二次世界大戦終結後の最多、または、統計が有る1924年以後の最多を記録(人口10万人中の発生率は、殺人は1954年は3.49件、誘拐は1951年は0.63件、強姦は1964年は7.06件、傷害は1958年は80.63、強盗は1948年は13.57件、放火は1950年は2.26件)した原因の仮説としては、戦災による経済的な貧困社会保障・福祉・所得の再分配などの不整備、家庭・学校・職場・社会の教育の不十分、失業、などの人々の生活に関する環境的原因が複合的に影響して、暴力犯罪と非暴力犯罪の原因としての個人的素質の誘発と、暴力犯罪と非暴力犯罪としての現象を推進したという仮説が指摘されている。

刑法犯罪の暴力犯罪の各罪種の発生率が、上記の第二次世界大戦後の最高値を記録した後は、単年度や短期的な増減はあっても長期的に減少傾向になり、第二次世界大戦終結後の最少、または、統計が有る1924年以後の最少を記録(人口10万人中の発生率は、殺人は2016年は0.71件、2020年は0.74件、誘拐は1983年は0.06件、2020年は0.27件、強姦は2016年は0.78件、2020年は1.06件、傷害は1995年は13.92件、2020年は15.06件、強盗は2020年は1.11件、放火は2020年は0.62件。)した原因の仮説としては、戦災による経済的な貧困や生活の困難から脱出して、経済が発展し社会保障や福祉が整備され、経済的な貧困や生活の困難が解消されたなどの環境的原因が複合的に影響して、暴力犯罪の原因としての個人的素質の誘発と、暴力犯罪としての現象を抑制したという仮説が指摘されている[32]

刑法犯罪の財産犯罪の各財種の発生率は、第二次世界大戦終結後は暴力犯罪と比較して、1946~2020年の期間に増加期間と減少期間を繰り返していて、経済、社会保障、福祉、雇用、生活などの各時代の環境状況との関連性が不明確である。

刑法犯罪の暴力犯罪の罪種別の認知件数と発生率[編集]

刑法犯罪の暴力犯罪の罪種別の認知件数と発生率
年度 人口 認知件数 人口10万人中の発生率
殺人 略取
誘拐
強制性交等
(旧 強姦)
強制
わいせつ
傷害 強盗 放火 逮捕
監禁
殺人 略取
誘拐
強制性交等
(旧 強姦)
強制
わいせつ
傷害 強盗 放火 逮捕
監禁
1924 58,876,000 1,927 1,092 ‐‐ ‐‐ 19,699 1,140 1,531 154 3.27 1.85 ‐‐ ‐‐ 33.46 1.94 2.60 0.26
1925 59,737,000 2,084 1,337 ‐‐ ‐‐ 21,361 1,709 1,897 188 3.49 2.24 ‐‐ ‐‐ 35.76 2.86 3.18 0.31
1926 60,741,000 2,516 1,497 ‐‐ ‐‐ 23,051 1,659 2,297 234 4.14 2.46 ‐‐ ‐‐ 37.95 2.73 3.78 0.39
1927 61,659,000 2,495 1,239 ‐‐ ‐‐ 23,448 1,906 2,144 198 4.05 2.01 ‐‐ ‐‐ 38.03 3.09 3.48 0.32
1928 62,595,000 2,350 1,247 ‐‐ ‐‐ 22,946 2,066 2,109 168 3.75 1.99 ‐‐ ‐‐ 36.66 3.30 3.37 0.27
1929 63,461,000 2,064 1,376 ‐‐ ‐‐ 22,846 2,412 2,235 171 3.25 2.17 ‐‐ ‐‐ 36.00 3.80 3.52 0.27
1930 64,450,000 2,315 1,286 ‐‐ ‐‐ 24,358 2,282 2,355 210 3.59 2.00 ‐‐ ‐‐ 37.79 3.54 3.65 0.33
1931 65,457,000 2,415 1,190 1,262 715 24,510 2,198 2,612 211 3.69 1.82 1.93 1.09 37.44 3.36 3.99 0.32
1932 66,434,000 2,700 1,178 1,418 813 24,571 2,435 2,609 169 4.06 1.77 2.13 1.22 36.99 3.67 3.93 0.25
1933 67,432,000 2,713 1,326 1,586 1,768 26,200 2,156 2,495 180 4.02 1.97 2.35 2.62 38.85 3.20 3.70 0.27
1934 68,309,000 2,595 1,417 1,493 1,257 28,860 2,126 2,388 221 3.80 2.07 2.19 1.84 42.25 3.11 3.50 0.32
1935 69,254,000 2,484 1,254 1,498 1,186 29,290 2,215 2,262 222 3.59 1.81 2.16 1.71 42.29 3.20 3.27 0.32
1936 70,114,000 2,491 1,079 1,598 1,257 27,556 1,975 1,918 199 3.55 1.54 2.28 1.79 39.30 2.82 2.74 0.28
1937 70,630,000 2,226 898 1,548 1,063 25,592 1,790 1,598 125 3.15 1.27 2.19 1.51 36.23 2.53 2.26 0.18
1938 71,013,000 1,957 806 1,286 1,015 23,115 1,461 1,491 148 2.76 1.14 1.81 1.43 32.55 2.06 2.10 0.21
1939 71,380,000 1,692 690 1,223 815 21,651 1,279 1,312 82 2.37 0.97 1.71 1.14 30.33 1.79 1.84 0.11
1940 71,933,000 1,513 648 1,134 974 18,221 1,232 1,238 78 2.10 0.90 1.58 1.35 25.33 1.71 1.72 0.11
1941 72,218,000 1,424 555 1,018 1,164 17,114 1,148 1,064 94 1.97 0.77 1.41 1.61 23.70 1.59 1.47 0.13
1942 72,880,000 1,175 341 1,159 1,238 13,414 1,390 1,068 55 1.61 0.47 1.59 1.70 18.41 1.91 1.47 0.08
1943 73,903,000 1,112 239 1,589 1,076 11,196 1,210 1,103 48 1.50 0.32 2.15 1.46 15.15 1.64 1.49 0.06
1944 74,433,000 933 131 1,624 653 7,885 1,258 1,101 54 1.25 0.18 2.18 0.88 10.59 1.69 1.48 0.07
1945 72,147,000 919 23 1,318 285 4,493 1,474 553 40 1.27 0.03 1.83 0.40 6.23 2.04 0.77 0.06
1946 75,750,000 1,791 100 611 217 7,927 9,120 697 254 2.36 0.13 0.81 0.29 10.46 12.04 0.92 0.34
1947 78,101,000 1,938 62 863 237 11,865 9,186 807 480 2.48 0.08 1.10 0.30 15.19 11.76 1.03 0.61
1948 80,002,000 2,495 143 1,936 656 21,434 10,854 940 128 3.12 0.18 2.42 0.82 26.79 13.57 1.17 0.16
1949 81,773,000 2,716 360 2,732 984 32,627 8,780 1,395 234 3.32 0.44 3.34 1.20 39.90 10.74 1.71 0.29
1950 84,115,000 2,892 457 3,558 1,190 42,769 7,821 1,905 357 3.44 0.54 4.23 1.41 50.85 9.30 2.26 0.42
1951 84,541,000 2,865 531 3,268 1,021 43,890 6,124 1,707 213 3.39 0.63 3.87 1.21 51.92 7.24 2.02 0.25
1952 85,808,000 2,871 526 3,735 978 48,396 6,140 1,797 263 3.35 0.61 4.35 1.14 56.40 7.16 2.09 0.31
1953 86,981,000 2,944 411 3,517 1,225 52,525 5,296 1,846 237 3.38 0.47 4.04 1.41 60.39 6.09 2.12 0.27
1954 88,239,000 3,081 365 4,148 1,915 58,545 5,753 1,902 252 3.49 0.41 4.70 2.17 66.35 6.52 2.16 0.29
1955 90,077,000 3,066 414 4,046 1,835 65,978 5,878 1,922 215 3.40 0.46 4.49 2.04 73.25 6.53 2.13 0.24
1956 90,172,000 2,617 325 3,749 1,658 66,883 5,285 1,607 202 2.90 0.36 4.16 1.84 74.17 5.86 1.78 0.22
1957 90,928,000 2,524 253 4,121 1,881 70,023 5,029 1,520 189 2.78 0.28 4.53 2.07 77.01 5.53 1.67 0.21
1958 91,767,000 2,683 150 5,442 2,234 73,985 5,988 1,720 235 2.92 0.16 5.93 2.43 80.62 6.53 1.87 0.26
1959 92,641,000 2,683 124 6,140 2,338 73,014 5,192 1,662 253 2.90 0.13 6.63 2.52 78.81 5.60 1.79 0.27
1960 94,302,000 2,648 166 6,342 2,510 68,304 5,198 1,743 166 2.81 0.18 6.73 2.66 72.43 5.51 1.85 0.18
1961 94,287,000 2,619 186 6,487 2,955 68,321 4,491 1,757 186 2.78 0.20 6.88 3.13 72.46 4.76 1.86 0.20
1962 95,181,000 2,348 229 6,125 3,087 63,918 4,142 1,567 229 2.47 0.24 6.44 3.24 67.15 4.35 1.65 0.24
1963 96,156,000 2,283 334 6,239 4,195 59,730 4,021 1,493 334 2.37 0.35 6.49 4.36 62.12 4.18 1.55 0.35
1964 97,182,000 2,366 256 6,857 4,293 61,282 3,926 1,597 469 2.43 0.26 7.06 4.42 63.06 4.04 1.64 0.48
1965 99,209,000 2,288 250 6,648 4,710 58,702 3,886 1,457 485 2.31 0.25 6.70 4.75 59.17 3.92 1.47 0.49
1966 99,036,000 2,198 272 6,583 3,268 59,080 3,558 1,421 531 2.22 0.27 6.65 3.30 59.66 3.59 1.43 0.54
1967 100,196,000 2,111 266 6,393 3,416 59,234 3,009 1,323 504 2.11 0.27 6.38 3.41 59.12 3.00 1.32 0.50
1968 101,331,000 2,195 266 6,136 3,604 57,822 2,988 1,415 586 2.17 0.26 6.06 3.56 57.06 2.95 1.40 0.58
1969 102,536,000 2,098 343 5,682 3,609 54,392 2,724 1,304 574 2.05 0.33 5.54 3.52 53.05 2.66 1.27 0.56
1970 104,665,000 1,986 351 5,161 3,299 50,836 2,689 1,587 757 1.90 0.34 4.93 3.15 48.57 2.57 1.52 0.72
1971 106,100,000 1,941 288 4,862 3,374 46,090 2,439 1,676 715 1.83 0.27 4.58 3.18 43.44 2.30 1.58 0.67
1972 107,595,000 2,060 286 4,677 3,139 43,194 2,500 1,612 702 1.91 0.27 4.35 2.92 40.14 2.32 1.50 0.65
1973 109,104,000 2,048 281 4,179 3,233 43,385 2,000 1,576 708 1.88 0.26 3.83 2.96 39.76 1.83 1.44 0.65
1974 110,573,000 1,912 196 3,956 2,954 37,687 2,140 1,729 645 1.73 0.18 3.58 2.67 34.08 1.94 1.56 0.58
1975 111,940,000 2,098 182 3,704 2,841 34,136 2,300 1,600 655 1.87 0.16 3.31 2.54 30.49 2.05 1.43 0.59
1976 113,094,000 2,111 171 3,239 2,694 32,536 2,095 1,891 630 1.87 0.15 2.86 2.38 28.77 1.85 1.67 0.56
1977 114,165,000 2,031 153 2,945 2,992 32,479 2,095 2,155 578 1.78 0.13 2.58 2.62 28.45 1.84 1.89 0.51
1978 115,190,000 1,862 189 2,897 2,994 28,938 1,932 2,004 549 1.62 0.16 2.51 2.60 25.12 1.68 1.74 0.48
1979 116,155,000 1,853 130 2,810 2,829 26,431 2,043 2,127 466 1.60 0.11 2.42 2.44 22.75 1.76 1.83 0.40
1980 117,060,000 1,684 139 2,610 2,825 26,264 2,208 2,014 531 1.44 0.12 2.23 2.41 22.44 1.89 1.72 0.45
1981 117,902,000 1,754 122 2,638 2,735 25,778 2,325 1,994 543 1.49 0.10 2.24 2.32 21.86 1.97 1.69 0.46
1982 118,728,000 1,764 113 2,399 2,645 25,202 2,251 2,291 475 1.49 0.10 2.02 2.23 21.23 1.90 1.93 0.40
1983 119,536,000 1,745 76 1,970 2,464 23,803 2,317 2,102 534 1.46 0.06 1.65 2.06 19.91 1.94 1.76 0.45
1984 120,305,000 1,762 82 1,926 2,369 23,540 2,188 1,980 494 1.46 0.07 1.60 1.97 19.57 1.82 1.65 0.41
1985 121,049,000 1,780 98 1,802 2,645 22,302 1,815 2,028 416 1.47 0.08 1.49 2.19 18.42 1.50 1.68 0.34
1986 121,660,000 1,676 113 1,750 2,291 21,171 1,949 1,776 377 1.38 0.09 1.44 1.88 17.40 1.60 1.46 0.31
1987 122,239,000 1,584 106 1,823 2,404 21,046 1,874 1,814 358 1.30 0.09 1.49 1.97 17.22 1.53 1.48 0.29
1988 122,745,000 1,441 112 1,741 2,867 21,516 1,771 1,629 410 1.17 0.09 1.42 2.34 17.53 1.44 1.33 0.33
1989 123,205,000 1,308 137 1,556 2,759 19,802 1,586 1,449 346 1.06 0.11 1.26 2.24 16.07 1.29 1.18 0.28
1990 123,611,000 1,238 122 1,548 2,730 19,436 1,653 1,491 314 1.00 0.10 1.25 2.21 15.72 1.34 1.21 0.25
1991 124,101,000 1,215 197 1,603 3,176 18,634 1,848 1,348 363 0.98 0.16 1.29 2.56 15.02 1.49 1.09 0.29
1992 124,567,000 1,227 271 1,504 3,505 18,854 2,189 1,418 399 0.99 0.22 1.21 2.81 15.14 1.76 1.14 0.32
1993 124,938,000 1,233 258 1,611 3,581 18,306 2,466 1,754 373 0.99 0.21 1.29 2.87 14.65 1.97 1.40 0.30
1994 125,265,000 1,279 203 1,616 3,580 18,097 2,684 1,741 371 1.02 0.16 1.29 2.86 14.45 2.14 1.39 0.30
1995 125,570,000 1,281 240 1,500 3,644 17,482 2,277 1,710 357 1.02 0.19 1.19 2.90 13.92 1.81 1.36 0.28
1996 125,859,000 1,218 251 1,483 4,025 17,876 2,463 1,846 366 0.97 0.20 1.18 3.20 14.20 1.96 1.47 0.29
1997 126,157,000 1,282 284 1,657 4,398 19,288 2,809 1,936 437 1.02 0.23 1.31 3.49 15.29 2.23 1.53 0.35
1998 126,472,000 1,388 221 1,873 4,251 19,476 3,426 1,566 429 1.10 0.17 1.48 3.36 15.40 2.71 1.24 0.34
1999 126,667,000 1,265 249 1,857 5,346 20,233 4,237 1,728 417 1.00 0.20 1.47 4.22 15.97 3.34 1.36 0.33
2000 126,926,000 1,391 302 2,260 7,412 30,184 5,173 1,743 564 1.10 0.24 1.78 5.84 23.78 4.08 1.37 0.44
2001 127,316,000 1,340 237 2,228 9,326 33,965 6,393 2,006 586 1.05 0.19 1.75 7.33 26.68 5.02 1.58 0.46
2002 127,486,000 1,396 251 2,357 9,476 36,324 6,984 1,830 630 1.10 0.20 1.85 7.43 28.49 5.48 1.44 0.49
2003 127,694,000 1,452 284 2,472 10,029 36,568 7,664 2,070 643 1.14 0.22 1.94 7.85 28.64 6.00 1.62 0.50
2004 127,787,000 1,419 320 2,176 9,184 35,937 7,295 2,174 639 1.11 0.25 1.70 7.19 28.12 5.71 1.70 0.50
2005 127,768,000 1,352 277 2,076 8,751 34,484 5,988 1,904 576 1.06 0.22 1.62 6.85 26.99 4.69 1.49 0.45
2006 127,901,000 1,309 199 1,948 8,326 33,987 5,108 1,759 522 1.02 0.16 1.52 6.52 26.60 4.00 1.38 0.41
2007 128,033,000 1,199 207 1,766 7,664 30,986 4,567 1,519 418 0.94 0.16 1.38 5.99 24.20 3.57 1.19 0.33
2008 128,084,000 1,301 155 1,590 7,137 28,386 4,298 1,441 407 1.02 0.12 1.24 5.57 22.16 3.36 1.13 0.32
2009 128,032,000 1,095 156 1,415 6,723 26,545 4,535 1,347 362 0.86 0.12 1.11 5.25 20.73 3.54 1.05 0.28
2010 128,057,000 1,068 186 1,293 7,068 26,634 4,051 1,212 354 0.83 0.15 1.01 5.52 20.80 3.16 0.95 0.28
2011 127,834,000 1,052 153 1,193 6,929 25,922 3,695 1,122 315 0.82 0.15 1.01 5.53 20.83 3.17 0.95 0.28
2012 127,593,000 1,032 190 1,266 7,321 28,053 3,691 1,081 309 0.81 0.12 0.94 5.43 20.32 2.90 0.88 0.25
2013 127,414,000 938 185 1,409 7,654 27,864 3,324 1,086 304 0.74 0.15 0.99 5.75 22.02 2.90 0.85 0.24
2014 127,237,000 1,054 198 1,250 7,400 26,653 3,056 1,093 304 0.83 0.15 1.11 6.02 21.90 2.61 0.85 0.24
2015 127,095,000 933 192 1,167 6,755 25,183 2,426 1,092 331 0.73 0.15 0.98 5.31 20.97 1.91 0.86 0.24
2016 126,933,000 895 228 989 6,188 24,365 2,332 914 295 0.71 0.16 0.78 4.88 19.20 1.84 0.72 0.23
2017 126,706,000 920 239 1,109 5,809 23,286 1,852 959 294 0.73 0.19 0.88 4.59 18.41 1.46 0.76 0.23
2018 126,443,000 915 304 1,307 5,340 22,523 1,787 891 255 0.72 0.24 1.03 4.22 17.81 1.41 0.70 0.20
2019 126,167,000 950 293 1,405 4,900 21,188 1,511 840 268 0.75 0.23 1.11 3.88 16.79 1.20 0.67 0.21
2020 125,708,000 929 337 1,332 4,154 18,963 1,397 786 265 0.74 0.27 1.06 3.30 15.08 1.11 0.63 0.21
年度 人口 殺人 略取
誘拐
強制性交等
(旧 強姦)
強制
わいせつ
傷害 強盗 放火 逮捕
監禁
殺人 略取
誘拐
強制性交等
(旧 強姦)
強制
わいせつ
傷害 強盗 放火 逮捕
監禁
認知件数 人口10万人中の発生率
    • 殺人は殺人、自殺関与・同意殺人(警察統計報告では自殺に関する罪)、前記の各罪の予備・未遂の合計。
    • 略取・誘拐は略取・誘拐、人身売買、被略取者国外移送・引渡し、前記の各罪の予備・未遂の合計。
    • 強制性交等(旧強姦)は、2017年7月12日以前は強姦、準強姦、集団強姦(2004年~2017年)、前記の各罪の致死傷・未遂の合計。2017年7月13日以降は、強姦、準強姦、準強制性交等及び監護者性交等、前記の各罪の致死傷・未遂の合計。
    • 強制わいせつは、2017年7月12日以前については、強制わいせつ、準強制わいせつ、前記の各罪の致死傷・未遂の合計。2017年7月13日以降は、強制わいせつ、準強制わいせつ及び監護者わいせつ、前記の各罪の致死傷・未遂の合計。
    • 強制性交等・強制わいせつは、1958年の刑法改正により、2人以上で共謀して行った場合の非親告罪化している[33]。また2017年7月12日以前は、男性被害者と肛門性交及び口腔性交による強姦、準強姦、集団強姦、前記の各罪の致死傷・未遂は、強制わいせつとして計上されていた。2017年7月13日以降は、被害者の性別を問わなくなり、かつ、性交(姦淫)に加え肛門性交及び口腔性交も対象となり、強制性交等に計上している。また、監護者わいせつ・監護者性交等が新設され、18歳未満の者を現に監護する者であることによる影響力があることに乗じたわいせつ行為や性交等が処罰されることとなり、強姦等の非親告罪化等がなされた。[34]
    • 傷害は傷害、傷害致死の合計。
    • 強盗は強盗、事後強盗、昏睡強盗、強盗強姦、前記の各罪の致死傷・予備・未遂の合計。
    • 放火は放火、延焼、前記の各罪の予備・未遂の合計。
    • 逮捕・監禁は逮捕・監禁、逮捕・監禁致死傷の合計。
    • 出典元の資料の発行年によりデータの数値に差異がある場合は最近の年度のデータを引用。
    • ‐‐は統計資料無しまたは未発見・未公開・未発表。
    • 1924年・1925年は前年以前の事件は含まれていない。
  • 出典
    • 2020年の人口統計[10]
    • 1924~2019年の人口統計[11]
    • 2020年の殺人、略取・誘拐・人身売買、強制性交等(旧 強姦)、強制猥褻、傷害、強盗、放火、逮捕・監禁の認知件数の認知件数[12]
    • 2011~2020年の逮捕・監禁の認知・検挙状況[13]
    • 2002~2010年の逮捕・監禁の認知・検挙状況[35]
    • 1992~2001年の逮捕・監禁の認知件数・発生率[36]
    • 1987~1991年の逮捕・監禁の認知件数・発生率[37]
    • 1982~1986年の逮捕・監禁の認知件数・発生率[38]
    • 1972~1981年の逮捕・監禁の認知件数・発生率[39]
    • 1964~1971年の逮捕・監禁の認知件数・発生率[40]
    • 1960~1963年の逮捕・監禁の認知件数・発生率[41]
    • 1927~1959年の逮捕・監禁の認知件数・発生率[42]
    • 1946~2019年の殺人、略取・誘拐・人身売買、強制性交等(旧 強姦)、強制猥褻、傷害、強盗、放火の認知件数・発生率[43]
    • 1926~1945年の殺人、略取・誘拐、強制性交等(旧 強姦)、強制猥褻、傷害、強盗、放火の認知件数・発生率[44]
    • 1931年・1932年の強制性交等(旧 強姦)、強制猥褻の認知件数・発生率[45][46]
    • 1924年・1925年の殺人、略取・誘拐、強制性交等(旧 強姦)、強制猥褻、傷害、強盗、放火と1924年~1926年逮捕・監禁の認知件数・発生率[47]

刑法犯罪の暴力犯罪の発生率の推移[編集]

法務省と警察庁及び旧内務省の統計によると、人口10万人中の殺人(殺人、自殺関与・同意殺人[警察統計報告では自殺に関する罪]、前記の各罪の予備・未遂の合計)の発生率は、1924年は、3.27件であった。1924年~1932年は、4.1件~3.2件の間で増減を繰り返していた。その間1926年は1924年以後の最多の4.14件となった。1933年~1945年は減少傾向で1944年は第二次世界大戦終結前では最少の1.25件、1946年~1954年は増加傾向で1954年は第二次世界大戦後の最多の3.49件、1955~1996年は減少傾向で1996年は0.97件(当時は1926年以後の最少)、1997~2007年は0.94~1.14件の範囲で推移し、2008年から2013年まで減少し、2014年は0.83件と前年に比べて微増したが、2015年以降は0.73件前後を推移し、その間に2016年は1924年以後で最少となる0.71件となった。また、2020年は0.74件であった。認知件数が1,000件を6年連続下回った。(1,000件未満であった年は、1944年、1945年、2013年、2015年~2020年である。)

法務省と警察庁及び旧内務省の統計によると、人口10万人中の略取・誘拐(略取・誘拐、人身売買、被略取者国外移送・引渡し、前記の各罪の予備・未遂の合計)の発生率は、1924年は、1.85件であった。1924年~1934年は、増減を繰り返しながらの減少傾向であった。その間1926年は1924年以後の最多の2.46件、1935年~1945年は減少傾向で1945年は1924年以後の最少の0.03件、1946~1951年は増加傾向で1951年は第二次世界大戦終結後の最多の0.63件、1952~1983年は減少傾向で1983年は第二次世界大戦終結後の最少の0.06件、1984~1992年は増加傾向で1992年は0.22件、1993~2005年は0.17~0.24件の範囲で推移し、2006年以降は減少して、0.12~0.16件の範囲で推移していた。しかし、2017年以降は増加し、2020年は0.27件となった。

法務省と警察庁及び旧内務省の統計によると、人口10万人中の強制性交等(旧 強姦)(2017年7月12日以前は強姦、準強姦、集団強姦[2004年~2017年]、前記の各罪の致死傷・未遂の合計。2017年7月13日以降は、強姦、準強姦、準強制性交等及び監護者性交等、前記の各罪の致死傷・未遂の合計)の発生率は、1931年は、1.93件であった。1933年は第二次世界大戦終結前の最多の2.35件、1931年~1946年は減少傾向で1946年は0.81件、1947~1964年は増加傾向で1964年は1931年以後の最多の7.06件となっている。またこの期間中の1958年に2人以上で共謀して行った場合の非親告罪化をした影響で増加した背景がある為、1957年以前と1958年以後の比較には注意が必要である[33]。1965~1996年は減少傾向で1996年は1947年以後の最少の1.19件、1997~2003年は増加傾向で2003年は1.97件、2004年~2012年は減少傾向で2011年は0.94件であるが、2013年と2014年は増加して1.11件である。そして2015年から減少して2016年は、1931年以後で最少となる0.78件であった。2017年~2019年は増加し1.11件となった。そして、2020年は前年より減少して1.06件であった。また、2019年の強制性交等被害者の男女別では女性は1,355人、男性50人であった。[48]更に、2019年における監護者性交等の認知件数は87件であった。また肛門性交のみ、口腔性交のみ、又は肛門性交及び口腔性交のみを実行行為とする強制性交等について、2019年末までに第一審判決があったものとして法務省刑事局に対し各検察庁から報告があった件数は、64件であった。[49]

法務省と警察庁及び旧内務省の統計によると、人口10万人中の強制わいせつ(2017年7月12日以前については、強制わいせつ、準強制わいせつ、前記の各罪の致死傷・未遂の合計。2017年7月13日以降は、強制わいせつ、準強制わいせつ及び監護者わいせつ、前記の各罪の致死傷・未遂の合計)の発生率は、1931年は、1.09件であった。1933年は第二次世界大戦終結前の最多の2.62件、1931年~1946年は減少傾向で1946年は1931年以後の最少の0.29件、1947年~1965年は増加傾向で1965年は4.75件である。そして、この期間中の1958年に刑法が改正され、2人以上で共謀して行った場合の非親告罪化をした為、1957年以前と1958年以後の比較には注意が必要である[33]。また。1966~1986年は減少傾向で1986年は1.88件、1987~2003年は増加傾向で2003年は1933年以後の最多の7.85件、2004年~2009年は減少傾向で2009年は5.22件、2010年~2014年は増加し、2014年は6.02件である。そして、2015年以降は、減少して2020年は、3.30件である。また、2019年の強制わいせつ被害者の男女別では女性は4,761人、男性は139人であった。[48]更に、2019年における監護者わいせつの認知件数は60件であった。[49]

法務省と警察庁及び旧内務省の統計によると、人口10万人中の傷害(傷害、傷害致死の合計)の発生率は、1924年は、33.46件であった。1924年~1935年は、増減を繰り返しながらの増加傾向であり、1935年は第二次世界大終結前の最多の42.29件であった。1936年~1945年は減少傾向で1945年は1924年以後の最少の6.23件、1946~1958年は増加傾向で1958年は1924年以後の最多の80.62件、1959~1995年は減少傾向で1995年は第二次世界大戦終結後の最少の13.92件、1996~2003年は増加傾向で2003年は28.64件、2004~2008年は減少傾向で2008年は22.16件、2009~2012年は2009年より減少して20件前後で推移していた。2013年は増加して22.02件となったが、2014年以降は減少して2020年は15.08件である。

法務省と警察庁及び旧内務省の統計によると、人口10万人中の強盗(強盗、事後強盗、昏睡強盗、強盗強姦、前記の各罪の致死傷・予備・未遂の合計)の発生率は、1924年は、1.94件であった。1924年~1929年は増加傾向であり、1929年は第二次世界大戦終結前の最多の3.80件であった。1930年~1945年は減少傾向で1941年は第二次世界大戦終前の最少の1.59件、1946~1948年は増加傾向で1948年は1926年以後の最多の13.57件、1949~1989年は減少傾向で1989年は1.29件、1990~2003年は増加傾向で2003年は6.00件、2004年以降は減少傾向で2020年は1924年以後の最少の1.11件である。

法務省と警察庁の及び旧内務省の統計によると、人口10万人中の放火(放火、延焼、前記の各罪の予備・未遂の合計)の発生率は、1931年は1924年以後の最多の3.99件、1931年~1945年は減少傾向で1945年は1924年以後の最少の0.77件、1946~1954年は増加傾向で1954年は第二次世界大戦後の最多の2.16件、1954~1991年は減少傾向で1991年は1.09件、1992~2004年は増加傾向で2004年は1.70件、2005年以降は2015年と2017年の微増を除いて減少傾向で、2020年は1924年以後の最少の0.63件であった。

法務省と警察庁の統計によると、人口10万人中の逮捕・監禁(逮捕・監禁、逮捕・監禁致死傷の合計)の発生率は、1930年は第二次世界大戦終結前の最多の0.33件、1931年~1945年は減少傾向で1945年は1924年以後の最少の0.06件、1946~1947年は増加傾向で1947年は0.61件、1948~1960年は減少傾向で1960年は0.18件、1961~1970年は増加傾向で1970年は1924年以後の最多の0.72件、1970~1979年は減少傾向で1979年は0.40件、1981~1984年は0.41~0.46の範囲で推移し、1985~1999年は0.25~0.35件の範囲で推移し、1999~2003年は増加傾向で2003年は0.50件、2004年以降は2012年の微増を除いて減少傾向で2020年は0.21件である。

日本の暴力犯罪に関して、一部の報道機関著作家評論家・個人は、日本の社会保障・福祉・所得再分配の整備不十分、非正規雇用の増加、貧富の格差の増大、競争社会、新自由主義経済政策などの社会的状況が、人々から希望を奪い、人々に絶望を与え、人々の精神を荒廃させ、前記の社会的状況や人々の精神状況が原因となって、凶悪犯罪・暴力犯罪(または少年の凶悪犯罪・暴力犯罪)が増加している(著しく増加していると表現されることもある)との認識を表明している。事実としては、日本の暴力犯罪は強制わいせつを除いて、殺人、略取・誘拐、強姦、傷害、強盗、放火、逮捕・監禁の各罪種の発生率は1920年代半ば~1930年代前半に1924年以後または第二次世界大戦終結前の最多を記録し、1940年代後半~1960年代前半(罪種により最多の年度は異なる)に1924年以後または第二次世界大戦終結後の最多を記録し、その後は単年度や短期間の増加はあるが30年・40年・50年・60年・70年・80年の時間単位では減少傾向であり、1990年代以後~2020年は最多を記録した年度より統計上有意に顕著に減少しているから、日本で凶悪犯罪・暴力犯罪(または少年の凶悪犯罪・暴力犯罪)が長期的に増加している(または著しく増加している、激増している)事実は存在しない。長期的な推移を無視して単年度や短期間の複数年間の増加だけを指摘して、凶悪犯罪が増加していると断定することは、増加しているとの主張に都合がいい統計値だけを意図的に選択し、都合がわるい統計値は意図的に無視した情報操作である。前記の理由により、2020年度までの統計によれば、凶悪犯罪・暴力犯罪が増加しているとの認識と、その原因と指摘されている社会的状況や精神的状況(日本国民や日本に在住する人々の多数派が絶望しているとの証明も無い)と凶悪犯罪・暴力犯罪の増加との因果関係もまた証明が無い。

生命・身体に対する刑法犯罪の被害者数・被害者率・死傷者率[編集]

生命・身体に対する刑法犯罪の被害者数・被害者率・死傷者率
年度 人口 刑法犯罪の被害者数 交通事故の死傷者数 人口10万人中の
刑法犯罪の被害者率
人口10万人中の
交通事故の死傷者率
死亡 負傷 重傷 軽傷 強制
性交等
(旧強姦)
強制
わいせつ
死亡 負傷 重傷 軽傷 死亡 負傷 重傷 軽傷 強制
性交等
(旧強姦)
強制
わいせつ
死亡 負傷 重傷 軽傷
1926 60,741,000 3,329 --- --- --- --- --- 2,035 30,282 --- --- 5.48 --- --- --- --- --- 3.4 49.9 --- ---
1927 61,659,000 2,051 --- --- --- --- --- 2,083 33,222 --- --- 3.33 --- --- --- --- --- 3.4 53.9 --- ---
1928 62,595,000 1,274 --- --- --- --- --- 2,321 36,854 --- --- 2.04 --- --- --- --- --- 3.7 58.9 --- ---
1929 63,461,000 1,349 --- --- --- --- --- 2,448 38,633 --- --- 2.13 --- --- --- --- --- 3.9 60.9 --- ---
1930 64,450,000 1,230 --- --- --- --- --- 2,536 43,621 --- --- 1.91 --- --- --- --- --- 3.9 67.7 --- ---
1931 65,457,000 1,343 --- --- --- --- --- 2,572 46,328 --- --- 2.05 --- --- --- --- --- 3.9 70.8 --- ---
1932 66,434,000 1,416 --- --- --- --- --- 2,801 49,259 --- --- 2.13 --- --- --- --- --- 4.2 74.1 --- ---
1933 67,432,000 1,438 19,272 --- --- --- --- 2,921 46,959 --- --- 2.13 28.58 --- --- --- --- 4.3 69.6 --- ---
1934 68,309,000 1,692 23,326 --- --- --- --- 3,226 50,204 --- --- 2.48 34.15 --- --- --- --- 4.7 73.5 --- ---
1935 69,254,000 1,656 24,839 --- --- --- --- 3,549 49,323 --- --- 2.39 35.87 --- --- --- --- 5.1 71.2 --- ---
1936 70,114,000 1,648 23,672 --- --- --- --- 3,484 45,323 --- --- 2.35 33.76 --- --- --- --- 5.0 64.6 --- ---
1937 70,630,000 --- --- --- --- --- --- 3,633 44,051 --- --- --- --- --- --- --- --- 5.1 62.4 --- ---
1938 71,013,000 --- --- --- --- --- --- 3,678 35,119 --- --- --- --- --- --- --- --- 5.2 49.5 --- ---
1939 71,380,000 1,197 19,208 --- --- --- --- 3,265 29,317 --- --- 1.68 26.91 --- --- --- --- 4.6 41.1 --- ---
1940 71,933,000 1,330 16,393 --- --- --- --- 3,341 26,421 --- --- 1.85 22.79 --- --- --- --- 4.6 36.7 --- ---
1941 72,218,000 1,414 15,296 --- --- --- --- 2,832 21,042 --- --- 1.96 21.18 --- --- --- --- 3.9 29.1 --- ---
1942 72,880,000 1,351 12,156 --- --- --- --- 2,945 19,636 --- --- 1.85 16.68 --- --- --- --- 4.0 26.9 --- ---
1943 73,903,000 1,444 9,535 --- --- --- --- 2,887 16,087 --- --- 1.95 12.90 --- --- --- --- 3.9 21.8 --- ---
1944 74,433,000 --- --- --- --- --- --- 3,080 11,580 --- --- --- --- --- --- --- --- 4.1 15.6 --- ---
1945 72,147,000 1,926 4,200 --- --- --- --- 3,365 9,094 --- --- 2.67 5.82 --- --- --- --- 4.7 12.6 --- ---
1946 75,750,000 3,347 8,463 --- --- --- --- 4,409 12,655 --- --- 4.42 11.17 --- --- --- --- 5.8 16.7 --- ---
1947 78,101,000 3,192 11,760 --- --- --- --- 4,565 16,852 --- --- 4.09 15.06 --- --- --- --- 5.8 21.6 --- ---
1948 80,002,000 4,009[50] 31,733[51] --- --- --- --- 3,848 17,609 --- --- 5.01 39.67 --- --- --- --- 4.8 22.0 --- ---
1949 81,773,000 4,133[50] 32,908[51] --- --- --- --- 3,790 20,242 --- --- 5.05 40.24 --- --- --- --- 4.6 24.8 --- ---
1950 84,115,000 4,269[50] 43,948[51] --- --- --- --- 4,202 25,450 --- --- 5.08 52.25 --- --- --- --- 5.0 30.3 --- ---
1951 84,541,000 4,228[50] 46,248[51] --- --- --- --- 4,429 31,274 --- --- 5.00 54.70 --- --- --- --- 5.2 37.0 --- ---
1952 85,808,000 4,114[50] 52,487[51] --- --- --- --- 4,696 43,321 --- --- 4.79 61.17 --- --- --- --- 5.5 50.5 --- ---
1953 86,981,000 3,735[50] 55,616[51] --- --- --- --- 5,544 59,280 --- --- 4.29 63.94 --- --- --- --- 6.4 68.2 --- ---
1954 88,239,000 3,463[50] 63,737[51] --- --- --- --- 6,374 72,390 --- --- 3.92 72.23 --- --- --- --- 7.2 82.0 --- ---
1955 90,077,000 3,840[50] 72,672[51] --- --- --- --- 6,379 76,501 --- --- 4.26 80.68 --- --- --- --- 7.1 84.9 --- ---
1956 90,172,000 3,114[50] 77,467[51] --- --- --- --- 6,751 102,072 --- --- 3.45 85.91 --- --- --- --- 7.5 113.2 --- ---
1957 90,928,000 3,172[50] 80,975[51] --- --- --- --- 7,575 124,530 --- --- 3.49 89.05 --- --- --- --- 8.3 137.0 --- ---
1958 91,767,000 3,245[50] 85,060[51] --- --- --- --- 8,248 145,432 --- --- 3.54 92.69 --- --- --- --- 9.0 158.5 --- ---
1959 92,641,000 2,137[50] 84,889[51] --- --- --- --- 10,079 175,951 --- --- 2.31 91.63 --- --- --- --- 10.9 189.9 --- ---
1960 94,302,000 1,725[50] 80,954[51] --- --- --- --- 12,055 289,156 --- --- 1.83 85.85 --- --- --- --- 12.8 306.6 --- ---
1961 94,287,000 2,502[50] 81,701[51] --- --- --- --- 12,865 308,697 --- --- 2.65 86.65 --- --- --- --- 13.6 327.4 --- ---
1962 95,181,000 2,620[50] 76,684[51] --- --- --- --- 11,445 313,813 --- --- 2.75 80.57 --- --- --- --- 12.0 329.7 --- ---
1963 96,156,000 2,549[50] 72,564[51] --- --- --- --- 12,301 359,089 --- --- 2.65 75.46 --- --- --- --- 12.8 373.4 --- ---
1964 97,182,000 1,764[50] 73,332[51] --- --- --- --- 13,318 401,117 --- --- 1.82 75.46 --- --- --- --- 13.7 412.7 --- ---
1965 99,209,000 3,982 --- --- --- --- --- 12,484 425,666 --- --- 4.01 --- --- --- --- --- 12.6 429.1 --- ---
1966 99,036,000 3,661 76,297 --- --- --- --- 13,904 517,775 --- --- 3.70 77.04 --- --- --- --- 14.0 522.8 --- ---
1967 100,196,000 3,273 76,989 --- --- --- --- 13,618 655,377 --- --- 3.27 76.84 --- --- --- --- 13.6 654.1 --- ---
1968 101,331,000 3,611 76,280 --- --- --- --- 14,256 828,071 --- --- 3.56 75.28 --- --- --- --- 14.1 817.2 --- ---
1969 102,536,000 3,576 72,217 --- --- --- --- 16,257 967,000 --- --- 3.49 70.43 --- --- --- --- 15.9 943.1 --- ---
1970 104,665,000 3,378 66,712 --- --- --- --- 16,765 981,096 126,715 854381 3.23 63.74 --- --- --- --- 16.0 937.4 121.1 816.3
1971 106,100,000 3,235 61,290 --- --- --- --- 16,278 949,689 117,667 832,022 3.05 57.77 --- --- --- --- 15.3 895.1 110.9 784.2
1972 107,595,000 3,200 57,039 --- --- --- --- 15,918 889,198 108,482 780,716 2.97 53.01 --- --- --- --- 14.8 826.4 100.8 725.6
1973 109,104,000 3,459 57,200 --- --- --- --- 14,574 789,948 96,138 693,810 3.17 52.43 --- --- --- --- 13.4 724.0 88.1 635.9
1974 110,573,000 3,217 51,506 --- --- --- --- 11,432 651,420 79,871 571,549 2.91 46.58 --- --- --- --- 10.3 589.1 72.2 516.9
1975 111,940,000 3,056 45,512 --- --- --- --- 10,792 622,467 62,744 559,723 2.73 40.66 --- --- --- --- 9.6 556.1 56.1 500.0
1976 113,094,000 3,031 43,516 --- --- --- --- 9,734 613,957 56,439 557,518 2.68 38.48 --- --- --- --- 8.6 542.9 49.9 493.0
1977 114,165,000 2,878 44,375 --- --- --- --- 8,945 593,211 51,904 541,307 2.52 38.87 --- --- --- --- 7.8 519.6 45.5 474.1
1978 115,190,000 2,669 38,810 --- --- --- --- 8,783 594,116 50,642 543,474 2.32 33.69 --- --- --- --- 7.6 515.8 44.0 471.8
1979 116,155,000 2,441 35,924 --- --- --- --- 8,466 596,282 49,490 546,792 2.1 30.93 --- --- --- --- 7.3 513.4 42.6 470.7
1980 117,060,000 2,257 35,527 --- --- --- --- 8,760 598,719 64,115 534,604 1.93 30.35 --- --- --- --- 7.5 511.5 54.8 456.7
1981 117,902,000 2,176 34,107 --- --- --- --- 8,719 607,346 65,595 541,751 1.85 28.93 --- --- --- --- 7.4 515.1 55.6 459.5
1982 118,728,000 2,121 33,562 --- --- --- --- 9,073 626,192 69,002 557,190 1.79 28.27 --- --- --- --- 7.6 527.4 58.1 469.3
1983 119,536,000 1,921 31,199 --- --- --- --- 9,520 654,822 71,117 583,705 1.61 26.1 --- --- --- --- 8.0 547.8 59.5 488.3
1984 120,305,000 2,080 30,831 2,531 28,300 ‐‐ ‐‐ 9,262 644,321 68,388 575,933 1.73 25.63 2.10 23.52 --- --- 7.7 535.6 56.8 478.7
1985 121,049,000 2,342 29,504 2,425 27,079 ‐‐ ‐‐ 9,261 681,346 71,851 609,495 1.93 24.37 2.00 22.37 --- --- 7.7 562.9 59.4 503.5
1986 121,660,000 1,769 28,185 2,306 25,879 ‐‐ ‐‐ 9,317 712,330 73,266 639,064 1.45 23.17 1.90 21.27 --- --- 7.7 585.5 60.2 525.3
1987 122,239,000 1,605 27,709 2,348 25,361 ‐‐ ‐‐ 9,347 722,179 72,867 649,312 1.31 22.67 1.92 20.75 --- --- 7.6 590.8 59.6 531.2
1988 122,745,000 1,631 28,021 2,341 25,680 ‐‐ ‐‐ 10,344 752,845 76,692 676,153 1.33 22.83 1.91 20.92 --- --- 8.4 613.3 62.5 550.9
1989 123,205,000 1,446 26,127 2,200 23,927 1,556 2,759 11,086 814,832 80,948 733,884 1.17 21.21 1.79 19.42 1.26 2.24 9.0 661.4 65.7 595.7
1990 123,611,000 1,453 25,329 2,293 23,036 1,548 2,730 11,227 790,295 79,126 711,169 1.18 20.49 1.86 18.64 1.25 2.21 9.1 639.3 64.0 575.3
1991 124,101,000 1,386 24,706 2,159 22,547 1,603 3,176 11,109 810,245 77,977 732,268 1.12 19.91 1.74 18.17 1.29 2.56 8.9 652.9 62.8 590.1
1992 124,567,000 1,324 24,802 2,217 22,585 1,504 3,505 11,452 844,003 79,535 764,468 1.06 19.91 1.78 18.13 1.21 2.81 9.2 677.5 63.8 613.7
1993 124,938,000 1,322 24,225 2,229 21,996 1,611 3,581 10,945 878,633 80,109 798,524 1.06 19.39 1.78 17.61 1.29 2.87 8.8 703.3 64.1 639.1
1994 125,265,000 1,359 23,644 2,127 21,517 1,616 3,580 10,653 881,723 77,674 804,049 1.08 18.88 1.70 17.18 1.29 2.86 8.5 703.9 62.0 641.9
1995 125,570,000 1,292 28,054[52] 2,713[52] 25,341[52] 1,500 3,644 10,684 922,677 78,952 843,725 1.03 22.34 2.16 20.18 1.19 2.90 8.5 734.8 62.9 671.9
1996 125,859,000 1,249 23,830 2,122 21,708 1,483 4,025 9,943 942,204 77,053 865,151 0.99 18.93 1.69 17.25 1.18 3.20 7.9 748.6 61.2 687.4
1997 126,157,000 1,296 25,689 2,351 23,338 1,657 4,398 9,642 958,925 76,281 882,644 1.03 20.36 1.86 18.50 1.31 3.49 7.6 760.1 60.5 699.6
1998 126,472,000 1,350 26,578 2,485 24,093 1,873 4,251 9,214 990,676 74,247 916,429 1.07 21.01 1.96 19.05 1.48 3.36 7.3 783.3 58.7 724.6
1999 126,667,000 1,334 27,639 2,612 25,027 1,857 5,346 9,012 1,050,399 75,894 974,505 1.05 21.82 2.06 19.76 1.47 4.22 7.1 829.3 59.9 769.3
2000 126,926,000 1,345 39,552 3,337 36,215 2,260 7,412 9,073 1,155,707 80,104 1,075,603 1.06 31.16 2.63 28.53 1.78 5.84 7.1 910.5 63.1 847.4
2001 127,316,000 1,441 44,337 3,436 40,901 2,228 9,326 8,757 1,181,039 79,677 1,101,362 1.13 34.82 2.70 32.13 1.75 7.33 6.9 927.6 62.6 865.1
2002 127,486,000 1,368 46,762 3,655 43,107 2,357 9,476 8,396 1,168,029 78,297 1,089,732 1.07 36.68 2.87 33.81 1.85 7.43 6.5 916.2 61.4 854.8
2003 127,694,000 1,432 46,665 3,731 42,934 2,472 10,029 7,768 1,181,681 75,112 1,106,569 1.12 36.54 2.92 33.62 1.94 7.85 6.0 925.4 58.8 866.6
2004 127,787,000 1,397 46,793 3,479 43,314 2,176 9,184 7,436 1,183,617 72,817 1,110,800 1.09 36.62 2.72 33.90 1.70 7.19 5.8 926.2 57.0 869.3
2005 127,768,000 1,354 43,111 3,174 39,937 2,076 8,751 6,937 1,157,113 68,975 1,088,138 1.06 33.74 2.48 31.26 1.62 6.85 5.4 905.6 54.0 851.7
2006 127,901,000 1,284 41,876 3,046 38,830 1,948 8,326 6,415 1,098,564 64,145 1,034,419 1.00 32.74 2.38 30.36 1.52 6.51 5.0 858.9 50.2 808.8
2007 128,033,000 1,134 37,888 2,927 34,961 1,766 7,664 5,796 1,034,652 61,034 973,618 0.89 29.59 2.29 27.31 1.38 5.99 4.5 808.1 47.7 760.4
2008 128,084,000 1,230 35,051 2,794 32,257 1,590 7,137 5,209 945,703 56,818 888,885 0.96 27.37 2.18 25.18 1.24 5.57 4.1 738.3 44.4 694.0
2009 128,032,000 1,059 32,116 2,837 29,279 1,415 6,723 4,979 911,215 53,708 857,507 0.83 25.08 2.22 22.87 1.11 5.25 3.9 711.7 41.9 669.8
2010 128,057,000 1,001 31,722 2,837 29,279 1,293 7,068 4,948 896,297 51,536 844,761 0.78 24.77 2.22 22.56 1.01 5.52 3.9 699.9 40.2 659.7
2011 127,834,000 969 30,743 2,854 27,889 1,193 6,929 4,691 854,613 48,663 805,950 0.78 24.81 2.22 22.60 1.01 5.53 3.9 668.7 40.3 660.8
2012 127,593,000 908 33,188 2,979 30,209 1,266 7,321 4,438 825,392 46,663 778,729 0.76 24.09 2.24 21.86 0.94 5.43 3.7 647.3 38.1 631.7
2013 127,414,000 819 32,580 3,021 29,559 1,409 7,654 4,388 781,492 44,546 736,946 0.71 26.05 2.34 23.71 0.99 5.75 3.5 613.9 36.6 611.2
2014 127,237,000 841 31,138 2,899 28,239 1,250 7,400 4,113 711,374 41,658 669,716 0.64 25.61 2.37 23.23 1.11 6.02 3.4 559.8 35.0 579.2
2015 127,095,000 802 29,301 2,724 26,557 1,167 6,755 4,117 666,023 38,959 627,064 0.66 24.5 2.28 22.22 0.98 5.82 3.2 524.0 32.8 526.9
2016 126,933,000 752 28,205 2,796 25,409 989 6,188 3,904 618,853 37,356 581,497 0.59 22.22 2.20 20.02 0.78 4.88 3.1 486.7 29.4 458.1
2017 126,706,000 710 26,780 2,644 24,136 1,109 5,809 3,694 579,746 36,895 542,851 0.56 21.14 2.09 19.05 0.88 4.55 2.9 458.2 29.1 428.4
2018 126,443,000 690 25,961 2,675 23,286 1,307 5,340 3,532 524,695 34,558 491,288 0.55 20.53 2.12 18.42 1.03 4.22 2.8 414.8 27.3 415.0
2019 126,167,000 700 24,423 2,564 21,859 1,405 4,900 3,215 461,775 32,025 429,750 0.55 19.36 2.03 17.33 1.11 3.88 2.5 366.0 25.4 340.6
2020 125,708,000 687 21,884 2,411 19,473 1,332 4,154 2,839 369,476 27,774 341,702 0.55 17.41 1.92 15.49 1.06 3.30 2.3 293.9 22.1 271.8
年度 人口 死亡 負傷 重傷 軽傷 強制
性交等
(旧強姦)
強制
わいせつ
死亡 負傷 重傷 軽傷 死亡 負傷 重傷 軽傷 強制
性交等
(旧強姦)
強制
わいせつ
死亡 負傷 重傷 軽傷
刑法犯罪の被害者数 交通事故の死傷者数 人口10万人中の
刑法犯罪の被害者率
人口10万人中の
交通事故の死傷者率
    • 刑法犯罪による死亡者は殺人、強盗・強姦・強制わいせつ・監禁・傷害・保護責任者遺棄・放火・失火による致死、交通事故以外の業務上過失致死の合計。
    • 交通事故による死亡者は事故発生から24時間以内の死亡者数。
    • 負傷は重傷と軽傷の合計、重傷は全治1か月以上、軽傷は全治1か月未満。
    • 1948年~1964年の死亡者数・負傷者数は、警察庁が発行した「昭和39年の犯罪:犯罪統計書」には、死亡原因が過失による原因(交通事故含む)も含まれる死傷者数の合計しか載っていなかった。そのため、死亡者数は合計死亡者数から交通事故死者数を引いた数を死亡者数とし、負傷者数は負傷者合計から過失による負傷者数を引いた数を負傷者数とした。そのため、その他の期間と同一に比較できる値でないこととどちらの値も過少であることに留意する。また、1965年の過失による死亡者数12,801人の内、交通関係が11,393人、その他が1,408人であった。
    • 1995年の負傷者数(重傷者・軽傷者)が前後年と比べて多いのは、地下鉄サリン事件によるものである。平成15年版犯罪白書より死傷者数を6,217人(内、死亡者11人)で計上している[53][54]。但し、オウム被害者救済法に基づいた場合、6,286人(内、死亡者13人)となっている[55]
    • 強制性交等・強制わいせつは、2017年7月12日以前は、男性被害者と肛門性交及び口腔性交による強姦、準強姦、集団強姦、前記の各罪の致死傷・未遂は、強制わいせつとして計上されていた。2017年7月13日以降は、被害者の性別を問わなくなり、かつ、性交(姦淫)に加え肛門性交及び口腔性交も対象となり、強制性交等に計上している。また、監護者わいせつ・監護者性交等が新設され、18歳未満の者を現に監護する者であることによる影響力があることに乗じたわいせつ行為や性交等が処罰されることとなり、強姦等の非親告罪化等がなされた。[34]
    • ‐‐は統計資料無しまたは未発見・未公開・未発表。
  • 出典
    • 2020年の人口統計[10]
    • 1946~2019年の人口統計[11]
    • 2020年の一般刑法犯による死亡者数、負傷者数、重傷者数、軽症者数、被害発生率[13]
    • 1989~2019年の一般刑法犯による死亡者数、負傷者数、重傷者数、軽症者数、被害発生率[56]
    • 1987・1988年度の一般刑法犯による死亡者数、負傷者数、重傷者数、軽症者数[57]
    • 1986年度の一般刑法犯による死亡者数、負傷者数、重傷者数、軽症者数[58]
    • 1985年度の一般刑法犯による死亡者数、負傷者数、重傷者数、軽症者数[59]
    • 1966~1984年度の一般刑法犯による死亡者数、負傷者数[60]
    • 1965年度の一般刑法犯による死亡者数、負傷者数[61]
    • 1940年~1964年度の一般刑法犯による死亡者数、負傷者数[62]
    • 1934年~1936年、1939年の死亡者数、負傷者数"[63]
    • 1933年の死亡者数、負傷者数[64]
    • 1927年~1932年の死亡者数、負傷者数[65]
    • 1926年の死亡者数、負傷者数[66]
    • 2020年の強制性交(旧強姦)・強制わいせつの被害者数・被害発生率[12]
    • 1989~2019年の強姦、強制わいせつの被害者数、被害発生率[48]
    • 1948~2020年の交通事故による死亡者・負傷者数[67]
    • 1946~2019年の交通事故による死亡者・負傷者数[68]
    • 1926~1945年度の自動車事故による死亡者・負傷者数[69]

暴力犯罪の被害者数の推移[編集]

法務省や警察庁の犯罪統計では、殺人は殺人、自殺関与・同意殺人、前記の各罪の予備・未遂の合計、略取・誘拐は略取・誘拐、人身売買、被略取者国外移送・引渡し、前記の各罪の予備・未遂の合計、強姦は強姦、準強姦、集団強姦、前記の各罪の致死傷・未遂の合計、強制猥褻は強制わいせつ、準強制わいせつ、前記の各罪の致死傷・未遂の合計、傷害は傷害、傷害致死の合計、強盗は強盗、事後強盗、昏睡強盗、強盗強姦、前記の各罪の致死傷・予備・未遂の合計、放火は放火、延焼、前記の各罪の予備・未遂の合計、逮捕・監禁は逮捕・監禁、逮捕・監禁致死傷の合計であり、犯罪の各罪種の認知件数は被害者数ではない。

加害者の人数と被害者の人数も、加害者が1人で被害者が1人の場合、加害者が複数で被害者が1人の場合、加害者が1人で被害者が複数の場合、加害者が複数で被害者が複数の場合があるので、加害者数と被害者数は同数ではないが、個人が暴力犯罪で他者に被害を与える能力は限度があるので、加害者数と被害者数は著しい差は無く近接した値になる。

被害者が死亡または負傷した場合は、被害者を死亡または負傷させた法的な罪種が、殺人、強姦致死傷、強制わいせつ致死傷、強盗致死傷、監禁致死傷、傷害致死、危険運転致死傷、自動車事故による業務上過失致死傷、自動車事故以外の業務上過失致死傷、前記のどの罪種であっても、罪種により法定刑・判例・量刑に差異はあっても、被害者(被害者の家族・関係者)にとっては死亡という回復不可能な被害を受けたこと差異は無い。

被害者が負傷した場合も、傷害の質と量が回復不可能な程度であるなら、意識が回復しない状態、知能の完全な喪失または回復可能な損傷、全身不随、頚部より下の不随、腰から下がの不随、腕・手・手指・脚・足・足指の喪失または機能の回復可能な損傷、失明・失聴・失声または視力・聴力・発声力の回復可能な損傷をした場合は、被害者(被害者の家族・関係者)にとっては人格・知的能力・身体能力・生活能力・職業能力・社会的活動能力の喪失または損傷という回復不可能な被害を受けたこと差異は無い。

暴力犯罪により生命・身体に被害を受けた被害者数の統計により、社会の中で実数や人口比でどの程度の人が死亡、人格・知的能力・身体能力・生活能力・職業能力・社会的活動能力の喪失または回復可能な損傷、強姦、強制わいせつ、被害前の状態に回復可能な傷害・致傷という被害を受けたかを認知することができる。また政府・自治体、民間有志団体、加害者や加害者の家族が、被害者や被害者の家族に対して、どのような質と量の賠償や回復支援が必要であるかを認知する資料になる。

  • 暴力犯罪による死亡者数と人口10万人中の死亡者率

1926年は、人口比が926年以後の最多で実数が3,329 人・人口比が5.48人、1926~1930年は単年度の増加があったにせよ減少傾向であり、1930年は実数で1,230人・人口比で1.91人であった。1931~1936年は、一時的な減少傾向があったにせよ増加傾向であり、1936年は実数で1,648人・人口比で2.35人であった。1937年・1938年は統計値無し、1939年は1936年より減少して 実数は1,197人・人口比は1.68人であり、1939~1943年は一時的な減少があったにせよ増加傾向であり、1943年は実数が1,444人・人口比1.95人であった。1944年は統計値無し。1945年は1943年と比べて増加して実数が1,926人・人口比は2.67人であり、1945~1950年は単年度の減少があったにせよ増加傾向であり、単純に比較できないが、1950年は4,269人・人口比は5.08人であった。1951~1964年は、一時的な増加があったにせよ減少傾向であり、単純に比較できないが、実数は1,764人・人口比は1.82人であった。1965年以降は単年度の増加があったにせよ減少傾向である。その間、2018年は実数・人口比ともに1926年以後の最少で実数が690人・人口比が0.55人であった。2021年は実数が687人・人口比が0.55人であり、2018年と比べ3人少ないが、少数4桁目で四捨五入した場合、2018年は0.546人、2021年は0.547であるため、2018年を最少としている。

2020年では、男女別の場合、男性が395人、女性は292人であった。罪種別では、多い順に殺人罪が318人(男性:131人 女性:187人)、次いで業務上等過失致死傷(交通業過は除く。)が219人(男性:181人 女性:31人)、傷害致死が71人(男性:41人 女性:30人)となっている。殺人罪だけで約46.3%を占め、業務上等過失致死傷(交通業過は除く。)と傷害致死を含めると、全刑法犯死者数の約88.5%を占める。また、殺人罪被害者で死亡する割合は、867人中318人であり約36.7%(男性:約28.0%、女性:約46.9%)となっている。

  • 暴力犯罪による負傷者数と人口10万人中の負傷者率

1933年は実数で19,272人・人口比が28.58人、1933~1936年は一時的な減少があったにせよ増加傾向であり、1936年は実数が23,672人・人口比が2.35人であった。1937年・1938年は統計値無し、1939年は1936年より減少して 実数は19,208人・人口比は26.91人であり、1939~1943年は減少傾向であり、1943年は実数で9,535人・人口比が12.90 人であった。1944年は統計値無し。1945年は1943年と比べて減少し、実数・人口比ともに1933年以後最少で、実数は4,200人・人口比が5.80人であり、1945年~1958年は1958年は、増加傾向であり、実数・人口比ともに1933年以後最多であり、1958年は実数が85,060人・人口比が92.69人であった。1959年~1964年は、単年度の増加があったにせよ減少傾向であり、1964年は実数は73,332人・人口比が75.46人であった。1965年の統計値無し、1966年は実数が76,297人・人口比が77.04人、1966~1994年は減少傾向で1994年は実数が23,644人・人口比が18.88人、1995~2004年は増加傾向で2004年は実数が46,793人・人口比が36.62人、2005年以降は2011年と2013年の微増を除き減少傾向で2020年は実数が21,884人・人口比が1966年以後の最少で17.41人である。

2020年の暴力犯罪による負傷者数は、男女別の場合、男性が13,437人、女性は8,447人であった。罪種別では、多い順に傷害が19,810人(男性:12,385人 女性:7,425人)、次いで強盗が614人(男性:381人 女性:233人)、殺人が549人(男性:337人 女性:212人)となっている。傷害で全刑法犯負傷者数の約90.5%を占め、強盗・殺人を加えた場合、約95.8%を占める。

  • 暴力犯罪による重傷者数と人口10万人中の重傷者率

1984年は実数が2,531人・人口比が2.10人、1985~1996年は減少傾向で1996年は実数が2,122人・人口比が1966年以後の最少で1.69人、1997~2003年は増加傾向で2003年は実数が3,731人・人口比が1966年以後の最多で2.92人、2004~2008年は減少傾向で2008年は実数が2,790人・人口比が2.18人、2009年~2012年は横ばい傾向で2012年は実数が2,979人・人口比が2.24人である。そして、2013年以降は、単年度の増加があったにせよ減少傾向であり、2020年は実数は2,411人・人口比は1.92人である。

2020年の重傷の場合では、男女別の場合、男性が1,630人、女性は781人であった。罪種別では、多い順に傷害が1,909人(男性:1,314人 女性:595人)、次いで殺人が197人(男性:130人 女性:67人)、業務上等過失致死傷(交通業過は除く。)が139人(男性:103人 女性:36人)となっている。傷害で全刑法犯重傷者数の約79.2%を占め、殺人と業務上等過失致死傷(交通業過は除く。)を加えた場合、約93.1%を占める。

  • 暴力犯罪による軽傷者数と人口10万人中の軽傷者率

1984年は実数が28,300人・人口比が23.52人、1985~1994年は減少傾向で1994年は実数が21,517人・人口比が17.18人、1995~2004年は増加傾向で2004年は実数が43,314人・人口比が1966年以後の最多で33.90人、2005年以降は、単年度の増加があったにせよ減少傾向であり、2019年は実数は21,884人・人口比は1966年以後の最少で15.49人である。

2020年の軽傷の場合では、男女別の場合、男性が11,807人、女性は7,666人であった。罪種別では、多い順に傷害が17,901人(男性:11,071人 女性:6,830人)、次いで強盗が539人(男性:332人 女性:207人)、殺人が352人(男性:207人 女性:145人)となっている。傷害で全刑法犯軽傷者数の約81.8%を占め、強盗・殺人を加えた場合、約85.9%を占める。

  • 強制性交等(旧・強姦)の被害者数と人口10万人中の被害者率

1989年は実数が1,556人・人口比が1.26人、1996年は実数・人口比ともに1989年以後の最少で実数が1,483人・人口比が1.18人、1997~2003年は増加傾向で2003年は実数・人口比ともに1989年以後の最多で実数が2,472人・人口比が1.94人、2004年~2016年は、単年度の増加があったにせよ減少傾向であり、2016年は実数・人口比ともに1989年以後の最少で、実数は989人・人口比は0.78人である。2017年~2019年は増加して、2019年は、実数が1,405人・人口比は1.11人であった。2020年は前年より減少して実数が1,332人・人口比は1.06人である。また、2017年7月13日以降は、定義が変わり男性被害者も計上されている。

  • 強制わいせつの被害者数と人口10万人中の被害者率

1989年は実数が2,759人・人口比が2.24人、1990年は実数・人口比ともに1989年以後の最少で実数が2,730人・人口比が2.21人、1991~2003年は増加傾向で2003年は実数・人口比ともに1989年以後の最多で実数が10,029人・人口比が7.85人、2004年以降は、一時的な増加があったにせよ減少傾向であり、2020年は実数は4,153件・人口比は3.30人である。

  • 交通事故による死亡者数と人口10万人中の死亡者率

1926年は実数が1926年以後最少であり、実数が2,035人・人口比が3.4人、1926~1938年は単年度の減少があったにせよ増加傾向で1938年は実数が3,678人・人口比が5.2人であった。1939~1943年は単年度の増加があったにせよ減少傾向であり、1943年は実数は2,887人・人口比が3.9人であった。1944~1970年は一時的な減少があったにせよ増加傾向であり、1970年は実数・人口比ともに1926年以後の最多で実数が16,765人・人口比が16.0人、1971~1979年は減少傾向で1979年は実数が8,466人・人口比が7.3人、1980~1992年は増加傾向で1992年は実数が11,452人・人口比が9.2人、1993年以降は減少傾向で2020年は人口比が1926年以後最少の実数が2,839人・人口比は2.3人である。

  • 交通事故による負傷者数と人口10万人中の負傷者率

1926年は実数が30,282人・人口比が49.9人であり、1926~1932年は増加傾向であり、1932年は実数が49,259人・人口比が74.1人であった。1933~1945年は、単年度の増加があったにせよ減少傾向であり、1945年は実数・人口比ともに1923年以後最少の実数が9,094人・人口比が12.6人であった。1946~1969年は増加傾向で、1969年は実数・人口比ともに1923年以後最多の実数が967,000人・人口比が943.1人、1970~1979年は減少傾向で1979年は実数が596,282人・人口比が513.4人、1980~2001年は増加傾向で2001年は実数が1,1801,955人・人口比が1946年以後の最多で927.6人、2002年以降は減少傾向で2020年は実数が369,476人・人口比が293.9人である。

  • 交通事故による重傷者数と人口10万人中の重傷者率

1970年は実数・人口比ともに1970年以後の最多で実数が126,715人・人口比が121.1人、1971~1979年は減少傾向で1979年は実数が49,490人・人口比が42.6人、1980~1989年は増加傾向で1989年は実数が80,948人・人口比が65.7人、1990~2020年は減少傾向で2020年は実数・人口比ともに1970年以後の最少で実数が27,774人・人口比が22.1人である。

  • 交通事故による軽傷者数と人口10万人中の軽傷者率

1970年は実数が854,381人・人口比が816.3人、1971~1980年は減少傾向で1980年は実数が534,604人・人口比が456.7人、1980~2004年は増加傾向で2004年は実数が1,110,799人・人口比が1970年以後の最多で869.3人、2005~2020年は減少傾向で2020年は1970年以後の最少で実数が341,702人・人口比が271.8人である。

刑法犯罪の非暴力犯罪の罪種別の認知件数と発生率[編集]

刑法犯罪の非暴力犯罪の罪種別の認知件数と発生率
年度 人口 認知件数 人口10万人中の発生率
窃盗 詐欺 横領 恐喝 住居
侵入
器物
損壊
偽造 業務上過
失致死傷
窃盗 詐欺 横領 恐喝 住居
侵入
器物
損壊
偽造 業務上過
失致死傷
1924 58,876,000 270,193 103,643 45,478 2,692 3,319 -- 9,004 3,165 458.92 176.04 77.24 4.57 5.64 ‐‐ 15.29 5.38
1925 59,737,000 295,928 94,758 56,350 3,412 3,840 -- 9,342 3,980 495.38 158.63 94.33 5.71 6.43 ‐‐ 15.64 6.66
1926 60,741,000 364,441 133,472 84,241 4,296 4,874 -- 13,006 5,305 599.99 219.74 138.69 7.07 8.02 ‐‐ 21.41 8.73
1927 61,659,000 383,640 136,934 91,840 3,826 4,858 ‐‐ 12,728 6,505 622.20 222.08 148.95 6.21 7.88 ‐‐ 20.64 10.55
1928 62,595,000 408,217 145,525 104,815 4,441 4,993 ‐‐ 11,676 8,166 652.16 232.49 167.45 7.09 7.98 ‐‐ 18.65 13.05
1929 63,461,000 462,658 182,466 123,090 5,077 5,600 ‐‐ 18,703 9,611 729.04 287.52 193.96 8.00 8.82 ‐‐ 29.47 15.14
1930 64,450,000 540,310 209,930 153,222 6,884 7,404 ‐‐ 4,763 10,868 838.34 325.73 237.74 10.68 11.49 ‐‐ 7.39 16.86
1931 65,457,000 584,542 250,979 171,277 10,647 7,532 ‐‐ 23,147 11,935 893.02 383.43 261.66 16.27 11.51 ‐‐ 35.36 18.23
1932 66,434,000 667,132 253,587 199,965 14,693 9,406 ‐‐ 29,147 12,425 1,004.20 381.71 301.00 22.12 14.16 ‐‐ 43.87 18.70
1933 67,432,000 704,913 388,666 265,357 12,849 10,007 ‐‐ 25,640 13,251 1,045.37 576.38 393.52 19.05 14.84 ‐‐ 38.02 19.65
1934 68,309,000 724,986 334,830 282,595 14,868 9,640 ‐‐ 24,502 15,790 1,061.33 490.17 413.70 21.77 14.11 ‐‐ 35.87 23.12
1935 69,254,000 674,893 371,317 250,960 32,173 10,390 ‐‐ 23,227 16,466 974.52 536.17 362.38 46.46 15.00 ‐‐ 33.54 23.78
1936 70,114,000 648,860 240,305 211,625 14,329 10,445 ‐‐ 27,502 15,761 925.44 342.73 301.83 20.44 14.90 ‐‐ 39.22 22.48
1937 70,630,000 633,534 217,444 190,665 9,586 9,448 ‐‐ 16,654 16,451 896.98 307.86 269.95 13.57 13.38 ‐‐ 23.58 23.29
1938 71,013,000 634,341 244,057 185,208 8,712 9,495 ‐‐ 16,462 13,557 893.27 343.68 260.81 12.27 13.37 ‐‐ 23.18 19.09
1939 71,380,000 554,237 157,285 144,291 7,866 11,083 ‐‐ 12,840 11,383 776.46 220.35 202.14 11.02 15.53 ‐‐ 17.99 15.95
1940 71,933,000 573,225 181,177 114,314 7,608 8,696 ‐‐ 10,776 9,682 796.89 251.87 158.92 10.58 12.09 ‐‐ 14.98 13.46
1941 72,218,000 544,143 111,629 97,415 6,360 8,833 ‐‐ 11,258 8,094 753.47 154.57 134.89 8.81 12.23 ‐‐ 15.59 11.21
1942 72,880,000 587,616 82,695 91,467 5,373 12,027 ‐‐ 8,138 7,045 806.28 113.47 125.50 7.37 16.50 ‐‐ 11.17 9.67
1943 73,903,000 649,367 94,663 75,885 5,246 15,976 ‐‐ 5,866 5,808 878.67 128.09 102.68 7.10 21.62 ‐‐ 7.94 7.86
1944 74,433,000 660,842 67,195 51,017 5,677 14,407 ‐‐ 6,150 4,767 887.83 90.28 68.54 7.63 19.36 ‐‐ 8.26 6.40
1945 72,147,000 561,537 33,574 38,115 3,319 6,949 ‐‐ 2,620 2,787 778.32 46.54 52.83 4.60 9.63 ‐‐ 3.63 3.86
1946 75,750,000 1,155,392 84,101 31,397 11,205 2,559 ‐‐ 5,144 2,858 1,525.27 111.02 41.45 14.79 3.38 ‐‐ 6.79 3.77
1947 78,101,000 1,141,294 90,279 34,801 15,283 2,640 ‐‐ 4,696 3,810 1,461.31 115.59 44.56 19.57 3.38 ‐‐ 6.01 4.88
1948 80,002,000 1,246,445 133,666 47,087 25,691 4,283 ‐‐ 6,996 3,297 1,558.02 167.08 58.86 32.11 5.35 ‐‐ 8.74 4.12
1949 81,773,000 1,165,605 161,047 60,296 29,550 7,719 ‐‐ 8,492 5,157 1,425.42 196.94 73.74 36.14 9.44 ‐‐ 10.38 6.31
1950 84,115,000 982,341 187,528 65,616 32,740 10,076 ‐‐ 10,131 8,618 1,167.85 222.94 78.01 38.92 11.98 ‐‐ 12.04 10.25
1951 84,541,000 995,641 139,254 48,834 19,891 9,614 ‐‐ 6,533 11,895 1,177.70 164.72 57.76 23.53 11.37 ‐‐ 7.73 14.07
1952 85,808,000 986,987 140,143 47,071 20,586 9,946 ‐‐ 5,657 17,924 1,150.23 163.32 54.86 23.99 11.59 ‐‐ 6.59 20.89
1953 86,981,000 931,791 141,000 46,329 18,777 10,080 ‐‐ 6,188 27,341 1,071.26 162.10 53.26 21.59 11.59 ‐‐ 7.11 31.43
1954 88,239,000 948,587 128,772 42,940 25,538 9,759 ‐‐ 6,238 36,072 1,075.02 145.94 48.66 28.94 11.06 ‐‐ 7.07 40.88
1955 90,077,000 1,056,974 124,633 37,527 28,419 10,141 ‐‐ 6,005 42,550 1,173.41 138.36 41.66 31.55 11.26 ‐‐ 6.67 47.24
1956 90,172,000 1,007,649 101,558 31,445 27,736 9,044 ‐‐ 5,414 56,339 1,117.47 112.63 34.87 30.76 10.03 ‐‐ 6.00 62.48
1957 90,928,000 1,005,101 100,767 31,143 28,269 9,066 ‐‐ 5,798 71,600 1,105.38 110.82 34.25 31.09 9.97 ‐‐ 6.38 78.74
1958 91,767,000 990,602 98,174 26,362 38,684 9,727 ‐‐ 5,573 86,329 1,079.48 106.98 28.73 42.15 10.60 ‐‐ 6.07 94.07
1959 92,641,000 1,027,992 89,457 24,241 41,599 9,367 8,520 5,586 100,466 1,109.65 96.56 26.17 44.90 10.11 9.40 6.03 108.45
1960 94,302,000 1,038,418 82,886 22,144 41,060 9,224 8,393 6,089 117,071 1,101.16 87.89 23.48 43.54 9.78 8.90 6.46 124.14
1961 94,287,000 1,051,874 82,357 21,614 45,306 9,088 8,067 8,020 129,549 1,115.61 87.35 22.92 48.05 9.64 8.56 8.51 137.40
1962 95,181,000 1,055,237 77,637 18,743 45,034 9,287 7,522 7,708 137,696 1,108.66 81.57 19.69 47.31 9.76 7.90 8.10 144.67
1963 96,156,000 1,066,044 70,569 15,682 42,032 9,357 7,300 7,106 180,327 1,108.66 73.39 16.31 43.71 9.73 7.59 7.39 187.54
1964 97,182,000 1,057,531 75,891 16,734 40,892 10,312 6,872 9,166 224,383 1,088.20 78.09 17.22 42.08 10.61 7.07 9.43 230.89
1965 99,209,000 1,027,473 78,609 14,922 35,287 9,750 6,243 8,524 258,805 1,035.67 79.24 15.04 35.57 9.83 6.29 8.59 260.87
1966 99,036,000 1,001,412 70,226 13,180 27,454 9,950 6,043 7,264 296,804 1,011.16 70.91 13.31 27.72 10.05 6.10 7.33 299.69
1967 100,196,000 954,549 61,379 10,287 21,361 10,378 6,114 5,154 383,631 952.68 61.26 10.27 21.32 10.36 6.10 5.14 382.88
1968 101,331,000 975,347 60,706 9,657 19,030 10,692 6,332 5,305 508,281 962.54 59.91 9.53 18.78 10.55 6.25 5.24 501.60
1969 102,536,000 1,008,013 58,662 9,001 18,204 10,351 6,165 5,560 594,790 983.08 57.21 8.78 17.75 10.09 6.01 5.42 580.08
1970 104,665,000 1,039,118 58,340 9,362 18,775 10,355 5,594 6,827 652,614 992.80 55.74 8.94 17.94 9.89 5.34 6.52 623.53
1971 106,100,000 1,026,094 51,386 8,008 17,406 10,087 5,605 6,211 631,215 967.10 48.43 7.55 16.41 9.51 5.28 5.85 594.92
1972 107,595,000 1,006,575 57,658 9,349 16,053 9,622 5,056 5,654 594,542 935.52 53.59 8.69 14.92 8.94 4.70 5.25 552.57
1973 109,104,000 973,876 55,473 10,172 14,652 9,949 5,828 7,672 538,192 892.61 50.84 9.32 13.43 9.12 5.34 7.03 493.28
1974 110,573,000 1,013,153 49,764 9,493 13,852 9,841 5,901 6,538 460,960 916.28 45.01 8.59 12.53 8.90 5.34 5.91 416.88
1975 111,940,000 1,037,942 53,647 10,575 14,255 10,018 6,125 7,285 439,448 927.23 47.92 9.45 12.73 8.95 5.47 6.51 392.57
1976 113,094,000 1,049,748 59,462 11,670 11,497 10,537 6,486 8,232 443,616 928.21 52.58 10.32 10.17 9.32 5.74 7.28 392.25
1977 114,165,000 1,073,393 56,120 13,891 10,964 11,079 7,365 7,932 436,604 940.21 49.16 12.17 9.60 9.70 6.45 6.95 382.43
1978 115,190,000 1,136,648 64,886 15,781 9,895 11,002 8,457 9,802 439,921 986.76 56.33 13.70 8.59 9.55 7.34 8.51 381.91
1979 116,155,000 1,107,477 54,642 16,532 8,843 12,180 9,496 8,466 449,047 953.45 47.04 14.23 7.61 10.49 8.18 7.29 386.59
1980 117,060,000 1,165,609 58,958 21,391 8,830 12,017 9,830 9,790 455,337 995.74 50.37 18.27 7.54 10.27 8.40 8.36 388.98
1981 117,902,000 1,257,354 63,710 25,900 10,048 12,650 11,047 11,509 462,608 1,066.44 54.04 21.97 8.52 10.73 9.37 9.76 392.37
1982 118,728,000 1,313,901 66,472 29,595 11,647 12,529 11,931 12,379 476,540 1,106.65 55.99 24.93 9.81 10.55 10.05 10.43 401.37
1983 119,536,000 1,335,258 59,463 30,705 11,992 12,279 11,866 14,182 498,492 1,117.03 49.74 25.69 10.03 10.27 9.93 11.86 417.02
1984 120,305,000 1,365,705 72,455 36,615 12,408 12,564 10,443 15,345 491,630 1,135.20 60.23 30.44 10.31 10.44 8.68 12.76 408.65
1985 121,049,000 1,381,237 74,424 41,567 12,679 12,675 10,812 14,843 513,747 1,141.06 61.48 34.34 10.47 10.47 8.93 12.26 424.41
1986 121,660,000 1,375,096 64,788 37,436 12,904 12,564 11,039 13,086 542,861 1,130.28 53.25 30.77 10.61 10.33 9.07 10.76 446.21
1987 122,239,000 1,364,796 69,844 42,580 11,855 11,776 11,976 11,899 554,663 1,116.50 57.14 34.83 9.70 9.63 9.80 9.73 453.75
1988 122,745,000 1,422,355 65,125 45,678 12,136 12,065 17,588 12,872 566,070 1,158.79 53.06 37.21 9.89 9.83 14.33 10.49 461.18
1989 123,205,000 1,483,590 53,605 34,004 10,861 12,086 21,523 10,403 587,808 1,204.16 43.51 27.60 8.82 9.81 17.47 8.44 477.10
1990 123,611,000 1,444,067 50,919 40,401 10,093 11,603 22,824 11,517 580,931 1,168.24 41.19 32.68 8.17 9.39 18.46 9.32 469.97
1991 124,101,000 1,504,257 46,427 53,016 9,582 12,095 26,884 11,917 576,524 1,212.12 37.41 42.72 7.72 9.75 21.66 9.60 464.56
1992 124,567,000 1,525,863 48,900 57,733 10,048 12,192 30,966 12,269 613,138 1,224.93 39.26 46.35 8.07 9.79 24.86 9.85 492.22
1993 124,938,000 1,583,993 47,341 61,499 11,255 11,942 30,707 10,029 636,102 1,267.82 37.89 49.22 9.01 9.56 24.58 8.03 509.13
1994 125,265,000 1,557,738 52,047 68,504 11,266 11,213 30,119 9,615 642,262 1,243.55 41.55 54.69 8.99 8.95 24.04 7.68 512.72
1995 125,570,000 1,570,492 45,923 61,144 11,207 11,009 31,231 9,159 653,039 1,250.69 36.57 48.69 8.92 8.77 24.87 7.29 520.06
1996 125,859,000 1,588,698 49,394 60,213 12,226 11,246 36,406 9,973 653,384 1,262.28 39.25 47.84 9.71 8.94 28.93 7.92 519.14
1997 126,157,000 1,665,543 49,426 60,524 12,947 12,281 41,064 10,100 618,510 1,320.21 39.18 47.98 10.26 9.73 32.55 8.01 490.27
1998 126,472,000 1,789,049 48,279 65,380 13,900 13,308 46,009 9,458 656,721 1,414.58 38.17 51.70 10.99 10.52 36.38 7.48 519.26
1999 126,667,000 1,910,393 43,431 68,864 14,768 14,549 53,532 8,737 738,425 1,508.20 34.29 54.37 11.66 11.49 42.26 6.90 582.97
2000 126,926,000 2,131,164 44,384 57,403 18,926 20,976 87,943 9,091 812,639 1,679.06 34.97 45.23 14.91 16.53 69.29 7.16 640.25
2001 127,316,000 2,340,511 43,104 65,770 19,566 26,686 145,936 7,671 845,909 1,838.35 33.86 51.66 15.37 20.96 114.63 6.03 664.42
2002 127,486,000 2,377,488 49,482 73,933 18,403 33,872 196,018 10,883 839,867 1,864.90 38.81 57.99 14.44 26.57 153.76 8.54 658.79
2003 127,694,000 2,235,844 60,298 92,346 17,595 40,348 230,743 12,103 855,809 1,750.94 47.22 72.32 13.78 31.60 180.70 9.48 670.20
2004 127,787,000 1,981,574 83,015 104,412 14,424 37,857 226,059 13,547 864,569 1,550.69 64.96 81.71 11.29 29.63 176.90 10.60 676.57
2005 127,768,000 1,725,072 85,596 97,867 10,978 34,518 205,312 9,410 855,644 1,350.16 66.99 76.60 8.59 27.02 160.69 7.36 669.69
2006 127,770,000 1,534,528 74,632 95,844 8,636 31,030 194,824 7,010 825,798 1,201.01 58.41 75.01 6.76 24.29 152.48 5.49 646.32
2007 127,771,000 1,429,956 67,787 85,606 7,384 27,383 185,472 5,941 781,613 1,119.16 53.05 67.00 5.78 21.43 145.16 4.65 611.73
2008 128,084,000 1,379,752 64,558 70,409 6,383 24,905 178,134 6,544 714,997 1,077.22 50.40 54.97 4.98 19.44 139.86 5.11 558.23
2009 128,032,000 1,308,378 45,318 65,225 5,556 23,975 170,336 5,830 696,333 1,021.91 35.40 50.94 4.34 18.73 133.04 4.55 544.39
2010 128,057,000 1,229,059 37,659 57,630 5,233 22,234 158,501 5,008 685,120 959.77 29.41 45.00 4.09 17.36 123.77 3.91 535.01
2011 127,834,000 1,152,492 34,720 50,442 4,329 20,500 149,524 4,372 658,627 901.55 27.16 39.46 3.39 16.04 116.97 3.42 515.22
2012 127,593,000 1,059,131 34,762 41,507 4,181 20,502 145,711 3,596 632,857 830.09 27.24 32.53 3.28 16.07 114.20 2.81 496.00
2013 127,414,000 981,233 38,302 34,828 3,621 19,722 140,809 3,020 603,446 770.11 30.06 27.33 2.84 15.48 111.51 2.37 473.61
2014 127,237,000 897,259 41,523 31,257 3,041 17,112 126,818 2,665 550,721 705.19 32.63 24.57 2.39 14.07 99.67 2.09 432.47
2015 127,095,000 807,560 39,432 28,036 2,614 17,897 112,931 2,550 516,842 635.40 31.03 20.06 2.06 13.46 88.86 2.01 406.66
2016 126,933,000 723,148 40,990 24,492 2,162 15,982 100,440 3,176 481,855 569.71 32.29 19.30 1.70 12.59 79.13 2.50 379.61
2017 126,706,000 655,498 42,571 21,821 1,946 14,911 92,707 2,903 453,313 518.10 33.65 17.25 1.59 11.76 73.27 2.29 357.77
2018 126,443,000 582,141 38,513 19,971 1,753 13,048 78,371 2,526 413,969 460.40 30.46 15.79 1.39 10.32 61.98 2.00 327.40
2019 126,167,000 532,565 32,207 17,254 1,629 12,853 71,695 2,323 369,182 422.11 25.53 13.68 1.29 10.19 56.83 1.84 292.61
2020 125,708,000 417,291 30,486 15,542 1,446 11,021 64,089 2,090 --- 331.95 24.25 12.36 1.15 8.77 50.98 1.66 ---
年度 人口 窃盗 詐欺 横領 恐喝 住居
侵入
器物
損壊
偽造 業務上過
失致死傷
窃盗 詐欺 横領 恐喝 住居
侵入
器物
損壊
偽造 業務上過
失致死傷
認知件数 人口10万人中の発生率
    • 窃盗は窃盗、窃盗未遂の合計。
    • 詐欺は詐欺、準詐欺、前記の各罪の未遂の合計。
    • 横領は横領、業務上横領、遺失物等横領の合計。
    • 恐喝は恐喝、恐喝未遂の合計。
    • 住居侵入は住居侵入と住居侵入未遂(1924年・1925年は住居ヲ侵ス罪)の合計。
    • 偽造は私文書偽造、公文書偽造、有価証券偽造、通貨偽造(1924年・1925年は、文書偽造、有価証券偽造、印章偽造、通貨偽造)の合計。
    • 業務上過失致死傷は1965年以前は業務上過失致死傷の総数、1966年以後は自動車運転による致死傷。
    • 1924年・1925年は前年以前の事件は含まれていない。
    • 出典元の資料の発行年によりデータの数値に差異がある場合は最近の年度のデータを引用。
    • ‐‐は統計資料無しまたは未発見・未公開・未発表。
  • 出典
    • 2020年の人口統計[10]
    • 1924~2019年の人口統計[11]
    • 2020年の窃盗、詐欺、横領、恐喝、住居侵入、器物損壊、偽造の認知件数・検挙件数・検挙人員[12]
    • 1946~2019年の窃盗、詐欺、横領、恐喝、住居侵入、器物損壊、偽造、業務上過失致死傷の認知件数・発生率[43]
    • 1926~1945年の窃盗、詐欺、横領、恐喝、住居侵入の認知件数・発生率[70]
    • 1927~1959年の偽造の認知件数・発生率[71]
    • 1941年~1945年の業務上過失致死傷の認知件数・発生率[18]
    • 1940年の業務上過失致死傷の認知件数・発生率[21]
    • 1934年~1939年の業務上過失致死傷の認知件数・発生率[23]
    • 1926年~1933年の業務上過失致死傷の認知件数・発生率[26]
    • 1924年・1925年の業務上過失致死傷の認知件数・発生率[29]
    • 1924・1925年の窃盗、詐欺、横領、恐喝、住居侵入と1924年~1926年の偽造の認知件数・発生率[72]

刑法犯罪の非暴力犯罪の発生率の推移[編集]

法務省と警察庁及び旧内務省の統計によると、人口10万人中の窃盗(窃盗、窃盗未遂の合計)の発生率は、1924年は458.9件、1934年は第二次世界大戦終結前の最多の1,061.3件、1935年~1945年は減少傾向で1945年は778.3件、1946年~1948年は増加傾向で1948年は1,558.0件、1949~1973年は減少傾向で1973年は892.6件、1974~2002年は増加傾向で2002年は1924年以後の最多の1,864.9件、2003年以降は減少傾向で2020年は1924年以後の最少の332.0件である。

法務省と警察庁及び旧内務省の統計によると、人口10万人中の詐欺(詐欺、準詐欺、前記の各罪の未遂の合計)の発生率は、1933年は1924年以後の最多の576.3件、1934年~1945年は減少傾向で1945年は第二次世界大戦終結前の最少の46.5件、1946年~1950年は増加傾向で1950年は第二次世界大戦後の最多の222.9件、1950~2002年は減少傾向で2002年は38.8件、2003~2005年は増加傾向で2005年は66.9件、2006~2011年は減少傾向で2011年は27.1件で、2012年~2017年は2015年の微減を除き増加傾向で、2017年は33.7件であった。2018年以降は、減少傾向であり、2020年は1926年以後最小である24.3件である。

法務省と警察庁及び旧内務省の統計によると、人口10万人中の横領(横領、業務上横領、遺失物等横領の合計)の発生率は、1934年は1924年以後の最多の413.7件、1935年~1946年は減少傾向で1946年は41.4件、1947年~1950年は増加傾向で1950年は第二次世界大戦後の最多の78.0件、1951~1971年は減少傾向で1971年は1924年以後の最少の7.5件、1972~2004年は増加傾向で2004年は81.7件、2005年以降は減少傾向で2019年は12.4件である。横領の大部分は遺失物等横領であり、2020年は横領15,542件中の遺失物等横領は14,154件(91.07%)である。

法務省と警察庁及び旧内務省の統計によると、人口10万人中の恐喝(恐喝、恐喝未遂の合計)の発生率は、1935年は1924年以後の最多の46.4件、1936年~1945年は減少傾向で1945年は4.6件、1946年~1950年は増加傾向で1950年は38.9件、1951~1953年は減少傾向で1953年は21.5件、1954~1961年は増加傾向で1961年は第二次世界大戦後の最多の48.0件、1962~1980年は減少傾向で1980年は7.5件、1981~1986年は増加傾向で1986年は10.6件、1987~1991年は減少傾向で1991年は7.7件、1992~2001年は増加傾向で2001年は15.3件、2002年以降は減少傾向で2020年は1924年以後の最少の1.2件である。

法務省と警察庁及び旧内務省の統計によると、人口10万人中の住居侵入の発生率は、1924年は5.6件、1924~1943年は増加傾向で1943年は21.6件、1944~1946年は減少傾向で1946年は1924年以後最少の3.4件、1947~1950年は増加傾向で1950年は11.9件、1951~1999年は8.7~11.5件の範囲内で推移し、2000~2003年は増加傾向で2003年は1924年以後最多の31.6件、2004年以降は、2012年に微増したことを除き減少傾向で、2020年は8.8件である。

法務省と警察庁の統計によると、人口10万人中の器物損壊の発生率は、1958年以前は統計値無し、1959年は9.4件、1959~1972年は1968年の微増を除いて減少傾向で1972年は1959年以後で最少の4.7件、1973~2003年は増加傾向で2003年は1959年以後最多の180.7件、2004年以降は減少傾向で2020年は51.0件である。

法務省と警察庁の統計によると、人口10万人中の偽造(私文書偽造・公文書偽造有価証券偽造通貨偽造[1924年・1925年は、文書偽造、有価証券偽造、印章偽造、通貨偽造]の合計)の発生率は、1932年は1924年以後の最多の43.8件、1933年~1945年は減少傾向で1945年は3.6件、1946年~1950年は増加傾向で1950年は12.4件、1951~1959年は減少傾向で1959年は6.0件、1960~1961年は1増加傾向で1961年は8.6件、1962年~1963年は減少傾向で1963年は7.4件、しかし1964年は増加し9.4件となったが、翌年の1965年~1967年には減少して1967年は5.1件であった。1968年~1970年は増加して1970年は6.5件であった。1970年~1977年は5.5件~7.5件の間で増減を繰り返した。1977~1984年は増加傾向で1984年は12.7件、1985~2001年は減少傾向で2001年は6.0件、2002~2004年は増加傾向で2004年は10.6件、2005年以降は2016年の増加を除いて減少傾向で、2020年は1924年以後の最少の1.7件である。

法務省と警察庁の統計によると、人口10万人中の業務上過失致死傷(1965年以前は業務上過失致死傷の総数、1966年以後は自動車運転による致死傷)の発生率は、1923年以前は統計値無し、1924年は5.4件、1924年~1935年は増加傾向で1935年は23.8件、1936年~1946年は単年度の増加があったにせよ減少傾向であり1946年は1923年以後の最少の3.7件、1947年~1970は増加傾向で1970年は623.5件、1971年~1978は減少傾向で1978年は381.9件、1979~2004年は増加傾向で2004年は1946年以後の最多の676.5件、2005~2019年は減少傾向で2019年は292.6件である。

刑法犯罪(都道府県別)[編集]

都道府県別刑法犯罪の認知件数・検挙件数・検挙人数・発生率・検挙率[編集]

都道府県別一般刑法犯罪の認知件数・検挙件数・検挙人数・発生率・検挙率(2020年)
都道府県 人口 認知件数 検挙件数 検挙人数 人口10万人中の発生率 検挙率
全国 126,226,568 614,231 279,185 182,582 486.61 45.5
北海道 5,228,885 18,467 10,035 7,077 353.17 54.3
青森 1,238,730 3,409 2,216 1,416 275.20 65.0
岩手 1,211,206 2,553 1,521 1,064 210.78 59.6
宮城 2,303,487 10,193 5,090 2,872 442.50 49.9
秋田 960,113 2,382 1,638 1,007 248.10 68.8
山形 1,068,696 3,085 2,587 1,505 288.67 83.9
福島 1,834,198 7,655 4,084 2,114 417.35 53.4
東京 14,064,696 82,764 33,521 23,271 588.45 40.5
茨城 2,868,554 16,301 6,182 3,311 568.27 37.9
栃木 1,934,016 9,059 4,787 2,054 468.40 52.8
群馬 1,940,333 9,965 5,465 3,151 513.57 54.8
埼玉 7,346,836 44,485 17,754 11,253 605.50 39.9
千葉 6,287,034 34,685 12,660 7,868 551.69 36.5
神奈川 9,240,411 35,241 17,496 11,117 381.38 49.6
新潟 2,202,358 8,561 4,977 2,862 388.72 58.1
山梨 810,427 3,128 1,660 1,045 385.97 53.1
長野 2,049,683 6,944 4,130 1,916 338.78 59.5
静岡 3,635,220 15,370 8,043 5,513 422.81 52.3
富山 1,035,612 4,539 2,741 1,702 438.29 60.4
石川 1,133,294 3,595 2,493 1,247 317.22 69.3
福井 767,433 2,764 1,960 1,263 360.16 70.9
岐阜 1,979,781 10,447 4,629 2,932 527.68 44.3
愛知 7,546,192 39,897 15,667 12,263 528.70 39.3
三重 1,771,440 8,560 3,591 1,863 483.22 42.0
滋賀 1,414,248 6,039 2,511 1,807 427.01 41.6
京都 2,579,921 11,851 5,201 3,643 459.36 43.9
大阪 8,842,523 68,351 19,646 14,965 772.98 28.7
兵庫 5,469,184 34,246 15,600 10,950 626.16 45.6
奈良 1,325,437 5,774 3,599 2,040 435.63 62.3
和歌山 923,033 3,899 2,132 1,474 422.41 54.7
鳥取 553,847 1,814 1,355 880 327.53 74.7
島根 671,602 1,936 1,439 728 288.27 74.3
岡山 1,889,607 7,832 3,813 2,641 414.48 48.7
広島 2,801,388 11,726 6,104 4,206 418.58 52.1
山口 1,342,987 4,137 2,582 1,694 308.04 62.4
徳島 719,704 2,414 1,329 673 335.42 55.1
香川 951,049 4,543 2,653 1,592 477.68 58.4
愛媛 1,335,694 6,433 3,113 1,899 481.62 48.4
高知 692,065 2,719 1,523 864 392.88 56.0
福岡 5,138,891 27,627 14,736 9,433 537.61 53.3
佐賀 812,013 3,069 2,011 1,112 377.95 65.5
長崎 1,313,103 2,799 1,955 1,492 213.16 69.8
熊本 1,739,211 5,081 3,578 2,173 292.14 70.4
大分 1,124,597 3,087 1,526 1,124 274.50 49.4
宮崎 1,070,213 3,694 1,938 1,213 345.16 52.5
鹿児島 1,589,206 5,113 2,466 1,657 321.73 48.2
沖縄 1,468,410 5,998 3,448 2,636 408.47 57.5
都道府県 人口 認知件数 検挙件数 検挙人数 人口10万人中の発生率 検挙率
    • 2020年の人口は令和2年国勢調査の人口速報集計による。
    • 一般刑法犯は刑法犯から自動車運転による業務上過失致死傷と危険運転致死傷を除外した合計(法務省の犯罪統計用語)。
    • 警察庁の犯罪統計では法務省の犯罪統計用語の一般刑法犯に相当する犯罪を刑法犯と表現する。
    • 検挙率は当該年度以前の認知事件の検挙を含む検挙件数÷当該年度の認知件数×100。
    • 2002年以後の検挙人数は道路上の車両運転による業務上過失致死傷罪と危険運転過失致死傷罪を除外した数値。
    • 出典元の資料の発行年によりデータの数値に差異がある場合は最近の年度のデータを引用。
    • ‐‐は統計資料無しまたは未発見・未公開・未発表。
  • 出典
    • 2020年の都道府県別人口統計[73]
    • 2020年の一般刑法犯の認知件数・検挙件数・検挙人員[74]

都道府県別刑法犯罪発生率の傾向[編集]

  • 日本都道府県人口は都道府県ごとによって違っており、最多の東京都(人口:1,406万4,696人、認知件数:82,764件、検挙件数:33,521件、検挙人員:23,271人、人口10万人当たりの犯罪発生率:588.45件、検挙率:40.5%)から最小の鳥取県(人口:55万3,847万人、認知件数:1,814件、検挙件数:1,355件、検挙人員:880人、人口10万人当たりの犯罪発生率:327.53件、検挙率:74.7%)までいるため、実数で述べるところで人口の少ない県の方が少ない傾向になってしまうため、発生率と検挙率のみとする。
  • 日本で人口10万人当たりの犯罪発生率が最も高い都道府県は大阪府(772.98件)であり、最も低い都道府県は岩手県(210.78件)である。
  • 日本の検挙率で最も高い都道府県は山形県(約83.9%)であり、最も低い都道府県は大阪府(約28.7%)である。
  • 日本の都道府県別の犯罪発生率と検挙率の最も多い都道府県と、最も少ない都道府県の差は、最も少ない所を1とすると、発生率は約3.7であり、検挙率は約2.9である。
  • 日本の都道府県別で見た場合、犯罪発生率が最も少なくいのは岩手県、検挙率が最も高いのは山形県、犯罪発生率が最も多く検挙率が最も低い都道府県は大阪府である。
  • 日本の犯罪発生率の傾向として、仙台を除く5大都市を擁する都道府県及び関東地方が高い傾向にある。逆に北東北山陰地方及び福岡県除く九州地方が低い傾向にある。理由の1つに、都市特有の人の移動が激しいことと地方に発生しやすい暗黙のルール相互監視の緩さによる匿名性(所謂、隣の人は何する人ぞ。)により、犯罪が発覚しにくく、監視の目が入りにくいことによる環境要因が生じているからである。また、経済が活発なことももう1つの原因である[75]。例えば、2017年度の名目県内総生産は岩手県の場合4兆6,512.38億円(1人県民所得:277.2万円)に対して、大阪府は40兆699.67億円(1人県民所得:318.3万円)と、都道府県規模で約9倍の差があり、1人当たり県民所得に関しては、大阪府は岩手山県より約15%高い。更に、関東地方に限った場合は、全国の県内総生産の合計した値の約38.9%を占めている。その為、その経済利益を犯罪という名の不法手段で得られる不当利益が経済が活発な地域の方が大きくなるため、経済活発地域の犯罪が多くなる。その例として、明治以前の大阪は商都故に、技量の点を含めスリの本場であった。
  • 発生率に関しては、令和元年犯罪白書より、バブル景気最中の1989年の発生率に比べて、どの都道府県も低くなっている。また、発生率が最も多かった大阪府の犯罪発生率(2020年)は、1989年当時都道府県の中で4番目に少なかった石川県の犯罪発生率(772.0件)とほぼ同じ値である[76]

都道府県別刑法犯罪の暴力犯罪の罪種別の認知件数と発生率[編集]

都道府県別刑法犯罪の暴力犯罪の罪種別の認知件数と発生率(2020年)
都道府県 人口 認知件数 人口10万人中の発生率
殺人 略取
誘拐
強制性交等
(旧 強姦)
強制
わいせつ
傷害 強盗 放火 逮捕
監禁
殺人 略取
誘拐
強制性交等
(旧 強姦)
強制
わいせつ
傷害 強盗 放火 逮捕
監禁
全国 126,226,568 929 337 1,332 4,154 18,963 1,397 786 265 0.74 0.27 1.06 3.29 15.02 1.11 0.62 0.21
北海道 5,228,885 36 17 44 507 699 31 24 8 0.69 0.33 0.84 9.70 13.37 0.59 0.46 0.15
青森 1,238,730 4 2 12 60 104 3 12 0 0.32 0.16 0.97 4.84 8.40 0.24 0.97 0.00
岩手 1,211,206 5 0 12 46 81 4 14 1 0.41 0.00 0.99 3.80 6.69 0.33 1.16 0.08
宮城 2,303,487 19 3 18 101 284 15 18 1 0.82 0.13 0.78 4.38 12.33 0.65 0.78 0.04
秋田 960,113 2 0 2 32 70 1 3 0 0.21 0.00 0.21 3.33 7.29 0.10 0.31 0.00
山形 1,068,696 4 5 13 33 119 3 17 2 0.37 0.47 1.22 3.09 11.14 0.28 1.59 0.19
福島 1,834,198 8 2 5 60 182 8 12 1 0.44 0.11 0.27 3.27 9.92 0.44 0.65 0.05
東京 14,064,696 105 36 231 749 2,209 263 70 37 0.75 0.26 1.64 5.33 15.71 1.87 0.50 0.26
茨城 2,868,554 22 4 33 144 401 29 21 5 0.77 0.14 1.15 5.02 13.98 1.01 0.73 0.17
栃木 1,934,016 11 2 16 57 229 12 21 3 0.57 0.10 0.83 2.95 11.84 0.62 1.09 0.16
群馬 1,940,333 12 7 20 86 352 15 12 6 0.62 0.36 1.03 4.43 18.14 0.77 0.62 0.31
埼玉 7,346,836 76 42 75 397 1,260 129 32 23 1.03 0.57 1.02 5.40 17.15 1.76 0.44 0.31
千葉 6,287,034 53 12 71 360 1,025 98 21 18 0.84 0.19 1.13 5.73 16.30 1.56 0.33 0.29
神奈川 9,240,411 58 3 80 759 1,076 118 30 8 0.63 0.03 0.87 8.21 11.64 1.28 0.32 0.09
新潟 2,202,358 14 6 21 91 171 11 14 2 0.64 0.27 0.95 4.13 7.76 0.50 0.64 0.09
山梨 810,427 7 2 6 22 100 9 5 2 0.86 0.25 0.74 2.71 12.34 1.11 0.62 0.25
長野 2,049,683 9 3 8 98 193 9 10 1 0.44 0.15 0.39 4.78 9.42 0.44 0.49 0.05
静岡 3,635,220 26 16 39 214 568 40 24 14 0.72 0.44 1.07 5.89 15.62 1.10 0.66 0.39
富山 1,035,612 8 0 2 31 152 6 9 1 0.77 0.00 0.19 2.99 14.68 0.58 0.87 0.10
石川 1,133,294 7 1 10 53 113 4 10 1 0.62 0.09 0.88 4.68 9.97 0.35 0.88 0.09
福井 767,433 1 1 8 36 116 3 1 1 0.13 0.13 1.04 4.69 15.12 0.39 0.13 0.13
岐阜 1,979,781 11 7 5 115 214 9 8 2 0.56 0.35 0.25 5.81 10.81 0.45 0.40 0.10
愛知 7,546,192 76 35 78 415 1,234 98 47 18 1.01 0.46 1.03 5.50 16.35 1.30 0.62 0.24
三重 1,771,440 12 0 15 64 189 10 7 1 0.68 0.00 0.85 3.61 10.67 0.56 0.40 0.06
滋賀 1,414,248 3 2 15 81 143 8 12 1 0.21 0.14 1.06 5.73 10.11 0.57 0.85 0.07
京都 2,579,921 13 2 29 180 338 30 17 7 0.50 0.08 1.12 6.98 13.10 1.16 0.66 0.27
大阪 8,842,523 104 37 152 925 2,225 180 117 27 1.18 0.42 1.72 10.46 25.16 2.04 1.32 0.31
兵庫 5,469,184 47 28 63 456 1,252 88 31 15 0.86 0.51 1.15 8.34 22.89 1.61 0.57 0.27
奈良 1,325,437 13 7 20 99 176 9 3 2 0.98 0.53 1.51 7.47 13.28 0.68 0.23 0.15
和歌山 923,033 11 1 3 57 121 5 2 0 1.19 0.11 0.33 6.18 13.11 0.54 0.22 0.00
鳥取 553,847 4 1 5 23 80 5 3 3 0.72 0.18 0.90 4.15 14.44 0.90 0.54 0.54
島根 671,602 1 2 2 27 55 1 7 3 0.15 0.30 0.30 4.02 8.19 0.15 1.04 0.45
岡山 1,889,607 20 5 16 70 283 12 6 2 1.06 0.26 0.85 3.70 14.98 0.64 0.32 0.11
広島 2,801,388 17 7 28 145 441 20 18 9 0.61 0.25 1.00 5.18 15.74 0.71 0.64 0.32
山口 1,342,987 4 0 10 64 129 3 9 1 0.30 0.00 0.74 4.77 9.61 0.22 0.67 0.07
徳島 719,704 2 0 8 13 71 1 3 0 0.28 0.00 1.11 1.81 9.87 0.14 0.42 0.00
香川 951,049 4 5 15 75 208 11 8 5 0.42 0.53 1.58 7.89 21.87 1.16 0.84 0.53
愛媛 1,335,694 8 3 8 45 177 2 3 0 0.60 0.22 0.60 3.37 13.25 0.15 0.22 0.00
高知 692,065 5 2 3 44 80 3 8 2 0.72 0.29 0.43 6.36 11.56 0.43 1.16 0.29
福岡 5,138,891 35 14 55 414 738 44 35 18 0.68 0.27 1.07 8.06 14.36 0.86 0.68 0.35
佐賀 812,013 5 3 5 33 113 2 7 4 0.62 0.37 0.62 4.06 13.92 0.25 0.86 0.49
長崎 1,313,103 7 1 7 47 121 1 7 1 0.53 0.08 0.53 3.58 9.21 0.08 0.53 0.08
熊本 1,739,211 11 3 18 72 215 12 16 1 0.63 0.17 1.03 4.14 12.36 0.69 0.92 0.06
大分 1,124,597 5 5 10 32 144 11 4 2 0.44 0.44 0.89 2.85 12.80 0.98 0.36 0.18
宮崎 1,070,213 9 2 8 36 149 5 1 1 0.84 0.19 0.75 3.36 13.92 0.47 0.09 0.09
鹿児島 1,589,206 5 1 11 72 149 7 12 1 0.31 0.06 0.69 4.53 9.38 0.44 0.76 0.06
沖縄 1,468,410 10 0 17 65 414 9 15 4 0.68 0.00 1.16 4.43 28.19 0.61 1.02 0.27
都道府県 人口 殺人 略取
誘拐
強制性交等
(旧 強姦)
強制
わいせつ
傷害 強盗 放火 逮捕
監禁
殺人 略取
誘拐
強制性交等
(旧 強姦)
強制
わいせつ
傷害 強盗 放火 逮捕
監禁
認知件数 人口10万人中の発生率
    • 2020年の人口は令和2年国勢調査の人口速報集計による。
    • 殺人は殺人、自殺関与・同意殺人(警察統計報告では自殺に関する罪)、前記の各罪の予備・未遂の合計。
    • 略取・誘拐は略取・誘拐、人身売買、被略取者国外移送・引渡し、前記の各罪の予備・未遂の合計。
    • 強制性交等(旧強姦)は、2017年7月12日以前は強姦、準強姦、集団強姦(2004年~2017年)、前記の各罪の致死傷・未遂の合計。2017年7月13日以降は、強姦、準強姦、準強制性交等及び監護者性交等、前記の各罪の致死傷・未遂の合計。
    • 強制わいせつは、2017年7月12日以前については、強制わいせつ、準強制わいせつ、前記の各罪の致死傷・未遂の合計。2017年7月13日以降は、強制わいせつ、準強制わいせつ及び監護者わいせつ、前記の各罪の致死傷・未遂の合計。
    • 強制性交等・強制わいせつは、2017年7月12日以前は、男性被害者と肛門性交及び口腔性交による強姦、準強姦、集団強姦、前記の各罪の致死傷・未遂は、強制わいせつとして計上されていた。2017年7月13日以降は、被害者の性別を問わなくなり、かつ、性交(姦淫)に加え肛門性交及び口腔性交も対象となり、強制性交等に計上している。また、監護者わいせつ・監護者性交等が新設され、18歳未満の者を現に監護する者であることによる影響力があることに乗じたわいせつ行為や性交等が処罰されることとなり、強姦等の非親告罪化等がなされた。[34]
    • 傷害は傷害、傷害致死の合計。
    • 強盗は強盗、事後強盗、昏睡強盗、強盗強姦、前記の各罪の致死傷・予備・未遂の合計。
    • 放火は放火、延焼、前記の各罪の予備・未遂の合計。
    • 逮捕・監禁は逮捕・監禁、逮捕・監禁致死傷の合計。
    • 出典元の資料の発行年によりデータの数値に差異がある場合は最近の年度のデータを引用。
    • ‐‐は統計資料無しまたは未発見・未公開・未発表。
  • 出典
    • 2020年の人口統計[73]
    • 2020年度の殺人、略取・誘拐・人身売買、強制性交等(旧 強姦)、強制猥褻、傷害、強盗、放火、逮捕・監禁の認知件数の認知件数[74]

都道府県別刑法犯罪の暴力犯罪の罪種別発生率の傾向[編集]

  • 日本の都道府県の人口は都道府県ごとによって違っており、最多の東京都(人口:1,406万4,696人、殺人:105件、略取・誘拐・人身売買:36件、強制性交等(旧 強姦):231件、強制猥褻:749件、傷害:2,209件、強盗:263件、放火:70件、逮捕・監禁:37件)

)から最小の鳥取県(人口:55万3,847人、殺人:4件、略取・誘拐・人身売買:1件、強制性交等(旧 強姦):5件、強制猥褻:23件、傷害:80件、強盗:5件、放火:3件、逮捕・監禁:3件 )までいるため、実数で述べるところで人口の少ない県の方が少ない傾向になってしまうため、発生率のみとする。

  • 日本で人口10万人当たりの殺人発生率が最も高い都道府県は和歌山県(1.19件)であり、最も低い都道府県は福井県(0.13件)である。
  • 日本で人口10万人当たりの略取・誘拐・人身売買発生率が最も高い都道府県は埼玉県(0.57件)であり、最も低い都道府県は富山県沖縄県、岩手県、三重県山口県徳島県秋田県

(0.00件、発生件数:0件)である。

  • 日本で人口10万人当たりの強制性交等(旧 強姦)発生率が最も高い都道府県は大阪府(1.72件)であり、最も低い都道府県は富山県(0.19件)である。
  • 日本で人口10万人当たりの強制猥褻発生率が最も高い都道府県は大阪府(10.46件)であり、最も低い都道府県は徳島県(1.81件)である。
  • 日本で人口10万人当たりの傷害発生率が最も高い都道府県は沖縄県(28.19件)であり、最も低い都道府県は岩手県(6.69件)である。
  • 日本で人口10万人当たりの強盗発生率が最も高い都道府県は大阪府(2.04件)であり、最も低い都道府県は長崎県(0.08件)である。
  • 日本で人口10万人当たりの放火発生率が最も高い都道府県は山形県(1.59件)であり、最も低い都道府県は宮崎県(0.09件)である。
  • 日本で人口10万人当たりの逮捕・監禁発生率が最も高い都道府県は鳥取県(0.54件)であり、最も低い都道府県は山形県、青森県徳島県秋田県和歌山県愛媛県(0.00件、発生件数:0件)である。
  • 日本で人口10万人当たりの暴力犯罪の罪種別発生率が最も多い都道府県と、最も少ない都道府県の差は、最も少ない所を1とすると、発生率は殺人は約9.2、強制性交等(旧 強姦)は約9.1、強制猥褻は約5.8、傷害は約4.2、強盗は約25.5、放火は約17.7、略取・誘拐・人身売買、逮捕・監禁はゼロ除算となるため計算不可である。
  • 日本の都道府県別で見た場合、最も多い都道府県は、殺人は和歌山県、略取・誘拐・人身売買は埼玉県、強制性交・強制猥褻・強盗は大阪府、傷害は沖縄県、放火は山形県、逮捕・監禁は鳥取県である。逆に少ないと都道府県は、殺人は福井県、略取・誘拐・人身売買は沖縄県・三重県・山口県・徳島県・秋田県、略取・誘拐・人身売買と強制性交等(旧 強姦)は富山県、強制猥褻と逮捕・監禁は徳島県、略取・誘拐・人身売買と傷害は岩手県、強盗は長崎県、放火は宮崎県、逮捕・監禁は山形県・青森県・秋田県・和歌山県・愛媛県である。

都道府県別刑法犯罪の非暴力犯罪の罪種別の認知件数と発生率[編集]

都道府県別刑法犯罪の非暴力犯罪の罪種別の認知件数と発生率(2020年)
都道府県 人口 認知件数 人口10万人中の発生率
窃盗 詐欺 横領 恐喝 住居
侵入
器物
損壊
偽造 窃盗 詐欺 横領 恐喝 住居
侵入
器物
損壊
偽造
全国 126,226,568 417,291 30,486 15,542 1,446 11,021 64,089 2,090 330.59 24.15 12.31 1.15 8.73 50.77 1.66
北海道 5,228,885 11,444 561 434 40 408 1,998 59 218.86 10.73 8.30 0.76 7.80 38.21 1.13
青森 1,238,730 2,244 260 46 12 83 302 8 181.15 20.99 3.71 0.97 6.70 24.38 0.65
岩手 1,211,206 1,730 124 58 10 42 241 4 142.83 10.24 4.79 0.83 3.47 19.90 0.33
宮城 2,303,487 6,564 674 155 20 273 1,303 49 284.96 29.26 6.73 0.87 11.85 56.57 2.13
秋田 960,113 1,679 159 35 5 56 185 15 174.88 16.56 3.65 0.52 5.83 19.27 1.56
山形 1,068,696 1,959 150 50 11 68 215 8 183.31 14.04 4.68 1.03 6.36 20.12 0.75
福島 1,834,198 5,276 302 211 15 171 938 38 287.65 16.46 11.50 0.82 9.32 51.14 2.07
東京 14,064,696 55,226 5,772 2,618 211 763 8,927 355 392.66 41.04 18.61 1.50 5.42 63.47 2.52
茨城 2,868,554 12,191 475 244 33 408 1,460 36 424.99 16.56 8.51 1.15 14.22 50.90 1.25
栃木 1,934,016 6,820 368 167 22 230 773 23 352.63 19.03 8.63 1.14 11.89 39.97 1.19
群馬 1,940,333 6,684 437 184 23 264 970 31 344.48 22.52 9.48 1.19 13.61 49.99 1.60
埼玉 7,346,836 30,809 1,676 1,155 71 789 5,226 108 419.35 22.81 15.72 0.97 10.74 71.13 1.47
千葉 6,287,034 24,881 1,563 972 62 855 3,196 105 395.75 24.86 15.46 0.99 13.60 50.83 1.67
神奈川 9,240,411 25,556 2,039 931 57 706 1,953 111 276.57 22.07 10.08 0.62 7.64 21.14 1.20
新潟 2,202,358 5,601 477 196 14 162 1,026 30 254.32 21.66 8.90 0.64 7.36 46.59 1.36
山梨 810,427 2,234 114 86 6 90 304 19 275.66 14.07 10.61 0.74 11.11 37.51 2.34
長野 2,049,683 4,992 334 144 13 128 670 19 243.55 16.30 7.03 0.63 6.24 32.69 0.93
静岡 3,635,220 9,922 654 321 40 373 1,621 34 272.94 17.99 8.83 1.10 10.26 44.59 0.94
富山 1,035,612 2,908 282 107 15 91 391 16 280.80 27.23 10.33 1.45 8.79 37.76 1.54
石川 1,133,294 2,622 129 63 10 45 243 34 231.36 11.38 5.56 0.88 3.97 21.44 3.00
福井 767,433 1,790 89 47 12 72 238 11 233.25 11.60 6.12 1.56 9.38 31.01 1.43
岐阜 1,979,781 6,829 473 160 17 254 1,410 58 344.94 23.89 8.08 0.86 12.83 71.22 2.93
愛知 7,546,192 26,116 1,741 1,303 127 582 5,293 154 346.08 23.07 17.27 1.68 7.71 70.14 2.04
三重 1,771,440 6,106 373 104 19 213 1,103 18 344.69 21.06 5.87 1.07 12.02 62.27 1.02
滋賀 1,414,248 4,172 357 130 19 135 639 29 295.00 25.24 9.19 1.34 9.55 45.18 2.05
京都 2,579,921 8,259 506 388 27 136 1,235 42 320.13 19.61 15.04 1.05 5.27 47.87 1.63
大阪 8,842,523 49,390 3,071 1,699 154 907 6,293 208 558.55 34.73 19.21 1.74 10.26 71.17 2.35
兵庫 5,469,184 21,110 2,278 648 86 466 4,482 106 385.98 41.65 11.85 1.57 8.52 81.95 1.94
奈良 1,325,437 3,834 390 59 15 113 697 15 289.26 29.42 4.45 1.13 8.53 52.59 1.13
和歌山 923,033 2,500 157 137 11 53 430 12 270.85 17.01 14.84 1.19 5.74 46.59 1.30
鳥取 553,847 1,244 90 43 5 40 111 13 224.61 16.25 7.76 0.90 7.22 20.04 2.35
島根 671,602 1,303 185 48 7 39 149 10 194.01 27.55 7.15 1.04 5.81 22.19 1.49
岡山 1,889,607 5,323 317 223 32 143 743 29 281.70 16.78 11.80 1.69 7.57 39.32 1.53
広島 2,801,388 7,476 627 339 33 260 1,398 47 266.87 22.38 12.10 1.18 9.28 49.90 1.68
山口 1,342,987 2,764 216 112 7 89 447 16 205.81 16.08 8.34 0.52 6.63 33.28 1.19
徳島 719,704 1,744 132 66 5 28 247 6 242.32 18.34 9.17 0.69 3.89 34.32 0.83
香川 951,049 2,926 271 264 18 123 358 10 307.66 28.49 27.76 1.89 12.93 37.64 1.05
愛媛 1,335,694 4,400 199 262 12 74 870 13 329.42 14.90 19.62 0.90 5.54 65.13 0.97
高知 692,065 1,862 123 71 2 44 294 13 269.05 17.77 10.26 0.29 6.36 42.48 1.88
福岡 5,138,891 17,836 1,056 670 73 574 2,809 68 347.08 20.55 13.04 1.42 11.17 54.66 1.32
佐賀 812,013 2,155 122 55 7 71 266 8 265.39 15.02 6.77 0.86 8.74 32.76 0.99
長崎 1,313,103 1,732 197 124 5 87 186 7 131.90 15.00 9.44 0.38 6.63 14.16 0.53
熊本 1,739,211 3,375 172 67 30 96 496 20 194.05 9.89 3.85 1.72 5.52 28.52 1.15
大分 1,124,597 1,896 149 89 8 81 405 11 168.59 13.25 7.91 0.71 7.20 36.01 0.98
宮崎 1,070,213 2,592 176 46 3 92 285 13 242.19 16.45 4.30 0.28 8.60 26.63 1.21
鹿児島 1,589,206 3,505 147 116 6 92 632 15 220.55 9.25 7.30 0.38 5.79 39.77 0.94
沖縄 1,468,410 3,710 304 95 16 152 631 36 252.65 20.70 6.47 1.09 10.35 42.97 2.45
都道府県 人口 窃盗 詐欺 横領 恐喝 住居
侵入
器物
損壊
偽造 窃盗 詐欺 横領 恐喝 住居
侵入
器物
損壊
偽造
認知件数 人口10万人中の発生率
    • 2020年の人口は令和2年国勢調査の人口速報集計による。
    • 恐喝は恐喝、恐喝未遂の合計。
    • 住居侵入は住居侵入と住居侵入未遂の合計。
    • 偽造は私文書偽造、公文書偽造、有価証券偽造、通貨偽造の合計。
    • 業務上過失致死傷は1965年以前は業務上過失致死傷の総数、1966年以後は自動車運転による致死傷。
    • 出典元の資料の発行年によりデータの数値に差異がある場合は最近の年度のデータを引用。
    • ‐‐は統計資料無しまたは未発見・未公開・未発表。
  • 出典
    • 2020年の人口統計[73]
    • 2020年の窃盗、詐欺、横領、恐喝、住居侵入、器物損壊、偽造の認知件数[74]

都道府県別刑法犯罪の非暴力犯罪の罪種別発生率の傾向[編集]

  • 日本の都道府県の人口は都道府県ごとによって違っており、最多の東京都(人口:1,406万4,696人、窃盗:55,226件、詐欺:5,772件、横領:2,618件、恐喝:211件、住居侵入:763件、器物損壊:8,927件、偽造:355件)から最小の鳥取県(人口:55万3,847人、窃盗:1,244件、詐欺:90件、横領:43件、恐喝:5件、住居侵入:40件、器物損壊:111件、偽造:13件)までいるため、実数で述べるところで人口の少ない県の方が少ない傾向になってしまうため、発生率のみとする。
  • 日本で人口10万人当たりの窃盗発生率が最も高い都道府県は大阪府(558.55件)であり、最も低い都道府県は長崎県(131.90件)である。
  • 日本で人口10万人当たりの詐欺発生率が最も高い都道府県は兵庫県(41.65件)であり、最も低い都道府県は鹿児島県(9.25件)である。
  • 日本で人口10万人当たりの横領発生率が最も高い都道府県は香川県(27.76件)であり、最も低い都道府県は秋田県(3.65 件)である。
  • 日本で人口10万人当たりの恐喝発生率が最も高い都道府県は香川県(1.89件)であり、最も低い都道府県は宮崎県(0.28件)である。
  • 日本で人口10万人当たりの住居侵入発生率が最も高い都道府県は茨城県(14.22件)であり、最も低い都道府県は岩手県(3.47件)である。
  • 日本で人口10万人当たりの器物損壊発生率が最も高い都道府県は兵庫県(81.95件)であり、最も低い都道府県は長崎県(14.16件)である。
  • 日本で人口10万人当たりの偽造発生率が最も高い都道府県は石川県(3.00件)であり、最も低い都道府県は岩手県(0.33件)である。
  • 日本で人口10万人当たりの暴力犯罪の罪種別発生率が最も多い都道府県と、最も少ない都道府県の差は、最も少ない所を1とすると、発生率は窃盗は約4.2、詐欺は約4.5、横領は約7.6、恐喝は6.8、住居侵入は約4.1、器物損壊は約5.8、偽造は約9.1、恐喝はゼロ除算となるため計算不可である。
  • 日本の都道府県別で見た場合、最も多い都道府県は、窃盗は大阪府、詐欺と器物損壊は兵庫県、横領と恐喝は香川県、住居侵入は茨城県、偽造は石川県である。逆に少ないと都道府県は、窃盗と器物損壊は長崎県、詐欺は鹿児島県、横領は秋田県、恐喝は宮崎県、住居侵入と偽造は岩手県であり、東北地方と九州地方が多い。

刑法犯罪(20歳未満)[編集]

20歳未満の刑法犯罪の検挙人数と検挙人員人口比及び検挙人員占める割合[編集]

20歳未満の刑法犯罪の検挙人数及び検挙人員率及び検挙人員占める割合
年度 人口 検挙人員 20歳未満人口10万人中の検挙人員率 人口に占める
20歳未満の割合
検挙人員に占める20歳未満検挙人員の割合
刑法犯 一般刑法犯 刑法犯 一般刑法犯 刑法犯 一般刑法犯
1936 32,614,000 46,550 -- 142.73 -- 46.52 -- --
1937 33,079,000 46,046 -- 139.20 -- 46.83 -- --
1938 33,441,000 48,933 -- 146.33 -- 47.09 -- --
1939 33,587,000 48,367 -- 144.01 -- 47.05 -- --
1940 33,748,000 53,048 -- 157.19 -- 46.92 -- --
1941 --- 52,079 -- -- -- -- 15.57 --
1942 --- 66,588 -- -- -- -- 22.24 --
1943 --- 61,366 -- -- -- -- 17.70 --
1944 32,556,000 75,314 -- 231.34 -- 43.74 24.22 --
1945 32,828,000 54,787 -- 166.89 -- 45.50 22.58 --
1946 31,796,000 111,790 -- 351.59 -- 41.97 25.09 --
1947 35,838,000 104,829 -- 292.51 -- 45.89 22.82 --
1948 36,716,000 124,836 -- 340.00 -- 45.89 22.68 --
1949 37,514,000 131,916 -- 351.64 -- 45.88 22.54 --
1950 37,999,000 158,426 -- 416.92 -- 45.18 25.69 --
1951 38,343,000 166,433 -- 434.06 -- 45.35 26.89 --
1952 38,462,000 143,247 -- 372.44 -- 44.82 24.88 --
1953 38,496,000 126,097 -- 327.56 -- 44.26 23.03 --
1954 38,525,000 120,413 -- 312.56 -- 43.66 22.31 --
1955 38,421,000 121,753 -- 316.89 -- 42.65 21.79 --
1956 38,207,000 127,421 -- 333.50 -- 42.37 24.14 --
1957 37,922,000 144,506 -- 381.06 -- 41.71 26.54 --
1958 37,753,000 155,373 -- 411.55 -- 41.14 28.49 --
1959 37,744,000 176,899 -- 468.68 -- 40.74 31.76 --
1960 37,373,000 196,682 -- 526.27 -- 39.63 35.03 --
1961 36,963,000 216,456 -- 585.60 -- 39.20 37.24 --
1962 36,558,000 220,749 -- 603.83 -- 38.41 38.74 --
1963 36,258,000 229,717 -- 633.56 -- 37.71 37.87 --
1964 35,951,000 238,830 -- 664.32 -- 36.99 35.20 --
1965 36,019,000 234,959 -- 652.32 -- 36.31 33.24 --
1966 35,965,000 226,203 182,255 628.95 506.76 36.32 30.57 42.04
1967 35,489,000 215,477 160,380 607.17 451.91 35.42 26.85 39.82
1968 34,886,000 218,950 147,354 627.62 422.39 34.43 23.71 37.42
1969 34,310,000 218,458 138,677 636.72 404.19 33.46 21.85 36.70
1970 33,888,000 224,943 148,022 663.78 436.80 32.38 20.95 38.87
1971 33,837,000 214,799 141,197 634.81 417.29 31.89 20.93 39.01
1972 34,369,000 198,441 136,980 577.38 398.56 31.94 20.32 39.27
1973 34,613,000 202,297 146,957 584.45 424.57 31.72 21.72 41.08
1974 34,925,000 198,763 151,631 569.11 434.16 31.59 23.32 41.74
1975 35,183,000 196,974 152,382 559.86 433.11 31.43 23.73 41.85
1976 35,404,000 194,024 150,164 548.03 424.14 31.30 23.36 41.79
1977 35,612,000 197,909 154,536 555.74 433.94 31.19 24.07 42.56
1978 35,726,000 224,095 177,719 627.26 497.45 31.01 26.57 46.55
1979 35,732,000 233,292 184,839 652.89 517.29 30.76 27.76 50.21
1980 35,799,000 269,769 219,956 753.57 614.42 30.58 31.01 56.10
1981 35,754,000 303,915 252,808 850.02 707.08 30.33 33.60 60.46
1982 35,668,000 310,828 257,856 871.45 722.93 30.04 32.92 58.34
1983 35,528,000 317,438 261,634 893.49 736.42 29.72 32.94 59.64
1984 35,332,000 301,252 248,540 852.63 703.44 29.37 31.34 55.65
1985 35,025,000 304,088 250,132 868.20 714.15 28.93 31.34 57.87
1986 34,945,000 292,290 235,176 836.43 672.99 28.72 30.20 58.81
1987 34,428,000 289,196 227,978 840.00 662.19 28.16 29.39 56.32
1988 33,876,000 292,902 231,210 864.63 682.52 27.60 29.62 58.06
1989 33,229,000 264,678 199,644 796.53 600.81 26.97 28.33 63.79
1990 32,579,000 244,122 182,328 749.32 559.65 26.36 27.14 62.17
1991 31,801,000 236,224 177,097 742.82 556.89 25.63 26.28 59.80
1992 30,987,000 215,148 157,167 694.32 507.20 24.88 23.31 55.16
1993 30,106,000 211,376 158,300 702.11 525.81 24.10 22.05 53.17
1994 29,285,000 201,837 155,079 689.22 529.55 23.38 20.72 50.36
1995 28,599,000 193,308 149,137 675.93 521.48 22.78 19.92 50.86
1996 27,928,000 196,448 156,823 703.41 561.53 22.19 20.06 53.06
1997 27,371,000 215,629 178,950 787.80 653.79 21.70 22.52 57.07
1998 26,867,000 221,410 184,290 824.10 685.93 21.24 21.99 56.83
1999 26,396,000 201,826 164,224 764.61 622.15 20.84 18.69 52.08
2000 26,007,000 193,260 152,813 743.11 587.58 20.49 16.66 49.35
2001 25,634,000 198,939 158,721 776.07 619.18 20.13 16.64 48.79
2002 25,297,000 202,417 162,280 800.16 641.50 19.84 16.60 46.69
2003 24,903,000 203,684 165,973 817.91 666.48 19.50 16.04 43.72
2004 24,496,000 193,076 155,051 788.19 632.96 19.17 14.97 39.86
2005 24,178,000 178,972 144,255 740.23 596.64 18.92 14.00 37.28
2006 23,859,000 164,220 131,623 688.29 551.67 18.65 13.23 34.25
2007 23,574,000 149,907 121,165 635.90 513.98 18.41 12.66 33.14
2008 23,331,000 134,415 108,592 576.12 465.44 18.22 12.42 31.96
2009 23,088,000 132,594 108,358 574.30 469.33 18.03 12.61 32.55
2010 22,933,000 127,188 103,627 554.61 451.87 17.91 12.36 32.12
2011 22,779,000 116,089 94,369 509.63 414.28 17.82 11.77 30.88
2012 22,779,000 101,098 79,430 443.82 348.70 17.85 10.76 27.67
2013 22,436,000 90,413 69,113 402.98 308.05 17.61 10.22 26.30
2014 22,239,000 79,499 60,251 357.48 270.92 17.48 9.71 23.95
2015 22,001,000 65,950 48,680 299.76 221.26 17.31 8.56 20.34
2016 21,820,000 56,712 40,103 259.91 183.79 17.19 7.86 17.72
2017 21,587,000 50,209 35,108 232.59 162.63 17.04 7.38 16.33
2018 21,324,000 44,361 30,458 208.03 142.83 16.86 7.03 14.78
2019 21,030,000 37,193 26,076 176.86 123.99 16.67 6.51 13.54
2020 20,688,000 --- 22,552 --- 109.01 16.46 --- 12.35
年度 人口 刑法犯 一般刑法犯 刑法犯 一般刑法犯 人口に占める
20歳未満の割合
刑法犯 一般刑法犯
検挙人員 20歳未満人口10万人中の検挙人員率 検挙人員に占める20歳未満検挙人員の割合
    • 刑法犯は刑法に対する違反件数の総合計(法務省の犯罪統計用語、特別法に対する犯罪は含まない)。
    • 一般刑法犯は刑法犯から自動車運転による業務上過失致死傷と危険運転致死傷を除外した合計(法務省の犯罪統計用語)。
    • 警察庁の犯罪統計では法務省の犯罪統計用語の一般刑法犯に相当する犯罪を刑法犯と表現する。
    • 検挙人員に占める20歳未満検挙人員の割合は、全検挙人員に占める20歳未満の検挙人員の割合である。
    • 犯行時の年齢による。ただし,検挙時に20歳以上であった者を除く。
    • 触法少年(14歳未満)の補導人員を含む。但し1970年以降は、過失運転致死傷等による触法少年を除く。
    • 2002年から2014年の「刑法犯総数」は,危険運転致死傷を含む。
    • 出典元の資料の発行年によりデータの数値に差異がある場合は最近の年度のデータを引用。
    • ‐‐は統計資料無しまたは未発見・未公開・未発表。
  • 出典
    • 2020年の人口及び20歳未満人口統計[10]
    • 1924~2019年の人口統計[11]
    • 2016年~2019年の20歳未満人口[77]
    • 2001年~2015年の20歳未満人口[78]
    • 2000年以前の20歳未満人口[79]
    • 2020年の20歳未満の一般刑法犯の検挙人数及び検挙人員率[80]
    • 1946年~2019年の20歳未満の刑法犯罪・一般刑法犯の検挙人数及び検挙人員率[81]
    • 1936年~1945年の20歳未満の刑法犯罪・一般刑法犯の検挙人数及び検挙人員率[82]

20歳未満の刑法犯罪の検挙人員人口比の推移[編集]

法務省と警察庁及び国家地方警察本部の統計によると、20歳未満の人口10万人中の刑法犯罪(刑法以外に刑罰を規定した各種の特別法犯、例えば、軽犯罪法道路交通法覚醒剤取締法麻薬及び向精神薬取締法大麻取締法銃砲刀剣類所持等取締法売春防止法などは含まない)総数の検挙人員人口比は、1936年は142.73人、日中戦争が進行した1936年-1940年は単年度の減少はあれど増加傾向であり1940年は157.19人であり、1937年は1936年以後最少の139.20人であった。第2次世界大戦中の1941年-1943年は20歳未満人口の数値が無いため統計値無し。
第二次世界大戦中の1944年-旧日米安保条約を署名した年に当たる1951年は単年度の減少はあれど増加傾向であり1951年は434.06件である。この時代は1951年をピークとした「第1の波」と呼ばれており、戦後混乱期により社会的にも経済的にも敗戦により混乱したため、生き延びるために犯罪に染めた未成年者が多数いたが[83][84]、他方では遊興費目的やスリルを求めて行う者の方が多く、生活苦によるものとは言い難いとの指摘もある[85]。また、少年の刑法犯に窃盗の占める割合が高く、かっぱらい(置き引き部品盗等)とスリが上位を占めていた[86]サンフランシスコ平和条約発効年に当たる1952年-自衛隊創立年に当たる1954年は減少傾向で、1954年は312.56人であった。
高度経済成長中の1955年-東京オリンピック開催年の1964年は増加傾向であり、1964年は664.32人であった。1964年をピークとした波は「第2の波」と呼ばれており、高度経済成長を背景としたモータリゼーションの進展による交通犯罪増加と都市化による影響で享楽的な風潮が広まったことが要因である。またこの時代は、団塊世代思春期にあたり、凶悪犯・粗暴犯及び性犯罪が増えた時期である[83][86][84]。高度経済成長中の1965年-安定成長期中の1976年は一時的な増加はあれど減少傾向であり、1976年は548.03人であった。
安定成長期中の1977年-1983年は増加傾向であり、1983年は1936年以後最多の893.49人であった。1983年をピークとした波は「第3の波」と呼ばれており、核家族化や価値観の多様化、犯罪機会の増大、インフォ-マルな社会統制の弱体化を背景としている、この時期は、低年齢化(14・15歳が最も多かった。)、第2のピークよりも進んだ犯罪の一般化。窃盗(特に万引き自転車盗オートバイ盗)と遺失物等横領の増加(いわゆる遊び型犯罪)、そして粗暴犯(傷害・暴行及び恐喝) ・凶悪犯(強姦・放火及び強盗)が増加し、校内暴力が社会問題化した時期でもある[83][86][84]。安定経済成長中の1985年-阪神淡路大震災があった1995年は一時的な増加はあれど減少傾向であり、1995年は675.93人であった。
1996年-好況の実感が伴わないいざなみ景気中の2003年は一時的な減少はあれど増加傾向であり、2003年は817.91人であった。1998年をピークとする波は「第4の波」と呼ばれており、バブル経済崩壊により、社会全体の規範意識や地域連帯意識の低下が背景にある[84]
2004年以降は減少傾向であり、2019年は176.86人であった。

法務省と警察庁及び国家地方警察本部の統計によると、1936-2019年の全ての年度の刑法犯罪総数に対する罪種別の比率の1位は窃盗であり、2019年の比率は39.5%である。罪種別の比率の2位は1936-1965年は不明、1966-2019年は、2003-2007年の間の横領を除いて、自動車事故による業務上過失致死傷(自動車事故以外の業務上過失致死傷は除く)であり、2019年の比率は29.9%であった。この2つの罪種が占める比率は69.4%である。日本の20歳未満の刑法犯罪総数の増減は窃盗と自動車事故による業務上過失致死傷罪の増減が大きく影響している。

刑法犯罪の暴力犯罪も非暴力犯罪も各罪種の人口10万人中の検挙人員人口比が、1936年~2019年(恐喝は1951年~2019年、業務上過失致死傷は1966年~2019年、住居侵入・器物損壊は1972年~2019年)の統計で最多を記録した年は、以下の通りである。

1940年代後半~1950年代前半(第1の波)
1950年:詐欺(16.76人)
1950年代後半-1960年代(第2の波)
1958年:強制性交等(旧強姦)(12.31人)
1961年:殺人(1.21人)、傷害(46.52人)、放火(1.88人)
1963年:恐喝(43.66人)、住居侵入(43.66人)
1966年:強制わいせつ(4.93人)
1969年:業務上過失致死傷(232.53人)
1970年代後半~1980年代(第3の波)
1983年:窃盗(568.64人)
1990年代後半~2000年代前半(第4の波)
2003年:横領(169.28人)
2000年代後半以降
2008年:器物破損(11.55人)

特に多くの罪種で第2ピークの波が多い。但し、強制性交等(旧強姦)と強制わいせつは、1958年に刑法が改正され、2人以上で共謀して行った場合の非親告罪化をした影響で増加した背景がある為、1957年以前と1958年以後の比較には注意が必要である[33]。また横領の場合、殆どが遺失物等横領であり、大半は自転車の乗り逃げ[87]である。2019年は横領2,312件中の遺失物等横領は2,297件(99.35%)であった。

逆に最少を記録した年は、以下の通りである。

戦前
1936年:強制わいせつ(0.23人、2019年は3.24人)
1938年:強盗(0.90人、2019年は1.21人)
1945年:傷害(5.32人、2019年は11.29人)、横領(1.92人、2019年は10.99人)
戦後
2000年以前
1972年:器物損壊(1.27件、2019年は3.75人)であった。
1974年:詐欺(1.20人、2019年は3.97人)
1979年:住居侵入(3.50件、2019年は3.88人)
1980年:殺人(0.14人、2019年は0.22人)
1992年:住居侵入(3.50件、2019年は3.88人)
2001年以後
2011年:強制性交等(旧強姦)(0.35人、2019年は0.81人)
2017年:強盗(1.18人、第2次世界大戦終結以後。2019年は1.21人)
2019年:放火(0.28人)、窃盗(69.90人)、恐喝(1.84人)、業務上過失致死傷(52.86件)

戦前より戦後の方が、戦後以降に記録のある罪種を除いても戦後の方が多い。また、第1及び第2の波の時期において最少になった罪種はない。

そして戦前に関しては、「2.2 刑法犯罪発生率の推移」より、色々な仮説やそれらの複合的要因により犯罪が抑制及び認知されてなかった可能性があることに注意する。また、強制性交等(旧強姦)よ強制わいせつは、前述の1958年の刑法改正に加えて、2017年の刑法改正により、2017年7月13日以降は、被害者の性別を問わなくなり、かつ、性交(姦淫)に加え肛門性交及び口腔性交も対象となり、強制性交等に計上している。また、監護者わいせつ・監護者性交等が新設され、18歳未満の者を現に監護する者であることによる影響力があることに乗じたわいせつ行為や性交等が処罰されることとなり、強姦等の非親告罪化等がされたことから、2018年以降と2017年以前の比較に注意が必要である[34]

20歳未満の刑法犯罪の暴力犯罪の罪種別の検挙人員と検挙人員人口比[編集]

20歳未満の刑法犯罪の暴力犯罪の罪種別の検挙人員と検挙人員率
年度 20歳未満人口 検挙人員 20歳未満人口10万人中の検挙人員率
殺人 強制性交等
(旧 強姦)
強制
わいせつ等
傷害 強盗 放火 殺人 強制性交等
(旧 強姦)
強制
わいせつ等
傷害 強盗 放火
1936 32,614,000 153 197 76 2555 311 266 0.47 0.60 0.23 7.83 0.95 0.82
1937 33,079,000 155 172 79 2631 310 272 0.47 0.52 0.24 7.95 0.94 0.82
1938 33,441,000 161 211 88 2596 302 279 0.48 0.63 0.26 7.76 0.90 0.83
1939 33,587,000 123 217 87 3073 310 291 0.37 0.65 0.26 9.15 0.92 0.87
1940 33,748,000 146 230 188 2901 475 263 0.43 0.68 0.56 8.60 1.41 0.78
1941 --- 107 255 180 2979 436 256 --- --- --- --- --- ---
1942 --- 126 328 361 3106 406 213 --- --- --- --- --- ---
1943 --- 94 335 439 2998 377 204 --- --- --- --- --- ---
1944 32,556,000 177 294 417 2968 442 215 0.54 0.90 1.28 9.12 1.36 0.66
1945 32,828,000 149 218 308 1746 455 92 0.45 0.66 0.94 5.32 1.39 0.28
1946 31,796,000 249 258 282 2,874 2,903 164 0.78 0.81 0.89 9.04 9.13 0.52
1947 35,838,000 216 298 163 3,059 2,851 116 0.60 0.83 0.45 8.54 7.96 0.32
1948 36,716,000 354 584 272 --- 3,878 173 0.96 1.59 0.74 --- 10.56 0.47
1949 37,514,000 344 1,176 283 --- 2,866 340 0.92 3.13 0.75 --- 7.64 0.91
1950 37,999,000 369 1,538 447 --- 2,897 470 0.97 4.05 1.18 --- 7.62 1.24
1951 38,343,000 448 1,530 347 8,653 2,197 446 1.17 3.99 0.90 22.57 5.73 1.16
1952 38,462,000 393 1,870 338 8,519 1,956 530 1.02 4.86 0.88 22.15 5.09 1.38
1953 38,496,000 383 1,535 407 7,992 1,582 410 0.99 3.99 1.06 20.76 4.11 1.07
1954 38,525,000 411 1,977 459 9,195 1,830 407 1.07 5.13 1.19 23.87 4.75 1.06
1955 38,421,000 345 2,121 495 10,329 2,003 328 0.90 5.52 1.29 26.88 5.21 0.85
1956 38,207,000 324 2,053 600 --- 2,033 321 0.85 5.37 1.57 --- 5.32 0.84
1957 37,922,000 313 2,865 689 --- 2,222 334 0.83 7.55 1.82 --- 5.86 0.88
1958 37,753,000 366 4,649 1,044 15,939 2,405 412 0.97 12.31 2.77 42.22 6.37 1.09
1959 37,744,000 422 4,599 1,114 16,410 2,624 445 1.12 12.18 2.95 43.48 6.95 1.18
1960 37,373,000 438 4,307 1,265 16,268 2,762 605 1.17 11.52 3.38 43.53 7.39 1.62
1961 36,963,000 448 4,224 1,320 17,197 2,442 694 1.21 11.43 3.57 46.52 6.61 1.88
1962 36,558,000 343 3,983 1,473 16,164 2,307 642 0.94 10.90 4.03 44.21 6.31 1.76
1963 36,258,000 393 3,898 1,560 15,290 2,139 530 1.08 10.75 4.30 42.17 5.90 1.46
1964 35,951,000 361 4,242 1,630 16,669 1,987 535 1.00 11.80 4.53 46.37 5.53 1.49
1965 36,019,000 370 4,362 1,759 15,774 1,998 513 1.03 12.11 4.88 43.79 5.55 1.42
1966 35,965,000 368 4,281 1,772 16,221 1,901 381 1.02 11.90 4.93 45.10 5.29 1.06
1967 35,489,000 343 3,851 1,698 15,280 1,500 375 0.97 10.85 4.78 43.06 4.23 1.06
1968 34,886,000 286 3,294 1,506 12,543 1,261 390 0.82 9.44 4.32 35.95 3.61 1.12
1969 34,310,000 265 2,515 1,371 10,867 1,198 534 0.77 7.33 4.00 31.67 3.49 1.56
1970 33,888,000 198 2,212 1,208 10,211 1,092 469 0.58 6.53 3.56 30.13 3.22 1.38
1971 33,837,000 149 2,022 1,043 8,500 869 585 0.44 5.98 3.08 25.12 2.57 1.73
1972 34,369,000 149 1,818 966 7,091 790 351 0.43 5.29 2.81 20.63 2.30 1.02
1973 34,613,000 111 1,526 863 7,923 705 394 0.32 4.41 2.49 22.89 2.04 1.14
1974 34,925,000 102 1,499 716 7,293 677 370 0.29 4.29 2.05 20.88 1.94 1.06
1975 35,183,000 95 1,341 685 7,302 732 387 0.27 3.81 1.95 20.75 2.08 1.10
1976 35,404,000 80 1,035 623 6,940 618 393 0.23 2.92 1.76 19.60 1.75 1.11
1977 35,612,000 77 949 708 7,357 529 453 0.22 2.66 1.99 20.66 1.49 1.27
1978 35,726,000 91 946 746 7,120 522 446 0.25 2.65 2.09 19.93 1.46 1.25
1979 35,732,000 97 925 709 7,030 572 510 0.27 2.59 1.98 19.67 1.60 1.43
1980 35,799,000 49 984 720 9,068 788 478 0.14 2.75 2.01 25.33 2.20 1.34
1981 35,754,000 60 1,027 778 10,415 779 527 0.17 2.87 2.18 29.13 2.18 1.47
1982 35,668,000 86 878 823 11,635 806 574 0.24 2.46 2.31 32.62 2.26 1.61
1983 35,528,000 87 750 756 11,406 788 389 0.24 2.11 2.13 32.10 2.22 1.09
1984 35,332,000 76 757 714 11,594 690 383 0.22 2.14 2.02 32.81 1.95 1.08
1985 35,025,000 100 681 760 10,639 572 364 0.29 1.94 2.17 30.38 1.63 1.04
1986 34,945,000 96 635 640 10,860 708 343 0.27 1.82 1.83 31.08 2.03 0.98
1987 34,428,000 79 567 581 9,977 604 330 0.23 1.65 1.69 28.98 1.75 0.96
1988 33,876,000 82 509 593 10,154 569 273 0.24 1.50 1.75 29.97 1.68 0.81
1989 33,229,000 118 445 538 9,976 590 230 0.36 1.34 1.62 30.02 1.78 0.69
1990 32,579,000 71 348 510 9,376 594 181 0.22 1.07 1.57 28.78 1.82 0.56
1991 31,801,000 77 321 465 8,900 690 192 0.24 1.01 1.46 27.99 2.17 0.60
1992 30,987,000 82 318 460 8,807 713 214 0.26 1.03 1.48 28.42 2.30 0.69
1993 30,106,000 75 275 429 8,616 726 231 0.25 0.91 1.42 28.62 2.41 0.77
1994 29,285,000 77 320 436 7,976 933 237 0.26 1.09 1.49 27.24 3.19 0.81
1995 28,599,000 80 268 461 8,101 873 258 0.28 0.94 1.61 28.33 3.05 0.90
1996 27,928,000 97 227 480 8,316 1,082 262 0.35 0.81 1.72 29.78 3.87 0.94
1997 27,371,000 75 409 514 9,627 1,701 245 0.27 1.49 1.88 35.17 6.21 0.90
1998 26,867,000 117 460 458 9,914 1,566 236 0.44 1.71 1.70 36.90 5.83 0.88
1999 26,396,000 111 438 450 9,244 1,644 217 0.42 1.66 1.70 35.02 6.23 0.82
2000 26,007,000 105 311 501 11,502 1,668 210 0.40 1.20 1.93 44.23 6.41 0.81
2001 25,634,000 109 260 500 10,926 1,695 228 0.43 1.01 1.95 42.62 6.61 0.89
2002 25,297,000 83 244 442 9,957 1,611 192 0.33 0.96 1.75 39.36 6.37 0.76
2003 24,903,000 96 256 518 8,817 1,800 272 0.39 1.03 2.08 35.41 7.23 1.09
2004 24,496,000 62 158 442 6,996 1,301 282 0.25 0.65 1.80 28.56 5.31 1.15
2005 24,178,000 73 153 472 6,902 1,172 245 0.30 0.63 1.95 28.55 4.85 1.01
2006 23,859,000 73 113 443 6,683 912 297 0.31 0.47 1.86 28.01 3.82 1.24
2007 23,574,000 65 131 470 6,316 785 232 0.28 0.56 1.99 26.79 3.33 0.98
2008 23,331,000 55 135 499 5,867 735 141 0.24 0.58 2.14 25.15 3.15 0.60
2009 23,088,000 52 135 555 5,502 713 192 0.23 0.58 2.40 23.83 3.09 0.83
2010 22,933,000 44 129 589 5,627 580 133 0.19 0.56 2.57 24.54 2.53 0.58
2011 22,779,000 59 79 640 5,518 611 140 0.26 0.35 2.81 24.22 2.68 0.61
2012 22,779,000 47 133 754 5,676 613 173 0.21 0.58 3.31 24.92 2.69 0.76
2013 22,436,000 55 136 768 5,298 564 137 0.25 0.61 3.42 23.61 2.51 0.61
2014 22,239,000 52 134 627 4,622 469 124 0.23 0.60 2.82 20.78 2.11 0.56
2015 22,001,000 62 91 750 3,571 412 83 0.28 0.41 3.41 16.23 1.87 0.38
2016 21,820,000 54 124 757 2,873 338 103 0.25 0.57 3.47 13.17 1.55 0.47
2017 21,587,000 49 118 761 2,504 254 91 0.23 0.55 3.53 11.60 1.18 0.42
2018 21,324,000 37 162 720 2,438 258 67 0.17 0.76 3.38 11.43 1.21 0.31
2019 21,030,000 47 170 682 2,374 254 58 0.22 0.81 3.24 11.29 1.21 0.28
年度 20歳未満人口 殺人 強制性交等
(旧 強姦)
強制
わいせつ等
傷害 強盗 放火 殺人 強制性交等
(旧 強姦)
強制
わいせつ等
傷害 強盗 放火
検挙人員 20歳未満人口10万人中の検挙人員率
    • 殺人は殺人、自殺関与・同意殺人、前記の各罪の予備・未遂の合計。
    • 強制性交等(旧強姦)は、2017年7月12日以前は強姦、準強姦、集団強姦(2004年~2017年)、前記の各罪の致死傷・未遂の合計。2017年7月13日以降は、強姦、準強姦、準強制性交等及び監護者性交等、前記の各罪の致死傷・未遂の合計。
    • 強制わいせつ等は、強制わいせつに加えて公然わいせつ及びわいせつ物頒布等を含む。強制わいせつに関しては、2017年7月12日以前については、強制わいせつ、準強制わいせつ、前記の各罪の致死傷・未遂の合計。2017年7月13日以降は、強制わいせつ、準強制わいせつ及び監護者わいせつ、前記の各罪の致死傷・未遂の合計。
    • 強制性交等・強制わいせつは、1958年の刑法改正により、2人以上で共謀して行った場合の非親告罪化している[33]。また2017年7月12日以前は、男性被害者と肛門性交及び口腔性交による強姦、準強姦、集団強姦、前記の各罪の致死傷・未遂は、強制わいせつとして計上されていた。2017年7月13日以降は、被害者の性別を問わなくなり、かつ、性交(姦淫)に加え肛門性交及び口腔性交も対象となり、強制性交等に計上している。また、監護者わいせつ・監護者性交等が新設され、18歳未満の者を現に監護する者であることによる影響力があることに乗じたわいせつ行為や性交等が処罰されることとなり、強姦等の非親告罪化等がなされた。[34]
    • 傷害は傷害、傷害致死の合計。
    • 強盗は強盗、事後強盗、昏睡強盗、強盗強姦、前記の各罪の致死傷・予備・未遂の合計。
    • 放火は放火、延焼、前記の各罪の予備・未遂の合計。
    • 逮捕・監禁は逮捕・監禁、逮捕・監禁致死傷の合計。
    • 出典元の資料の発行年によりデータの数値に差異がある場合は最近の年度のデータを引用。
    • ‐‐は統計資料無しまたは未発見・未公開・未発表。
    • 犯行時の年齢による。ただし,検挙時に20歳以上であった者を除く。
    • 触法少年(14歳未満)の補導人員を含む。
    • 1948年の傷害は単独での計上が上半期(1月~6月)のみであり、下半期(7月~12月)は暴行・脅迫・恐喝を含めた検挙人員であったため、統計資料無しの扱いとしている。また、1948年上半期(1月~6月)の傷害検挙人員は1,904人である。そして、下半期の4罪種(傷害・暴行・脅迫・恐喝)の検挙人員は、は6,826人である。
    • 1949年・1950年・1956年・1957年の傷害は、暴行・脅迫・恐喝を含めた検挙人員であったため、統計資料無しの扱いとしている。また、これらの年の4罪種(傷害・暴行・脅迫・恐喝)の検挙人員は、1049年は14,203人、1950年は19,698人、1956年は23,107人、1956年は30,590人である。
  • 出典
    • 2016年以降の20歳未満人口[77]
    • 2001年~2015年の20歳未満人口[78]
    • 2000年以前の20歳未満人口[79]
    • 1946年~2019年の20歳未満の殺人、強制性交等(旧 強姦)、強制猥褻、傷害、強盗、放火の検挙人数及び検挙人員率[81]
    • 1936年~1945年の20歳未満の殺人、強制性交等(旧 強姦)、強制猥褻、傷害、強盗、放火の検挙人数及び検挙人員率[88][82]

20歳未満の刑法犯罪の暴力犯罪の罪種別の検挙人員人口比の傾向[編集]

法務省と警察庁及び国家地方警察本部の統計によると、20歳未満人口10万人中の殺人(殺人、自殺関与・同意殺人[警察統計報告では自殺に関する罪]、前記の各罪の予備・未遂の合計)の発生率は、1936年は0.47であった。1936年~1940年は減少傾向であり、1940年は0.43人であった。1941年~1943年は、20歳未満人口の数値が無いため、統計値無し。1944年~1951年は単年度の減少があったにせよ増加傾向であり、1951年は1.17人であった。1952年~1957年は単年度の増加があったにせよ減少傾向であり、1957年は0.83人であった。1958年~1961年は増加傾向であり、1961年は1936年以降最多の1.21人であった。1962年~1980年は一時的な増加があったにせよ減少傾向であり、1980年は1936年以降最少の0.14人であった。1981年~1998年は一時的な減少があったにせよ増加傾向であり、1998年は0.44人であった。1999年~2010年は一時的な増加があったにせよ減少傾向であり、2010年は0.19人であった。2011年~2015年は増減を繰り返しながらも増加傾向であり、2015年は0.28人であった。2016年以降は減少傾向であり、2018年は0.17人であったが、2019年は前年より増加して0.22人であった。

法務省と警察庁及び国家地方警察本部の統計によると、20歳未満人口10万人中の強制性交等(旧 強姦)(2017年7月12日以前は強姦、準強姦、集団強姦[2004年~2017年]、前記の各罪の致死傷・未遂の合計。2017年7月13日以降は、強姦、準強姦、準強制性交等及び監護者性交等、前記の各罪の致死傷・未遂の合計)の発生率は、1936年は0.60人であった。1936年~1940年は、一時的な減少はあれど増加傾向にあり、1940年は0.68人であった。1941年~1943年は、20歳未満人口の数値が無いため、統計値無し。1944年~1958年は一時的な減少はあれど(その時期の)増加傾向にあり、1958年は1936年以降最多の12.31人であった。そして、最多年となった1958年に刑法が改正され、2人以上で共謀して行った場合の非親告罪化をした為、1957年以前と1958年以後の比較には注意が必要である[33]。1959年~1963年は減少傾向であり、1963年は10.75人であった。1964年・1965年は増加しており、1965年は12.11人であった。1966年~1996年は一時的な増加はあれど減少傾向であり、1996年は0.81人であった。1997年・1990年は増加しており、1998年は1.71人であった。1999年~2012年は一時的な増加はあれど傾向傾向であり、2011年は1936年最少の0.35人であった。2013年以降は、一時的な減少はあれど増加傾向であり、2019年は0.81人であった。

法務省と警察庁及び国家地方警察本部の統計によると、20歳未満人口10万人中の強制わいせつ(2017年7月12日以前については、強制わいせつ、準強制わいせつ、前記の各罪の致死傷・未遂の合計。2017年7月13日以降は、強制わいせつ、準強制わいせつ及び監護者わいせつ、前記の各罪の致死傷・未遂の合計)の発生率は、1936年は1936年以降最少の0.23人であった。1936年~1940年は増加傾向であり、1940年は0.56人であった。1941年~1943年は、20歳未満人口の数値が無いため、統計値無し。1944年~1947年は減少傾向であり、1947年は0.45人であった。1948年~1966年は一時的な減少はあれど増加傾向であり、1966年は1936年以降最多の4.93人であった。そして、この期間中の1958年に刑法が改正され、2人以上で共謀して行った場合の非親告罪化をした為、1957年以前と1958年以後の比較には注意が必要である[33]。また1967年~1976年は減少傾向であり、1976年は1.76人であった。1977年~1982年は単年度の減少はあれど増加傾向であり、1982年は2.31人であった。1983年~1993年、まで単年度の増加はあれど減少傾向であり、1993年は1.42人であった。1994年~2017年は一時的な減少はあれど増加傾向であり、2017年は3.53人であった。2018年以降は減少しており、2019年は3.24人であった。

また、強制性交等(旧 強姦)と強制わいせつの傾向を見ると、1982年までは強制性交等(旧 強姦)の方が多く、増減が連動していた。1983年~1999年は、1984年と1998年を除いて強制わいせつの方が多くなり、1982年までの傾向程でないが、増減が連動していた。2000年以降は、増減に連動せず相反する傾向を持つようになり、1983年~1999年の傾向同様、強制わいせつが多くなる。また、2017年7月13日に施行された刑法の一部を改正する法律(平成29年法律第72号)による強制性交等(旧 強姦)と強制わいせつの定義が変更されたことにより、前者は増加し、後者は減少している。

法務省と警察庁及び国家地方警察本部の統計によると、20歳未満人口10万人中の傷害(傷害、傷害致死の合計)の発生率は、1936年は7.83人であった。1936年~1940年は単年度の減少はあれど増加傾向であり、1940年は8.60人であった。1941年~1943年は、20歳未満人口の数値が無いため、統計値無し。1944年~1947年は単年度の増加はあれど減少傾向であり、1947年は8.54人であった。この間1945年は5.32人と1936年以降最少を記録しているが、前後の年(両方9.0人程度)に比べてかなり低いため、終戦による混乱によるものと考えられる。1948年~1950年は傷害単独の数値が無いため、統計値無し、1951年~1955年は、一時的な減少はあれど増加傾向であり、1955年は26.88人であった。1956年・1957年は傷害単独の数値が無いため、統計値無し、1958年~1967年は、42.0~47.0人の間で増減を繰り返しており、1967年は43.06人であった。その間、1961年は1936年以降最多の46.52人であった。1968年~1976年は単年度の増加はあれど減少傾向であり、1976年は19.60人であった。1977年~1984年は一時的な減少はあれど増加傾向であり、1984年は32.81人であった。1985年~1994年は一時的な増加はあれど減少傾向であり、1994年は27.24人であった。1995年~2000年は単年度の減少はあれど増加傾向であり、2000年は44.23人44.23人であった。2001年以降は一時的な増加はあれど減少傾向であり、2019年は11.29人であった。

法務省と警察庁及び国家地方警察本部の統計によると、20歳未満人口10万人中の強盗(強盗、事後強盗、昏睡強盗、強盗強姦、前記の各罪の致死傷・予備・未遂の合計)の発生率は、1936年は0.95人であった。1936年~1939年は、0.9人前半代で横ばいしており、1939年は0.92人であった。この間、1938年は1936年最少の0.90人であった。1940年は、前年より増加して、1.41人。1941年~1943年は、20歳未満人口の数値が無いため、統計値無し。1944年・1945年は、1.3人台で推移しており、1945年は1.39人であった。1946年~1948年は、1947年に減少したが増加傾向であり、1948年は1936年以降最多の10.56人であった。1949年~1953年は減少傾向であり、1953年は4.11人であった。1954年~1960年は増加傾向であり、1960年は7.39人であった。1961年~1978年は単年度の増加はあれど減少傾向であり、1978年は1.46人であった。そして、1980年に2.20人増加してから1983年まで2.2人前後で横ばいしており、1983年は2.22人であった。1984年・1985年は減少して、1985年は1.63人であった。1986年~2003年は一時的な減少はあれど増加しており、2003年は7.23人であった。2004年以降は一時的な増加はあれど減少傾向であり、2019年は、1.21人であった。

法務省と警察庁及び国家地方警察本部の統計によると、20歳未満人口10万人中の放火(放火、延焼、前記の各罪の予備・未遂の合計)の発生率は、1936年は0.82人であった。1936年~1939年は0.8~0.9人の間で推移しており。1939年は0.87人であった。1940年は、前年より減少して、0.78人であった。1941年~1943年は、20歳未満人口の数値が無いため、統計値無し。1944年・1945年は1940年に比べて減少し、0.28人であった。1946年~1952年は単年度の減少はあれど増加傾向であり、1952年は1.38人であった。1953年~1956年は減少傾向であり、1956年は0.84人であった。1957年~1961年は増加傾向であり、1961年は1936年最多の1.88人であった。1962年~1967年は単年度の増加はあれど減少傾向であり、1967年は1.06人であった。1968年~1971年は単年度の増加はあれど減少傾向であり、1971年は1.73人であった。1972年は前年より減少して1.02人となり、1982年まで単年度の減少はあれど増加傾向であり、1982年は1.61人であった。1983年~1990年は減少傾向であり、1990年は0,56人であった。1991年~1996年は増加傾向であり、1996年は0.94人であった。1997年~2002年は単年度の増加はあれど減少傾向であり、2002年は0.76人であった。2003年~2006年は単年度の減少はあれど増加傾向であり、2006年は1.24人である。2007年以降は一時的な増加はあれど減少傾向であり、2019年は1936年以降最少の0.28人であった。

20歳未満の刑法犯罪の非暴力犯罪の罪種別の検挙人員と検挙人員人口比[編集]

20歳未満の刑法犯罪の非暴力犯罪の罪種別の検挙人員と検挙人員率
年度 人口 検挙人員 20歳未満人口10万人中の検挙人員率
窃盗 詐欺 横領 恐喝 住居
侵入
器物
損壊
業務上過
失致死傷
窃盗 詐欺 横領 恐喝 住居
侵入
器物
損壊
業務上過
失致死傷
1936 32,614,000 29,570 3,297 3,491 -- -- -- -- 90.67 10.11 10.70 -- -- -- --
1937 33,079,000 29,783 3,006 3,269 -- -- -- -- 90.04 9.09 9.88 -- -- -- --
1938 33,441,000 32,503 2,973 3,207 -- -- -- -- 97.20 8.89 9.59 -- -- -- --
1939 33,587,000 31,409 2,787 2,801 -- -- -- -- 93.52 8.30 8.34 -- -- -- --
1940 33,748,000 35,999 2,361 2,485 -- -- -- -- 106.67 7.00 7.36 -- -- -- --
1941 --- 36,954 2,028 2,111 -- -- -- -- --- --- --- -- -- -- --
1942 --- 47,267 2,184 4,028 -- -- -- -- --- --- --- -- -- -- --
1943 --- 45,113 1,552 1,358 -- -- -- -- --- --- --- -- -- -- --
1944 32,556,000 54,852 1,767 1,148 -- -- -- -- 168.49 5.43 3.53 -- -- -- --
1945 32,828,000 42,818 1,044 630 -- -- -- -- 130.43 3.18 1.92 -- -- -- --
1946 31,796,000 87,825 3,193 1132 -- -- -- -- 276.21 10.04 3.56 -- -- -- --
1947 35,838,000 77,514 2,999 1209 -- -- -- -- 216.29 8.37 3.37 -- -- -- --
1948 36,716,000 90,066 4,173 2020 -- -- -- -- 245.30 11.37 5.50 -- -- -- --
1949 37,514,000 94,214 4,470 2475 -- -- -- -- 251.14 11.92 6.60 -- -- -- --
1950 37,999,000 111,526 6,368 3148 -- -- -- -- 293.50 16.76 8.28 -- -- -- --
1951 38,343,000 127,122 4,886 3142 3,635 -- -- -- 331.54 12.74 8.19 9.48 -- -- --
1952 38,462,000 104,344 4,954 3117 3,285 -- -- -- 271.29 12.88 8.10 8.54 -- -- --
1953 38,496,000 88,586 4,875 3155 2,819 -- -- -- 230.12 12.66 8.20 7.32 -- -- --
1954 38,525,000 81,298 4,310 2787 3,041 -- -- -- 211.03 11.19 7.23 7.89 -- -- --
1955 38,421,000 80,626 3,885 2393 4,007 -- -- -- 209.85 10.11 6.23 10.43 -- -- --
1956 38,207,000 80,770 3,122 2005 -- -- -- -- 211.40 8.17 5.25 -- -- --
1957 37,922,000 86,065 3,318 2095 -- -- -- -- 226.95 8.75 5.52 -- -- --
1958 37,753,000 83,528 2,860 1723 11,948 -- -- -- 221.25 7.58 4.56 31.65 -- -- --
1959 37,744,000 96,793 2,549 1655 14,013 -- -- -- 256.45 6.75 4.38 37.13 -- -- --
1960 37,373,000 110,752 2,388 1655 14,564 -- -- -- 296.34 6.39 4.43 38.97 -- -- --
1961 36,963,000 127,234 2,331 1482 14,834 -- -- -- 344.22 6.31 4.01 40.13 -- -- --
1962 36,558,000 132,096 1,870 1242 15,771 -- -- -- 361.33 5.12 3.40 43.14 -- -- --
1963 36,258,000 136,027 1,778 1227 15,829 -- -- -- 375.16 4.90 3.38 43.66 -- -- --
1964 35,951,000 135,849 1,781 1123 15,228 -- -- -- 377.87 4.95 3.12 42.36 -- -- --
1965 36,019,000 128,341 1,711 1145 13,506 -- -- -- 356.31 4.75 3.18 37.50 -- -- --
1966 35,965,000 117,938 1,803 1014 11,014 -- -- 43,948 327.92 5.01 2.82 30.62 -- -- --
1967 35,489,000 104,206 1,487 945 8,557 -- -- 55,097 293.63 4.19 2.66 24.11 -- -- 155.25
1968 34,886,000 100,266 1,067 839 6,702 -- -- 71,596 287.41 3.06 2.40 19.21 -- -- 205.23
1969 34,310,000 96,032 833 927 5,867 -- -- 79,781 279.90 2.43 2.70 17.10 -- -- 232.53
1970 33,888,000 106,359 722 1107 6,909 -- -- 76,921 313.85 2.13 3.27 20.39 -- -- 226.99
1971 33,837,000 102,671 629 1441 6,860 -- -- 73,602 303.43 1.86 4.26 20.27 -- -- 217.52
1972 34,369,000 103,451 561 2062 6,029 1,346 438 61,461 301.00 1.63 6.00 17.54 3.92 1.27 178.83
1973 34,613,000 111,529 487 3079 5,796 1,415 513 55,340 322.22 1.41 8.90 16.75 4.09 1.48 159.88
1974 34,925,000 116,863 418 3254 5,989 1,448 607 47,132 334.61 1.20 9.32 17.15 4.15 1.74 134.95
1975 35,183,000 116,849 517 3770 6,681 1,456 595 44,592 332.12 1.47 10.72 18.99 4.14 1.69 126.74
1976 35,404,000 116,838 520 4522 5,314 1,266 756 43,860 330.01 1.47 12.77 15.01 3.58 2.14 123.88
1977 35,612,000 119,805 471 6101 4,527 1,279 687 43,373 336.42 1.32 17.13 12.71 3.59 1.93 121.79
1978 35,726,000 140,611 547 7748 4,150 1,352 1,135 46,376 393.58 1.53 21.69 11.62 3.78 3.18 129.81
1979 35,732,000 146,469 504 9533 3,996 1,251 1,155 48,453 409.91 1.41 26.68 11.18 3.50 3.23 135.60
1980 35,799,000 172,842 556 12612 4,830 1,331 1,573 49,813 482.81 1.55 35.23 13.49 3.72 4.39 139.15
1981 35,754,000 197,397 538 15582 6,358 1,628 1,492 51,107 552.10 1.50 43.58 17.78 4.55 4.17 142.94
1982 35,668,000 198,701 591 17666 8,417 1,693 1,322 52,972 557.08 1.66 49.53 23.60 4.75 3.71 148.51
1983 35,528,000 202,028 662 19624 8,504 1,934 1,244 55,804 568.64 1.86 55.24 23.94 5.44 3.50 157.07
1984 35,332,000 190,420 744 20848 8,192 1,721 881 52,712 538.94 2.11 59.01 23.19 4.87 2.49 149.19
1985 35,025,000 191,238 770 22658 8,185 1,919 943 53,956 546.00 2.20 64.69 23.37 5.48 2.69 154.05
1986 34,945,000 177,766 696 21042 9,173 1,700 1,056 57,114 508.70 1.99 60.21 26.25 4.86 3.02 163.44
1987 34,428,000 173,029 828 22958 7,357 1,800 878 61,218 502.58 2.41 66.68 21.37 5.23 2.55 177.81
1988 33,876,000 175,734 1,036 24616 6,914 1,583 984 61,692 518.76 3.06 72.67 20.41 4.67 2.90 182.11
1989 33,229,000 149,688 694 22410 5,971 1,377 840 65,034 450.47 2.09 67.44 17.97 4.14 2.53 195.71
1990 32,579,000 130,802 623 25998 5,787 1,352 747 61,794 401.49 1.91 79.80 17.76 4.15 2.29 189.67
1991 31,801,000 122,583 1,124 30231 5,184 1,329 707 59,127 385.47 3.53 95.06 16.30 4.18 2.22 185.93
1992 30,987,000 103,332 1,016 30056 5,129 1,083 871 57,981 333.47 3.28 97.00 16.55 3.50 2.81 187.11
1993 30,106,000 105,104 709 29730 5,500 1,119 810 53,076 349.11 2.36 98.75 18.27 3.72 2.69 176.30
1994 29,285,000 102,537 550 29663 6,201 1,033 826 46,758 350.13 1.88 101.29 21.17 3.53 2.82 159.67
1995 28,599,000 99,076 456 26652 6,339 1,238 757 44,171 346.43 1.59 93.19 22.17 4.33 2.65 154.45
1996 27,928,000 103,495 466 29669 6,287 1,223 810 39,625 370.58 1.67 106.23 22.51 4.38 2.90 141.88
1997 27,371,000 118,581 576 32869 7,134 1,286 1,102 36,679 433.24 2.10 120.09 26.06 4.70 4.03 134.01
1998 26,867,000 121,261 673 35847 6,767 1,494 1,095 37,120 451.34 2.50 133.42 25.19 5.56 4.08 138.16
1999 26,396,000 103,529 510 34862 6,315 1,430 1,164 37,602 392.21 1.93 132.07 23.92 5.42 4.41 142.45
2000 26,007,000 92,743 535 29412 7,365 1,661 1,598 40,447 356.61 2.06 113.09 28.32 6.39 6.14 155.52
2001 25,634,000 95,388 482 33659 6,384 1,954 1,567 40,218 372.12 1.88 131.31 24.90 7.62 6.11 156.89
2002 25,297,000 97,557 590 37104 5,089 2,196 1,754 40,165 385.65 2.33 146.67 20.12 8.68 6.93 158.77
2003 24,903,000 95,960 700 42157 4,474 2,988 1,975 37,741 385.34 2.81 169.28 17.97 12.00 7.93 151.55
2004 24,496,000 90,347 1,106 40442 3,401 3,234 1,972 38,038 368.82 4.52 165.10 13.88 13.20 8.05 155.28
2005 24,178,000 84,483 1,062 35767 2,976 3,260 2,308 34,738 349.42 4.39 147.93 12.31 13.48 9.55 143.68
2006 23,859,000 74,582 1,224 33687 2,393 3,554 2,354 32,616 312.59 5.13 141.19 10.03 14.90 9.87 136.70
2007 23,574,000 69,343 1,091 29448 2,058 3,366 2,591 28,779 294.15 4.63 124.92 8.73 14.28 10.99 122.08
2008 23,331,000 63,913 1,071 23282 1,886 3,339 2,694 25,881 273.94 4.59 99.79 8.08 14.31 11.55 110.93
2009 23,088,000 66,810 1,084 21328 1,551 3,301 2,451 24,283 289.37 4.70 92.38 6.72 14.30 10.62 105.18
2010 22,933,000 64,512 924 19308 1,614 3,251 2,138 23,615 281.31 4.03 84.19 7.04 14.18 9.32 102.97
2011 22,779,000 59,159 908 16324 1,387 2,984 2,179 21,777 259.71 3.99 71.66 6.09 13.10 9.57 95.60
2012 22,779,000 47,508 884 13089 1,253 2,802 1,905 21,705 208.56 3.88 57.46 5.50 12.30 8.36 95.29
2013 22,436,000 41,203 811 10243 1,005 2,411 1,903 21,352 183.65 3.61 45.65 4.48 10.75 8.48 95.17
2014 22,239,000 35,974 868 8618 792 2,232 1,568 19,292 161.76 3.90 38.75 3.56 10.04 7.05 86.75
2015 22,001,000 29,413 844 6309 649 1,612 1,240 17,270 133.69 3.84 28.68 2.95 7.33 5.64 78.50
2016 21,820,000 23,997 748 4649 438 1,578 1,102 16,609 109.98 3.43 21.31 2.01 7.23 5.05 76.12
2017 21,587,000 21,110 828 3733 409 1,276 1,103 15,101 97.79 3.84 17.29 1.89 5.91 5.11 69.95
2018 21,324,000 17,848 1,087 2882 420 993 837 13,903 83.70 5.10 13.52 1.97 4.66 3.93 65.20
2019 21,030,000 14,700 835 2312 388 815 789 11,117 69.90 3.97 10.99 1.84 3.88 3.75 52.86
2020 21,030,000 12,333 --- --- --- --- --- --- 59.61 --- --- --- --- --- ---
年度 人口 窃盗 詐欺 横領 恐喝 住居
侵入
器物
損壊
業務上過
失致死傷
窃盗 詐欺 横領 恐喝 住居
侵入
器物
損壊
業務上過
失致死傷
検挙人員 20歳未満人口10万人中の検挙人員率
    • 窃盗は窃盗、窃盗未遂の合計。
    • 詐欺は詐欺、準詐欺、前記の各罪の未遂の合計。
    • 横領は横領、業務上横領、遺失物等横領の合計。
    • 恐喝は恐喝、恐喝未遂の合計。
    • 住居侵入は住居侵入と住居侵入未遂の合計。
    • 業務上過失致死傷は1965年以前は業務上過失致死傷の総数、1966年以後は自動車運転による致死傷。
    • 出典元の資料の発行年によりデータの数値に差異がある場合は最近の年度のデータを引用。
    • ‐‐は統計資料無しまたは未発見・未公開・未発表。
    • 1970年以降は,過失運転致死傷等による触法少年(14歳未満)を除く。
    • 1948年の恐喝は、上半期(1月~6月)はその他に含まれ、下半期(7月~12月)は傷害・暴行・脅迫を含めた検挙人員であったため、統計資料無しの扱いとしている。また、1948年の下半期の4罪種(傷害・暴行・脅迫・恐喝)の検挙人員は、6,826人である。
    • 1949年・1950年・1956年・1957年の恐喝は、傷害・暴行・脅迫を含めた検挙人員であったため、統計資料無しの扱いとしている。また、これらの年の4罪種(傷害・暴行・脅迫・恐喝)の検挙人員は、1949年は14,203人、1950年は19,698人、1956年は23,107人、1956年は30,590人である。
  • 出典
    • 2020年の人口及び20歳未満人口統計[10]
    • 2016年~2019年の20歳未満人口[77]
    • 2001年~2015年の20歳未満人口[78]
    • 2000年以前の20歳未満人口[79]
    • 2020年の20歳未満の窃盗[80]
    • 1946年~2019年の20歳未満の窃盗、詐欺、横領、恐喝、住居侵入、器物損壊の検挙人数及び検挙人員率[81]
    • 1936年~1945年の20歳未満の窃盗、詐欺、横領、恐喝、住居侵入、器物損壊の検挙人数及び検挙人員率[88][82]

20歳未満の刑法犯罪の非暴力犯罪の罪種別検挙人員人口比の推移[編集]

法務省と警察庁及び国家地方警察本部の統計によると、20歳未満人口10万人中の窃盗(窃盗、窃盗未遂の合計)の発生率は、1936年は90.67人であった。1936年~1940年は単年度の減少はあれど増加傾向であり、1940年は106.67人であった。1941年~1943年は、20歳未満人口の数値が無いため、統計値無し。1944年~1951年は単年度の減少はあれど増加傾向であり、1951年は331.54人であった。1952年~1955年は減少傾向であり、1955年は209.85人であった。1956年~1964年は単年度の減少はあれど増加傾向であり、1964年は377.87人であった。1965年~1969年は減少傾向であり、1969年は、279.90人であった。1970年~1983年は一時的な減少はあれど増加傾向であり。1983年は1936年以降最多の568.64人であった。1984年~1992年は単年度の増加はあれど減少傾向であり、1992年は333.47人であった。1993年~1998年は単年度の減少はあれど増加傾向であり、1998年は451.34人であった。1999年以降は一時的な増加はあれど減少傾向であり、2020年は1936年以降最少の59.61人であった。

法務省と警察庁及び国家地方警察本部の統計によると、20歳未満人口10万人中の詐欺(詐欺、準詐欺、前記の各罪の未遂の合計)の発生率は、1936年は10.11人であった。1936年~1940年は減少傾向であり、1940年は7.00人であった。1941年~1943年は、20歳未満人口の数値が無いため、統計値無し。1944年・1945年は減少傾向であり、1945年は3.18人であった。1946年~1950年は単年度の減少はあれど増加傾向であり、1950年は1936年以降最多の16.76人であった。1951年~1974年は単年度の増加はあれど減少傾向であり、1974年は1936年以降最少の1.20人であった。1975年~1991年は、一時的な減少はあれど増加傾向であり、1991年は3.53人であった。1992年~1995年は減少傾向であり、1995年は1.59人であった。1996年~2006年は一時的な減少はあれど増加傾向であり、2006年は5.13人であった。2007年~2016年は単年度の増加はあれど減少傾向であり、2016年は3.43人であった。2017年以降は増加傾向であり、2019年は前年より減少して3.97人であった。

法務省と警察庁及び国家地方警察本部の統計によると、20歳未満人口10万人中の横領(横領、業務上横領、遺失物等横領の合計)の発生率は、1936年は10.70人であった。1936年~1940年は減少傾向であり、1940年は7.36人であった。1941年~1943年は、20歳未満人口の数値が無いため、統計値無し。1944年・1945年は減少傾向であり、1945年は1936年最少の1.92人であった。但し、前後年と比べてかなり低いため、戦後の混乱によるものと考えられる。1946年~1950年は増加傾向であり、1950年は8.28人であった。1950年~1953年は、8.2人前後で横ばいで推移している。1954年~1968年は減少傾向であり、1968年は2.40人であった。1969年~2003年は一時的な減少はあれど増加傾向であり、2003年は1936年最多の169.28人であった。2004年以降は減少傾向であり、2019年は10.99人である。横領の殆どは遺失物等横領であり、大半は自転車の乗り逃げ[87]、2019年は横領2,312人中の遺失物等横領は2,297人(99.35%)である。

法務省と警察庁の統計によると、20歳未満人口10万人中の恐喝(恐喝、恐喝未遂の合計)の発生率は、1951年は9.48人であった。1951年~1953年は減少傾向であり、1953年は7,32人であった。1954年・1955年は増加しており。1955年は10.43人であった。1956年・1957年は傷害単独の数値が無いため、統計値無し。1959年~1963年は増加傾向であり、1963年は1951年以降最多の43.66人であった。1964年~1979年は一時的な増加はあれど減少傾向であり、1979年は11.18人であった。1980年~1986年は単年度の減少はあれど増加傾向であり、1986年は26.25人であった。1987年~1991年は減少傾向であり、1991年は16.30人であった。1992年~2000年は一時的な減少はあれど増加傾向であり、2000年は28.32人であった。2001年以降は、単年度の増加はあれど減少傾向であり、2019年は1951年以降最少の1.84人であった。

法務省と警察庁の統計によると、20歳未満人口10万人中の住居侵入の発生率は、1972年は3.92人であった。1972年~1975年は4.0人前後の横ばいで推移しており、1975年は4.14人であった。1976年~1980年は、減少して3.65人前後の横ばいで推移しており、1980年は3.72人であった。その間、1979年は1972年以降最少の3.50人(1992年と同じ数値)であった。1981年~1988年は、5.0人前後で増減を繰り返しており、1988年は4.67人であった。1989年~1991年は4.1人前後の横ばいで推移しており、1991年は4.18人であった。1992年~1994年は3.60人前後の横ばいで推移しており、1994年は3.53人であった。その間、1992年は1972年以降最少の3.50人(1979年と同じ数値)であった。1995年~2006年は単年度の減少はあれど増加傾向であり、2006年は1971年最多の14.90人であった。2007年~2009年は、減少して14.3人前後の横ばいで推移しており、2009年は14.30人であった。2010年以降は減少傾向であり、2019年は3.88人であった。

法務省と警察庁の統計によると、20歳未満人口10万人中の器物損壊の発生率は、1972年は1972年以降最少の1.27人であった。1972年~1980年は単年度の減少はあれど増加傾向であり、1980年は4.39人であった。1981年~1991年は、一時的な増加はあれど減少傾向であり、1991年は2.22人であった。1992年~2008年は。単年度の減少はあれど増加傾向であり、2008年は1972年以降最多の11.55人であった。2009年以降は単年度の増加はあれど減少傾向であり、2019年は3.75人であった。

法務省と警察庁の統計によると、20歳未満人口10万人中の業務上過失致死傷(1965年以前は業務上過失致死傷の総数、1966年以後は自動車運転による致死傷。そして1970年以降は,過失運転致死傷等による触法少年[14歳未満]を除く。)の発生率は、1967年は155.25人であった。1967年~1969年は増加傾向であり、1969年は1967年以降最多の232.53人であった。1970年~1977年は減少傾向であり、1977年は121.79人であった。1978年~1989年は単年度の減少はあれど増加傾向であり、1989年は195.71人であった。1990年~1997年は、単年度の増加はあれど減少傾向であり、1997年は134.01人であった。1998年~2002年は増加傾向であり、2002年は158.77人であった。2003年以降は単年度の増加はあれど減少傾向であり、2019年は1967年以降最少の52.86人であった。

刑法犯罪(高齢者)[編集]

高齢者(1985年以前は60歳以上、1986年以降は65歳以上)の一般刑法犯罪の検挙人員人口比及び検挙人員占める割合[編集]

高齢者(1985年以前は60歳以上、1986年以降は65歳以上)の
一般刑法犯罪の検挙人数及び検挙人員率及び検挙人員に占める割合
人口 検挙人員 高齢者人口10万人中の
一般刑法犯検挙人員率
人口に占める
高齢者の割合
一般刑法犯検挙人員に占める
高齢者検挙人員の割合
1966 9,089,000 8,343 91.79 9.18 1.92
1967 9,447,000 7,908 83.71 9.42 1.96
1968 9,768,000 7,992 81.82 9.63 2.03
1969 10,046,000 7,568 75.33 9.79 2.00
1970 10,315,000 7,894 76.53 9.95 2.07
1971 10,501,000 7,697 73.30 10.00 2.13
1972 11,908,000 7,934 66.63 11.09 2.27
1973 12,270,000 8,485 69.15 11.29 2.37
1974 12,634,000 9,262 73.31 11.48 2.55
1975 13,154,000 9,832 74.75 11.75 2.70
1976 13,550,000 10,088 74.45 11.98 2.81
1977 13,923,000 10,562 75.86 12.20 2.91
1978 14,289,000 11,677 81.72 12.41 3.06
1979 14,628,000 11,251 76.91 12.60 3.06
1980 15,121,000 12,376 81.85 12.92 3.16
1981 15,555,000 13,710 88.14 13.20 3.28
1982 16,040,000 15,363 95.78 13.51 3.48
1983 16,558,000 15,880 95.91 13.86 3.62
1984 17,136,000 18,450 107.67 14.25 4.13
1985 17,879,000 19,656 109.94 14.77 4.55
1986年以降、65歳以上を対象とする。
1986 12,870,000 10,295 79.99 10.58 2.57
1987 13,322,000 10,581 79.43 10.90 2.61
1988 13,785,000 9,888 71.73 11.23 2.48
1989 14,309,000 6,625 46.30 11.61 2.12
1990 14,928,000 6,344 42.50 12.08 2.16
1991 15,582,000 7,128 45.75 12.56 2.41
1992 16,242,000 7,741 47.66 13.05 2.72
1993 16,900,000 9,314 55.11 13.55 3.13
1994 17,585,000 11,017 62.65 14.06 3.58
1995 18,277,000 11,440 62.59 14.56 3.90
1996 19,017,000 12,423 65.33 15.11 4.20
1997 19,758,000 12,818 64.87 15.66 4.09
1998 20,508,000 13,739 66.99 16.21 4.24
1999 21,186,000 16,156 76.26 16.72 5.12
2000 22,041,000 17,942 81.40 17.37 5.79
2001 22,869,000 20,113 87.95 17.96 6.18
2002 23,628,000 24,247 102.62 18.54 6.97
2003 24,311,000 29,804 122.59 19.05 7.85
2004 24,876,000 36,702 147.54 19.48 9.43
2005 25,761,000 42,112 163.47 20.16 10.88
2006 26,604,000 46,651 175.35 20.82 12.13
2007 27,464,000 48,605 176.98 21.49 13.28
2008 28,216,000 48,805 172.97 22.10 14.35
2009 29,005,000 48,119 165.90 22.75 14.44
2010 29,484,000 48,162 163.35 23.02 14.91
2011 29,752,000 48,637 163.47 23.28 15.90
2012 30,793,000 48,559 157.69 24.15 16.90
2013 31,898,000 46,243 144.97 25.06 17.59
2014 33,000,000 47,252 143.19 25.97 18.78
2015 33,868,000 47,632 140.64 26.65 19.90
2016 34,591,000 46,977 135.81 27.25 20.75
2017 35,152,000 46,264 131.61 27.74 21.52
2018 35,578,000 44,767 125.83 28.14 21.72
2019 35,885,000 42,463 118.33 28.44 22.05
人口 検挙人員 高齢者人口10万人中の
一般刑法犯検挙人員率
人口に占める
高齢者の割合
一般刑法犯検挙人員に占める
高齢者検挙人員の割合
    • 刑法犯は刑法に対する違反件数の総合計(法務省の犯罪統計用語、特別法に対する犯罪は含まない)。
    • 一般刑法犯は刑法犯から自動車運転による業務上過失致死傷と危険運転致死傷を除外した合計(法務省の犯罪統計用語)。但し、2002年から2014年の間は,危険運転致死傷を含む。
    • 検挙人員に占める高齢者検挙人員の割合は、全検挙人員に占める高齢者(1985年以前は60歳以上、1986年以降は65歳以上)の検挙人員の割合である。
    • 出典元の資料の発行年によりデータの数値に差異がある場合は最近の年度のデータを引用。
    • ‐‐は統計資料無しまたは未発見・未公開・未発表。
  • 出典
    • 1924~2019年の人口統計[11]
    • 2016年~2019年の65歳以上人口[77]
    • 2001年~2015年の65歳以上人口[78]
    • 1986年~2000年の65歳以上と1985年以前の60歳以上の人口[79]
    • 1973年~2019年の高齢者(1985年以前は60歳以上、1986年以降は65歳以上)の一般刑法犯の検挙人数及び検挙人員率[89]
    • 1966年~1972年の60歳以上の一般刑法犯の検挙人数及び検挙人員率[90]

高齢者(1985年以前は60歳以上、1986年以降は65歳以上)の一般刑法犯罪の検挙人員人口比の推移[編集]

法務省の統計によると、高齢者(1985年以前は60歳以上、1986年以降は65歳以上)の一般刑法犯罪刑法以外に刑罰を規定した各種の特別法犯、例えば、軽犯罪法、道路交通法、覚醒剤取締法、麻薬及び向精神薬取締法、大麻取締法、銃砲刀剣類所持等取締法、売春防止法などは含まない。)の検挙人員人口比は、1966年は91.79人、高度経済成長期中の1966年~沖縄返還があった1972年の間は、単年度の増加はあれど減少傾向であり、1972年は0歳以上高齢者10万人当たりの人口比が1966年以降最少の66.63人であった。この間に、1970年には高齢化率が7%を超え、高齢化社会となった。福祉元年にあたり、第1次オイルショックがあった1973年~プラザ合意があった1985年は、単年度の減少があれど増加傾向であり、1985年は60歳以上高齢者10万人当たりの人口比が1966年以降最多の109.94人となった。
1986年以降は、65歳以上高齢者10万人当たりの人口比で推移をみる。1986年は、79.99人である。バブル景気最中の1986年~1990年は減少傾向であり、1986年以降最少の42.50人であった。1991年~2007年は、単年度の減少はあれど増加傾向であり、2007年は1986年以降最多の176.98人であった。その間、1994年には14%を超え高齢社会に、2007年には21%を超え超高齢社会となった。2008年以降は、単年度の増加はあれど減少傾向であり、2019年は118.33人であった。

しかしながら、2008年以降は減少傾向にあるにもかかわらず、高齢化の進展を考慮しても、他の世代に比べ減少の度合いが少ないため、2019年時点で全検挙者数の22.05%を占めている。そして、高齢者が占める割合が増加している背景に4つの仮説がある[91]

  1. 経済的要因(経済的困窮説)
    不況による経済悪化や所得減少などにより、高齢者が貧困に追い込まれる状況があるとする考え方。
  2. 福祉的要因(福祉制度不備説)
    高齢者に対する福祉が不十分であり、刑務所からの釈放された高齢者を含む一部の高齢者が一定の理由で制度の恩恵を受けることができないこと。国民年金以外に収入が無い場合、家賃と食費、医療費を払っただけで赤字になるとの指摘もあり、経済困窮説にもつながっている[92][93]
  3. 心理的・精神的要因(心理的負担説)
    この要因には、脳の前頭葉が加齢により縮小し、認知機能が低下し、感情を理性で抑えられなくなるなり、犯行に及んでしまうこと[94]
  4. 生活習慣要因(ライフスタイル変容説と社会的孤立説)
    前者は、平均寿命の伸長により、高齢者のライフスタイルが変容し、社会的活動が増加し、それに伴うトラブルが増加し、犯罪に走ってしまう可能性があること。後者は、単身世帯の高齢者世帯の急増を背景に「家族からの孤立」、「近隣からの孤立」、「行政からの孤立」の3つの社会的孤立により、気を配ってくれる周囲の者がいないため、犯罪の抑止効果を減退させている可能性があること。太田達也と警察庁による高齢犯罪者1万人を調査した結果、強盗犯の63%、詐欺犯の60%、殺人犯の43%が「ほとんど子どもと接触がない」と回答する調査結果が出ている[94][95]

そして、2019年に検挙された高齢者で最も多い罪種は、万引きであり約52.4%を占め、女性の場合は約75.6%を占める。この犯罪が多い理由については、上記の4つの仮説に関わっている[96]。また、万引きを再犯し、貧困故に被害弁償が出来なかったり、社会的孤立により身元引受人がいないことを理由に、少額の万引きであるにも関わらず、刑務所で受刑する高齢者が存在していることが指摘されている[91]。この状況をマイク・ニューマンの報告書「The Economics of Elderly Crime(高齢者犯罪の経済学)」の11ページより「200円のサンドイッチを盗んだ場合の刑期が2年なら、その刑期に840万円の税金が使われる。(The theft of a ¥200 sandwich could lead to a ¥8.4mn tax bill to provide for a 2 year sentence.)」 と表現している[92]

刑法犯罪(暴力団関係者)[編集]

暴力団関係者の一般刑法犯罪及び特別刑法犯罪の検挙人員及び検挙人員占める割合と暴力団抗争の発生数と認定数[編集]

暴力団関係者の一般刑法犯罪及び特別刑法犯罪の検挙人員及び検挙人員占める割合と暴力団抗争の発生数と認定数
15歳以上人口 暴力団構成員
・準構成員等
人員数
一般刑法犯
検挙人員
特別法犯
検挙人員
暴力団間
対立抗争
発生数
暴力団間
対立抗争
事件数
15歳以上人口
10万人当たり
暴力団構成員・
準構成員等人員数
暴力団構成員・
準構成員等
暴力団関係者が
一般刑法犯
検挙人員総数
に占める割合
暴力団構成員・
準構成員等
暴力団関係者が
特別刑法犯
検挙人員総数
に占める割合
暴力団構成員・
準構成員等人員数
に対する
暴力団構成員・
準構成員等
暴力団関係者
一般刑法犯
検挙人員の割合
暴力団構成員
・準構成員等人員数
に対する
暴力団構成員・
準構成員等
暴力団関係者
特別刑法
犯検挙人員の割合
1946年 47,831,000 - 30,512 - - - - 6.89 - - -
1947年 50,528,000 - 30,116 - - - - 6.62 - - -
1948年 51,706,000 - 12,110 - - - - 2.21 - - -
1949年 52,743,000 - 8,853 - - - - 1.53 - - -
1950年 53,770,000 - 7,400 - - - - 1.22 - - -
1951年 54,911,000 - 2,432 - - - - 0.40 - - -
1952年 56,151,000 - 2,450 - - - - 0.44 - - -
1953年 57,282,000 - 11,175 - - - - 2.15 - - -
1954年 58,405,000 - 34,419 - - - - 6.84 - - -
1955年 59,477,000 - 55,783 - - - - 10.82 - - -
1956年 60,845,000 - 80,364 1,710 - - - 17.08 0.96 - -
1957年 62,179,000 - 47,229 3,093 - - - 10.01 1.71 - -
1958年 63,498,000 92,860 54,690 4,612 - - 146.24 11.96 2.52 58.90 4.97
1959年 64,865,000 105,065 51,802 3,897 - - 161.97 11.39 1.70 49.30 3.71
1960年 65,352,000 124,763 51,317 5,463 115 - 190.91 11.60 2.71 41.13 4.38
1961年 66,218,000 162,450 52,455 6,469 109 - 245.33 11.62 3.90 32.29 3.98
1962年 67,903,000 172,711 46,489 5,933 112 - 254.35 10.81 3.20 26.92 3.44
1963年 69,739,000 184,091 44,647 6,418 123 - 263.97 10.49 2.30 24.25 3.49
1964年 71,596,000 177,035 51,339 7,348 68 - 247.27 11.41 4.40 29.00 4.15
1965年 73,109,000 156,293 47,416 9,288 13 - 213.78 10.76 4.85 30.34 5.94
1966年 74,532,000 147,171 34,121 9,182 45 - 197.46 7.87 5.14 23.18 6.24
1967年 75,827,000 142,660 31,459 7,113 45 - 188.14 7.81 2.93 22.05 4.99
1968年 76,985,000 138,288 32,428 6,380 72 - 179.63 8.23 3.10 23.45 4.61
1969年 78,047,000 139,089 33,140 5,040 70 - 178.21 8.77 2.95 23.83 3.62
1970年 78,897,000 138,506 36,524 6,291 129 - 175.55 9.59 3.33 26.37 4.54
1971年 79,845,000 130,407 35,849 7,678 82 - 163.33 9.90 3.29 27.49 5.89
1972年 81,362,000 123,044 38,137 10,040 64 - 151.23 10.93 4.82 30.99 8.16
1973年 82,264,000 114,506 38,004 14,073 52 - 139.19 10.62 6.88 33.19 12.29
1974年 83,199,000 110,819 39,759 13,518 77 - 133.20 10.94 5.91 35.88 12.20
1975年 84,708,000 110,042 38,524 14,534 89 - 129.91 10.58 5.85 35.01 13.21
1976年 85,596,000 109,955 38,491 17,932 66 - 128.46 10.71 7.37 35.01 16.31
1977年 86,505,000 108,266 38,251 19,100 28 81 125.16 10.53 7.94 35.33 17.64
1978年 87,466,000 108,700 37,201 21,549 18 45 124.28 9.75 9.92 34.22 19.82
1979年 88,470,000 106,754 32,295 19,167 19 29 120.67 8.77 7.39 30.25 17.95
1980年 89,537,000 103,955 32,656 19,591 34 63 116.10 8.33 8.80 31.41 18.85
1981年 90,281,000 103,263 32,844 19,826 26 56 114.38 7.85 9.40 31.81 19.20
1982年 91,439,000 100,237 33,957 18,318 29 84 109.62 7.68 8.79 33.88 18.27
1983年 92,576,000 98,771 29,635 18,408 34 198 106.69 6.76 7.11 30.00 18.64
1984年 93,732,000 93,910 29,859 19,660 29 109 100.19 6.69 8.10 31.80 20.93
1985年 95,007,000 93,514 28,604 19,609 24 293 98.43 6.62 8.38 30.59 20.97
1986年 96,238,000 85,935 26,764 18,301 23 218 89.29 6.69 8.28 31.14 21.30
1987年 97,511,000 86,287 24,396 15,861 27 187 88.49 6.03 8.79 28.27 18.38
1988年 98,798,000 86,552 24,577 15,824 32 128 87.61 6.17 11.64 28.40 18.28
1989年 100,054,000 87,260 22,034 13,938 30 156 87.21 7.04 10.91 25.25 15.97
1990年 101,068,000 88,259 21,759 12,840 27 146 87.33 7.42 9.45 24.65 14.55
1991年 102,139,000 91,000 18,957 12,300 12 47 89.09 6.40 7.82 20.83 13.52
1992年 103,087,000 90,600 19,394 13,456 12 39 87.89 6.81 8.53 21.41 14.85
1993年 103,923,000 86,700 20,331 13,639 12 77 83.43 6.83 8.99 23.45 15.73
1994年 104,619,000 81,000 19,946 13,490 11 44 77.42 6.48 9.51 24.62 16.65
1995年 105,537,000 79,300 18,896 14,115 4 28 75.14 6.44 9.89 23.83 17.80
1996年 106,178,000 79,900 18,779 14,491 9 29 75.25 6.35 10.66 23.50 18.14
1997年 106,800,000 80,100 18,540 13,569 6 53 75.00 5.91 10.30 23.15 16.94
1998年 107,428,000 81,300 20,207 12,778 11 48 75.68 6.23 10.19 24.85 15.72
1999年 107,944,000 83,100 19,611 12,900 11 46 76.98 6.22 9.86 23.60 15.52
2000年 108,421,000 83,600 19,668 11,386 5 18 77.11 6.35 9.44 23.53 13.62
2001年 109,008,000 84,400 19,650 11,267 5 81 77.43 6.04 9.48 23.28 13.35
2002年 109,334,000 85,300 20,405 10,419 7 28 78.02 5.87 9.05 23.92 12.21
2003年 109,715,000 85,800 20,265 10,285 7 44 78.20 5.34 8.38 23.62 11.99
2004年 109,953,000 87,000 19,472 9,853 6 31 79.12 5.01 7.91 22.38 11.33
2005年 110,183,000 86,300 18,629 10,997 6 18 78.32 4.81 8.53 21.59 12.74
2006年 110,335,000 84,700 18,016 10,401 0 15 76.77 4.69 8.16 21.27 12.28
2007年 110,479,000 84,200 16,621 10,548 3 18 76.21 4.55 8.32 19.74 12.53
2008年 110,516,000 82,600 16,242 9,822 1 6 74.74 4.78 8.48 19.66 11.89
2009年 110,498,000 80,900 16,312 10,191 1 4 73.21 4.90 8.71 20.16 12.60
2010年 111,219,000 78,600 15,782 9,904 0 0 70.67 4.89 9.06 20.08 12.60
2011年 111,094,000 70,300 15,805 10,464 0 13 63.28 5.17 10.40 22.48 14.88
2012年 110,968,000 63,200 14,506 9,633 1 14 56.95 5.05 9.75 22.95 15.24
2013年 110,908,000 58,600 13,447 9,414 0 27 52.84 5.12 10.03 22.95 16.06
2014年 110,850,000 53,500 13,253 9,242 0 18 48.26 5.27 9.88 24.77 17.27
2015年 111,150,000 46,900 12,690 8,953 0 0 42.20 5.30 9.36 27.06 19.09
2016年 111,153,000 39,100 12,177 7,873 1 42 35.18 5.38 8.82 31.14 20.14
2017年 111,114,000 34,500 10,393 7,344 0 9 31.05 4.83 8.25 30.12 21.29
2018年 111,029,000 30,500 9,825 7,056 0 8 27.47 4.77 7.77 32.21 23.13
2019年 110,957,000 28,200 8,445 5,836 0 14 25.42 4.38 6.59 29.95 20.70
2020年 110,683,000 25,900 7,533 5,656 0 9 23.40 4.13 - 29.08 -
15歳以上人口 暴力団構成員
・準構成員等
人員数
一般刑法犯
検挙人員
特別法犯
検挙人員
暴力団間
対立抗争
発生数
暴力団間
対立抗争
事件数
15歳以上人口
10万人当たり
暴力団構成員・
準構成員等人員数
暴力団構成員・
準構成員等
暴力団関係者が
一般刑法犯
検挙人員総数
に占める割合
暴力団構成員・
準構成員等
暴力団関係者が
特別刑法犯
検挙人員総数
に占める割合
暴力団構成員・
準構成員等人員数
に対する
暴力団構成員・
準構成員等
暴力団関係者
一般刑法犯
検挙人員の割合
暴力団構成員
・準構成員等人員数
に対する
暴力団構成員・
準構成員等
暴力団関係者
特別刑法
犯検挙人員の割合
    • 暴力団とは、暴力団対策法第2条の定義より、「その団体の構成員(その団体の構成団体の構成員を含む。)が集団的に又は常習的に暴力的不法行為等を行うことを助長するおそれがある団体」をいう[97]
    • 暴力団構成員・準構成員等人員数は、暴力団に所属している構成員及び準構成員(暴力団構成員以外の暴力団と関係を有する者であって、暴力団の威力を背景に暴力的不法行為等を行うおそれがあるもの、又は暴力団若しくは暴力団構成員に対し資金武器等の供給を行うなど暴力団の維持若しくは運営に協力し、若しくは関与するものをいう。)を合わせたその年の年末時点で警察が把握した人数であり、1991年以降は、10の位を四捨五入した概数となっている[98]
      また、準暴力団(いわゆる半グレ)は含まれていないが、1986年までは準構成員に準暴力団員に当たる暴力常習者(常習的に暴力を行う者)が含まれていた(但し、廣末登によれば、準暴力団員の内、不良がかった若い一般人タイプの準暴力団員は、未成年の使い捨て要員が多く、警察にマークされないため暴力常習者に含まれていない。)[99][100]。そして、偽装離脱(暴力団対策法逃れのため、組織を離脱したように装うこと)対策として暴力団排除条例の元暴5年条項により、暴力団から離脱して5年以内の者は、暴力団関係者として含まれている[101][100]
    • 刑法犯は刑法に対する違反件数の総合計(法務省の犯罪統計用語、特別法に対する犯罪は含まない)。
    • 一般刑法犯の内、過失犯は1978年まで除き、1979年以降は含んでいる。
    • 一般刑法犯は1978年までは交通関係業業務過失致死傷を含み、1979年以降は刑法犯から自動車運転による業務上過失致死傷と危険運転致死傷を除外した合計(法務省の犯罪統計用語)。但し、2002年から2014年の間は,危険運転致死傷を含む。
    • 特別法犯検挙人員は、交通法令違反を除く。
    • 検挙人員に占める割合は、全検挙人員に占める暴力団構成員・準構成員等暴力団関係者の割合である。
    • 暴力団構成員・準構成員等人員数に対する検挙人員の割合は、暴力団構成員・準構成員等人員数を100とした場合、暴力団構成員等暴力団関係者の検挙人員が占める割合を示してる。
    • 暴力団間対立抗争発生数は、その年に始まった暴力団間対立抗争の数である。但し、暴力団内での抗争や準暴力団(いわゆる半グレ)に対する抗争は含まれていない。
    • 暴力団間対立抗争事件数は、暴力団間対立抗争が起因とみられる不法行為の合計数である。但し、暴力団内での抗争や準暴力団(いわゆる半グレ)に対する抗争は含まれていない。
    • 出典元の資料の発行年によりデータの数値に差異がある場合は最近の年度のデータを引用。
    • ‐‐は統計資料無しまたは未発見・未公開・未発表。
  • 出典
    • 2016年~2019年の15歳以上人口[77]
    • 2001年~2015年の15歳以上人口[78]
    • 1946年~2000年の15歳以上[79]
    • 2020年の暴力団構成員・準構成員等人員数[102]
    • 1989年~2019年の暴力団構成員・準構成員等人員数[98]
    • 1960年~1988年の暴力団構成員・準構成員等人員数[103]
    • 2020年の一般刑法犯の検挙人員[104]
    • 1989年~2019年の一般刑法犯及び特別法犯の検挙人員[105]
    • 1946年~1988年の一般刑法犯と1956年~1988年の特別法犯の検挙人員[106]
    • 2011年~2020年の暴力団間対立抗争発生数[107]
    • 2009年・2010年の暴力団間対立抗争発生数[108]
    • 1999年~2008年の暴力団間対立抗争発生数[109]
    • 1994年~1998年の暴力団間対立抗争発生数[110]
    • 1989年~1993年の暴力団間対立抗争発生数[111]
    • 1960年~1988年の暴力団間対立抗争発生数[112]
    • 1989年~2019年の暴力団間対立抗争事件数[113]
    • 1984年~1988年の暴力団間対立抗争事件数[114]
    • 1981年~1983年の暴力団間対立抗争事件数[115]
  • 1977年~1980年の暴力団間対立抗争事件数[116]

暴力団関係者の15歳以上10万人当たりの人口比と一般刑法犯罪及び特別刑法犯罪の検挙人員に占める割合の推移[編集]

法務省と警察庁の統計によると、15歳以上10万人当たりの暴力団構成員・準構成員等人員数は、1958年は146.24人であった。1958年~第一次頂上作戦決行前年に当たる1963年は増加傾向であり、1963年は1958年以降最多の263.97人であった。第一次頂上作戦が開始された1964年~山一抗争最中の1986年は減少傾向にあり、1986年は89.29人である。この間に、1970年に開始された第2次頂上作戦、1975年に開始された第3次頂上作戦が決行されている。また、1978年と1979年の間で、検挙人員が前後年と比べ減少の度合いが多いが、これは1978年までは交通関係業務過失致死傷を含むのに対し、1979年以降は含まなくなったためである。1987年~暴対法が制定された1992年は87.0~90.0人の間で推移しており、1992年は87.89人であった。この間は、バブル景気期間と重なっており、この時期には、暴力団による民事介入暴力が問題視されており、特に地上げによる利益により巨万の富を得た暴力団幹部を生み出すこととなった[117]。更に、1989年に警察による調査によれば、暴力団が表裏含めて得た収入は推定1兆3,019億円[118](2015年消費者物価指数換算:約1兆4,275億円)であり、当時のGDPの約0.29%に当たっていた。そして、この時期は3大暴力団の山口組住吉会稲川会が勢力を拡大した時期であり、特に山口組はこの期間で大幅に構成員及び準構成員数が急増している[99]。1993年~1995年は減少傾向であり、1995年は75.14人であった。1996年~2004年まで増加傾向であり、2004年は79.12人であった。そして、この期間は構成員が減少し、準構成員が増加していた時期であり、暴対法対策による偽装離脱が問題視されていた時期でもあった。2005年以降は減少傾向であり、2020年は1958年以降最少の23.40人であった。特に、全都道府県に暴力団排除条例が施行されて以降の減少の度合いは大きかった。但し、離脱した暴力団員の中には、準暴力団(いわゆる半グレ)に流れていった者もいること[119]、離脱後に再び罪を犯すものがいる[120]等、暴力団離脱者の社会支援方面に課題を残す形となっている。

法務省の統計によると、一般刑法犯罪の検挙人員占める暴力団構成員・準構成員等暴力団関係者が占める割合は、1946年は6.89%であった。1946年~1951年は減少傾向であり、1951年は1946年以降最少の0.40%であった。この期間は、戦後混乱期に当たり、ヤミ市の利権を巡り対立抗争事件を引き起こしていた。更には、特別刑法犯罪であるがヒロポンという戦時中は当時工場労働者が年間労働時間3200時間以上[121]長時間労働する中での疲労回復と特攻隊士気高揚として使用された違法薬物を密売し、第1次覚醒剤乱用期を迎えさせた。しかしながら、社会的状況が落ち着き始めたこと、警察による暴力団取り締まりを行ったこと、極めつけは1949年に制定された団体規制法により、暴力団組織が一旦解散することになったため、この期間は減少した。しかしながら、その後も対立抗争事件を繰り返し、他の暴力団を吸収しながら、次第にその勢力を拡大した暴力団組織が現れていき、1952年~1956年は増加傾向であり、1956年は1946年以降最多の17.08%であった。別府事件が発生した1957年~第1次頂上作戦が決行された1964年は10.0~12.0%の間で推移しており、1964年は11.41%であった。1965年・1967年は減少して、1967年は7.81%であった。1968年~1972年まで増加傾向であり、10.93%であった。その間に第2次頂上作戦が決行されている。1973年~1977年まで10%台で推移しており、1977年は10.53%である。その間に第3次頂上作戦が決行されている。1978年~1983年は減少傾向であり、1983年は6.76%であった。山一抗争が始まった1984年~2001年は6.0~8.0%の間で増減を繰り返しており、2001年は6.04%であった。その間に暴対法が施行されている。2002年~2007年は減少傾向であり、2007年は4.55%であった。2008年~山口組分裂抗争発生翌年の2016年は増加傾向であり、2016年は5.38%であった。2017年以降は減少傾向であり、2020年は4.13%であった。

法務省の統計によると、特別刑法犯罪の検挙人員占める暴力団構成員・準構成員等暴力団関係者が占める割合は、1956年は0.96%であり、1956年以降最少であった。1956年~1966年は一時的な減少はあれど増加傾向であり、1966年は5.14%であった。1967年~1971年は減少して3.0%前後で推移し、1971年は3.29%であった。1972年~1978年は一時的な減少はあれど増加傾向であり、1978年は9.92%であった。1979年~山一抗争最中の1987年は、7.0~10.0%の間で増減をしており、1987年は8.79%であった。1988年は前年より増加し、1956年以降最多の11.64%であった。山一抗争が終結した1989年~暴対法が制定された1991年は減少傾向であり、1991年は7.82%であった。1992年~1996年は増加傾向であり、1996年は10.66%であった。1997年~2004年は減少傾向であり、2004年は7.91%であった。2005年~暴力団排除条例が全都道府県に制定された2011年は単年度の減少はあれど増加傾向であり、2011年は10.40%であった。2012年以降は単年度の増加はあれど減少傾向であり、2019年は6.59%であった。

法務省と警察庁の統計によると、1956-2020年の全ての年度の暴力団構成員・準構成員等暴力団関係者の一般刑法犯罪総数に対する罪種別の比率の1位は傷害であり、2020年の比率は21.62%である。一般刑法犯罪総数に対する罪種別の比率の2位と3位は時代によって変わっており、1957-1966年は、1965年に3位が賭博になった以外は、2位が恐喝、3位が暴行であった。1967-1971年は1970年に3位が賭博になった以外は、2位が暴行、3位が恐喝であった。1972-1983年は、暴行と賭博が数年おきに交互にに変わっていった(2位は1972-1974年・1979-1983年は賭博、1975-1978年は暴行)。1984-1996年は、1990年と1993年に賭博が2位、3位が恐喝になった以外は、2位は恐喝、3位が賭博であった。1997-2008年は恐喝と窃盗が数年おきに交互に変わっていった(1997年・2000-2002年は恐喝、1998年・1999年・2003-2008年は窃盗)。2009年以降は、窃盗と詐欺を数年おきに交互で繰り返している(2位は2008-2013年・2017年は窃盗、2014-2016年・2018-2020年は詐欺)。2020年は詐欺の比率は16.58%、窃盗は15.36%である。2020年度の暴力団構成員・準構成員等暴力団関係者の一般刑法犯罪総数に対する傷害と窃盗と詐欺の合計の検挙人員に占める比率は約53.6%である。暴力団構成員・準構成員等暴力団関係者の一般刑法犯は、暴力団の威光を背景に暴力手段を用いて非合法で利益を得るため及び暴力団抗争に伴う暴力手段行使により傷害が最も多い罪種となる。但し、2位と3位の罪種の場合、その時代の経済状況や暴対法・暴排条例等の暴力団の取り巻く法による規制状況、警察の取り締まり等状況によって変わっている。

法務省と警察庁の統計によると、1972-2020年の全ての年度の暴力団構成員・準構成員等暴力団関係者の特別刑法犯罪総数に対する罪種別の比率の1位は覚せい剤取締法違反であり、2020年の比率は62.06%である。特別刑法犯罪総数に対する罪種別の比率の2位と3位は時代によって変わっており、1972-2000年は、銃砲刀剣類等取締法違反と競馬法違反が数年~十数年おきに交互に変わっていった(2位は1972年・1985-1987年・1998-2000年は銃砲刀剣類等取締法、1973-1984年・1988-1997年は競馬法違反)。2001年は2位が銃砲刀剣類等取締法違反、3位が売春防止法違反である。2002-2006年は、銃砲刀剣類等取締法違反と大麻取締法違反が交互に入れ替わっている(2位は2002-2005年は銃砲刀剣類等取締法違反、2005年・2006年は大麻取締法違反である。)。2007-2015年は風営適正化法違反と大麻取締法違反が交互に入れ替わっている(2位は2007-2011年・2015年は大麻取締法違反、2012-2014年は風営適正化法違反)。2016年以降は、2位は大麻取締法違反、3位は迷惑防止条例違反である。2020年度の暴力団構成員・準構成員等暴力団関係者の特別刑法犯罪総数に対する覚せい剤取締法違反と大麻取締法違反の薬物関連の合計の検挙人員に占める比率は約75.0%である。暴力団構成員・準構成員等暴力団関係者の特別刑法犯は、1989年の警察による調査[118]より、暴力団が得られる収入で最も多いのが覚醒剤による密売であるため、覚せい剤取締法違反が最も多い罪種となる。但し、2位と3位の罪種の場合、その時代の経済状況や薬物情勢、暴対法・暴排条例等の暴力団の取り巻く法による規制状況、警察の取り締まり等状況によって変わっている。

暴力団関係者の刑法犯罪の暴力犯罪の罪種別の検挙人員及び検挙人員に占める割合[編集]

暴力団関係者の刑法犯罪の暴力犯罪の罪種別の検挙人員と検挙人員率
年度
暴力団
構成員・
暴力団
準構成員等
暴力団
関係者
一般
刑法犯
検挙
人員
検挙人員 全検挙人員に占める割合 全暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者
検挙人員に占める割合
殺人 強制性交等
(旧 強姦)
傷害 暴行 暴力行為 強盗 放火 凶器
準備
集合
逮捕
監禁
殺人 強制性交等
(旧 強姦)
傷害 暴行 暴力行為 強盗 放火 凶器
準備
集合
逮捕
監禁
殺人 強制性交等
(旧 強姦)
傷害 暴行 暴力行為 強盗 放火 凶器
準備
集合
逮捕
監禁
1956 80,364 1,078 --- 34,102 --- --- 1,729 --- --- --- 37.67 --- 41.87 --- --- 29.74 --- --- --- 1.34 --- 42.43 --- --- 2.15 --- --- ---
1957 47,229 674 1,122 18,971 5,679 1,938 1,465 31 --- --- 25.41 20.89 21.97 17.39 --- 26.59 3.38 --- --- 1.43 2.38 40.17 12.02 4.10 3.10 0.07 --- ---
1958 54,690 837 2,042 20,321 6,455 3,468 1,606 53 --- --- 28.80 23.83 22.48 16.38 --- 26.27 5.34 --- --- 1.53 3.73 37.16 11.80 6.34 2.94 0.10 --- ---
1959 51,802 845 1,828 18,446 6,410 3,366 1,372 46 --- --- 28.50 22.21 20.78 15.88 --- 23.80 4.76 --- --- 1.63 3.53 35.61 12.37 6.50 2.65 0.09 --- ---
1960 51,317 788 1,792 18,424 6,029 3,358 1,385 41 462 --- 27.71 22.18 22.08 15.68 --- 24.91 4.23 81.34 --- 1.54 3.49 35.90 11.75 6.54 2.70 0.08 0.90 ---
1961 52,455 933 1,652 17,806 5,909 3,926 1,341 58 442 --- 31.94 20.34 20.93 14.90 --- 26.96 6.27 79.21 --- 1.78 3.15 33.95 11.26 7.48 2.56 0.11 0.84 ---
1962 46,489 789 1,462 15,753 5,323 3,587 1,121 32 535 --- 31.52 19.31 19.89 13.83 --- 24.69 4.22 76.32 --- 1.70 3.14 33.89 11.45 7.72 2.41 0.07 1.15 ---
1963 44,647 778 1,347 14,861 5,969 3,643 937 39 618 --- 31.73 17.77 20.19 14.31 --- 22.31 4.17 65.81 --- 1.74 3.02 33.29 13.37 8.16 2.10 0.09 1.38 ---
1964 51,339 760 1,495 15,446 6,536 5,015 963 --- 542 --- 30.39 17.83 20.11 14.45 --- 23.96 --- 61.04 --- 1.48 2.91 30.09 12.73 9.77 1.88 --- 1.06 ---
1965 47,416 577 1,239 12,694 5,430 6,008 785 --- 251 --- 24.25 14.67 17.20 12.06 --- 19.12 --- 53.29 --- 1.22 2.61 26.77 11.45 12.67 1.66 --- 0.53 ---
1966 34,121 435 766 9,146 5,278 --- 389 --- 312 --- 19.10 9.33 12.32 11.64 --- 10.24 --- 39.64 --- 1.27 2.24 26.80 15.47 --- 1.14 --- 0.91 ---
1967 31,459 412 711 9,130 5,177 --- 345 --- 314 --- 18.52 8.84 12.40 11.66 --- 10.98 --- 43.37 --- 1.31 2.26 29.02 16.46 --- 1.10 --- 1.00 ---
1968 32,428 444 707 9,279 5,515 --- 334 --- 417 --- 19.33 9.15 13.04 13.13 --- 11.23 --- 39.68 --- 1.37 2.18 28.61 17.01 --- 1.03 --- 1.29 ---
1969 33,140 577 677 9,718 5,634 --- 330 --- 316 --- 24.54 9.89 14.61 14.57 --- 11.24 --- 16.89 --- 1.74 2.04 29.32 17.00 --- 1.00 --- 0.95 ---
1970 36,524 497 755 10,086 5,782 --- 381 --- 341 --- 23.16 11.74 16.35 15.28 --- 13.39 --- 27.28 --- 1.36 2.07 27.61 15.83 --- 1.04 --- 0.93 ---
1971 35,849 505 762 9,369 5,872 --- 384 --- 526 --- 23.66 13.07 16.67 16.75 --- 15.02 --- 33.87 --- 1.41 2.13 26.13 16.38 --- 1.07 --- 1.47 ---
1972 38,137 524 721 9,857 5,871 73 413 30 338 --- 23.95 13.20 19.06 18.17 51.05 17.22 3.75 37.14 --- 1.37 1.89 25.85 15.39 0.19 1.08 0.08 0.89 ---
1973 38,004 538 634 11,013 6,037 72 344 33 334 --- 25.46 13.25 20.78 18.63 43.37 16.55 4.70 33.20 --- 1.42 1.67 28.98 15.89 0.19 0.91 0.09 0.88 ---
1974 39,759 480 697 11,765 6,961 64 408 31 280 --- 25.67 15.54 25.11 22.16 42.38 19.33 4.14 16.87 --- 1.21 1.75 29.59 17.51 0.16 1.03 0.08 0.70 ---
1975 38,524 640 617 10,916 6,682 57 375 35 303 --- 29.37 15.23 25.52 24.02 32.20 16.70 4.76 25.12 --- 1.66 1.60 28.34 17.35 0.15 0.97 0.09 0.79 ---
1976 38,491 641 544 10,853 6,697 77 426 46 323 --- 30.34 16.03 26.74 25.40 40.96 20.83 5.25 31.12 --- 1.67 1.41 28.20 17.40 0.20 1.11 0.12 0.84 ---
1977 38,251 554 504 11,227 6,830 67 356 65 514 --- 27.87 16.55 27.56 26.49 50.76 19.50 7.06 41.59 --- 1.45 1.32 29.35 17.86 0.18 0.93 0.17 1.34 ---
1978 37,201 495 429 10,387 6,427 88 386 73 321 --- 26.86 14.92 28.52 26.78 38.60 22.08 7.73 25.40 --- 1.33 1.15 27.92 17.28 0.24 1.04 0.20 0.86 ---
1979 32,295 493 395 9,532 5,042 83 310 47 333 --- 26.78 14.33 28.39 24.87 42.56 17.14 4.98 24.10 --- 1.53 1.22 29.52 15.61 0.26 0.96 0.15 1.03 ---
1980 32,656 412 331 9,440 4,782 84 403 59 294 --- 26.41 12.41 27.02 22.39 43.08 19.53 6.22 15.81 --- 1.26 1.01 28.91 14.64 0.26 1.23 0.18 0.90 ---
1981 32,844 509 392 9,367 4,327 68 431 49 212 --- 29.73 14.75 27.10 20.30 34.00 20.29 4.79 8.56 --- 1.55 1.19 28.52 13.17 0.21 1.31 0.15 0.65 ---
1982 33,957 528 357 8,681 4,003 72 390 56 189 --- 29.86 14.75 25.43 20.05 39.56 18.82 5.62 13.63 --- 1.55 1.05 25.56 11.79 0.21 1.15 0.16 0.56 ---
1983 29,635 577 324 8,019 3,395 87 379 56 167 --- 32.25 16.43 24.83 18.30 41.43 18.32 5.48 14.82 --- 1.95 1.09 27.06 11.46 0.29 1.28 0.19 0.56 ---
1984 29,859 516 305 8,339 3,447 61 392 73 158 --- 28.86 15.99 25.77 19.51 52.59 19.30 7.23 18.90 --- 1.73 1.02 27.93 11.54 0.20 1.31 0.24 0.53 ---
1985 28,604 598 293 7,814 3,227 80 367 56 102 --- 32.62 16.20 26.23 20.50 49.08 20.65 6.60 11.83 --- 2.09 1.02 27.32 11.28 0.28 1.28 0.20 0.36 ---
1986 26,764 564 226 7,392 2,899 67 388 56 95 --- 33.33 14.33 26.05 21.07 59.82 21.06 6.25 11.47 --- 2.11 0.84 27.62 10.83 0.25 1.45 0.21 0.35 ---
1987 24,396 493 242 6,144 2,260 64 271 42 165 --- 29.86 15.05 22.37 18.61 43.24 15.88 5.02 19.60 --- 2.02 0.99 25.18 9.26 0.26 1.11 0.17 0.68 ---
1988 24,577 356 242 6,321 2,287 92 310 46 37 --- 25.28 16.35 22.75 19.49 41.26 18.83 6.17 7.66 --- 1.45 0.98 25.72 9.31 0.37 1.26 0.19 0.15 ---
1989 22,034 345 202 5,764 1,896 95 229 33 43 --- 26.08 15.20 23.00 21.08 57.58 15.86 5.16 8.27 --- 1.57 0.92 26.16 8.60 0.43 1.04 0.15 0.20 ---
1990 21,759 349 270 5,815 1,742 115 362 34 121 --- 28.19 20.95 24.05 21.62 68.45 22.88 5.54 31.43 --- 1.60 1.24 26.72 8.01 0.53 1.66 0.16 0.56 ---
1991 18,957 265 250 5,278 1,556 54 329 31 45 --- 22.86 19.61 23.20 22.49 39.13 19.82 5.23 11.19 --- 1.40 1.32 27.84 8.21 0.28 1.74 0.16 0.24 ---
1992 19,394 255 159 4,995 1,456 111 302 24 29 --- 21.70 13.38 22.38 21.16 67.68 16.97 4.24 9.83 --- 1.31 0.82 25.76 7.51 0.57 1.56 0.12 0.15 ---
1993 20,331 241 160 4,914 1,447 85 328 58 52 --- 19.79 13.77 22.10 22.02 60.28 15.70 8.04 19.19 --- 1.19 0.79 24.17 7.12 0.42 1.61 0.29 0.26 ---
1994 19,946 270 177 4,833 1,353 137 365 38 10 --- 21.18 15.25 22.30 23.20 68.16 15.39 5.29 4.67 --- 1.35 0.89 24.23 6.78 0.69 1.83 0.19 0.05 ---
1995 18,896 252 153 4,606 1,254 107 376 43 93 --- 19.46 13.19 21.96 20.98 44.58 17.34 6.28 23.60 --- 1.33 0.81 24.38 6.64 0.57 1.99 0.23 0.49 ---
1996 18,779 210 189 4,581 1,168 135 385 47 23 --- 16.91 16.92 21.74 19.87 43.97 16.11 6.62 8.88 --- 1.12 1.01 24.39 6.22 0.72 2.05 0.25 0.12 ---
1997 18,540 265 195 4,589 1,280 107 442 56 76 --- 20.64 13.47 20.10 19.72 50.71 14.02 7.48 19.79 --- 1.43 1.05 24.75 6.90 0.58 2.38 0.30 0.41 ---
1998 20,207 257 194 4,882 1,285 74 546 49 32 --- 18.83 12.83 21.42 21.84 52.86 16.16 7.07 16.58 --- 1.27 0.96 24.16 6.36 0.37 2.70 0.24 0.16 ---
1999 19,611 305 185 4,618 1,087 66 638 58 43 --- 23.23 13.29 21.04 19.75 41.25 16.96 7.73 23.89 --- 1.56 0.94 23.55 5.54 0.34 3.25 0.30 0.22 ---
2000 19,668 305 201 5,021 1,185 78 596 60 61 412 21.54 13.53 17.10 14.60 43.09 15.70 7.60 27.48 54.64 1.55 1.02 25.53 6.03 0.40 3.03 0.31 0.31 2.09
2001 19,650 294 163 4,838 1,222 46 651 48 79 474 22.04 12.76 16.35 14.15 31.08 15.89 6.13 15.90 55.96 1.50 0.83 24.62 6.22 0.23 3.31 0.24 0.40 2.41
2002 20,405 299 180 4,904 1,231 59 652 77 109 471 21.28 13.28 16.42 13.48 40.14 15.71 9.45 38.52 53.10 1.47 0.88 24.03 6.03 0.29 3.20 0.38 0.53 2.31
2003 20,265 313 132 4,651 1,273 73 755 61 136 444 21.50 9.84 16.04 12.57 36.68 16.07 7.04 32.46 54.01 1.54 0.65 22.95 6.28 0.36 3.73 0.30 0.67 2.19
2004 19,472 310 137 4,319 1,233 126 727 61 92 414 22.29 12.38 15.96 11.21 43.30 17.50 7.04 32.97 54.33 1.59 0.70 22.18 6.33 0.65 3.73 0.31 0.47 2.13
2005 18,629 258 114 3,972 1,297 71 696 42 39 336 19.28 10.61 14.64 9.28 29.58 18.11 5.31 41.05 52.34 1.38 0.61 21.32 6.96 0.38 3.74 0.23 0.21 1.80
2006 18,016 183 103 3,881 1,376 82 593 40 31 299 14.75 9.74 14.33 6.95 36.61 17.78 4.85 20.00 47.54 1.02 0.57 21.54 7.64 0.46 3.29 0.22 0.17 1.66
2007 16,621 188 103 3,580 1,210 47 541 22 14 276 16.19 10.17 14.06 5.55 34.31 18.12 2.88 8.81 52.47 1.13 0.62 21.54 7.28 0.28 3.25 0.13 0.08 1.66
2008 16,242 220 94 3,219 1,235 22 534 44 13 239 18.17 9.88 13.90 5.52 21.36 18.98 6.68 15.66 46.77 1.35 0.58 19.82 7.60 0.14 3.29 0.27 0.08 1.47
2009 16,312 204 95 3,123 1,165 71 581 30 3 278 19.69 10.35 14.03 5.45 29.96 18.93 4.75 4.11 51.96 1.25 0.58 19.15 7.14 0.44 3.56 0.18 0.02 1.70
2010 15,782 178 70 3,016 1,130 77 560 33 4 202 17.82 8.72 13.69 5.12 30.31 21.81 5.07 8.89 48.91 1.13 0.44 19.11 7.16 0.49 3.55 0.21 0.03 1.28
2011 15,805 133 84 3,040 1,167 43 482 33 0 198 13.70 10.94 14.09 5.30 19.37 19.83 5.36 0.00 44.59 0.84 0.53 19.23 7.38 0.27 3.05 0.21 0.00 1.25
2012 14,506 102 57 2,970 1,126 37 463 17 3 201 11.35 6.64 12.50 4.77 20.33 19.05 2.87 15.00 47.41 0.70 0.39 20.47 7.76 0.26 3.19 0.12 0.02 1.39
2013 13,447 119 67 2,807 1,048 27 357 31 3 167 13.13 7.15 11.93 4.61 26.21 15.83 5.65 4.62 48.41 0.88 0.50 20.87 7.79 0.20 2.65 0.23 0.02 1.24
2014 13,253 140 65 2,696 1,134 18 384 32 21 133 14.48 7.07 11.73 4.64 17.82 18.32 5.35 70.00 36.24 1.06 0.49 20.34 8.56 0.14 2.90 0.24 0.16 1.00
2015 12,690 115 48 2,596 1,115 29 295 45 25 124 12.60 5.14 11.75 4.38 28.71 14.96 7.61 46.30 31.00 0.91 0.38 20.46 8.79 0.23 2.32 0.35 0.20 0.98
2016 12,177 83 52 2,514 1,261 10 327 28 14 172 10.17 5.94 11.44 4.90 14.93 16.48 4.85 82.35 45.50 0.68 0.43 20.65 10.36 0.08 2.69 0.23 0.11 1.41
2017 10,393 118 38 2,095 1,043 28 244 22 4 130 13.50 4.18 9.99 4.06 40.00 14.32 3.80 66.67 36.21 1.14 0.37 20.16 10.04 0.27 2.35 0.21 0.04 1.25
2018 9,825 94 40 2,042 993 15 287 23 2 96 11.24 3.68 9.83 3.73 24.19 16.57 4.28 40.00 33.22 0.96 0.41 20.78 10.11 0.15 2.92 0.23 0.02 0.98
2019 8,445 79 30 1,823 866 20 246 14 1 171 8.55 2.55 9.07 3.28 35.71 15.34 2.70 20.00 42.96 0.94 0.36 21.59 10.25 0.24 2.91 0.17 0.01 2.02
2020 7,533 97 40 1,629 829 --- 175 17 2 117 11.05 3.40 8.65 3.33 --- 10.58 2.92 9.09 29.25 1.29 0.53 21.62 11.00 --- 2.32 0.23 0.03 1.55
年度
暴力団
構成員・
準構成員等
暴力団
関係者
一般
刑法犯
検挙
人員
殺人 強制性交等
(旧 強姦)
傷害 暴行 暴力行為 強盗 放火 凶器
準備
集合
逮捕
監禁
殺人 強制性交等
(旧 強姦)
傷害 暴行 暴力行為 強盗 放火 凶器
準備
集合
逮捕
監禁
殺人 強制性交等
(旧 強姦)
傷害 暴行 暴力行為 強盗 放火 凶器
準備
集合
逮捕
監禁
検挙人員 全検挙人員に占める割合 全暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者
検挙人員に占める割合
    • 暴力団とは、暴力団対策法第2条の定義より、「その団体の構成員(その団体の構成団体の構成員を含む。)が集団的に又は常習的に暴力的不法行為等を行うことを助長するおそれがある団体」をいう[97]
    • 刑法犯は刑法に対する違反件数の総合計(法務省の犯罪統計用語、特別法に対する犯罪は含まない)。
    • 凶器準備集合罪」は、別府事件を契機の1つとして、1958年に制定された罪であることに注意する[122]
    • 全暴力団構成員・準構成員等暴力団関係者一般刑法犯検挙人員の内、過失犯は1978年まで除き、1979年以降は含んでいる。
    • 全暴力団構成員・準構成員等暴力団関係者一般刑法犯検挙人員は1978年までは交通関係業業務過失致死傷を含み、1979年以降は刑法犯から自動車運転による業務上過失致死傷と危険運転致死傷を除外した合計(法務省の犯罪統計用語)。但し、2002年から2014年の間は,危険運転致死傷を含む。
    • 検挙人員に占める割合は、全検挙人員に占める暴力団構成員・準構成員等暴力団関係者の割合である。
    • 全暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員に占める割合は、その年に検挙された全暴力団構成員・準構成員等検挙人員の内、その罪種によって検挙された暴力団構成員・準構成員等暴力団関係者が占める割合を示してる。
    • 出典元の資料の発行年によりデータの数値に差異がある場合は最近の年度のデータを引用。
    • ‐‐は統計資料無しまたは未発見・未公開・未発表。
  • 出典
    • 2020年の殺人・強制性交等(旧 強姦)・傷害・暴行・暴力行為・強盗・放火・凶器準備集合・逮捕監禁の一般刑法犯検挙人員[12]
    • 1956年~2019年の殺人・強制性交等(旧 強姦)・傷害・暴行・暴力行為・強盗・放火・凶器準備集合の一般刑法犯検挙人員[43]
    • 2011年~2020年の逮捕・監禁の一般刑法犯検挙人員[13]
    • 2001~2009年の逮捕・監禁の一般刑法犯検挙人員
    • 2000年の逮捕・監禁の一般刑法犯検挙人員
    • 2020年の殺人・強制性交等(旧 強姦)・傷害・暴行・暴力行為・強盗・放火・凶器準備集合・逮捕監禁の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[104]
    • 2015~2019年の殺人・強制性交等(旧 強姦)・傷害・暴行・暴力行為・強盗・放火・凶器準備集合・逮捕監禁の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[123]
    • 2010~2014年の殺人・強制性交等(旧 強姦)・傷害・暴行・暴力行為・強盗・放火・凶器準備集合・逮捕監禁の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[124]
    • 2005~2009年の殺人・強制性交等(旧 強姦)・傷害・暴行・暴力行為・強盗・放火・凶器準備集合・逮捕監禁の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[125]
    • 2000~2004年の殺人・強制性交等(旧 強姦)・傷害・暴行・暴力行為・強盗・放火・凶器準備集合・逮捕監禁の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[126]
    • 1995~1999年の殺人・強制性交等(旧 強姦)・傷害・暴行・暴力行為・強盗・放火・凶器準備集合の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[127]
    • 1990~1994年の殺人・強制性交等(旧 強姦)・傷害・暴行・暴力行為・強盗・放火・凶器準備集合の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[128]
    • 1985~1989年の殺人・強制性交等(旧 強姦)・傷害・暴行・暴力行為・強盗・放火・凶器準備集合の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[129]
    • 1958年・1963年・1968年・1973年・1978年・1983年の殺人・強制性交等(旧 強姦)・傷害・暴行・暴力行為・強盗・放火・凶器準備集合の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[130]
    • 1980~1982年・1984年の殺人・強制性交等(旧 強姦)・傷害・暴行・暴力行為・強盗・放火・凶器準備集合の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[131]
    • 1972・1974年~1977年・1979年の殺人・強制性交等(旧 強姦)・傷害・暴行・暴力行為・強盗・放火・凶器準備集合の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[132]
    • 1970年・1971年の殺人・強制性交等(旧 強姦)・傷害・暴行・強盗・凶器準備集合の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[133]
    • 1966年・1967年・1969年の殺人・強制性交等(旧 強姦)・傷害・暴行・強盗・凶器準備集合の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[134]
    • 1960年~1962年・1964年・1965年の殺人・強制性交等(旧 強姦)・傷害・暴行・暴力行為・強盗・凶器準備集合の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[135]
    • 1957年・1959年の殺人・強制性交等(旧 強姦)・傷害・暴行・強盗・凶器準備集合と1957年・1959年~1962年の放火の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[136]
    • 1956年の殺人・傷害・強盗の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[137]

暴力団関係者の刑法犯罪の非暴力犯罪の罪種別の検挙人員及び検挙人員に占める割合[編集]

暴力団関係者の刑法犯罪の非暴力犯罪の罪種別の検挙人員と検挙人員率
年度
暴力団
構成員・
暴力団
準構成員等
暴力団
関係者
一般
刑法犯
検挙
人員
検挙人員 全検人員に占める割合 全暴力団構成員・準構成員等暴力団関係者
検挙人員に占める割合
窃盗 詐欺 横領 賭博 恐喝 脅迫 証人威迫 器物
損壊
窃盗 詐欺 横領 賭博 恐喝 脅迫 器物
損壊
窃盗 詐欺 横領 賭博 恐喝 脅迫 証人威迫 器物
損壊
1956 80,364 --- --- --- --- 12,019 --- --- --- --- --- --- --- 66.75 --- --- --- --- --- --- 14.96 --- --- ---
1957 47,229 2,067 910 --- --- 8,814 1,335 --- --- 1.01 2.42 --- --- 47.08 28.64 --- 4.38 1.93 --- --- 18.66 2.83 --- ---
1958 54,690 2,301 1,020 --- --- 10,725 1,566 --- --- 1.30 2.85 --- --- 44.23 30.53 --- 4.21 1.87 --- --- 19.61 2.86 --- ---
1959 51,802 2,415 894 --- --- 10,630 1,354 --- --- 1.33 2.80 --- --- 42.37 27.58 --- 4.66 1.73 --- --- 20.52 2.61 --- ---
1960 51,317 2,495 870 --- --- 10,054 1,112 47 --- 1.38 3.03 --- --- 39.79 25.34 --- 4.86 1.70 --- --- 19.59 2.17 0.09 ---
1961 52,455 2,673 1,022 --- 1,325 10,287 1,091 57 --- 1.43 3.80 --- 18.84 39.42 23.99 --- 5.10 1.95 --- 2.53 19.61 2.08 0.11 ---
1962 46,489 2,274 912 --- 1,395 8,808 915 80 --- 1.24 3.91 --- 19.00 34.77 21.65 --- 4.89 1.96 --- 3.00 18.95 1.97 0.17 ---
1963 44,647 2,245 811 --- 1,575 7,601 885 54 707 1.20 3.78 --- 20.92 31.29 19.80 14.45 5.03 1.82 --- 3.53 17.02 1.98 0.12 1.58
1964 51,339 2,389 1,055 --- 4,206 8,357 869 78 --- 1.23 4.62 --- 33.20 33.67 17.26 --- 4.65 2.05 --- 8.19 16.28 1.69 0.15 ---
1965 47,416 2,405 1,011 --- 6,117 6,498 632 57 --- 1.27 4.51 --- 38.47 29.83 13.73 --- 5.07 2.13 --- 12.90 13.70 1.33 0.12 ---
1966 34,121 2,325 1,080 --- 4,134 5,413 1,311 26 --- 1.26 4.89 --- 26.60 28.54 30.35 --- 6.81 3.17 --- 12.12 15.86 3.84 0.08 ---
1967 31,459 1,982 1,030 --- 3,532 4,409 1,251 19 --- 1.17 5.48 --- 26.71 28.80 33.25 --- 6.30 3.27 --- 11.23 14.02 3.98 0.06 ---
1968 32,428 1,890 1,026 --- 4,456 4,414 1,109 22 427 1.14 5.78 --- 32.46 31.18 32.80 11.62 5.83 3.16 --- 13.74 13.61 3.42 0.07 1.32
1969 33,140 1,921 914 --- 4,540 4,579 1,066 24 --- 1.20 5.63 --- 35.72 33.89 34.89 --- 5.80 2.76 --- 13.70 13.82 3.22 0.07 ---
1970 36,524 2,089 1,122 --- 5,608 5,409 1,219 36 --- 1.20 6.83 --- 39.21 36.11 40.28 --- 5.72 3.07 --- 15.35 14.81 3.34 0.10 ---
1971 35,849 1,975 1,292 --- 5,239 5,518 1,154 50 --- 1.17 8.62 --- 41.89 37.65 42.77 --- 5.51 3.60 --- 14.61 15.39 3.22 0.14 ---
1972 38,137 1,732 1,412 --- 7,615 5,367 980 39 492 1.04 8.85 --- 50.50 40.67 43.13 18.81 4.54 3.70 --- 19.97 14.07 2.57 0.10 1.29
1973 38,004 1,583 1,207 --- 7,441 4,774 1,034 32 566 0.91 7.59 --- 47.60 40.02 47.02 18.92 4.17 3.18 --- 19.58 12.56 2.72 0.08 1.49
1974 39,759 1,828 1,064 --- 7,569 4,695 939 30 564 0.96 7.04 --- 47.19 40.47 47.50 19.91 4.60 2.68 --- 19.04 11.81 2.36 0.08 1.42
1975 38,524 2,021 1,245 --- 6,277 5,129 854 24 638 1.02 7.50 --- 42.77 41.47 42.94 23.17 5.25 3.23 --- 16.29 13.31 2.22 0.06 1.66
1976 38,491 2,220 1,337 --- 6,119 4,888 887 29 652 1.10 8.40 --- 48.80 45.74 52.18 22.65 5.77 3.47 --- 15.90 12.70 2.30 0.08 1.69
1977 38,251 2,143 1,424 --- 5,599 4,549 895 18 676 1.03 9.09 --- 45.73 47.09 52.59 23.93 5.60 3.72 --- 14.64 11.89 2.34 0.05 1.77
1978 37,201 2,208 1,390 --- 5,925 4,788 836 20 714 0.95 8.38 --- 55.92 50.94 52.84 22.20 5.94 3.74 --- 15.93 12.87 2.25 0.05 1.92
1979 32,295 2,131 1,143 --- 5,107 3,900 727 16 683 0.91 8.93 --- 59.20 47.55 52.57 22.53 6.60 3.54 --- 15.81 12.08 2.25 0.05 2.11
1980 32,656 2,242 1,410 --- 5,485 4,035 753 21 703 0.90 10.45 --- 57.94 46.70 55.70 19.81 6.87 4.32 --- 16.80 12.36 2.31 0.06 2.15
1981 32,844 2,485 1,435 --- 5,128 4,425 760 36 707 0.93 9.81 --- 53.91 44.00 58.46 21.05 7.57 4.37 --- 15.61 13.47 2.31 0.11 2.15
1982 33,957 2,481 1,576 --- 7,495 4,484 706 32 674 0.88 10.43 --- 48.71 39.15 54.77 20.64 7.31 4.64 --- 22.07 13.20 2.08 0.09 1.98
1983 29,635 2,445 1,296 --- 5,237 4,113 668 15 582 0.86 9.54 --- 36.33 35.67 57.05 18.77 8.25 4.37 --- 17.67 13.88 2.25 0.05 1.96
1984 29,859 2,589 1,564 --- 4,285 4,519 655 20 699 0.88 10.43 --- 43.46 38.01 63.90 23.56 8.67 5.24 --- 14.35 15.13 2.19 0.07 2.34
1985 28,604 2,864 1,589 --- 3,470 4,753 728 4 659 1.02 10.55 --- 54.66 39.42 59.82 21.77 10.01 5.56 --- 12.13 16.62 2.55 0.01 2.30
1986 26,764 3,092 1,501 --- 2,965 4,412 556 20 600 1.19 11.22 --- 38.60 35.87 59.21 21.41 11.55 5.61 --- 11.08 16.48 2.08 0.07 2.24
1987 24,396 2,665 1,342 --- 3,182 4,544 720 10 531 1.02 9.89 --- 35.39 40.59 64.98 19.25 10.92 5.50 --- 13.04 18.63 2.95 0.04 2.18
1988 24,577 2,407 1,313 --- 3,671 4,532 638 19 520 0.95 10.27 --- 38.23 41.41 60.08 18.02 9.79 5.34 --- 14.94 18.44 2.60 0.08 2.12
1989 22,034 2,223 1,210 --- 3,345 3,804 552 15 541 1.14 13.20 --- 41.05 40.18 58.79 22.54 10.09 5.49 --- 15.18 17.26 2.51 0.07 2.46
1990 21,759 2,444 1,076 --- 3,476 3,326 483 19 526 1.39 13.87 --- 50.56 38.44 62.56 22.39 11.23 4.95 --- 15.97 15.29 2.22 0.09 2.42
1991 18,957 2,069 1,207 --- 2,439 3,008 472 13 403 1.22 14.46 --- 43.29 38.10 65.19 18.20 10.91 6.37 --- 12.87 15.87 2.49 0.07 2.13
1992 19,394 2,016 1,230 --- 2,749 3,190 632 13 483 1.31 14.07 --- 48.14 38.75 66.95 19.52 10.39 6.34 --- 14.17 16.45 3.26 0.07 2.49
1993 20,331 1,891 1,220 --- 4,026 3,089 665 9 495 1.17 13.65 --- 63.46 36.22 67.86 20.51 9.30 6.00 --- 19.80 15.19 3.27 0.04 2.43
1994 19,946 2,119 1,494 --- 2,925 3,192 688 8 533 1.28 14.45 --- 59.49 34.02 66.28 21.39 10.62 7.49 --- 14.66 16.00 3.45 0.04 2.67
1995 18,896 2,164 1,491 --- 2,681 2,766 574 7 490 1.36 16.86 --- 50.87 30.28 64.35 20.26 11.45 7.89 --- 14.19 14.64 3.04 0.04 2.59
1996 18,779 2,262 1,508 --- 2,482 2,666 523 4 500 1.39 18.27 --- 60.07 29.45 61.97 20.05 12.05 8.03 --- 13.22 14.20 2.79 0.02 2.66
1997 18,540 2,488 1,572 --- 1,728 2,638 557 10 462 1.42 17.97 --- 52.80 27.04 57.19 16.66 13.42 8.48 --- 9.32 14.23 3.00 0.05 2.49
1998 20,207 3,062 1,618 --- 1,881 3,044 534 8 517 1.69 18.70 --- 55.78 30.68 55.57 18.14 15.15 8.01 --- 9.31 15.06 2.64 0.04 2.56
1999 19,611 3,001 1,880 --- 1,575 2,889 516 3 499 1.74 22.99 --- 67.68 30.93 57.59 17.44 15.30 9.59 --- 8.03 14.73 2.63 0.02 2.54
2000 19,668 2,623 1,556 113 1,164 3,290 591 11 573 1.61 18.32 0.19 61.10 29.22 40.53 14.11 13.34 7.91 0.57 5.92 16.73 3.00 0.06 2.91
2001 19,650 2,757 1,723 107 1,238 3,070 613 15 515 1.63 20.28 0.16 59.52 30.14 40.20 12.20 14.03 8.77 0.54 6.30 15.62 3.12 0.08 2.62
2002 20,405 2,917 1,695 117 1,374 2,954 606 6 641 1.61 17.83 0.16 71.27 33.53 39.69 13.00 14.30 8.31 0.57 6.73 14.48 2.97 0.03 3.14
2003 20,265 3,396 1,701 101 780 3,092 551 13 618 1.77 16.69 0.11 45.22 36.24 37.82 11.59 16.76 8.39 0.50 3.85 15.26 2.72 0.06 3.05
2004 19,472 3,265 1,821 108 837 2,808 487 3 637 1.67 16.20 0.11 58.86 39.76 35.09 11.54 16.77 9.35 0.55 4.30 14.42 2.50 0.02 3.27
2005 18,629 3,198 1,712 86 845 2,619 543 16 642 1.65 14.70 0.09 47.71 40.67 35.68 10.09 17.17 9.19 0.46 4.54 14.06 2.91 0.09 3.45
2006 18,016 3,139 1,785 97 685 2,523 612 8 631 1.67 14.39 0.11 49.64 43.65 36.15 9.63 17.42 9.91 0.54 3.80 14.00 3.40 0.04 3.50
2007 16,621 3,050 1,743 83 648 2,175 545 2 535 1.69 14.39 0.10 42.38 43.04 32.36 8.14 18.35 10.49 0.50 3.90 13.09 3.28 0.01 3.22
2008 16,242 3,028 1,846 99 639 2,013 625 5 547 1.73 15.34 0.15 47.02 44.99 34.27 8.44 18.64 11.37 0.61 3.93 12.39 3.85 0.03 3.37
2009 16,312 3,136 2,072 64 789 1,800 543 2 509 1.78 16.52 0.10 56.84 45.44 34.76 8.26 19.23 12.70 0.39 4.84 11.03 3.33 0.01 3.12
2010 15,782 3,329 1,960 82 652 1,684 536 5 479 1.90 17.34 0.15 49.70 44.78 33.23 8.17 21.09 12.42 0.52 4.13 10.67 3.40 0.03 3.04
2011 15,805 3,538 2,077 94 405 1,559 589 7 538 2.10 19.65 0.20 44.85 46.90 35.42 9.21 22.39 13.14 0.59 2.56 9.86 3.73 0.04 3.40
2012 14,506 2,794 2,190 79 511 1,334 617 5 510 1.82 19.91 0.21 58.33 43.74 28.76 8.54 19.26 15.10 0.54 3.52 9.20 4.25 0.03 3.52
2013 13,447 2,470 2,321 71 294 1,084 595 7 435 1.78 21.44 0.23 40.55 42.33 25.03 7.20 18.37 17.26 0.53 2.19 8.06 4.42 0.05 3.23
2014 13,253 2,296 2,337 71 366 1,084 627 8 412 1.75 22.28 0.26 49.80 44.10 23.00 7.13 17.32 17.63 0.54 2.76 8.18 4.73 0.06 3.11
2015 12,690 2,121 2,281 63 515 1,042 592 1 369 1.71 21.72 0.27 55.80 47.65 21.76 6.60 16.71 17.97 0.50 4.06 8.21 4.67 0.01 2.91
2016 12,177 2,044 2,072 43 423 830 534 10 382 1.77 20.00 0.21 57.71 46.27 19.22 7.10 16.79 17.02 0.35 3.47 6.82 4.39 0.08 3.14
2017 10,393 1,874 1,813 51 289 803 513 7 310 1.72 18.26 0.29 45.37 45.52 18.27 5.81 18.03 17.44 0.49 2.78 7.73 4.94 0.07 2.98
2018 9,825 1,627 1,749 43 292 772 550 7 247 1.59 17.56 0.27 48.50 46.20 20.27 4.95 16.56 17.80 0.44 2.97 7.86 5.60 0.07 2.51
2019 8,445 1,434 1,448 35 189 636 393 7 238 1.52 16.37 0.26 41.81 41.35 14.22 4.97 16.98 17.15 0.41 2.24 7.53 4.65 0.08 2.82
2020 7,533 1,157 1,249 34 225 575 415 6 201 1.31 15.00 0.28 45.45 37.95 14.50 4.08 15.36 16.58 0.45 2.99 7.63 5.51 0.08 2.67
年度
暴力団
構成員・
暴力団
準構成員等
暴力団
関係者
一般
刑法犯
検挙
人員
窃盗 詐欺 横領 賭博 恐喝 脅迫 証人威迫 器物
損壊
窃盗 詐欺 横領 賭博 恐喝 脅迫 器物
損壊
窃盗 詐欺 横領 賭博 恐喝 脅迫 証人威迫 器物
損壊
検挙人員 全検人員に占める割合 全暴力団構成員・準構成員等暴力団関係者
検挙人員に占める割合
    • 暴力団とは、暴力団対策法第2条の定義より、「その団体の構成員(その団体の構成団体の構成員を含む。)が集団的に又は常習的に暴力的不法行為等を行うことを助長するおそれがある団体」をいう[97]
    • 刑法犯は刑法に対する違反件数の総合計(法務省の犯罪統計用語、特別法に対する犯罪は含まない)。
    • 「証人威迫(証人等威迫罪)」は、暴力団のお礼参りが社会問題化されたのを受けて、1958年に制定された罪であることに注意する[122]
    • 全暴力団構成員・準構成員等暴力団関係者一般刑法犯検挙人員の内、過失犯は1978年まで除き、1979年以降は含んでいる。
    • 全暴力団構成員・準構成員等暴力団関係者一般刑法犯検挙人員は1978年までは交通関係業業務過失致死傷を含み、1979年以降は刑法犯から自動車運転による業務上過失致死傷と危険運転致死傷を除外した合計(法務省の犯罪統計用語)。但し、2002年から2014年の間は,危険運転致死傷を含む。
    • 検挙人員に占める割合は、全検挙人員に占める暴力団構成員・準構成員等暴力団関係者が占める割合である。
    • 全暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員に占める割合は、その年に検挙された全暴力団構成員・準構成員等検挙人員の内、その罪種によって検挙された暴力団構成員・準構成員等暴力団関係者が占める割合を示してる。
    • 出典元の資料の発行年によりデータの数値に差異がある場合は最近の年度のデータを引用。
    • ‐‐は統計資料無しまたは未発見・未公開・未発表。
  • 出典
    • 2020年の窃盗・詐欺・横領・賭博・恐喝・脅迫・器物損壊の一般刑法犯検挙人員[12]
    • 1956年~2019年の窃盗・詐欺・横領・賭博・恐喝・脅迫・器物損壊の一般刑法犯検挙人員[43]
    • 2020年の窃盗・詐欺・横領・賭博・恐喝・脅迫・証人威迫・器物損壊の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[104]
    • 2015~2019年の窃盗・詐欺・横領・賭博・恐喝・脅迫・証人威迫・器物損壊の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[123]
    • 2010~2014年の窃盗・詐欺・横領・賭博・恐喝・脅迫・証人威迫・器物損壊のの暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[124]
    • 2005~2009年の窃盗・詐欺・横領・賭博・恐喝・脅迫・証人威迫・器物損壊の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[125]
    • 2000~2004年の窃盗・詐欺・横領・賭博・恐喝・脅迫・証人威迫・器物損壊の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[126]
    • 1995~1999年の窃盗・詐欺・賭博・恐喝・脅迫・証人威迫・器物損壊の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[127]
    • 1990~1994年の窃盗・詐欺・賭博・恐喝・脅迫・証人威迫・器物損壊の殺暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[128]
    • 1985~1989年の窃盗・詐欺・賭博・恐喝・脅迫・証人威迫・器物損壊の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[129]
    • 1958年・1963年・1968年・1973年・1978年・1983年の窃盗・詐欺・賭博・恐喝・脅迫・証人威迫・器物損壊の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[130]
    • 1980~1982年・1984年の窃盗・詐欺・賭博・恐喝・脅迫・証人威迫・器物損壊の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[131]
    • 1972・1974年~1977年・1979年の窃盗・詐欺・賭博・恐喝・脅迫・証人威迫・器物損壊の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[132]
    • 1970年・1971年の窃盗・詐欺・賭博・恐喝・脅迫・証人威迫の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[133]
    • 1966年・1967年・1969年の窃盗・詐欺・賭博・恐喝・脅迫・証人威迫の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[134]
    • 1960年~1962年・1964年・1965年の窃盗・詐欺・賭博・恐喝・脅迫・証人威迫(賭博は1960年を除く)の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[135]
    • 1957年・1959年の窃盗・詐欺・恐喝・脅迫・証人威迫の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[136]
    • 1956年の恐喝の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[137]

暴力団関係者の刑法犯罪の特別法犯罪の罪種別の検察庁新規受理人員及び検挙人員に占める割合[編集]

暴力団関係者の刑法犯罪の特別法犯罪の罪種別の検挙人員と検挙人員率
年度
暴力団
構成員・
暴力団
準構成員等
暴力団
関係者
特別
刑法犯
検察庁
新規
受理
人員
検挙人員 検察庁新規受理人員に占める割合 全暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検察庁新規受理人員に占める割合
覚せい剤 麻薬 大麻 銃砲刀剣 毒劇物 売春 児童
福祉法
風営
適正化法
競馬法 自転車
競技法
モーター
ボート
競走法
小型
自動車
競走法
青少年
保護
育成
条例
迷惑
防止
条例
暴排
条例
暴対法 覚せい剤 麻薬 大麻 銃砲刀剣 毒劇物 売春 児童
福祉法
風営
適正化法
競馬法 自転車
競技法
モーター
ボート
競走法
覚せい剤 麻薬 大麻 銃砲刀剣 毒劇物 売春 児童
福祉法
風営
適正化法
競馬法 自転車
競技法
モーター
ボート
競走法
小型
自動車
競走法
青少年
保護
育成
条例
迷惑
防止
条例
暴排
条例
暴対法
1957年 3,093 --- --- --- 890 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- 7.66 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- 28.77 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- ---
1958年 4,612 --- --- --- 1081 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- 8.85 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- 23.44 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- ---
1959年 3,897 --- --- --- 891 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- 7.36 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- 22.86 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- ---
1960年 5,463 --- --- --- 1138 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- 7.11 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- 20.83 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- ---
1961年 6,469 --- 488 --- 1083 --- 478 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- 18.32 --- 6.87 --- 3.42 --- --- --- --- --- --- 7.54 --- 16.74 --- 7.39 --- --- --- --- --- --- --- --- --- ---
1962年 5,933 --- 604 --- 1211 --- 467 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- 19.53 --- 6.89 --- 3.72 --- --- --- --- --- --- 10.18 --- 20.41 --- 7.87 --- --- --- --- --- --- --- --- --- ---
1963年 6,418 --- 709 --- 1710 --- 496 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- 22.99 --- 8.18 --- 4.46 --- --- --- --- --- --- 11.05 --- 26.64 --- 7.73 --- --- --- --- --- --- --- --- --- ---
1964年 7,348 --- 242 --- 2361 --- 685 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- 22.62 --- 11.11 --- 6.27 --- --- --- --- --- --- 3.29 --- 32.13 --- 9.32 --- --- --- --- --- --- --- --- --- ---
1965年 9,288 --- 194 --- 2677 --- 1133 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- 17.00 --- 12.38 --- 10.74 --- --- --- --- --- --- 2.09 --- 28.82 --- 12.20 --- --- --- --- --- --- --- --- --- ---
1966年 9,182 --- 55 --- 2468 --- 749 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- 5.54 --- 12.45 --- 7.91 --- --- --- --- --- --- 0.60 --- 26.88 --- 8.16 --- --- --- --- --- --- --- --- --- ---
1967年 7,113 --- 61 --- 1607 --- 730 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- 9.19 --- 9.69 --- 8.92 --- --- --- --- --- --- 0.86 --- 22.59 --- 10.26 --- --- --- --- --- --- --- --- --- ---
1968年 6,380 --- 16 --- 1440 --- 595 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- 4.44 --- 9.35 --- 7.67 --- --- --- --- --- --- 0.25 --- 22.57 --- 9.33 --- --- --- --- --- --- --- --- --- ---
1969年 5,040 343 10 --- 1479 --- 400 --- 175 --- --- --- --- --- --- --- --- 41.58 3.80 --- 10.52 --- 6.30 --- 1.28 --- --- --- 6.81 0.20 --- 29.35 --- 7.94 --- 3.47 --- --- --- --- --- --- --- ---
1970年 6,291 877 --- --- 1456 --- 334 --- 261 --- --- --- --- --- --- --- --- 46.04 0.00 --- 11.55 --- 5.76 --- 2.11 --- --- --- 13.94 0.00 --- 23.14 --- 5.31 --- 4.15 --- --- --- --- --- --- --- ---
1971年 7,678 1562 --- --- 1720 --- 352 --- 331 --- --- --- --- --- --- --- --- 49.18 0.00 --- 14.08 --- 6.91 --- 3.09 --- --- --- 20.34 0.00 --- 22.40 --- 4.58 --- 4.31 --- --- --- --- --- --- --- ---
1972年 10,040 3012 19 --- 2131 --- 361 149 334 1303 830 163 38 --- --- --- --- 48.71 5.01 --- 17.10 --- 8.27 18.08 3.36 27.51 31.36 42.78 30.00 0.19 --- 21.23 --- 3.60 1.48 3.33 12.98 8.27 1.62 0.38 --- --- --- ---
1973年 14,073 5092 22 --- 2139 --- 248 168 239 2785 1160 269 24 --- --- --- --- 46.17 4.69 --- 19.74 --- 7.52 20.29 2.66 36.95 43.92 42.56 36.18 0.16 --- 15.20 --- 1.76 1.19 1.70 19.79 8.24 1.91 0.17 --- --- --- ---
1974年 13,518 3715 49 --- 2314 --- 366 158 288 3469 1128 176 36 --- --- --- --- 48.66 10.89 --- 20.99 --- 11.88 21.73 3.24 39.18 54.89 37.21 27.48 0.36 --- 17.12 --- 2.71 1.17 2.13 25.66 8.34 1.30 0.27 --- --- --- ---
1975年 14,534 4908 49 --- 2675 --- 294 192 269 2887 674 321 17 --- --- --- --- 36.94 16.90 --- 22.82 --- 9.56 23.02 3.27 39.63 44.17 49.08 33.77 0.34 --- 18.41 --- 2.02 1.32 1.85 19.86 4.64 2.21 0.12 --- --- --- ---
1976年 17,932 6268 23 --- 2804 --- 373 308 367 3565 976 280 13 --- --- --- --- 36.12 11.11 --- 24.43 --- 11.59 26.28 3.79 47.34 51.45 51.00 34.95 0.13 --- 15.64 --- 2.08 1.72 2.05 19.88 5.44 1.56 0.07 --- --- --- ---
1977年 19,100 8036 46 --- 2787 --- 275 335 622 3401 784 213 13 --- --- --- --- 33.89 23.12 --- 25.56 --- 9.24 24.94 5.64 47.59 44.12 43.29 42.07 0.24 --- 14.59 --- 1.44 1.75 3.26 17.81 4.10 1.12 0.07 --- --- --- ---
1978年 21,549 9234 13 --- 2442 --- 272 358 719 4347 1052 339 27 --- --- --- --- 32.76 6.81 --- 26.46 --- 10.43 29.73 5.86 57.63 55.87 49.06 42.85 0.06 --- 11.33 --- 1.26 1.66 3.34 20.17 4.88 1.57 0.13 --- --- --- ---
1979年 19,167 9407 6 --- 1851 --- 293 270 544 3332 809 189 23 --- --- --- --- 31.75 4.11 --- 24.03 --- 12.44 26.42 4.30 55.47 52.50 35.33 49.08 0.03 --- 9.66 --- 1.53 1.41 2.84 17.38 4.22 0.99 0.12 --- --- --- ---
1980年 19,591 10007 10 --- 1849 --- 257 290 552 3482 701 240 29 --- --- --- --- 31.80 4.57 --- 25.52 --- 10.79 28.88 4.06 58.54 45.49 49.59 51.08 0.05 --- 9.44 --- 1.31 1.48 2.82 17.77 3.58 1.23 0.15 --- --- --- ---
1981年 19,826 10935 2 --- 1805 --- 257 271 383 3100 771 243 20 --- --- --- --- 32.00 1.69 --- 25.62 --- 10.99 27.40 3.16 58.96 55.67 48.70 55.15 0.01 --- 9.10 --- 1.30 1.37 1.93 15.64 3.89 1.23 0.10 --- --- --- ---
1982年 18,318 11096 1 --- 1624 --- 176 357 306 1869 645 218 0 --- --- --- --- 32.23 0.78 --- 25.60 --- 8.72 32.13 3.07 57.42 50.55 52.28 60.57 0.01 --- 8.87 --- 0.96 1.95 1.67 10.20 3.52 1.19 0.00 --- --- --- ---
1983年 18,408 10668 7 --- 1694 --- 336 425 300 1711 796 276 8 --- --- --- --- 32.24 7.22 --- 29.13 --- 13.29 33.78 2.93 68.00 58.19 46.15 57.95 0.04 --- 9.20 --- 1.83 2.31 1.63 9.29 4.32 1.50 0.04 --- --- --- ---
1984年 19,660 11352 2 --- 1554 --- 403 441 287 1653 619 347 49 --- --- --- --- 34.56 1.00 --- 28.22 --- 10.80 35.59 2.74 71.28 57.47 79.41 57.74 0.01 --- 7.90 --- 2.05 2.24 1.46 8.41 3.15 1.77 0.25 --- --- --- ---
1985年 19,609 11183 8 --- 1774 --- 538 504 359 1605 746 96 23 --- --- --- --- 35.48 4.85 --- 33.01 --- 13.42 44.96 6.06 69.97 77.63 61.15 57.03 0.04 --- 9.05 --- 2.74 2.57 1.83 8.19 3.80 0.49 0.12 --- --- --- ---
1986年 18,301 10711 14 --- 1599 --- 532 321 324 1403 621 136 3 --- --- --- --- 37.32 7.22 --- 31.47 --- 15.36 33.68 6.32 68.91 80.65 52.51 58.53 0.08 --- 8.74 --- 2.91 1.75 1.77 7.67 3.39 0.74 0.02 --- --- --- ---
1987年 15,861 9307 3 --- 1439 --- 526 322 190 1239 374 76 22 --- --- --- --- 34.20 1.95 --- 29.75 --- 16.54 36.59 4.25 74.10 100.27 110.14 58.68 0.02 --- 9.07 --- 3.32 2.03 1.20 7.81 2.36 0.48 0.14 --- --- --- ---
1988年 15,824 9221 6 --- 1255 --- 540 316 218 1280 460 114 10 --- --- --- --- 35.36 3.68 --- 28.19 --- 18.78 45.66 5.62 77.20 85.66 68.26 58.27 0.04 --- 7.93 --- 3.41 2.00 1.38 8.09 2.91 0.72 0.06 --- --- --- ---
1989年 13,938 7470 25 --- 1000 --- 453 272 275 1539 504 124 10 --- --- --- --- 34.82 6.93 --- 28.11 --- 20.93 45.03 7.98 87.10 86.45 73.81 53.59 0.18 --- 7.17 --- 3.25 1.95 1.97 11.04 3.62 0.89 0.07 --- --- --- ---
1990年 12,840 6581 39 --- 942 --- 352 244 157 1664 494 97 9 --- --- --- --- 34.22 12.75 --- 27.46 --- 18.17 42.73 5.53 98.52 104.22 83.62 51.25 0.30 --- 7.34 --- 2.74 1.90 1.22 12.96 3.85 0.76 0.07 --- --- --- ---
1991年 12,300 6886 34 --- 888 --- 237 265 119 1498 422 58 0 --- --- --- --- 32.01 10.40 --- 25.96 --- 12.02 46.82 4.33 85.07 96.35 54.72 55.98 0.28 --- 7.22 --- 1.93 2.15 0.97 12.18 3.43 0.47 0.00 --- --- --- ---
1992年 13,456 6627 45 --- 1154 --- 354 337 126 1552 620 159 6 --- --- --- --- 31.27 9.83 --- 30.83 --- 16.45 65.44 5.93 84.12 88.83 122.31 49.25 0.33 --- 8.58 --- 2.63 2.50 0.94 11.53 4.61 1.18 0.04 --- --- --- ---
1993年 13,639 6401 48 --- 933 --- 297 246 142 1972 797 228 11 --- --- --- --- 29.92 10.11 --- 26.70 --- 16.50 60.59 6.84 89.27 168.50 99.13 46.93 0.35 --- 6.84 --- 2.18 1.80 1.04 14.46 5.84 1.67 0.08 --- --- --- ---
1994年 13,490 6328 42 --- 959 --- 332 236 170 2103 734 313 0 --- --- --- --- 31.52 9.50 --- 25.43 --- 18.63 52.91 7.49 101.35 130.60 163.02 46.91 0.31 --- 7.11 --- 2.46 1.75 1.26 15.59 5.44 2.32 0.00 --- --- --- ---
1995年 14,115 7,375 39 --- 1,114 --- 223 214 149 1,520 1,037 407 0 --- --- --- --- 30.59 9.18 --- 26.94 --- 19.03 45.05 7.48 120.25 269.35 323.02 52.25 0.28 --- 7.89 --- 1.58 1.52 1.06 10.77 7.35 2.88 0.00 --- --- --- ---
1996年 14,491 7,883 34 --- 1,110 --- 264 192 153 1,253 1,165 539 5 --- --- --- --- 28.49 8.88 --- 26.35 --- 20.29 41.29 7.47 125.55 327.25 313.37 54.40 0.23 --- 7.66 --- 1.82 1.32 1.06 8.65 8.04 3.72 0.03 --- --- --- ---
1997年 13,569 7,804 34 --- 965 --- 252 165 135 897 954 371 13 --- --- --- --- 28.85 9.60 --- 23.97 --- 18.17 36.34 7.28 84.23 217.81 158.55 57.51 0.25 --- 7.11 --- 1.86 1.22 0.99 6.61 7.03 2.73 0.10 --- --- --- ---
1998年 12,778 7,193 43 --- 950 --- 306 177 222 761 672 138 6 --- --- --- --- 32.37 10.24 --- 22.62 --- 21.05 37.42 11.43 105.40 175.00 73.80 56.29 0.34 --- 7.43 --- 2.39 1.39 1.74 5.96 5.26 1.08 0.05 --- --- --- ---
1999年 12,900 7,933 29 --- 839 --- 283 187 220 676 351 229 0 --- --- --- --- 31.54 6.56 --- 21.16 --- 23.08 38.88 9.96 99.71 123.59 95.82 61.50 0.22 --- 6.50 --- 2.19 1.45 1.71 5.24 2.72 1.78 0.00 --- --- --- ---
2000年 11,386 7,720 26 242 711 260 253 118 201 270 338 127 1 116 195 --- 3 27.60 5.57 15.00 15.69 4.08 22.10 33.91 10.48 74.79 128.03 94.78 67.80 0.23 2.13 6.24 2.28 2.22 1.04 1.77 2.37 2.97 1.12 0.01 1.02 1.71 --- 0.03
2001年 11,267 7,298 35 325 650 242 296 122 231 174 201 114 5 111 272 --- 8 27.54 6.97 15.51 13.78 4.04 28.68 24.06 10.71 81.69 94.37 63.33 64.77 0.31 2.88 5.77 2.15 2.63 1.08 2.05 1.54 1.78 1.01 0.04 0.99 2.41 --- 0.07
2002年 10,419 6,699 44 381 588 190 253 148 313 151 132 88 0 93 208 --- 14 27.01 6.69 15.69 11.89 3.44 21.44 27.21 12.68 76.26 76.30 122.22 64.30 0.42 3.66 5.64 1.82 2.43 1.42 3.00 1.45 1.27 0.84 0.00 0.89 2.00 --- 0.13
2003年 10,285 6,016 84 515 602 242 260 133 263 100 99 41 0 99 237 --- 17 27.24 8.55 17.70 11.50 4.24 20.85 21.80 10.23 61.73 85.34 67.21 58.49 0.82 5.01 5.85 2.35 2.53 1.29 2.56 0.97 0.96 0.40 0.00 0.96 2.30 --- 0.17
2004年 9,853 5,412 170 530 597 211 267 204 435 186 81 55 0 99 215 --- 21 26.37 14.86 16.61 11.27 3.92 23.67 27.20 12.73 73.81 81.00 87.30 54.93 1.73 5.38 6.06 2.14 2.71 2.07 4.41 1.89 0.82 0.56 0.00 1.00 2.18 --- 0.21
2005年 10,997 6,810 173 602 440 185 273 107 412 59 93 41 0 117 342 --- 14 29.43 15.04 20.67 8.30 4.82 22.29 14.40 10.02 55.14 77.50 107.89 61.93 1.57 5.47 4.00 1.68 2.48 0.97 3.75 0.54 0.85 0.37 0.00 1.06 3.11 --- 0.13
2006年 10,401 6,043 141 736 566 189 182 122 503 48 66 47 0 106 244 --- 5 30.00 12.31 21.03 9.45 6.37 15.66 17.71 10.45 61.54 83.54 142.42 58.10 1.36 7.08 5.44 1.82 1.75 1.17 4.84 0.46 0.63 0.45 0.00 1.02 2.35 --- 0.05
2007年 10,548 6,319 130 664 428 184 143 126 629 48 58 27 0 107 218 --- 10 31.15 9.79 18.71 6.44 7.31 13.49 21.72 12.84 56.47 92.06 29.67 59.91 1.23 6.30 4.06 1.74 1.36 1.19 5.96 0.46 0.55 0.26 0.00 1.01 2.07 --- 0.09
2008年 9,822 5,735 119 843 416 155 110 123 516 41 48 36 5 97 190 --- 10 31.40 8.90 20.77 6.55 8.15 12.78 22.00 11.76 52.56 111.63 80.00 58.39 1.21 8.58 4.24 1.58 1.12 1.25 5.25 0.42 0.49 0.37 0.05 0.99 1.93 --- 0.10
2009年 10,191 6,153 99 863 424 196 135 92 454 35 91 53 0 103 234 --- 10 31.77 9.54 19.65 6.07 11.39 13.37 17.56 11.60 89.74 135.82 63.86 60.38 0.97 8.47 4.16 1.92 1.32 0.90 4.45 0.34 0.89 0.52 0.00 1.01 2.30 --- 0.10
2010年 9,904 6,283 46 688 328 161 122 86 469 14 36 73 0 81 290 --- 4 31.95 4.91 19.84 5.22 13.44 12.84 18.61 11.99 77.78 59.02 107.35 63.44 0.46 6.95 3.31 1.63 1.23 0.87 4.74 0.14 0.36 0.74 0.00 0.82 2.93 --- 0.04
2011年 10,464 6,513 75 606 355 124 133 119 601 21 47 134 1 98 296 --- 14 33.06 9.55 23.51 6.45 16.69 14.13 24.24 15.32 39.62 87.04 134.00 62.24 0.72 5.79 3.39 1.19 1.27 1.14 5.74 0.20 0.45 1.28 0.01 0.94 2.83 --- 0.13
2012年 9,633 6,285 76 543 282 89 103 71 544 14 34 31 0 68 343 --- 3 33.07 10.53 21.36 4.98 13.28 10.65 16.25 14.71 93.33 100.00 88.57 65.24 0.79 5.64 2.93 0.92 1.07 0.74 5.65 0.15 0.35 0.32 0.00 0.71 3.56 --- 0.03
2013年 9,414 6,045 149 462 219 65 203 103 570 2 14 39 0 49 364 --- 5 34.00 14.38 17.90 4.19 12.52 22.21 19.66 16.10 20.00 87.50 88.64 64.21 1.58 4.91 2.33 0.69 2.16 1.09 6.05 0.02 0.15 0.41 0.00 0.52 3.87 --- 0.05
2014年 9,242 5,966 107 477 246 54 149 87 495 0 25 38 0 59 449 --- 4 33.83 12.53 16.35 4.71 14.06 19.28 15.96 15.28 0.00 71.43 115.15 64.55 1.16 5.16 2.66 0.58 1.61 0.94 5.36 0.00 0.27 0.41 0.00 0.64 4.86 --- 0.04
2015年 8,953 5,618 80 580 195 54 104 95 542 6 9 12 0 26 432 --- 6 31.25 7.97 17.14 3.51 13.60 14.05 17.72 18.19 200.00 100.00 85.71 62.75 0.89 6.48 2.18 0.60 1.16 1.06 6.05 0.07 0.10 0.13 0.00 0.29 4.83 --- 0.07
2016年 7,873 5,003 64 636 198 39 79 57 327 1 8 4 0 35 470 --- 5 29.31 6.59 18.86 3.55 11.11 12.25 13.48 13.06 5.26 80.00 100.00 63.55 0.81 8.08 2.51 0.50 1.00 0.72 4.15 0.01 0.10 0.05 0.00 0.44 5.97 --- 0.06
2017年 7,344 4,693 67 738 193 29 48 39 250 0 6 4 0 32 375 62 5 29.23 6.86 16.26 3.42 9.73 9.30 11.40 10.64 0.00 100.00 100.00 63.90 0.91 10.05 2.63 0.39 0.65 0.53 3.40 0.00 0.08 0.05 0.00 0.44 5.11 0.84 0.07
2018年 7,056 4,569 49 744 140 31 54 20 210 0 4 4 0 16 275 53 4 28.84 4.69 13.94 2.40 10.16 9.63 7.19 9.54 0.00 100.00 100.00 64.75 0.69 10.54 1.98 0.44 0.77 0.28 2.98 0.00 0.06 0.06 0.00 0.23 3.90 0.75 0.06
2019年 5,836 3,593 56 762 137 32 15 18 141 0 1 3 0 19 187 45 5 26.96 5.60 12.18 2.36 13.45 2.85 8.53 7.41 0.00 --- 42.86 61.57 0.96 13.06 2.35 0.55 0.26 0.31 2.42 0.00 0.02 0.05 0.00 0.33 3.20 0.77 0.09
2020年 5,656 3,510 58 732 133 30 71 9 127 0 0 3 0 30 107 121 9 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- 62.06 1.03 12.94 2.35 0.53 1.26 0.16 2.25 0.00 0.00 0.05 0.00 0.53 1.89 2.14 0.16
年度
暴力団
構成員・
暴力団
準構成員等
暴力団
関係者
特別
刑法犯
検察庁
新規
受理
人員
覚せい剤 麻薬 大麻 銃砲刀剣 毒劇物 売春 児童
福祉法
風営
適正化法
競馬法 自転車
競技法
モーター
ボート
競走法
小型
自動車
競走法
青少年
保護
育成
条例
迷惑
防止
条例
暴排
条例
暴対法 覚せい剤 麻薬 大麻 銃砲刀剣 毒劇物 売春 児童
福祉法
風営
適正化法
競馬法 自転車
競技法
モーター
ボート
競走法
覚せい剤 麻薬 大麻 銃砲刀剣 毒劇物 売春 児童
福祉法
風営
適正化法
競馬法 自転車
競技法
モーター
ボート
競走法
小型
自動車
競走法
青少年
保護
育成
条例
迷惑
防止
条例
暴排
条例
暴対法
検察庁新規受理人員 検察庁新規受理人員に占める割合 全暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検察庁新規受理人員に占める割合
    • 暴力団とは、暴力団対策法第2条の定義より、「その団体の構成員(その団体の構成団体の構成員を含む。)が集団的に又は常習的に暴力的不法行為等を行うことを助長するおそれがある団体」をいう[97]
    • 特別刑法犯は条例・規則を含めた特別刑法に対する違反の検察官認知又は直受の事件及び司法警察員(特別司法警察員及び国税庁監察官を含む。)から送致・送付された人員数。但し、交通法令違反は含まない。
    • 銃砲刀剣類等取締法は、1958年に銃砲刀剣類等所持取締令の廃止され、新たに制定された犯罪であり、1957年は銃砲刀剣類等所持取締令により送致・送付された人員数である[138]
    • 暴力団排除条例は、2011年に全都道府県に施行されていることに注意する。
    • 暴力団対策法は、1991年に制定されていることに注意する[138]
    • 検察庁新規受理人員に占める割合は、全検察庁新規受理人員に占める暴力団構成員・準構成員等暴力団関係者が占める割合である。
    • 全暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検察庁新規受理人員に占める割合は、その年に検察官認知又は直受の事件及び司法警察員(特別司法警察員及び国税庁監察官を含む。)から送致・送付された検全暴力団構成員・準構成員等検挙人員の内、その罪種によって送致・送付された暴力団構成員・準構成員等暴力団関係者が占める割合を示してる。
    • 出典元の資料の発行年によりデータの数値に差異がある場合は最近の年度のデータを引用。
    • ‐‐は統計資料無しまたは未発見・未公開・未発表。
  • 出典
    • 1989~2019年の特別法犯総数・覚せい剤取締法・麻薬取締法・大麻取締法・銃砲刀剣類等取締法・毒物及び劇物取締法・売春防止法・児童福祉法・風営適正化法・競馬法・自転車競技法・モーターボート競走法・小型自動車競走法・青少年保護育成条例・迷惑防止条例の検察庁新規受理人員[139]
    • 1957~1988年の特別法犯総数・覚せい剤取締法・麻薬取締法・大麻取締法・銃砲刀剣類等取締法・毒物及び劇物取締法・売春防止法・児童福祉法・風営適正化法・競馬法・自転車競技法・モーターボート競走法・小型自動車競走法・青少年保護育成条例・迷惑防止条例の検察庁新規受理人員[140]
    • 2020年の特別法犯総数・覚せい剤取締法・麻薬取締法・大麻取締法・銃砲刀剣類等取締法・毒物及び劇物取締法・売春防止法・児童福祉法・風営適正化法・競馬法・自転車競技法・モーターボート競走法・小型自動車競走法・青少年保護育成条例・迷惑防止条例・暴力団排除条例・暴力団対策法の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[104]
    • 2015~2019年の特別法犯総数・覚せい剤取締法・麻薬取締法・大麻取締法・銃砲刀剣類等取締法・毒物及び劇物取締法・売春防止法・児童福祉法・風営適正化法・競馬法・自転車競技法・モーターボート競走法・小型自動車競走法・青少年保護育成条例・迷惑防止条例の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[123]
    • 2010~2014年の特別法犯総数・覚せい剤取締法・麻薬取締法・大麻取締法・銃砲刀剣類等取締法・毒物及び劇物取締法・売春防止法・児童福祉法・風営適正化法・競馬法・自転車競技法・モーターボート競走法・小型自動車競走法・青少年保護育成条例・迷惑防止条例のの暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[124]
    • 2005~2009年の特別法犯総数・覚せい剤取締法・麻薬取締法・大麻取締法・銃砲刀剣類等取締法・毒物及び劇物取締法・売春防止法・児童福祉法・風営適正化法・競馬法・自転車競技法・モーターボート競走法・小型自動車競走法・青少年保護育成条例・迷惑防止条例の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[125]
    • 2000~2004年の特別法犯総数・覚せい剤取締法・麻薬取締法・大麻取締法・銃砲刀剣類等取締法・毒物及び劇物取締法・売春防止法・児童福祉法・風営適正化法・競馬法・自転車競技法・モーターボート競走法・小型自動車競走法・青少年保護育成条例・迷惑防止条例の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[126]
    • 1995~1999年の特別法犯総数・覚せい剤取締法・麻薬取締法・銃砲刀剣類等取締法・売春防止法・児童福祉法・風営適正化法・競馬法・自転車競技法・モーターボート競走法・小型自動車競走法の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[127]
    • 1990~1994年の特別法犯総数・覚せい剤取締法・麻薬取締法・銃砲刀剣類等取締法・売春防止法・児童福祉法・風営適正化法・競馬法・自転車競技法・モーターボート競走法・小型自動車競走法の殺暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[128]
    • 1985~1989年の特別法犯総数・覚せい剤取締法・麻薬取締法・銃砲刀剣類等取締法・売春防止法・児童福祉法・風営適正化法・競馬法・自転車競技法・モーターボート競走法・小型自動車競走法の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[129]
    • 1958年・1963年・1968年・1973年・1978年・1983年の特別法犯総数・覚せい剤取締法・麻薬取締法・銃砲刀剣類等取締法・売春防止法・児童福祉法・風営適正化法・競馬法・自転車競技法の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[130]
    • 1980~1982年・1984年の特別法犯総数・覚せい剤取締法・麻薬取締法・銃砲刀剣類等取締法・売春防止法・児童福祉法・風営適正化法・競馬法・自転車競技法・モーターボート競走法・小型自動車競走法と1983年のモーターボート競走法・小型自動車競走法の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[131]
    • 1972・1974年~1977年・1979年の特別法犯総数・覚せい剤取締法・麻薬取締法・銃砲刀剣類等取締法・売春防止法・児童福祉法・風営適正化法・競馬法・自転車競技法・モーターボート競走法・小型自動車競走法と1973年・1978年のモーターボート競走法・小型自動車競走法の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[132]
    • 1970年・1971年の特別法犯総数・覚せい剤取締法・銃砲刀剣類等取締法・売春防止法・風営適正化法の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[133]
    • 1966年・1967年・1969年の特別法犯総数・麻薬取締法・銃砲刀剣類等取締法・売春防止法と1969年の覚せい剤取締法・風営適正化法の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[134]
    • 1960年~1962年・1964年・1965年の特別法犯総数・麻薬取締法・銃砲刀剣類等取締法・売春防止法(1960年は銃砲刀剣類等取締法のみ)の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[135]
    • 1957年・1959年の銃砲刀剣類等取締法の暴力団構成員・暴力団準構成員等暴力団関係者検挙人員[136]

刑法犯罪(財産犯)[編集]

財産に対する刑法犯罪の認知件数・被害額[編集]

財産に対する刑法犯罪の認知件数・被害額
年度 人口 財産犯
総数
人口
10万人中の
発生率
名目GDP
(十億円)
消費者
物価
指数
被害総額 現金
被害
総額
一件
当たりの
被害額
(千円)
消費者物価指数換算 現金
被害
比率
(%)
GDP比(
被害
総額
現金被害総額 一件
当たりの
被害額(千円)
1949 81,773,000 1,425,278 1,742.97 3,403.80 12.8 19,067 3,537 13.4 148,961 27,633 104.5 18.5 56
1950 84,115,000 1,276,046 1,517.03 4,032.10 11.9 15,530 5,839 12.2 130,504 49,067 102.3 37.6 38.5
1951 84,541,000 1,209,744 1,430.96 5,346.40 14 16,202 5,006 13.4 115,729 35,757 95.7 30.9 30.3
1952 85,808,000 1,200,927 1,399.55 6,227.30 14.8 18,453 5,868 15.4 124,682 39,649 103.8 31.8 29.6
1953 86,981,000 1,143,193 1,314.30 7,276.00 15.7 19,681 6,219 17.2 125,357 39,611 109.7 31.6 27
1954 88,239,000 1,151,590 1,305.08 7,736.50 16.7 20,085 6,650 17.4 120,269 39,820 104.4 33.1 26
1955 90,077,000 1,253,431 1,391.51 8,369.50 16.6 20,550 6,623 16.4 123,795 39,898 98.8 32.2 24.6
1956 90,172,000 1,173,673 1,301.59 9,422.20 16.6 21,628 5,753 18.4 130,289 34,657 111 26.6 23
1957 90,928,000 1,170,309 1,287.07 10,858.30 17.1 23,875 7,180 20.4 139,620 41,988 119.3 30.1 22
1958 91,767,000 1,159,264 1,263.27 11,538.30 17.1 24,192 7,038 20.9 141,474 41,158 122 29.1 21
1959 92,641,000 1,188,481 1,282.89 13,190.30 17.2 24,891 5,534 20.9 144,715 32,174 121.8 22.2 18.9
1960 94,302,000 1,189,706 1,261.59 16,009.70 17.9 32,501 8,798 27.3 181,570 49,151 152.6 27.1 20.3
1961 94,287,000 1,205,642 1,278.69 19,336.50 18.8 35,434 9,108 29.4 188,479 48,447 156.3 25.7 18.3
1962 95,181,000 1,200,793 1,261.59 21,942.70 20.1 35,640 8,646 29.7 177,313 43,015 147.7 24.3 16.2
1963 96,156,000 1,200,793 1,248.80 25,113.20 21.6 39,441 9,273 32.8 182,597 42,931 152.1 23.5 15.7
1964 97,182,000 1,198,348 1,233.10 29,541.30 22.5 47,594 13,323 39.6 211,529 59,213 176.5 28 16.1
1965 99,209,000 1,194,974 1,204.50 32,866.00 23.9 47,588 12,809 39.7 199,113 53,594 166.6 26.9 14.5
1966 99,036,000 1,115,830 1,126.69 39,698.90 25.2 60,071 17,796 53.8 238,377 70,619 213.6 29.6 15.1
1967 100,196,000 1,050,585 1,048.53 46,445.40 26.1 58,914 17,421 56.1 225,724 66,747 214.9 29.6 12.7
1968 101,331,000 1,067,728 1,053.70 54,947.00 27.5 65,679 20,397 61.5 238,833 74,171 223.7 31.1 12
1969 102,536,000 1,096,604 1,069.48 65,061.40 29.1 71,125 20,689 64.9 244,416 71,096 222.9 29.1 10.9
1970 104,665,000 1,128,284 1,078.00 75,298.50 30.9 98,106 25,786 87 317,495 83,450 281.4 26.3 13
1971 106,100,000 1,105,333 1,041.78 82,899.30 32.9 78,475 22,573 71 238,526 68,611 215.8 28.8 9.5
1972 107,595,000 1,092,235 1,015.14 96,486.30 34.5 82,789 28,722 75.8 239,968 83,252 219.7 34.7 8.6
1973 109,104,000 1,056,173 968.04 116,715.00 38.6 96,114 34,542 91 249,000 89,487 235.8 35.9 8.2
1974 110,573,000 1,088,402 984.33 138,451.10 47.5 111,086 38,602 102.1 233,865 81,267 214.9 34.7 8
1975 111,940,000 1,118,719 999.39 152,361.60 53.1 128,019 44,519 114.4 241,090 83,840 215.5 34.8 8.4
1976 113,094,000 1,134,472 1,003.12 171,293.40 58.1 137,642 45,755 121.3 236,905 78,752 208.8 33.2 8
1977 114,165,000 1,156,463 1,012.98 190,094.50 62.8 141,656 50,489 122.5 225,567 80,396 195 35.6 7.5
1978 115,190,000 1,229,122 1,067.04 208,602.20 65.5 143,276 51,635 116.6 218,742 78,832 178 36 6.9
1979 116,155,000 1,189,537 1,024.09 225,237.20 67.9 133,228 47,048 112 196,212 69,290 164.9 35.3 5.9
1980 117,060,000 1,256,996 1,073.80 250,636.10 73.2 154,848 62,926 123.2 211,541 85,964 168.3 40.6 6.2
1981 117,902,000 1,359,337 1,152.94 268,830.70 76.7 177,420 69,963 130.5 231,317 91,216 170.2 39.4 6.6
1982 118,728,000 1,423,866 1,199.27 282,582.00 78.9 168,174 64,675 118.1 213,148 81,971 149.7 38.5 6
1983 119,536,000 1,439,735 1,204.44 295,303.90 80.3 150,913 57,560 104.8 187,936 71,681 130.5 38.1 5.1
1984 120,305,000 1,489,371 1,238.00 313,145.30 82.2 178,333 67,690 119.7 216,950 82,348 145.7 38 5.7
1985 121,049,000 1,511,722 1,248.85 333,686.00 83.8 177,155 78,798 117.2 211,402 94,031 139.8 44.5 5.3
1986 121,660,000 1,492,173 1,226.51 350,344.80 84.3 168,741 64,367 113.1 200,167 76,355 134.1 38.1 4.8
1987 122,239,000 1,490,949 1,219.70 366,339.10 84.4 198,309 85,575 133 234,963 101,392 157.6 43.2 5.4
1988 122,745,000 1,547,065 1,260.39 393,641.40 85 197,983 79,458 128 232,921 93,480 150.6 40.1 5
1989 123,205,000 1,583,646 1,285.37 421,469.40 86.9 185,616 68,190 117.2 213,597 78,470 134.9 36.7 4.4
1990 123,611,000 1,547,133 1,251.61 453,608.50 89.6 191,975 72,766 124.1 214,258 81,212 138.5 37.9 4.2
1991 124,101,000 1,615,130 1,301.46 482,845.40 92.6 267,726 77,168 165.8 289,121 83,335 179 28.8 5.5
1992 124,567,000 1,644,733 1,320.36 495,055.80 94.1 320,407 164,208 194.8 340,496 174,504 207 51.2 6.5
1993 124,938,000 1,706,524 1,365.90 495,291.00 95.4 287,532 125,857 168.5 301,396 131,926 176.6 43.8 5.8
1994 125,265,000 1,692,239 1,350.93 510,916.10 96 259,864 84,132 153.6 270,692 87,638 160 32.4 5.1
1995 125,570,000 1,691,043 1,346.69 521,613.50 95.9 218,417 72,281 129.2 227,755 75,371 134.7 33.1 4.2
1996 125,859,000 1,712,994 1,361.04 535,562.10 96 241,393 84,535 140.9 251,451 88,057 146.8 35 4.5
1997 126,157,000 1,791,249 1,419.86 543,545.40 97.7 265,941 104,031 148.5 272,202 106,480 152 39.1 4.9
1998 126,472,000 1,920,034 1,518.15 536,497.40 98.3 265,185 102,003 138.1 269,771 103,767 140.5 38.5 4.9
1999 126,667,000 2,041,693 1,611.86 528,069.90 98 280,684 81,024 137.5 286,412 82,678 140.3 28.9 5.3
2000 126,926,000 2,257,050 1,778.24 535,417.70 97.3 354,388 92,812 157 364,222 95,387 161.4 26.2 6.6
2001 127,316,000 2,475,344 1,944.25 531,653.90 96.7 366,539 103,026 148.1 379,048 106,542 153.1 28.1 6.9
2002 127,486,000 2,526,290 1,981.62 524,478.70 95.8 375,881 124,948 148.8 392,360 130,426 155.3 33.2 7.2
2003 127,694,000 2,413,747 1,890.26 523,968.60 95.5 339,787 113,321 140.8 355,798 118,661 147.4 33.4 6.5
2004 127,787,000 2,190,720 1,714.35 529,400.90 95.5 325,846 128,928 148.7 341,200 135,003 155.7 39.6 6.2
2005 127,768,000 1,925,501 1,507.03 532,515.60 95.2 280,536 113,386 145.7 294,681 119,103 153 40.4 5.3
2006 127,901,000 1,718,748 1,343.81 535,170.20 95.5 245,840 108,010 143 257,424 113,099 149.8 43.9 4.6
2007 128,033,000 1,595,300 1,246.01 539,281.70 95.5 228,594 102,245 143.3 239,365 107,063 150 44.7 4.2
2008 128,084,000 1,525,400 1,190.94 527,823.80 96.8 227,083 110,119 148.9 234,590 113,759 153.8 48.5 4.3
2009 128,032,000 1,429,012 1,116.14 494,938.40 95.5 183,233 79,756 128.2 191,867 83,514 134.3 43.5 3.7
2010 128,057,000 1,333,632 1,041.44 505,530.60 94.8 170,341 73,081 127.7 179,685 77,090 134.7 42.9 3.4
2011 127,834,000 1,245,678 974.45 497,448.90 94.5 172,372 77,985 138.4 182,404 82,524 146.4 45.2 3.5
2012 127,593,000 1,143,272 896.03 500,474.70 94.5 196,520 111,073 171.9 207,958 117,538 181.9 56.5 3.9
2013 127,414,000 1,061,308 832.96 508,700.60 94.9 187,333 106,414 176.5 197,400 112,133 186 56.8 3.7
2014 127,237,000 976,136 767.18 518,811.00 97.5 182,044 113,185 186.5 186,712 116,087 191.3 62.2 3.5
2015 127,095,000 880,068 692.45 538,032.30 98.2 161,287 93,967 183.3 164,243 95,689 186.6 58.3 3
2016 126,933,000 793,124 624.84 544,364.60 98.1 147,302 91,156 185.7 150,155 92,922 189.3 61.9 2.7
2017 126,706,000 723,688 571.16 553,073.00 98.6 135,164 81,546 186.8 137,083 82,704 189.4 60.3 2.4
2018 126,443,000 644,165 509.45 556,189.60 99.5 130,190 70,260 202.1 130,844 70,613 203.1 54 2.3
2019 126,167,000 585,166 463.8 561,266.90 100 119,326 69,556 203.9 119,326 69,556 203.9 58.3 2.1
2020 125,708,000 466,144 370.81 539,313.50 100 126,700 87,010 271.8 126,700 87,010 271.8 68.7 2.3
年度 人口 財産犯
総数
人口
10万人中の
発生率
名目GDP
(十億円)
消費者
物価
指数
被害総額 現金
被害
総額
一件
当たりの
被害額
(千円)
被害
総額
現金被害総額 一件
当たりの
被害額(千円)
現金
被害
比率
(%)
GDP比(‱)
消費者物価指数換算
    • 2020年の被害総額及び現金被害総額は千万円未満を四捨五入した概数である。
    • 財産犯総数は、強盗・窃盗(侵入窃盗、乗り物盗、非侵入窃盗)・詐欺・恐喝・横領・遺失物等横領の合計。被害がない場合を含む。
    • 財産犯被害者が法人その他の団体である場合を含む。
    • 一件当たりの被害額は、被害総額を財産犯の総数で割った額である。単位は千円であり、千円未満は四捨五入。
    • 消費物価指数換算は、被害総額・現金被害総額・一件当たりの被害額を消費者物価指数(2020年基準)で換算した値である。
    • 1969年以前の消費者物価指数は「持家の帰属家賃を除く総合」であり、2020年基準の総合指数とは接続しない。
    • 現金被害比率は、被害総額に対する現金被害総額の比率である。
    • GDP比は、その年の名目GDPに対する被害総額の比率であり、単位は‱(1万分の1)。
    • 1950~1953年の現金被害総額は、昭和28年版犯罪統計書の第3表 年次別、罪種別、被害財物別比率表(194ページ)の値を用いて、現金被害額を算出した。
    • 1965年の被害総額は、不動産侵奪罪による被害を含めた数値である。[141]
    • 1970年の被害総額は、ハイジャックシージャックによる被害を含めた数値である。除いた場合、被害総額は約91,196百万円(消費者物価指数換算:約289,511百万円)である。[141]また、ハイジャック・シージャックは、同年に制定されたハイジャック防止法により、1970年5月18日以降にそれらの事件が起こった場合、適用される。
    • 1992年の現金被害額の急激な増加は、茨城カントリークラブのゴルフ会員権販売代名下の詐欺事件(総額約1,200億円)によるものである。[142]
    • 金額は記載のない限り、単位は百万円であり、百万円未満は四捨五入。但し、2019年は一億円単位である。
    • 出典元の資料の発行年によりデータの数値に差異がある場合は最近の年度のデータを引用。
    • ---は統計資料無しまたは未発見・未公開・未発表。
  • 出典
    • 2020年の人口統計[10]
    • 1949~2019年の人口統計[11]
    • 1994年以降のGDP[143]
    • 1980~1993年のGDP[144]
    • 1955~1979年のGDP[145]
    • 1954年以前のGDP[146]
    • 消費者物価指数[147]
    • 2020年の財産犯総数[12]
    • 1949~2019年の財産犯総数[43]
    • 2020年の被害総額、現金被害総額[13]
    • 2010~2019年の被害総額、現金被害総額[148]
    • 1989~2019年の被害総額、現金被害総額、一件当たりの被害額[149]
    • 1984~1988年の被害総額、現金被害総額[150]
    • 1966~1983年の被害総額、現金被害総額[151]
    • 1967年~1971年の現金被害額(但し、ドル軍票などの外国通貨等は含まない。)[152]
    • 1957~1965年の被害総額、現金被害総額(但し、ドル軍票などの外国通貨等は含まない。)[153]
    • 1956年の被害総額、現金被害総額[154]
    • 1955年の被害総額、現金被害総額[155]
    • 1954年の被害総額、現金被害総額[156]
    • 1952年・1953年の被害総額、1950~1953年の現金被害総額[157]
    • 1950年・1951年の被害総額[158]
    • 1949年の被害総額、現金被害総額[159]

財産(窃盗・詐欺)に対する刑法犯罪の認知件数・被害額(罪名別)[編集]

窃盗・詐欺に対する刑法犯罪の認知件数・被害額(罪名別)
年度 人口 消費者
物価
指数
窃盗 窃盗の内、侵入窃盗 窃盗の内、乗り物盗 窃盗の内、非侵入窃盗 詐欺 年度
認知件数 実額 消費者物価指数換算 現金
被害
比率
(%)
認知件数 人口
10万人中の
発生率
実額 消費者物価指数換算 現金
被害
比率
(%)
認知件数 人口
10万人中の
発生率
実額 消費者物価指数換算 現金
被害
比率
(%)
認知件数 人口
10万人中の
発生率
実額 消費者物価指数換算 現金
被害
比率
(%)
認知
件数
実額 消費者物価指数換算 現金
被害
比率
(%)
被害
総額
現金
被害額
1件当たりの被害総額(千円) 被害
総額
現金
被害額
1件当たりの被害総額(千円) 被害
総額
現金
被害額
1件当たりの被害総額(千円) 被害
総額
現金
被害額
1件当たりの被害総額(千円) 被害総額 現金
被害額
1件当たりの被害総額(千円) 被害
総額
現金
被害額
1件当たりの被害総額(千円) 被害
総額
現金
被害額
1件当たりの被害総額(千円) 被害
総額
現金
被害額
1件当たりの被害総額(千円) 被害
総額
現金
被害額
1件当たりの被害総額(千円) 被害
総額
現金
被害額
1件当たりの被害総額(千円)
1949 81,773,000 12.8 1,165,605 14,635 1,029 12.6 114,336 8,039 98.1 7 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- 161,047 2,685 1,515 16.7 20,977 11,836 130.3 56.4 1949
1950 84,115,000 11.9 982,341 8,533 1,229 8.7 71,706 10,328 73 14.4 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- 187,528 3,834 2,304 20.4 32,218 19,361 171.8 60.1 1950
1951 84,541,000 14 995,641 9,760 1,181 9.8 69,714 8,436 70 12.1 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- 139,254 3,497 1,836 25.1 24,979 13,114 179.4 52.5 1951
1952 85,808,000 14.8 986,987 10,292 1,379 10.4 69,541 9,318 70.5 13.4 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- 140,143 4,792 2,128 34.2 32,378 14,378 231 44.4 1952
1953 86,981,000 15.7 931,791 10,234 1,463 11 65,185 9,318 70 14.3 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- 141,000 5,635 2,513 40 35,892 16,006 254.6 44.6 1953
1954 88,239,000 16.7 948,587 10,292 1,422 10.8 61,629 8,515 65 13.8 338,332 383.43 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- 128,772 5,652 2,669 43.9 33,844 15,982 262.8 47.2 1954
1955 90,077,000 16.6 1,056,974 11,335 1,401 10.7 68,283 8,440 64.6 12.4 356,447 395.71 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- 124,633 5,641 2,748 45.3 33,982 16,554 272.7 48.7 1955
1956 90,172,000 16.6 1,007,649 12,889 1,346 12.8 77,645 8,108 77.1 10.4 316,614 351.12 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- 101,558 5,335 2,278 52.5 32,139 13,723 316.5 42.7 1956
1957 90,928,000 17.1 1,005,101 14,089 1,592 14 82,392 9,310 82 11.3 318,609 350.40 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- 100,767 5,560 2,767 55.2 32,515 16,181 322.7 49.8 1957
1958 91,767,000 17.1 990,602 14,769 1,685 14.9 86,368 9,854 87.2 11.4 327,457 356.84 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- 98,174 5,648 2,833 57.5 33,029 16,567 336.4 50.2 1958
1959 92,641,000 17.2 1,027,992 16,808 1,901 16.4 97,721 11,052 95.1 11.3 335,253 361.88 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- 89,457 4,954 1,729 55.4 28,802 10,052 322 34.9 1959
1960 94,302,000 17.9 1,038,418 21,171 2,227 20.4 118,274 12,441 113.9 10.5 326,046 345.75 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- 82,886 7,832 4,519 94.5 43,754 25,246 527.9 57.7 1960
1961 94,287,000 18.8 1,051,874 23,800 2,708 22.6 126,596 14,404 120.4 11.4 325,552 345.28 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- 82,357 7,856 4,164 95.4 41,787 22,149 507.4 53 1961
1962 95,181,000 20.1 1,055,237 24,627 3,095 23.3 122,522 15,398 116.1 12.6 328,590 345.23 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- 77,637 6,717 3,104 86.5 33,418 15,443 430.4 46.2 1962
1963 96,156,000 21.6 1,066,044 26,830 3,750 25.2 124,213 17,361 116.5 14 328,367 341.49 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- 70,569 8,141 3,325 115.4 37,690 15,394 534.1 40.8 1963
1964 97,182,000 22.5 1,057,531 28,004 4,053 26.5 124,462 18,013 117.7 14.5 319,716 328.99 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- 75,891 10,655 5,277 140.4 47,356 23,453 624 49.5 1964
1965 99,209,000 23.9 1,027,473 29,389 4,505 28.6 122,967 18,849 119.7 15.3 334,985 337.66 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- 78,609 10,961 5,083 139.4 45,862 21,268 583.4 46.4 1965
1966 99,036,000 25.2 1,001,412 36,178 6,955 36.1 143,563 27,599 143.4 19.2 334,220 337.47 --- --- --- --- --- --- --- 189,726 191.57 --- --- --- --- --- --- --- 477,466 482.11 --- --- --- --- --- --- --- 70,226 16,287 6,451 231.9 64,631 25,599 920.3 39.6 1966
1967 100,196,000 26.1 954,549 36,455 6,893 38.2 139,674 26,410 146.3 18.9 328,120 327.48 --- --- --- --- --- --- --- 179,436 179.08 --- --- --- --- --- --- --- 446,993 446.12 --- --- --- --- --- --- --- 61,379 15,723 6,837 256.2 60,241 26,195 981.5 43.5 1967
1968 101,331,000 27.5 975,347 39,386 8,016 40.4 143,222 29,149 146.8 20.4 344,574 340.05 20,191 4,894 59 73,422 17,796 213.1 24.2 176,020 173.71 14,607 53 83 53,116 193 301.8 0.4 454,753 448.78 4,589 307 10.1 16,687 1,116 36.7 6.7 60,706 18,079 7,920 297.8 65,742 28,800 1,083.00 43.8 1968
1969 102,536,000 29.1 1,008,013 44,264 9,467 43.9 152,110 32,533 150.9 21.4 350,481 341.81 21,921 9,018 63 75,330 30,990 214.9 41.1 191,957 187.21 16,784 68 87.4 57,677 234 300.5 0.4 465,575 454.06 5,560 380 11.9 19,107 1,306 41 6.8 58,662 18,949 6,755 323 65,117 23,213 1,110.00 35.6 1969
1970 104,665,000 30.9 1,039,118 50,959 10,645 49 164,916 34,450 158.7 20.9 356,176 340.30 20,677 6,456 58 66,916 20,893 187.9 31.2 195,050 186.36 16,359 185 83.9 52,942 599 271.4 1.1 487,890 466.14 13,925 4,004 28.5 45,065 12,958 92.4 28.8 58,340 30,291 9,977 519.2 98,029 32,288 1,680.30 32.9 1970
1971 106,100,000 32.9 1,026,094 50,711 10,618 49.4 154,137 32,274 150.2 20.9 362,431 341.59 --- --- --- --- --- --- --- 202,621 190.97 --- --- --- --- --- --- --- 461,042 434.54 --- --- --- --- --- --- --- 51,386 18,679 --- 363.5 56,775 --- 1,104.90 --- 1971
1972 107,595,000 34.5 1,006,675 43,816 --- 43.5 127,003 --- 126.2 --- 359,023 333.68 --- --- --- --- --- --- --- 207,712 193.05 --- --- --- --- --- --- --- 439,940 408.89 --- --- --- --- --- --- --- 57,658 26,979 --- 467.9 78,200 --- 1,356.30 --- 1972
1973 109,104,000 38.6 973,876 48,514 --- 49.8 125,684 --- 129.1 --- 323,085 296.13 --- --- --- --- --- --- --- 229,018 209.91 --- --- --- --- --- --- --- 421,773 386.58 --- --- --- --- --- --- --- 55,473 33,380 --- 601.7 86,477 --- 1,558.90 --- 1973
1974 110,573,000 47.5 1,013,153 59,071 --- 58.3 124,360 --- 122.7 --- 320,674 290.01 --- --- --- --- --- --- --- 247,291 223.65 --- --- --- --- --- --- --- 445,188 402.62 --- --- --- --- --- --- --- 49,764 36,411 --- 731.7 76,655 --- 1,540.40 --- 1974
1975 111,940,000 53.1 1,037,942 63,575 --- 61.3 119,727 --- 115.4 --- 333,091 297.56 --- --- --- --- --- --- --- 266,683 238.24 --- --- --- --- --- --- --- 438,168 391.43 --- --- --- --- --- --- --- 53,647 47,188 --- 879.6 88,866 --- 1,656.50 --- 1975
1976 113,094,000 58.1 1,049,748 67,424 --- 64.2 116,048 --- 110.5 --- 327,763 289.81 --- --- --- --- --- --- --- 277,469 245.34 --- --- --- --- --- --- --- 444,516 393.05 --- --- --- --- --- --- --- 59,462 54,823 --- 922 94,360 --- 1,586.90 --- 1976
1977 114,165,000 62.8 1,073,393 70,006 --- 65.2 111,475 --- 103.9 --- 319,049 279.46 --- --- --- --- --- --- --- 320,010 280.30 --- --- --- --- --- --- --- 434,334 380.44 --- --- --- --- --- --- --- 56,120 --- --- --- --- --- --- --- 1977
1978 115,190,000 65.5 1,136,648 70,248 --- 61.8 107,249 --- 94.4 --- 315,138 273.58 --- --- --- --- --- --- --- 354,638 307.87 --- --- --- --- --- --- --- 466,872 405.31 --- --- --- --- --- --- --- 64,866 --- --- --- --- --- --- --- 1978
1979 116,155,000 67.9 1,107,477 69,644 --- 62.9 102,568 --- 92.6 --- 291,506 250.96 --- --- --- --- --- --- --- 358,141 308.33 --- --- --- --- --- --- --- 457,830 394.15 --- --- --- --- --- --- --- 54,642 --- --- --- --- --- --- --- 1979
1980 117,060,000 73.2 1,165,609 78,113 --- 67 106,712 --- 91.6 --- 290,683 248.32 --- --- --- --- --- --- --- 384,902 328.81 --- --- --- --- --- --- --- 490,024 418.61 --- --- --- --- --- --- --- 58,958 49,268 --- 835.6 67,306 --- 1,141.60 1980
1981 117,902,000 76.7 1,257,354 88,629 --- 70.5 115,553 --- 91.9 --- 301,536 255.75 --- --- --- --- --- --- --- 426,563 361.79 --- --- --- --- --- --- --- 529,255 448.89 --- --- --- --- --- --- --- 63,710 --- --- --- --- --- --- --- 1981
1982 118,728,000 78.9 1,313,901 94,411 --- 71.9 119,659 --- 91.1 --- 302,161 254.50 --- --- --- --- --- --- --- 464,694 391.39 --- --- --- --- --- --- --- 547,046 460.76 --- --- --- --- --- --- --- 66,472 --- --- --- --- --- --- --- 1982
1983 119,536,000 80.3 1,335,258 98,131 --- 73.5 122,205 --- 91.5 --- 297,607 248.97 --- --- --- --- --- --- --- 473,741 396.32 --- --- --- --- --- --- --- 563,910 471.75 --- --- --- --- --- --- --- 59,463 --- --- --- --- --- --- --- 1983
1984 120,305,000 82.2 1,365,705 98,131 25,872 71.9 119,381 31,474 87.4 26.4 302,021 251.05 --- --- --- --- --- --- --- 487,594 405.30 --- --- --- --- --- --- --- 576,090 478.86 --- --- --- --- --- --- --- 72,455 59,717 29,830 824.2 72,648 36,290 1,002.70 50 1984
1985 121,049,000 83.8 1,381,237 101,401 26,725 73.4 121,004 31,891 87.6 26.4 300,026 247.86 --- --- --- --- --- --- --- 490,507 405.21 --- --- --- --- --- --- --- 590,704 487.99 --- --- --- --- --- --- --- 74,424 55,336 39,047 743.5 66,033 46,595 887.3 70.6 1985
1986 121,660,000 84.3 1,375,096 104,171 28,434 75.8 123,572 33,730 89.9 27.3 296,777 243.94 --- --- --- --- --- --- --- 486,067 399.53 --- --- --- --- --- --- --- 592,252 486.81 --- --- --- --- --- --- --- 64,788 47,790 25,241 737.6 56,690 29,942 875 52.8 1986
1987 122,239,000 84.4 1,364,796 105,260 28,809 77.1 124,716 34,134 91.4 27.4 278,736 228.03 --- --- --- --- --- --- --- 499,460 408.59 --- --- --- --- --- --- --- 586,600 479.88 --- --- --- --- --- --- --- 69,844 71,964 45,453 1,030.40 85,265 53,854 1,220.80 63.2 1987
1988 122,745,000 85 1,422,355 116,471 30,159 81.9 137,025 35,481 96.3 25.9 259,566 211.47 --- --- --- --- --- --- --- 568,706 463.32 --- --- --- --- --- --- --- 594,083 484.00 --- --- --- --- --- --- --- 65,125 59,574 35,747 914.8 70,087 42,055 1,076.20 60 1988
1989 123,205,000 86.9 1,483,590 126,173 31,314 85 145,193 36,035 97.9 24.8 235,079 190.80 36,115 16,958 154 41,559 19,514 176.8 47 684,600 555.66 56,733 195 82.9 65,285 224 95.4 0.3 563,911 457.70 33,325 14,161 59.1 38,349 16,296 68 42.5 53,605 40,110 25,852 748.3 46,157 29,749 861 64.5 1989
1990 123,611,000 89.6 1,444,067 131,976 36,312 91.4 147,295 40,527 102 27.5 227,853 184.33 38,182 18,853 168 42,614 21,041 187 49.4 688,783 557.22 57,323 229 83.2 63,977 256 92.9 0.4 527,431 426.69 36,472 17,230 69.2 40,705 19,230 77.2 47.2 50,919 45,678 28,184 897.1 50,980 31,455 1,001.20 61.7 1990
1991 124,101,000 92.6 1,504,257 191,145 36,786 127.1 206,420 39,726 137.2 19.2 227,946 183.68 44,113 19,693 194 47,638 21,267 209 44.6 730,266 588.44 62,312 238 85.3 67,292 257 92.1 0.4 546,045 440.00 84,719 16,855 155.2 91,489 18,202 167.5 19.9 46,427 58,990 30,879 1,270.60 63,704 33,347 1,372.10 52.3 1991
1992 124,567,000 94.1 1,525,863 162,996 38,727 106.8 173,216 41,155 113.5 23.8 233,690 187.60 55,093 20,676 236 58,547 21,972 250.5 37.5 713,823 573.04 62,604 229 87.7 66,529 243 93.2 0.4 578,350 464.29 45,299 17,822 78.3 48,139 18,939 83.2 39.3 48,900 129,118 109,849 2,640.40 137,214 116,736 2,806.00 85.1 1992
1993 124,938,000 95.4 1,583,993 166,353 40,650 105 174,374 42,610 110.1 24.4 254,516 203.71 54,486 21,535 214 57,113 22,573 224.4 39.5 712,451 570.24 63,691 253 89.4 66,762 265 93.7 0.4 617,026 493.87 48,176 18,863 78.1 50,499 19,773 81.8 39.2 47,341 87,298 66,249 1,844.00 91,507 69,443 1,932.90 75.9 1993
1994 125,265,000 96 1,557,738 190,138 40,692 122.1 198,060 42,388 127.1 21.4 247,661 197.71 65,560 21,406 265 68,292 22,298 275.7 32.7 663,737 529.87 70,785 291 106.6 73,734 303 111.1 0.4 646,340 515.98 53,793 18,995 83.2 56,034 19,786 86.7 35.3 52,047 49,019 30,216 941.8 51,061 31,475 981.1 61.6 1994
1995 125,570,000 95.9 1,570,492 167,618 40,457 106.7 174,784 42,187 111.3 24.1 234,586 186.82 57,986 21,233 247 60,465 22,141 257.8 36.6 664,508 529.19 63,172 323 95.1 65,873 337 99.1 0.5 671,398 534.68 46,460 18,900 69.2 48,446 19,708 72.2 40.7 45,923 36,827 21,835 801.9 38,401 22,769 836.2 59.3 1995
1996 125,859,000 96 1,588,698 174,124 41,336 109.6 181,379 43,058 114.2 23.7 223,590 177.65 58,496 21,872 262 60,933 22,783 272.5 37.4 687,960 546.61 71,161 372 103.4 74,126 388 107.7 0.5 677,148 538.02 44,467 19,092 65.7 46,320 19,888 68.4 42.9 49,394 47,822 31,089 968.2 49,815 32,384 1,008.50 65 1996
1997 126,157,000 97.7 1,665,543 176,241 45,598 105.8 180,390 46,671 108.3 25.9 221,678 175.72 56,416 25,455 255 57,744 26,054 260.5 45.1 696,370 551.99 70,664 353 101.5 72,328 361 103.9 0.5 747,495 592.51 49,161 19,790 65.8 50,318 20,256 67.3 40.3 49,426 62,484 39,632 1,264.20 63,955 40,565 1,294.00 63.4 1997
1998 126,472,000 98.3 1,789,049 187,074 44,664 104.6 190,309 45,436 106.4 23.9 237,703 187.95 58,355 23,259 246 59,364 23,661 249.7 39.9 705,431 557.78 74,886 438 106.2 76,181 446 108 0.6 845,915 668.86 53,833 20,966 63.6 54,764 21,329 64.7 38.9 48,279 62,460 46,859 1,293.70 63,540 47,669 1,316.10 75 1998
1999 126,667,000 98 1,910,393 229,316 49,319 120 233,996 50,326 122.5 21.5 260,981 206.04 78,507 26,361 301 80,109 26,899 307 33.6 694,375 548.19 94,994 458 136.8 96,933 467 139.6 0.5 955,037 753.97 55,815 22,501 58.4 56,954 22,960 59.6 40.3 43,431 29,928 21,510 689.1 30,539 21,949 703.2 71.9 1999
2000 126,926,000 97.3 2,131,164 306,359 58,824 143.8 314,860 60,456 147.7 19.2 296,486 233.59 114,707 33,811 387 117,890 34,749 397.6 29.5 754,939 594.79 122,653 556 162.5 126,057 571 167 0.5 1,079,739 850.68 68,999 24,456 63.9 70,914 25,135 65.7 35.4 44,384 32,255 22,693 726.7 33,150 23,323 746.9 70.4 2000
2001 127,316,000 96.7 2,340,511 301,454 58,790 128.8 311,741 60,796 133.2 19.5 303,698 238.54 97,507 32,416 321 100,835 33,522 332 33.2 827,593 650.03 125,483 526 151.6 129,765 544 156.8 0.4 1,209,220 949.78 78,464 25,849 64.9 81,142 26,731 67.1 32.9 43,104 47,402 30,924 1,099.70 49,020 31,979 1,137.20 65.2 2001
2002 127,486,000 95.8 2,377,488 297,419 64,346 125.1 310,458 67,167 130.6 21.6 338,294 265.36 107,370 37,459 317 112,077 39,101 331.3 34.9 775,435 608.25 112,256 455 144.8 117,177 475 151.1 0.4 1,263,759 991.29 77,792 26,432 61.6 81,203 27,591 64.3 34 49,482 53,607 41,883 1,083.40 55,957 43,719 1,130.90 78.1 2002
2003 127,694,000 95.5 2,235,844 269,085 59,484 120.4 281,764 62,287 126 22.1 333,233 260.96 91,386 33,766 274 95,692 35,357 287.2 36.9 695,791 544.89 103,749 497 149.1 108,638 520 156.1 0.5 1,206,820 945.09 73,950 25,222 61.3 77,435 26,410 64.2 34.1 60,298 49,123 38,165 814.7 51,438 39,963 853.1 77.7 2003
2004 127,787,000 95.5 1,981,574 235,808 52,271 119 246,919 54,734 124.6 22.2 290,595 227.41 76,181 28,105 262 79,771 29,429 274.5 36.9 629,722 492.79 91,108 532 144.7 95,401 557 151.5 0.6 1,061,257 830.49 68,519 23,634 64.6 71,748 24,748 67.6 34.5 83,015 67,095 60,265 808.2 70,257 63,105 846.3 89.8 2004
2005 127,768,000 95.2 1,725,072 200,234 45,931 116.1 210,330 48,247 121.9 22.9 244,776 191.58 66,271 24,490 271 69,612 25,725 284.4 37 556,987 435.94 71,400 251 128.2 75,000 264 134.7 0.4 923,309 722.64 62,563 21,189 67.8 65,717 22,257 71.2 33.9 85,596 62,565 53,804 730.9 65,720 56,517 767.8 86 2005
2006 127,901,000 95.5 1,534,528 166,665 38,000 108.6 174,518 39,791 113.7 22.8 205,463 160.64 53,337 19,891 260 55,850 20,828 271.8 37.3 517,815 404.86 54,518 245 105.3 57,087 257 110.2 0.4 811,250 634.28 58,810 17,864 72.5 61,581 18,706 75.9 30.4 74,632 61,174 55,579 819.7 64,057 58,198 858.3 90.9 2006
2007 128,033,000 95.5 1,429,956 144,255 31,868 100.9 151,052 33,370 105.6 22.1 175,728 137.25 45,588 17,007 259 47,736 17,808 271.6 37.3 510,162 398.46 47,570 182 93.2 49,812 191 97.6 0.4 744,066 581.15 51,096 14,679 68.7 53,504 15,371 71.9 28.7 67,787 67,133 60,175 990.4 70,296 63,010 1,037.0 89.6 2007
2008 128,084,000 96.8 1,379,752 135,419 28,021 98.1 139,896 28,947 101.4 20.7 155,270 121.23 40,451 14,790 261 41,788 15,279 269.1 36.6 504,020 393.51 41,802 165 82.9 43,184 170 85.7 0.4 720,462 562.49 53,166 13,065 73.8 54,924 13,497 76.2 24.6 64,558 74,032 68,978 1,146.8 76,479 71,258 1,184.7 93.2 2008
2009 128,032,000 95.5 1,308,378 120,065 24,854 91.8 125,723 26,025 96.1 20.7 148,771 116.20 34,743 13,466 234 36,380 14,101 244.5 38.8 500,869 391.21 40,431 115 80.7 42,336 120 84.5 0.3 658,738 514.51 44,892 11,273 68.1 47,007 11,804 71.4 25.1 45,318 48,069 44,649 1,060.7 50,334 46,753 1,110.7 92.9 2009
2010 128,057,000 94.8 1,229,059 112,567 22,871 91.6 118,742 24,126 96.6 20.3 136,749 106.79 32,960 12,887 241 34,768 13,594 254.2 39.1 474,314 370.39 38,365 118 80.9 40,469 124 85.3 0.3 617,996 482.59 41,242 9,866 66.7 43,504 10,407 70.4 23.9 37,659 40,689 36,673 1,080.5 42,921 38,685 1,139.7 90.1 2010
2011 127,834,000 94.5 1,152,492 111,555 22,662 96.8 118,048 23,981 102.4 20.3 126,382 98.86 32,539 12,918 258 34,433 13,670 272.5 39.7 443,305 346.78 39,495 124 89.1 41,794 131 94.3 0.3 582,805 455.91 39,521 9,621 67.8 41,821 10,181 71.8 24.3 34,720 46,918 43,383 1,351.3 49,649 45,908 1,430.0 92.5 2011
2012 127,593,000 94.5 1,059,131 100,918 20,653 95.3 106,792 21,855 100.8 20.5 115,328 90.39 29,519 11,775 256 31,237 12,460 270.9 39.9 397,787 311.76 35,195 92 88.5 37,243 97 93.6 0.3 546,016 427.94 36,204 8,786 66.3 38,311 9,297 70.2 24.3 34,762 84,177 80,985 2,421.5 89,076 85,698 2,562.5 96.2 2012
2013 127,414,000 94.9 981,233 96,524 20,096 98.4 101,711 21,176 103.7 20.8 107,313 84.22 28,346 11,504 264 29,869 12,122 278.3 40.6 376,244 295.29 35,740 81 95 37,661 85 100.1 0.2 497,676 390.60 32,438 8,511 65.2 34,181 8,968 68.7 26.2 38,302 77,543 74,522 2,024.5 81,710 78,527 2,133.3 96.1 2013
2014 127,237,000 97.5 897,259 81,460 17,617 90.8 83,549 18,069 93.1 21.6 93,566 73.54 24,890 9,799 266 25,528 10,050 272.8 39.4 352,045 276.68 27,631 90 78.5 28,339 92 80.5 0.3 451,648 354.97 28,938 7,728 64.1 29,680 7,926 65.7 26.7 41,523 84,627 81,044 2,038.1 86,797 83,122 2,090.3 95.8 2014
2015 127,095,000 98.2 807,560 76,659 18,466 94.9 78,064 18,804 96.7 24.1 86,373 67.96 26,560 11,015 308 27,047 11,217 313.1 41.5 309,837 243.78 24,052 79 77.6 24,493 80 79.1 0.3 411,350 323.66 26,047 7,371 63.3 26,524 7,506 64.5 28.3 39,432 76,091 68,735 1,929.7 77,486 69,995 1,965.0 90.3 2015
2016 126,933,000 98.1 723,148 70,598 18,610 97.6 71,965 18,970 99.5 26.4 76,477 60.25 24,489 11,028 320 24,963 11,242 326.4 45 272,174 214.42 21,440 84 78.8 21,855 86 80.3 0.4 374,497 295.04 24,670 7,498 65.9 25,148 7,643 67.2 30.4 40,990 66,529 63,934 1,623.1 67,818 65,172 1,654.5 96.1 2016
2017 126,706,000 98.6 655,498 66,662 18,213 101.7 67,609 18,472 103.1 27.3 73,122 57.71 23,835 10,911 326 24,173 11,066 330.6 45.8 235,778 186.08 20,506 57 87 20,797 58 88.2 0.3 346,598 273.55 22,320 7,245 64.4 22,637 7,348 65.3 32.5 42,571 60,983 57,083 1,432.5 61,849 57,894 1,452.8 93.6 2017
2018 126,443,000 99.5 582,141 57,968 16,752 99.6 58,259 16,836 100.1 28.9 62,745 49.62 18,635 8,796 297 18,729 8,840 298.5 47.2 207,799 164.34 18,194 67 87.6 18,285 67 88 0.4 311,597 246.43 21,139 7,888 67.8 21,245 7,928 68.2 37.3 38,513 62,287 46,339 1,617.3 62,600 46,572 1,625.4 74.4 2018
2019 126,167,000 100 532,565 63,321 19,132 118.9 63,321 19,132 118.9 30.2 57,808 45.82 22,648 9,272 392 22,648 9,272 391.8 40.9 187,101 148.30 17,654 51 94.4 17,654 51 94.4 0.3 287,656 228.00 23,018 9,809 80 23,018 9,809 80 42.6 32,207 46,947 42,601 1,457.7 46,947 42,601 1,457.7 90.7 2019
2020 125,708,000 100 417,291 50,160 16,780 120.2 50,160 16,780 120.2 33.5 44,093 35.08 --- --- --- --- --- --- --- 135,025 107.41 --- --- --- --- --- --- --- 238,173 189.47 --- --- --- --- --- --- --- 30,468 64,010 59,250 2,100.9 64,010 59,250 2,100.9 92.6 2020
年度 人口 消費者
物価
指数
認知件数 被害
総額
現金
被害額
1件当たりの被害総額(千円) 被害
総額
現金
被害額
1件当たりの被害総額(千円) 現金
被害
比率
(%)
認知件数 人口
10万人中の
発生率
被害
総額
現金
被害額
1件当たりの被害総額(千円) 被害
総額
現金
被害額
1件当たりの被害総額(千円) 現金
被害
比率
(%)
認知件数 人口
10万人中の
発生率
被害総額 現金
被害額
1件当たりの被害総額(千円) 被害
総額
現金被害額 1件当たりの被害総額(千円) 現金
被害
比率
(%)
認知件数 人口
10万人中の
発生率
被害
総額
現金
被害額
1件当たりの被害総額(千円) 被害
総額
現金
被害額
1件当たりの被害総額(千円) 現金
被害
比率
(%)
認知件数 被害
総額
現金
被害額
1件当たりの被害総額(千円) 被害
総額
現金
被害額
1件当たりの被害総額(千円) 現金
被害
比率
(%)
年度
実額 消費者物価指数換算 実額 消費者物価指数換算 実額 消費者物価指数換算 実額 消費者物価指数換算 実額 消費者物価指数換算
窃盗 窃盗の内、侵入窃盗 窃盗の内、乗り物盗 窃盗の内、非侵入窃盗 詐欺
    • 2020年の被害総額及び現金被害総額は千万円未満を四捨五入した概数である。
    • 財産犯被害者が法人その他の団体である場合を含む。
    • 一件当たりの被害額は、被害総額を財産犯の総数で割った額である。単位は千円であり、千円未満は四捨五入。
    • 消費物価指数換算は、被害総額・現金被害総額・一件当たりの被害額を消費者物価指数(2020年基準)で換算した値である。
    • 1969年以前の消費者物価指数は「持家の帰属家賃を除く総合」であり、2020年基準の総合指数とは接続しない。
    • 現金被害比率は、被害総額に対する現金被害総額の比率である。
    • 窃盗は、侵入窃盗、乗り物盗、非侵入窃盗の合計。
    • 1950~1953年の窃盗・詐欺の現金被害総額は、昭和28年版犯罪統計書の第3表 年次別、罪種別、被害財物別比率表(194ページ)の値を用いて、現金被害額を算出した。
    • 1965年の窃盗の被害総額は、不動産侵奪罪による被害を含めた数値である。[141]
    • 1992年の詐欺被害額の急激な増加は、茨城カントリークラブのゴルフ会員権販売代名下の詐欺事件(総額約1,200億円)によるものである。[142]
    • 金額は記載のない限り、単位は百万円であり、百万円未満は四捨五入。但し、2019年は一億円単位である。
    • 出典元の資料の発行年によりデータの数値に差異がある場合は最近の年度のデータを引用。
    • ---は統計資料無しまたは未発見・未公開・未発表。
  • 出典
    • 2020年の人口統計[10]
    • 1949~2019年の人口統計[11]
    • 消費者物価指数[147]
    • 2020年の窃盗(侵入窃盗、乗り物盗、非侵入窃盗)と詐欺の認知件数[12]
    • 1949~2019年の窃盗(侵入窃盗、乗り物盗、非侵入窃盗)と詐欺の認知件数[43]
    • 1973~2019年の侵入窃盗・乗り物盗・非侵入窃盗の認知件数[160]
    • 1954~1972年の侵入窃盗と1966~1972年の乗り物盗・非侵入窃盗の認知件数[161]
    • 2020年の窃盗と詐欺の被害総額、現金被害総額、一件当たりの被害額[13]
    • 2019年の窃盗(侵入窃盗、乗り物盗、非侵入窃盗)の被害総額、現金被害総額、一件当たりの被害額[162]
    • 1989~2019年の窃盗(侵入窃盗、乗り物盗、非侵入窃盗)の被害総額、現金被害総額、一件当たりの被害額[149]
    • 1984~1988年の窃盗・詐欺の被害総額と現金被害額[150]
    • 1974年~1983年の窃盗の被害総額[163]
    • 1969年~1973年の窃盗の被害総額と1969年の詐欺の被害総額[164]
    • 窃盗の1967年・1968年の被害総額と1967年~1971年の現金被害額(但し、ドル軍票などの外国通貨等は含まない。)[152]
    • 1972年~1976年の詐欺の被害総額[165]
    • 1965年、1971年の詐欺の被害総額[166]
    • 1964年の窃盗の被害総額と1964年、1970年の詐欺の被害総額[167]
    • 1966年、1970年、1975年、1980年の窃盗・詐欺の被害総額[168]
    • 1961年~1964年、1966年~1969年の詐欺と1961年~1963年、1965年の窃盗の被害総額と現金被害額[141]
    • 1957~1959年の窃盗・詐欺の被害総額、現金被害総額(但し、ドル・軍票などの外国通貨等は含まない。)[153]
    • 1956年の窃盗・詐欺の被害総額、現金被害総額[154]
    • 1955年の窃盗・詐欺の被害総額、現金被害総額[155]
    • 1954年の窃盗・詐欺の被害総額、現金被害総額[156]
    • 1952年・1953年の窃盗・詐欺の被害総額、1950~1953年の強盗・窃盗・詐欺・恐喝・横領の現金被害総額[157]
    • 1950年・1951年の窃盗・詐欺の被害総額[158]
    • 1949年の窃盗・詐欺の被害総額、現金被害総額[159]

財産(窃盗・詐欺以外)に対する刑法犯罪の認知件数・被害額(罪名別)[編集]

財産(窃盗・詐欺以外)に対する刑法犯罪の認知件数・被害額(罪名別)
年度 人口 消費者
物価
指数
罪 名 別 被 害 年度
強盗 恐喝 横領 遺失物等横領
認知件数 実額 消費者物価指数換算 現金
被害
比率
(%)
認知
件数
実額 消費者物価指数換算 現金
被害
比率
(%)
認知
件数
実額 消費者物価指数換算 現金
被害
比率
(%)
認知
件数
実額 消費者物価指数換算 現金
被害
比率
(%)
被害
総額
現金
被害額
1件当たりの被害総額(千円) 被害
総額
現金
被害額
1件当たりの被害総額(千円) 被害
総額
現金
被害額
1件当たりの被害総額(千円) 被害
総額
現金
被害額
1件当たりの被害総額(千円) 被害総額 現金
被害額
1件当たりの被害総額(千円) 被害
総額
現金
被害額
1件当たりの被害総額(千円) 被害
総額
現金
被害額
1件当たりの被害総額(千円) 被害
総額
現金
被害額
1件当たりの被害総額(千円)
1949 81,773,000 12.8 8,780 287 55 32.7 2,242 430 255.4 18.6 29,550 118 59 4.0 922 461 31.2 50.0 60,296 1,343 879 22.3 10,492 6,867 174.0 65.5 2,547 --- --- --- --- --- --- --- 1949
1950 84,115,000 11.9 7,821 149 52 19.1 1,252 437 160.1 34.9 32,740 141 92 4.3 1,185 773 36.2 65.0 65,616 2,872 2,154 43.8 24,134 18,101 367.8 75.0 2,885 --- --- --- --- --- --- --- 1950
1951 84,541,000 14 6,124 129 35 21.1 921 250 150.5 26.8 19,891 87 59 4.4 621 421 31.2 68.3 48,834 2,728 1,891 55.9 19,486 13,507 399.0 69.3 3,108 --- --- --- --- --- --- --- 1951
1952 85,808,000 14.8 6,140 120 40 19.5 811 270 132.1 33.4 20,586 89 48 4.3 601 324 29.2 54.2 47,071 3,160 2,269 67.1 21,351 15,331 453.6 71.8 2,799 --- --- --- --- --- --- --- 1952
1953 86,981,000 15.7 5,296 106 22 20.0 675 140 127.5 20.4 18,777 93 55 5.0 592 350 31.5 59.5 46,329 3,613 2,168 78.0 23,013 13,809 496.7 60.0 4,175 --- --- --- --- --- --- --- 1953
1954 88,239,000 16.7 5,753 178 30 30.9 1,066 180 185.3 16.9 25,538 184 117 7.2 1,102 701 43.1 63.6 42,940 3,780 2,412 88.0 22,635 14,443 527.1 63.8 2,830 --- --- --- --- --- --- --- 1954
1955 90,077,000 16.6 5,878 131 41 22.3 789 247 134.3 31.3 28,419 154 84 5.4 928 506 32.6 54.5 37,527 3,289 2,350 87.6 19,813 14,157 528.0 71.5 2,594 --- --- --- --- --- --- --- 1955
1956 90,172,000 16.6 5,285 116 23 21.9 699 139 132.2 19.8 27,736 185 133 6.7 1,114 801 40.2 71.9 31,445 3,104 1,973 98.7 18,699 11,886 594.7 63.6 2,290 --- --- --- --- --- --- --- 1956
1957 90,928,000 17.1 5,029 99 24 19.7 579 140 115.1 24.2 28,269 153 86 5.4 895 503 31.7 56.2 31,143 3,973 2,712 127.6 23,234 15,860 746.0 68.3 2,252 --- --- --- --- --- --- --- 1957
1958 91,767,000 17.1 5,442 98 26 18.0 573 152 105.3 26.5 38,684 221 115 5.7 1,292 673 33.4 52.0 26,362 3,456 2,379 131.1 20,211 13,912 766.7 68.8 2,113 --- --- --- --- --- --- --- 1958
1959 92,641,000 17.2 5,192 90 29 17.3 523 169 100.8 32.2 41,599 280 190 6.7 1,628 1,105 39.1 67.9 24,241 2,759 1,685 113.8 16,041 9,797 661.7 61.1 2,811 --- --- --- --- --- --- --- 1959
1960 94,302,000 17.9 5,198 115 26 22.1 642 145 123.6 22.6 41,060 223 122 5.4 1,246 682 30.3 54.7 22,144 3,161 1,905 142.7 17,659 10,642 797.5 60.3 2,285 --- --- --- --- --- --- --- 1960
1961 94,287,000 18.8 4,491 105 30 23.4 559 160 124.4 28.6 45,306 327 211 7.2 1,739 1,122 38.4 64.5 21,614 3,346 1,996 154.8 17,798 10,617 823.4 59.7 2,302 --- --- --- --- --- --- --- 1961
1962 95,181,000 20.1 4,142 152 46 36.7 756 229 182.6 30.3 45,034 402 247 8.9 2,000 1,229 44.4 61.4 18,743 3,741 2,155 199.6 18,612 10,721 993.0 57.6 2,178 --- --- --- --- --- --- --- 1962
1963 96,156,000 21.6 4,021 166 51 41.3 769 236 191.1 30.7 42,032 322 175 7.7 1,491 810 35.5 54.3 15,682 3,982 1,972 253.9 18,435 9,130 1,175.6 49.5 1,986 --- --- --- --- --- --- --- 1963
1964 97,182,000 22.5 3,926 201 42 51.2 893 187 227.5 20.9 40,892 493 289 12.1 2,191 1,284 53.6 58.6 16,734 8,231 3,662 491.9 36,582 16,276 2,186.1 44.5 2,006 --- --- --- --- --- --- --- 1964
1965 99,209,000 23.9 3,886 158 70 40.7 661 293 170.1 44.3 35,287 496 286 14.1 2,075 1,197 58.8 57.7 14,922 6,584 2,865 441.2 27,548 11,987 1,846.1 43.5 1,805 --- --- --- --- --- --- --- 1965
1966 99,036,000 25.2 3,558 218 150 61.3 865 595 243.1 68.8 27,454 895 557 32.6 3,552 2,210 129.4 62.2 13,180 6,494 3,584 492.7 25,770 14,222 1,955.2 55.2 1,790 --- --- --- --- --- --- --- 1966
1967 100,196,000 26.1 3,009 175 50 58.2 670 192 222.8 28.6 21,361 864 526 40.4 3,310 2,015 155.0 60.9 10,287 5,695 3,116 553.6 21,820 11,939 2,121.1 54.7 1,480 --- --- --- --- --- --- --- 1967
1968 101,331,000 27.5 2,988 606 395 202.8 2,204 1,436 737.5 65.2 19,030 641 344 33.7 2,331 1,251 122.5 53.7 9,657 6,967 3,922 721.4 25,335 14,262 2,623.4 56.3 1,447 --- --- --- --- --- --- --- 1968
1969 102,536,000 29.1 2,724 205 85 75.3 704 292 258.6 41.5 18,204 777 334 42.7 2,670 1,148 146.7 43.0 9,001 6,931 4,049 1,103.3 23,818 13,914 2,646.1 58.4 1,521 --- --- --- --- --- --- --- 1969
1970 104,665,000 30.9 2,689 2,127 85 791.0 6,883 275 2,559.9 4.0 18,775 1,094 526 58.3 3,540 1,702 188.6 48.1 9,362 8,634 4,553 922.2 27,942 14,735 2,984.6 52.7 1,910 --- --- --- --- --- --- --- 1970
1971 106,100,000 32.9 2,439 --- --- --- --- --- --- --- 17,406 --- --- --- --- --- --- --- 8,008 7,708 --- 962.5 23,429 --- 2,925.6 --- 2,172 --- --- --- --- --- --- --- 1971
1972 107,595,000 34.5 2,500 --- --- --- --- --- --- --- 16,053 --- --- --- --- --- --- --- 9,349 10,260 --- 1,097.4 29,739 --- 3,181.0 --- 3,382 --- --- --- --- --- --- --- 1972
1973 109,104,000 38.6 2,000 --- --- --- --- --- --- --- 14,652 --- --- --- --- --- --- --- 10,172 12,746 --- 1,253.0 33,021 --- 3,246.2 --- 4,674 --- --- --- --- --- --- --- 1973
1974 110,573,000 47.5 2,140 --- --- --- --- --- --- --- 13,852 --- --- --- --- --- --- --- 9,493 13,309 --- 1,402.0 28,019 --- 2,951.5 --- 4,768 --- --- --- --- --- --- --- 1974
1975 111,940,000 53.1 2,300 534 --- 232.2 1,006 --- 437.2 --- 14,255 2,413 --- 169.3 4,544 --- 318.8 --- 10,575 14,309 --- 1,353.1 26,947 --- 2,548.2 --- 5,692 --- --- --- --- --- --- --- 1975
1976 113,094,000 58.1 2,095 --- --- --- --- --- --- --- 11,497 --- --- --- --- --- --- --- 11,670 12,801 --- 1,096.9 22,033 --- 1,888.0 --- 6,850 --- --- --- --- --- --- --- 1976
1977 114,165,000 62.8 2,095 --- --- --- --- --- --- --- 10,964 --- --- --- --- --- --- --- 13,891 --- --- --- --- --- --- --- 9,414 --- --- --- --- --- --- --- 1977
1978 115,190,000 65.5 1,932 --- --- --- --- --- --- --- 9,895 --- --- --- --- --- --- --- 15,781 --- --- --- --- --- --- --- 11,139 --- --- --- --- --- --- --- 1978
1979 116,155,000 67.9 2,043 --- --- --- --- --- --- --- 8,843 --- --- --- --- --- --- --- 16,532 --- --- --- --- --- --- --- 13,111 --- --- --- --- --- --- --- 1979
1980 117,060,000 73.2 2,208 1,404 --- 635.9 1,918 --- 868.7 --- 8,830 2,262 --- 256.2 3,090 --- 350.0 --- 21,391 23,802 --- 1,112.7 32,516 --- 1,520.1 --- 17,594 --- --- --- --- --- --- --- 1980
1981 117,902,000 76.7 2,325 --- --- --- --- --- --- --- 10,048 --- --- --- --- --- --- --- 25,900 --- --- --- --- --- --- --- 22,040 --- --- --- --- --- --- --- 1981
1982 118,728,000 78.9 2,251 --- --- --- --- --- --- --- 11,647 --- --- --- --- --- --- --- 29,595 --- --- --- --- --- --- --- 25,819 --- --- --- --- --- --- --- 1982
1983 119,536,000 80.3 2,317 --- --- --- --- --- --- --- 11,992 --- --- --- --- --- --- --- 30,705 --- --- --- --- --- --- --- 28,023 --- --- --- --- --- --- --- 1983
1984 120,305,000 82.2 2,188 2,161 780 987.7 2,629 949 1,201.5 36.1 12,408 2,256 1,264 181.8 21,782 1,538 1,755.5 56.0 3,423 15,649 9,932 4,571.7 19,038 12,083 5,561.7 63.5 33,192 418 13 12.6 509 16 15.3 3.1 1984
1985 121,049,000 83.8 1,815 675 335 371.9 805 400 443.8 49.6 12,679 7,095 4,458 559.6 8,467 5,320 667.8 62.8 2,891 12,237 8,207 4,232.8 14,603 9,794 5,051.1 67.1 38,676 410 25 10.6 489 30 12.7 6.1 1985
1986 121,660,000 84.3 1,949 1,184 863 607.5 1,405 1,024 720.6 72.9 12,904 2,433 1,680 188.5 2,886 1,993 223.7 69.1 2,774 12,209 8,130 4,401.2 14,483 9,644 5,220.9 66.6 34,662 387 19 11.2 459 23 13.2 4.9 1986
1987 122,239,000 84.4 1,874 1,595 617 851.1 1,890 731 1,008.4 38.7 11,855 5,054 2,798 426.3 5,988 3,315 505.1 55.4 2,278 13,977 7,865 6,135.6 16,560 9,319 7,269.7 56.3 40,302 453 22 11.2 537 26 13.3 4.9 1987
1988 122,745,000 85 1,771 939 579 530.2 1,105 681 623.8 61.7 12,136 3,980 2,505 327.9 4,682 2,947 385.8 62.9 2,420 16,179 10,558 6,685.5 19,034 12,421 7,865.3 65.3 43,258 841 21 19.4 989 25 22.9 2.5 1988
1989 123,205,000 86.9 1,586 853 326 537.8 982 375 618.9 38.2 10,861 3,629 2,114 334.1 4,176 2,433 384.5 58.3 1,949 14,182 8,564 7,276.6 16,320 9,855 8,373.5 60.4 32,055 670 20 20.9 771 23 24.1 3.0 1989
1990 123,611,000 89.6 1,653 2,245 957 1,358.1 2,506 1,068 1,515.8 42.6 10,093 2,475 1,502 245.2 2,762 1,676 273.7 60.7 1,723 8,866 5,764 5,145.7 9,895 6,433 5,742.9 65.0 38,678 735 47 19.0 820 52 21.2 6.4 1990
1991 124,101,000 92.6 1,848 1,530 815 827.9 1,652 880 894.1 53.3 9,582 4,334 1,611 452.3 4,680 1,740 488.5 37.2 1,610 10,954 7,055 6,803.7 11,829 7,619 7,347.4 64.4 51,406 774 22 15.1 836 24 16.3 2.8 1991
1992 124,567,000 94.1 2,189 1,744 1,003 796.7 1,853 1,066 846.7 57.5 10,048 4,649 2,614 462.7 4,940 2,778 491.7 56.2 1,736 21,028 11,982 12,112.9 22,346 12,733 12,872.4 57.0 55,997 873 33 15.6 928 35 16.6 3.8 1992
1993 124,938,000 95.4 2,466 3,641 1,539 1,476.5 3,817 1,613 1,547.7 42.3 11,255 8,037 1,607 714.1 8,425 1,684 748.5 20.0 1,679 21,477 15,780 12,791.5 22,513 16,541 13,408.3 73.5 59,820 726 32 12.1 761 34 12.7 4.4 1993
1994 125,265,000 96 2,684 2,897 2,330 1,079.4 3,018 2,427 1,124.3 80.4 11,266 3,482 1,905 309.1 3,627 1,984 321.9 54.7 1,875 13,623 8,973 7,265.6 14,191 9,347 7,568.3 65.9 66,629 705 17 10.6 734 18 11.0 2.4 1994
1995 125,570,000 95.9 2,277 1,229 1,031 539.7 1,282 1,075 562.8 83.9 11,207 2,285 1,711 203.9 2,383 1,784 212.6 74.9 1,632 9,841 7,227 6,030.0 10,262 7,536 6,287.8 73.4 59,512 617 20 10.4 643 21 10.8 3.2 1995
1996 125,859,000 96 2,463 2,341 1,753 950.5 2,439 1,826 990.1 74.9 12,226 2,538 1,776 207.6 2,644 1,850 216.2 70.0 1,621 13,997 8,549 8,634.8 14,580 8,905 8,994.6 61.1 58,592 571 32 9.7 595 33 10.2 5.6 1996
1997 126,157,000 97.7 2,809 2,357 2,006 839.1 2,412 2,053 858.8 85.1 12,947 1,971 1,286 152.2 2,017 1,316 155.8 65.2 1,569 22,338 15,488 14,237.1 22,864 15,853 14,572.3 69.3 58,955 551 20 9.3 564 20 9.6 3.6 1997
1998 126,472,000 98.3 3,426 2,992 1,885 873.3 3,044 1,918 888.4 63.0 13,900 1,941 1,331 139.6 1,975 1,354 142.1 68.6 1,355 10,118 7,242 7,467.2 10,293 7,367 7,596.3 71.6 64,025 599 22 9.4 609 22 9.5 3.7 1998
1999 126,667,000 98 4,237 2,812 1,404 663.7 2,869 1,433 677.2 49.9 14,768 1,749 1,280 118.4 1,785 1,306 120.8 73.2 1,229 16,229 7,494 13,205.0 16,560 7,647 13,474.5 46.2 67,635 650 18 9.6 663 18 9.8 2.8 1999
2000 126,926,000 97.3 5,173 2,263 1,263 437.5 2,326 1,298 449.6 55.8 18,926 2,764 1,778 146.0 2,841 1,827 150.1 64.3 1,553 10,194 8,183 6,564.1 10,477 8,410 6,746.2 80.3 55,850 552 71 9.9 567 73 10.2 12.9 2000
2001 127,316,000 96.7 6,393 3,215 2,140 502.9 3,325 2,213 520.1 66.6 19,566 2,423 1,699 123.8 2,506 1,757 128.1 70.1 1,995 11,443 9,413 5,735.8 11,834 9,734 5,931.6 82.3 63,775 601 60 9.4 622 62 9.7 10.0 2001
2002 127,486,000 95.8 6,984 3,933 2,010 563.1 4,105 2,098 587.8 51.1 18,403 2,365 1,611 128.5 2,469 1,682 134.1 68.1 2,151 17,909 15,023 8,325.9 18,694 15,682 8,690.9 83.9 71,782 649 76 9.0 677 79 9.4 11.7 2002
2003 127,694,000 95.5 7,664 3,598 2,225 469.5 3,768 2,330 491.6 61.8 17,595 2,689 1,972 152.8 2,816 2,065 160.0 73.3 2,183 14,579 11,362 6,678.4 15,266 11,897 6,993.1 77.9 90,163 712 113 7.9 746 118 8.3 15.9 2003
2004 127,787,000 95.5 7,295 5,458 2,647 748.2 5,715 2,772 783.4 48.5 14,424 3,481 3,006 241.3 3,645 3,148 252.7 86.4 2,543 12,835 10,601 5,047.2 13,440 11,101 5,285.0 82.6 101,869 1,169 138 11.5 1,224 145 12.0 11.8 2004
2005 127,768,000 95.2 5,988 2,325 1,299 388.3 2,442 1,364 407.9 55.9 10,978 2,586 2,311 235.6 2,716 2,428 247.4 89.4 2,347 12,196 9,931 5,196.4 12,811 10,432 5,458.4 81.4 95,520 631 110 6.6 663 116 6.9 17.4 2005
2006 127,901,000 95.5 5,108 1,759 1,242 344.4 1,842 1,301 360.6 70.6 8,636 2,507 2,237 290.3 2,625 2,342 304.0 89.2 2,408 13,106 10,829 5,442.7 13,724 11,339 5,699.2 82.6 93,436 630 124 6.7 660 130 7.1 19.7 2006
2007 128,033,000 95.5 4,567 2,164 978 473.8 2,266 1,024 496.2 45.2 7,384 3,376 2,133 457.2 3,535 2,234 478.7 63.2 2,157 11,112 6,975 5,151.6 11,636 7,304 5,394.3 62.8 83,449 555 116 6.7 581 121 7.0 20.9 2007
2008 128,084,000 96.8 4,298 1,212 725 282.0 1,252 749 291.3 59.8 6,383 2,697 1,365 422.5 2,786 1,410 436.5 50.6 2,220 13,230 10,910 5,959.5 13,667 11,271 6,156.5 82.5 68,189 492 120 7.2 508 124 7.5 24.4 2008
2009 128,032,000 95.5 4,535 1,535 1,079 338.5 1,607 1,130 354.4 70.3 5,556 1,430 1,170 257.4 1,497 1,225 269.5 81.8 1,987 11,684 7,900 5,880.2 12,235 8,272 6,157.3 67.6 63,238 451 104 7.1 472 109 7.5 23.1 2009
2010 128,057,000 94.8 4,051 1,174 991 289.8 1,238 1,045 305.7 84.4 5,233 1,338 1,186 255.7 1,411 1,251 269.7 88.6 1,763 14,154 11,254 8,028.4 14,930 11,871 8,468.7 79.5 55,867 419 105 7.5 442 111 7.9 25.1 2010
2011 127,834,000 94.5 3,695 1,465 1,274 396.5 1,550 1,348 419.6 87.0 4,329 1,205 953 278.4 1,275 1,008 294.6 79.1 1,699 10,808 9,577 6,361.4 11,437 10,134 6,731.6 88.6 48,743 421 136 8.6 446 144 9.1 32.3 2011
2012 127,593,000 94.5 3,691 827 419 224.1 875 443 237.1 50.7 4,181 1,155 998 276.2 1,222 1,056 292.3 86.4 1,754 8,980 7,900 5,119.7 9,503 8,360 5,417.7 88.0 39,753 462 117 11.6 489 124 12.3 25.3 2012
2013 127,414,000 94.9 3,324 802 606 241.3 845 639 254.2 75.6 3,621 1,024 934 282.8 1,079 984 298.0 91.2 1,714 11,102 10,125 6,477.2 11,699 10,669 6,825.3 91.2 33,114 339 130 10.2 357 137 10.8 38.3 2013
2014 127,237,000 97.5 3,056 682 538 223.2 699 552 228.9 78.9 3,041 701 645 230.5 719 662 236.4 92.0 1,723 14,223 13,200 8,254.8 14,588 13,538 8,466.4 92.8 29,534 351 140 11.9 360 144 12.2 39.9 2014
2015 127,095,000 98.2 2,426 446 228 183.8 454 232 187.2 51.1 2,614 1,422 859 544.0 1,448 875 554.0 60.4 1,536 6,317 5,514 4,112.6 6,433 5,615 4,188.0 87.3 26,500 352 164 13.3 358 167 13.5 46.6 2015
2016 126,933,000 98.1 2,332 839 404 359.8 855 412 366.7 48.2 2,162 919 700 425.1 937 714 433.3 76.2 1,513 8,060 7,344 5,327.2 8,216 7,486 5,430.3 91.1 22,979 357 165 15.5 364 168 15.8 46.2 2016
2017 126,706,000 98.6 1,852 956 711 516.1 970 721 523.5 74.4 1,946 794 721 408.0 805 731 413.8 90.8 1,413 5,463 4,666 3,866.2 5,541 4,732 3,921.1 85.4 20,408 306 152 15.0 310 154 15.2 50.0 2017
2018 126,443,000 99.5 1,787 729 572 407.9 733 575 410.0 78.4 1,753 1,121 869 639.5 1,127 873 642.7 77.5 1,449 7,727 5,527 5,332.3 7,766 5,555 5,359.4 71.5 18,522 358 201 19.3 360 202 19.4 56.1 2018
2019 126,167,000 100 1,511 399 305 264.1 399 305 264.1 76.3 1,629 991 914 608.4 991 914 608.3 92.2 1,397 7,274 6,358 5,206.6 7,274 6,358 5,206.9 87.4 15,857 395 246 24.9 395 246 24.9 62.4 2019
2020 125,880,000 100 1,397 --- --- --- --- --- --- --- 1,448 --- --- --- --- --- --- --- 1,412 --- --- --- --- --- --- --- 14,134 --- --- --- --- --- --- --- 2020
年度 人口 消費者
物価
指数
認知件数 被害
総額
現金
被害額
1件当たりの被害総額(千円) 被害
総額
現金
被害額
1件当たりの被害総額(千円) 現金
被害
比率
(%)
認知件数 被害
総額
現金
被害額
1件当たりの被害総額(千円) 被害
総額
現金
被害額
1件当たりの被害総額(千円) 現金
被害
比率
(%)
認知
件数
被害総額 現金
被害額
1件当たりの被害総額(千円) 被害
総額
現金
被害額
1件当たりの被害総額(千円) 現金
被害
比率
(%)
認知
件数
被害
総額
現金
被害額
1件当たりの被害総額(千円) 被害
総額
現金
被害額
1件当たりの被害総額(千円) 現金
被害
比率
(%)
年度
実額 消費者物価指数換算 実額 消費者物価指数換算 実額 消費者物価指数換算 実額 消費者物価指数換算
強盗 恐喝 横領 遺失物等横領
罪 名 別 被 害 額
    • 財産犯被害者が法人その他の団体である場合を含む。
    • 一件当たりの被害額は、被害総額を財産犯の総数で割った額である。単位は千円であり、千円未満は四捨五入。
    • 消費物価指数換算は、被害総額・現金被害総額・一件当たりの被害額を消費者物価指数(2020年基準)で換算した値である。
    • 1969年以前の消費者物価指数は「持家の帰属家賃を除く総合」であり、2020年基準の総合指数とは接続しない。
    • 現金被害比率は、被害総額に対する現金被害総額の比率である。
    • 1950~1953年の強盗・恐喝・横領の現金被害総額は、昭和28年版犯罪統計書の第3表 年次別、罪種別、被害財物別比率表(194ページ)の値を用いて、現金被害額を算出した。
    • 1970年の強盗の被害総額は、ハイジャックシージャックによる被害を含めた数値である。除いた場合、被害総額は約217百万円(消費者物価指数換算:約689百万円)である。[141]また、ハイジャック・シージャックは、同年に制定されたハイジャック防止法により、1970年5月18日以降にそれらの事件が起こった場合、適用される。
    • 1983年以前の横領の認知件数と被害金額は、遺失物等横領も含める。
    • 金額は記載のない限り、単位は百万円であり、百万円未満は四捨五入。但し、2019年は一億円単位である。
    • 出典元の資料の発行年によりデータの数値に差異がある場合は最近の年度のデータを引用。
    • ---は統計資料無しまたは未発見・未公開・未発表。
  • 出典
    • 2020年の人口統計[10]
    • 1949~2019年の人口統計[11]
    • 消費者物価指数[147]
    • 2020年の強盗・恐喝・横領・遺失物等横領の認知件数[12]
    • 1949年~2019年の強盗・恐喝・横領・遺失物等横領の認知件数[43]
    • 2019年の強盗・恐喝・横領・遺失物等横領の被害総額、現金被害総額、一件当たりの被害額[162]
    • 1989~2019年の強盗・恐喝・横領・遺失物等横領の被害総額、現金被害総額、一件当たりの被害額[149]
    • 1984~1988年の強盗・恐喝・横領の被害総額と現金被害額[150]
    • 1969年の横領の被害総額[164]
    • 1972年~1976年の横領の被害総額[165]
    • 1965年、1971年の横領の被害総額[166]
    • 1964年、1970年の横領の被害総額[167]
    • 1966年、1970年、1975年、1980年の強盗・恐喝・横領の被害総額[168]
    • 1961年~1964年、1966年~1969年の強盗・恐喝・横領の被害総額と現金被害額[141]
    • 1957~1959年の強盗・恐喝・横領の被害総額、現金被害総額(但し、ドル・軍票などの外国通貨等は含まない。)[153]
    • 1956年の強盗・恐喝・横領の被害総額、現金被害総額[154]
    • 1955年の強盗・恐喝・横領の被害総額、現金被害総額[155]
    • 1954年の強盗・恐喝・横領の被害総額、現金被害総額[156]
    • 1952年・1953年の強盗・恐喝・横領の被害総額、1950~1953年の強盗・窃盗・詐欺・恐喝・横領の現金被害総額[157]
    • 1950年・1951年の強盗・恐喝・横領の被害総額[158]
    • 1949年の強盗・恐喝・横領の被害総額、現金被害総額[159]

財産に対する刑法犯罪の推移[編集]

法務省と警察庁及び国家地方警察本部の統計により統計データが作成されているが、認知件数や被害額は、警察によって把握されたデータであり、暗数は含まれていない。例えば、2007年の非侵入窃盗の犯罪の1つである万引きは約4,615億円(2010年10月14日の万引防止官民合同会議発表より)と万引きを含めた非侵入窃盗の実額より約9倍の推定被害がでている[169]

  • 財産犯の人口10万人中発生率

発生率は、1949年は1,742.97件であった。1949年~1973年は、一時的な増加はあったにせよ減少傾向であり、1973年は968.04件であった。1973~2002年は一時的な減少があったにせよ増加傾向であり、2002年は1949年最多の1,981.62件であった。2003年以降は減少傾向であり、2020年は、1949年以後最少の370.35件であった。

  • 被害総額

消費者物価指数換算した場合、1949年は148,961百万円であった。1949年~1970年は、一時的な減少があったにせよ増加傾向であり、1970年は317,495百万円であった。その間、1951年は1949年以後最少の115,729百万円であった。1971年~1983年は一時的な増加があったにせよ減少傾向であり、1983年187,936百万円であった。1984年~1992年は一時的な減少があったにせよ増加傾向であり、1992年は340,496百万円であった。1993年~1995年は減少傾向であり、1995年は227,755百万円であった。1996年~2002年は増加傾向であり、2002年は1949年以後最多の392,360百万円であった。2003年以降は減少傾向であり、2019年は119,326百万円であった。しかし、2020年は新型コロナウイルス流行による社会不安を背景に、経済悪化対策の1つである特別定額給付金持続化給付金等をだまし取る詐欺等の犯罪も発生し、窃盗以外(特に詐欺)の被害金額が増加し126,700百万円に増加している[170][171]

2020年の被害総額の約90.1%は窃盗(被害総額の約39.6%)と詐欺(被害総額の約50.5%)で占めている。1949年以後の窃盗と詐欺の両方の被害総額より、窃盗が占める割合が50%以下の1977年・1978年・1981年と2014年(窃盗:約44.7% 詐欺:約46.5% で詐欺が1位)と2018年・2020年を除き窃盗が財産犯の罪名別で1位である。両犯罪が財産犯罪に最も多く占めた年は2000年の約95.5%(窃盗:約86.4% 詐欺:約9.1%)であり、最も少ない年は、1954年の約79.4%(窃盗:約51.2% 詐欺:約28.1%)であった。また、窃盗が最も多く占めた年は2000年の約86.4%であり、最も少ない年は前述の2020年の約39.6%であった。詐欺の場合は、最も多く占めた年は前述の2020年の約50.5%であり、最も少ない年は2000年の約9.1%であった。更に、2012年~2018年は、窃盗の被害総額の減少と2015年以降の詐欺の被害総額の減少により、窃盗と詐欺の差が縮まっていった。そして2019年には窃盗が増加してことも相まって逆転し、窃盗が詐欺より多くなった。しかし2020年は前述の新型コロナウイルス流行による社会不安を背景とした詐欺の被害金額の増加により再び逆転している。

  • 現金被害総額

消費者物価指数換算した場合、1949年は1949年以後最小の27,633百万円であった。1949年~1963年は、300億~500億の間で増減を繰り返しており、1963年は42,931百万円であった。1964年~1975年は単年度の減少があったにせよ増加傾向であり、1975年は83,840百万円であった。1976年~1979年まで単年度の増加があったにせよ減少傾向であり、1979年は69,290百万円であった。1980年~1992年は、増減を繰り返しながらの増加傾向であり、1992年は、1949年以後最多の174,504百万円であった。1993年~1995年は減少傾向であり、1995年は75,371百万円であった。1996年~2004年は、一時的な減少があったにせよ増加傾向であり、2004年は135,003百万円であった。2005年~2010年は減少傾向であり、2010年は77,090百万円であった。2011年~2012年は増加傾向にあり、2012年は117,538百万円であった。2013年以降は単年度の増加はあったにせよ減少傾向であり、2019年は69,556百万円であった。しかし2020年は前述の新型コロナウイルス流行による社会不安を背景とした窃盗以外(特に詐欺)の被害金額の増加により前年より増加し、87,010百万円となった。

2020年の現金被害総額の約87.4%は窃盗(現金被害総額の約19.3%)と詐欺(現金被害総額の約68.1%)で占めている。1949年以後(記録の無い1971年~1983年は除く)の窃盗と詐欺の両方の現金被害総額より、1959年・1963年・1966年~1970年・1986年・1989年~1991年・1994年~1997年・1999年~2003年は窃盗、1949年・1950年・1953年~1958年・1960~1962年・1964年・1965年・1984年・1985年・1987年・1988年・1992年・1993年・1998年・2004年以降は詐欺、1951年・1952年は横領(業務上横領含む)が、財産犯の罪名別で1位である。1949年以降(記録の無い1971年~1983年は除く)で、窃盗と詐欺の両犯罪が最も占めた年は2015年の約92.8%(窃盗:19.7% 詐欺:約73.1%)であり、最も少ない年は1952年の約59.8%(窃盗:23.5% 詐欺:約36.3% この年は横領が現金被害総額の約38.7%を占め、1位であった。)であった。窃盗が最も多く占めた年は、2000年の約63.4%であり、少ない年は2014年の約15.6%であった。詐欺は最も多く占めた年は2015年の約73.1%であり、少ない年は2000年の約24.5%であった。2004年~2014年は、窃盗の減少とと詐欺の増加により現金被害総額の比率の差が広まっていったが、2015年以降は、詐欺の減少により、差が縮まっている。また、2019年は窃盗の現金被害額が増加したが、2020年は詐欺が増加し、差が広がった。

  • 一件当たりの被害額

消費者物価指数換算した場合、1949年は104.5千円であった。1949年~1970年は一時的な減少はあったにせよ増加傾向であり、1970年は、1949年以後最多の281.4千円であった。その間、1951年は1949年以後最少の95.7千円であった。1971年~1983年は一時的な増加があったにせよ減少傾向であり、1983年は130.5千円であった。1984年~1990年は13万~16万の間で増減を繰り返した。1991年~1992年は増加傾向であり、1992年は207.0千円であった。1993年~1995年は減少傾向であり、1995年は134.7千円であった。1996年~2011年は13万~16万の間で増減を繰り返し、2012年は146.4千円であった。2013年~2018年は被害額が多い18万~19万の間で増減を繰り返していた。2018年以降は20万円を超え、2020年は前述の新型コロナウイルス流行による社会不安を背景とした窃盗以外の被害金額の増加により前年より多い271.8千円となった。

  • 現金被害比率

1949年は、1949年以後最少の約18.5%であった。1949年~1963年は、一時的な増加があったにせよ減少傾向であり、1963年は約23.5%であった。1964年~1973年は、一時的な減少があったにせよ増加傾向であり、1973年は約35.9%であった。1974年~1979年は33%~36%の間で増減を繰り返した。1980年~1984年は比率が増加して、38%~41%の間で増減を繰り返した。1985年~1991年は一時的な増加はあったにせよ減少傾向であり、1991年は約28.8%であった。1992年は増加して、約51.2%であった。1993年~1994年は減少傾向であり、1994年は約32.4%であった。1995年~1997年は増加傾向であり、1997年は約39.1%であった。1998年~2000年は減少傾向であり、2000年は約26.2%であった。2001年以降は一時的な減少があったにせよ増加傾向であり、2020年はは1949年以後最多の約68.7%であった。

  • GDP比

1949年は、1949年以後最多の約56.0であった。1949年~1990年は一時的な増加はあったにせよ減少傾向であり、1990年は約4.2‱であった。1991年~1992年は増加傾向であり、1992年は約6.5‱であった。1993年~1995年は減少傾向であり、1995年は約4.2‱であった。1996年~2001年は増加傾向であり、2002年は約7.2‱であった。2003年以降は一時的な増加はあったにせよ減少傾向であり、2019年は1949年以後最少の約2.1‱であった。しかし、2020年は前述の新型コロナウイルス流行による社会不安を背景とした窃盗以外(特に詐欺)の被害金額の増加により前年より多い約2.3%となった。

  • 強盗

被害総額は、1971年~1983年の間は、1975年・1980年以外統計値なし。消費者物価指数換算した場合、1949年は2,242百万円であった。1949年~1959年は単年度の増加があったにせよ減少傾向であり、1959年は523百万円であった。 1960年~1970年は一時的な減少があったにせよ増加傾向であり、1970年は、1949年以後最多の6,883百万円であった。但し、ハイジャック・シージャックによる被害が含まれているため、それらを除いた場合、702百万円である。1975年・1980年の統計値のみで傾向を見るが、増加傾向であった。1984年~2004年は、増減を繰り返しながらの増加傾向であり、2004年は1949年以後最多(1970年のハイジャック・シージャックによる被害を除いた)の4,105百万円であった。2005年~2014年は減少傾向であり、2014年は699百万円であった。2015年以降は増加傾向であり、2018年以降は減少し、2019年は1949年以後最少の399百万円であった。

現金被害額は、1971年~1983年の間は、統計値なし。消費者物価指数換算した場合、1949年は、430百万円であった。1949年~1953年は、単年度の増加があったにせよ減少傾向であり、1953年は、1949年以後最少の140百万円であった。1954年~1968年は、単年度の減少があったにせよ増加傾向であり、1968年は1,436百万円であった。1969年は前値度より減少して、292百万円となり、1970年は275百万円であった。1971年~1983年の間は、統計値なし。1984年~1989年は、1,010億~300億の間を大きく増減していた。1990年~2004年は、増減を繰り返しながらの増加傾向であり、2004年は1949年以後最多の2,772百万円であった。2005年~2019年は減少傾向であり、2019年305百万円であった。

1件当たりの被害総額は、1971年~1983年の間は、1975年・1980年以外統計値なし。消費者物価指数換算した場合、1949年は、255.4千円であった。1949年~1959年は一時的な増加があったにせよ減少傾向であり、1959年は1949年以後最少の100.8千円であった。1960年~1970年は単年度の減少があったにせよ増加傾向であり、1970年は1949年以後最多の2559.9千円であった。但し、ハイジャック・シージャックによる被害が含まれているため、それらを除いた場合、250.0千円であった。1975年と1980年の統計値がある値のみで傾向を見るが、増加傾向であった。1984年~1993年は、大きく増減を繰り返しながらの増加傾向であり、1993年は1949年以後最多(1970年のハイジャック・シージャックによる被害を除いた)の1547.7千円であった。1994年以降は、一時的な増加はあったにせよ減少傾向であり、2019年は264.1千円であった。

現金被害比率は、1971年~1983年の間は、統計値なし。1949年は、約18.5%であった。1949年~1964年は、15%~35%の間で増減を繰り返していた。その間、1954年は1949年以後最少(1970年のハイジャック・シージャックによる被害を除いた)の約16.9%であった。1965年~1970年は、大きく増減を繰り返し、1970年は1949年以後最少の約4.0%であった。1971年~1983年の間は、統計値なし。1984年は、約36.1%であった。1984年以降は、大きく増減を繰り返しており、2019年は約76.3%であった。

  • 窃盗

消費者物価指数換算した場合、1949年は、114,336百万円であった。1949年~1954年は、減少傾向であり、1954年は61,629百万円であった。1955年~1961年は、増加傾向であり、1961年は126,596百万円であった。 1962年~1965年は、1,200億前後を推移し、1965年は、122,967百万円であった。1966年~1970年は増加傾向であり、1970年は164,916百万円であった。1971年~1979年は、減少傾向であり、1979年は102,568百万円であった。1980年~2000年は、一時的な減少があったにせよ増加傾向であり、2000年は1949年以後最多の314,860百万円であった。2001年以降は一時的な増加はあったにせよ減少傾向であり、2020年は1949年以後最少の50,160百万円であった。

現金被害額の統計値は、1972年~1983年は無し。消費者物価指数換算した場合、1949年は、1949年以後最少の8,039百万円であった。1949年~1956年は、単年度の増加があったにせよ減少傾向であり、1956年は8,108百万円であった。1957年~1971年は単年度の減少があったにせよ増加傾向であり、1971年は32,274百万円であった。1972年~1983年は、統計値は無し。1983年~2002年は、一時的な減少があったにせよ増加傾向であり、2002年は1949年以後最多の67,167百万円であった。2003年~2014年は、一時的な増加はあったにせよ減少傾向であり、2014年は18,069百万円であった。2015年以降は、百億後半台で推移し、2020年は16,780百万円であった。

1件当たりの被害総額は、消費者物価指数換算した場合、1949年は、98.1千円であった。1949年~1955年は、単年度の増加があったにせよ減少傾向であり、1955年は1949年以後最少の64.6千円であった。1956年~1970年は増加傾向であり、1970年は1949年以後最多の158.7千円であった。1971年~1984年は、単年度の増加はあったにせよ減少傾向であり、1984年は87.4千円であった。1985年~1991年は、増加傾向であり、1991年は137.2千円であった。1992年~1998年は、単年度の増加はあったにせよ減少傾向であり、1998年は106.4千円であった。1999年~2000年は増加傾向であり、2000年は147.7千円であった。2001年~2009年は、減少傾向であり、2009年は96.1千円であった。2010年~2018年は9万円~10.5万円の間で増減していた。2019年以降は増加傾向であり、2020年は120.2千円であった。

現金被害比率の統計値は、1972年~1983年は無し。1949年は、1949年以後最小の約7.0%であった。1950年は前年度より増加して、約14.4%であった。1950年~1956年は、一時的な増加があったにせよ減少傾向であり、1956年は、約10.4%であった。1957年~1959年は、約11%前半で推移し、1959年は約11.3%であった。1960年~1972年は増加傾向であり、1972年は約20.9%であった。1972年~1983年は、統計値は無し。1984年以降は、大きく増減を繰り返しており、2020年は1949年以後最多の約33.5%であった。

窃盗の種類別で被害総額は、1968年~1970年は侵入窃盗、1989年~2005年まで、非侵入窃盗が最も多かった1991年を除き、乗り物盗が最も多かった。2005年~2012年は、非侵入窃盗が最も多かった。2013年は乗り物盗で、2014年は非侵入窃盗、2015年は侵入窃盗、2016年は非侵入窃盗、2017年は侵入窃盗、2018年・2019年は非侵入窃盗が最も多い。

  • 侵入窃盗

発生率は、1953年以前は無し。1954年は、383.43件であった。1954年・1955年は発生率が300後半台であり、1955年は1956年以後最多の395.71件であった。1956年~1970年は、325.0~365.0件の間で推移し、1970年は340.30件であった。1971年~1997年は、一時的な増加があったにせよ減少傾向であり、1997年は175.72件であった。1998年~2002年は増加傾向であり、2002年は265.36件であった。2003年以降は減少傾向であり、2020年は1956年以後最少の35.08件であった。

被害総額は、1988年以前は、1968年~1970年以外統計値なし。1968年は、73,422百万円であった。1967以前の統計値なし。1968年~1970年は、単年度の増加があったにせよ減少傾向であり、1970年は66,916百万円であった。1971年~1988年の統計値なし。消費者物価指数換算した場合、1989年は、41,559百万円であった。1989年~1994年は、単年度の減少があったにせよ増加傾向であり、1994年は68,292百万円であった。1995年~1997年は、減少傾向であり、1997年は57,744百万円であった。1998年~2000年は増加傾向であり、1968年以後最多の2000年は117,890百万円であった。2001年以降は、一時的な増加はあったにせよ減少傾向であり、2018年は1968年以後最少の18,729百万円であった。しかし、2019年は前年より増加して22,648百万円であった。

現金被害額は、1988年以前は、1968年~1970年以外統計値なし。消費者物価指数換算した場合、1968年は、17,796百万円であった。1967以前の統計値なし。1969年は前年度より増加し、30,990百万円、1970年は前年度より減少し、20,893百万円であった。1971年~1988年の統計値なし。1989年は、19,514百万円であった。1989年~2002年は、一時的な減少があったにせよ増加傾向であり、2002年は1968年以後最多の39,101百万円であった。2003年以降は、一時的な増加はあったにせよ減少傾向であり、2018年は1968年以後最少の8,840百万円であった。しかし、2019年は前年より増加して9,272百万円であった。

1件当たりの被害総額は、1988年以前は、1968年~1970年以外統計値なし。消費者物価指数換算した場合、1968年は、213.1千円であった。1968年~1970年は、単年度の増加があったにせよ減少傾向であり、1970年は187.9千円であった。1971年~1988年の統計値なし。1989年は、1968年以後最小の176.8千円であった。1989~1994年は単年度の減少があったにせよ増加傾向であり、1994年は275.7千円であった。1995年~1998年は、単年度の増加があったにせよ減少傾向であり、1998年は249.7千円であった。1999年~2000年は増加傾向であり、2000年は1968年以後最多の397.6千円であった。2001年~2009年は単年度の増加はあったにせよ減少傾向であり、2009年は244.5千円であった。2010年以降は、単年度の減少があったにせよ増加傾向であり、2019年は391.8千円であった。

現金被害比率の統計値は、1988年以前は、1968年~1970年以外統計値なし。1968年は、1968年以後最少の約24.2%であった。1969年は前年度より増加し、41.1%であった。1970年は前年度より減少し、31.2千円であった。1971年~1988年の統計値なし。1989年は、約47.0%であった。1989年~1994年は単年度の増加はあったにせよ減少傾向であり、1994年は約32.7%であった。その間、1990年は1989年以後最多の約49.4%であった。1995年~1997年は増加傾向であり、1997年は約45.1%であった。1998年~2000年は減少傾向であり、2000年は1968年以後最少の約29.5%であった。2001年以降は一時的な減少があったにせよ増加傾向であり、2019年は約40.9%であった。

  • 乗り物盗

発生率は、1965年以前は無し。1967年は、179.08件であった。1967年~1991年は、一時的な減少があったにせよ増加傾向であり、1991年は588.44件であった。1992年~1995年は減少傾向であり、1995年は529.19件であった。1996年~2001年は、増加傾向であり、2001年は1967年以後最多の650.03件であった。2002年以降は、減少傾向であり、2020年は1967年以後最少の107.41件であった。

1988年以前の被害総額は、1968年~1970年以外統計値なし。消費者物価指数換算した場合、1968年は、53,116百万円であった。1969年は、前年度より増加して、57,677百万円であった。1970年は、前年度より減少して、52,942百万円であった。1971年~1988年の統計値なし。1989年は、65,285百万円であった。1989年~1993年は、620億~670億の間で推移しおり、1993年は66,762百万円であった。1994年~2001年は、単年度の減少があったにせよ増加傾向であり、2001年は1968年以後最多の129,765百万円であった。2002年以降は単年度の増加はあったにせよ減少傾向であり、2019年は1968年以後最少の17,654百万円であった。

1988年以前の現金被害額は、1968年~1970年以外の統計値は無し。消費者物価指数換算した場合、1968年は、193百万円であった。1968年~1970年は、増加傾向であり、1970年は1968年以後最多の599百万円であった。1971年~1988年の統計値なし。1989年は、224百万円であった。1989年~2000年は、単年度の減少があったにせよ増加傾向であり、2000年は571百万円であった。2001年以降は、一時的な増加はあったにせよ減少傾向であり、2019年は1968年以後最少の51百万円であった。

1件当たりの被害総額は、1988年以前は1968年~1970年以外の統計値は無し。消費者物価指数換算した場合、1968年は、301.8千円であった。1969年は前年度より微増して、1968年以後最多の300.5千円であった。1970年は、前年度より減少して、271.4千円であった。1971年~1988年の統計値なし。1989年は95.4千円であった。1989~1991年は、微減傾向であり、1991年は92.1千円であった。1992年~2000年は、単年度の減少があったにせよ増加傾向であり、2000年は167.0千円であった。2001年~2009年は、一時的な増加はあったにせよ減少傾向であり、2009年は、84.5千円であった。2010年以降は、8.0万~10.5万の間で増減しており、2019年は94.4千円であった。その間、2015年は、1968年以後最少の79.1千円であった。

現金被害比率の統計値は、1988年以前は1968年~1970年以外の統計値は無し。1968年は0.4%であった。それ以降の年(1971年~1988年は除く)も1970年の1968年以後最多の1.1%を除いて1.0%未満で、0.2~0.6%の間で推移する。その間、2013年は1968年以後最少は約0.2%であった。また、2019年は約0.3%である。

  • 非侵入窃盗

発生率は、1965年以前は無し。1967年は、446.12件であった。1967年~1970年は増加傾向であり、1970年は466.14件であった。1971年~1977年は単年度の増加があったにせよ減少傾向であり、1977年は380.44件であった。1978年~2002年は、一時的な減少があったにせよ増加傾向であり、2002年は1967年以後最多の991.29件であった。2003年以降は減少傾向であり、2020年は1967年以後最少の189.47件であった。

1988年以前の被害総額は、1968年~1970年以外統計値なし。消費者物価指数換算した場合、1968年は、1968年以後最少の16,687百万円であった。1968年~1970年は、増加傾向であり、1970年は45,065百万円であった。1971年~1988年の統計値なし。1989年は、38,349百万円であった。1989年~2001年は、一時的な減少があったにせよ増加傾向であり、2001年は81,142百万円であった。また、この間に1990年は1968年以後最多の91,489百万円であった。2002年以降は、単年度の増加はあったにせよ減少傾向であり、2018年は21,245百万円であった。但し、2019年は前年より増加して23,018百万円であった。

1988年以前の現金被害額は、1968年~1970年以外の統計値は無し。消費者物価指数換算した場合、1968年は、1968年以後最少の1,116百万円であった。1968年~1970年は、増加傾向であり、1970年は12,958百万円であった。1971年~1988年の統計値なし。1989年は、16,296百万円であった。1989年~2002年は、単年度の減少があったにせよ増加傾向であり、2002年は1968年以後最多の27,591百万円であった。2003年以降は、単年度の増加はあったにせよ減少傾向であり、2017年は7,348百万円であった。2018年以降は増加しており、2019年は9,809百万円であった。

1件当たりの被害総額は、1988年以前は1968年~1970年以外の統計値は無し。消費者物価指数換算した場合、1968年は、1968年以後最少の36.7千円であった。1968年~1970年は、増加傾向であり、1970年は92.4千円であった。1971年~1988年の統計値なし。1989年は68.0千円であった。1989年~1994年は増加傾向であり、1994年は86.7千円であった。その間、1991年は1968年以後最多の167.5千円であった。1995年~1999年は、減少傾向であり、1999年は59.6千円であった。2000年~2008年は一時的な減少があったにせよ増加傾向であり、2008年は76.2千円であった。2009年以降は一時的な増加があったにせよ減少傾向であり、2018年は68.2千円であった。但し、2019年は前年より増加して80.0千円であった。

現金被害比率の統計値は、1988年以前は1968年~1970年以外のの統計値は無し。1968年は、1968年以後最少の約6.7%であった。1968年~1970年は、増加傾向であり、1970年は約28.8%であった。1971年~1988年の統計値なし。1989年は、約42.5%であった。1990年は前年より増加し1968年以後最多の約47.2%であり、1991年は約19.9%であった。1992年~2000年は、35%~45%の間で増減しており、2000年は約35.4%であった。2001年~2005年は、比率が減少して、32%~34%の間で推移しており、2005年は約33.9%であった。2006年~2010年は、単年度の増加があったにせよ減少傾向であり、2010年は約23.9%であった。2011年以降は、単年度の減少があったにせよ増加傾向であり、2018年は約37.3%であった。但し、2019年は前年より増加して42.6%であった。

  • 詐欺

被害総額は、消費者物価指数換算した場合、1949年は、1949年以後最少の20,977百万円であった。1949年~1953年は、一時的な減少があったにせよ増加傾向であり、1953年は35,892百万円であった。1954年~1959年は、一時的な増加があったにせよ減少傾向であり、1959年は28,802百万円であった。1960年~1970年は一時的な減少があったにせよ増加傾向であり、1970年は、1992年を除いた1949年以後最多の98,029百万円であった。1971年は前年度より減少して、56,775百万円であった。1972年~1976年は、一時的な減少があったにせよ増加傾向であり、1976年は94,360百万円であった。1977年~1979年の統計値なし。1980年は5年前より減少して、67,306百万円であった。1981年~1983年の統計値なし。1984年~1999年は、大きく増減を繰り返しながらの減少傾向であり、1999年は30,539百万円であった。またその間、1992年は、1949年以後最多の137,214百万円であった。2000年~2014年は、大きく増減しながらの増加傾向であり、2012年は、89,076百万円であった。2013年~2019年は、単年度の増加はあるにせよ減少傾向であり、2019年は46,497百万円であった。しかし、2020年は新型コロナウイルス流行による社会不安を背景に、経済悪化対策の1つである特別定額給付金持続化給付金等をだまし取る詐欺が発生し活発化した影響により[170][171]、前年の約1.36倍に当たる64,010百万円に増加している。

現金被害額の1971年~1982年の間は、統計値は無し。消費者物価指数換算した場合、1949年は、11,836百万円であった。1949年~1970年は一時的な減少があったにせよ増加傾向であり、1970年は32,288百万円であった。その間、1959年は1949年以後最少の10,052百万円であった。1971年~1983年はの統計値なし。1984年は、36,290百万円であった。1983年~1999年は、大きく増減を繰り返しながらの減少傾向であり、1999年は21,949百万円であった。その間、1992年は、1949年以後最多の116,736百万円であった。2000年~2014年は、増減を繰り返しながらの増加傾向であり、2014年は83,122百万円であった。その間、2012年は1992年を除いた1949年以後最多の85,698百万円であった。2015年~2019年は、減少傾向であり、2019年は42,601百万円であった。しかし、2020年は新型コロナウイルス流行による社会不安を背景による詐欺の活発化により、前年の約1.39倍に当たる59,250百万円に増加している。

1件当たりの被害総額は、消費者物価指数換算した場合、1949年は、1949年以後最少の130.3千円であった。1949年~1976年は一時的な減少があったにせよ増加傾向であり、1976年は1,586.9千円であった。1977年~1979年の統計値なし。1980年は5年前より減少して、1,141.6千円であった。1981年~1983年の統計値なし。1984年~2005年は、増減を繰り返しており、2005年は767.8千円であった。その間、1992年は1949年以後最多の2,806.0千円であった。2006年~2012年は、一時的な減少があったにせよ増加傾向であり、2012年は1992年を除いた1949年以後最多の2,562.5千円であった。2013年~2019年は、単年度の増加があったにせよ減少傾向であり、2019年は1,457.7千円であった。しかし、2020年は新型コロナウイルス流行による社会不安を背景による詐欺の活発化により、前年の約1.44倍に当たる2,100.9千円に増加している。

現金被害比率の1971年~1982年の間は、統計値は無し。1949年は、約56.4%であった。1949年~1970年は、増減を繰り返しながらの減少傾向であり、1970年は1949年以後最少の約32.9%であった。1971年~1982年はの統計値なし。1984年は、約50.0%であった。1984年以降は、一時的な減少があったにせよ増加傾向であり、2020年約92.6%であった。そして、2006年以降は2007年(約89.6%)と2018年(約74.4%)を除き90%以上となっている。

  • 恐喝

被害総額は、1971年~1983年の間の統計値は、1975年・1980年以外なし。消費者物価指数換算した場合、1949年は、922百万円であった。1949年~1970年は、増減を繰り返しながらの増加傾向であり、1970年は3,540百万円であった。その間、1953年は、1949年以後最少の592百万円であった。1975年・1980年の統計値のみで傾向を見るが、1975年は1970年と比べて増加し、1975年は4,544百万円であった。1980年は1975年に比べて減少して3,090百万円であった。1984年は、2,745百万円であった。1984年~1995年は、増減の幅が大きいが、増減を繰り返し、1995年は、2,383百万円であった。またその間、1985年は、1949年以後最多の8,467百万円であった。1996年~1999年は減少傾向であり、1999年は1,785百万円であった。2000年~2007年は、一時的な減少があったにせよ増加傾向であり、2007年は3,535百万円であった。2008年以降は、一時的な増加はあったにせよ減少傾向であり、2019年は991百万円であった。

現金被害額の統計値は1971年~1983年の間の統計値は、なし。消費者物価指数換算した場合、1949年は、461万円であった。1949年~1970年は、増減を繰り返しながらの増加傾向であり、1970年は1,702百万円であった。その間、1952年は1949年以後最少の324百万円であった。1971年~1983年の統計値は無し。1984年は、1,538百万円であった。1984年~1999年は、増減を繰り返しながら、減少傾向であり、1999年は、1,306百万円であった。またその間、1985年は1949年以後最多の5,320百万円であった。2000年~2004年は、一時的な減少があったにせよ増加傾向であり、2004年は3,148百万円であった。2005年~2016年は、一時的な増加はあったにせよ減少傾向であり、2016年は714百万円であった。2017年以降は増加傾向であり、2019年は914百万円であった。

一人当たりの被害総額は、1971年~1983年の間の統計値は、1975年・1980年以外なし。消費者物価指数換算した場合、1949年は、31.2千円であった。1949年~1963年は、2.5万~4.5万の間で推移しており、1963年は35.5千円であった。その間、1952年は1949年以後最少の29.2千円であった。1964年~1970年は、単年度の減少があったにせよ増加傾向であり、1970年は188.6千円であった。1975年・1980年の統計値のみで傾向を見るが、増加傾向であり、1980年は350.0千円であった。1984年~1993年は、大きく増減しており、1993年は1949年以後最多の748.5千円であった。1994年~1999年は減少傾向であり、1999年は120.8千円であった。2000年~2007年は単年度の減少はあったにせよ増加傾向であり、2007年は478.7千円であった。2008年~2009年は減少傾向であり、2009年は269.7千円であった。2010年以降は、一時的な減少があったにせよ増加傾向であり、2019年は608.3千円であった。

現金被害比率の統計値は1971年~1983年の間の統計値は、なし。1949年は、約50.0%であった。1949年~1968年は、1956年の約71.9%を除き50%~70%の間で増減を繰り返しており、1968年は約53.7%であった。1969年は前年度より減少して、約43.0%であった。1970年は前年度より増加して、約48.1%であった。1971年~1983年の統計値は無し。1984年は、約56.0%であった。1984年~1993年は、一時的な増加があったにせよ減少傾向であり、1993年は1949年以後最少の約20.0%であった。1994年以降は、一時的な減少があったにせよ増加傾向であり、2019年は1949年以後最多の約92.2%であった。

  • 横領と遺失物等横領

横領と遺失物等横領の合計被害総額は、消費者物価指数換算した場合、1949年はの10,492百万円であった。1950年は、前年度より増加して、24,134百万円であった。1950年~1959年は、一時的な増加があったにせよ減少傾向であり、1959年は16,041百万円であった。1960年~1963年は、単年度の増加があったにせよ減少傾向であり、1963年は、18,435百万円であった。1964年は、1949年以後最多の36,582百万円であった。1964年~1976年は、大きく増減を繰り返しながらの減少傾向であり、1976年は22,033百万円であった。1977年~1979年は統計値なし。1980年は、1976年より増加して、32,516百万円であった。1981年~1983年の統計値なし。1984年~2002年は、増減の幅が大きい増減を繰り返しており、2002年は19,372百万円(横領:18,694百万円、遺失物等横領:677百万円)であった。2002年以降は、一時的な増加があったにせよ減少傾向であり、2017年は1949年以後最少の5,851百万円(横領:5,541百万円、遺失物等横領:310百万円)であった。2019年は7,669百万円(横領:7,274百万円、遺失物等横領:395百万円)であった。

横領と遺失物等横領の合計現金被害額の統計値は1971年~1983年の間の統計値は、なし。消費者物価指数換算した場合、1949年は、6,867百万円であった。1950年は前年度より増加して、1949年以後最多の18,101百万円であった。1950年~1963年は、一時的な増加があったにせよ減少傾向であり、1963年は9,130百万円であった。1964年~1970年は、一時的な減少があったにせよ増加傾向であり、1970年は14,735百万円であった。1971年~1983年の統計値は、なし。1884年は、12,083百万円(横領:11,880百万円、遺失物等横領:16百万円)であった。1984年~2017年は、増減の幅が大きい増減を繰り返し、2017年は1949年以後最少の4,886百万円(横領:4,732百万円、遺失物等横領:154百万円)であった。2018年以降は増加して2019年は6,604百万円(横領:6,358万円、遺失物等横領:246百万円)であった。

横領と遺失物等横領の一人当たりの合計被害総額は、消費者物価指数換算した場合、1949年は174.0千円であった。1949年~1969年は、一時的な減少があったにせよ増加傾向であり、1970年は2,984.6千円であった。1971年~1976年は、一時的な増加があったにせよ減少傾向であり、1976年は1,888.0千円であった。1977年~1979年は統計値なし。1980年は、1976年より減少し、1,520.1千円であった。1981年~1983年の統計値なし。1984年~2005年は、増減を繰り返しながらの減少傾向であり、2005年は1949年以後最少の137.7千円(横領:5,458.4千円、遺失物等横領:6.8千円)であった。2006年以降は、増減を繰り返しながらの増加傾向であり、2019年は444.5千円(横領:3,850.8千円、遺失物等横領:13.5千円)であった。2018年以降は増加して2019年は1949年以後最多の4,203.5千円(横領:5,206.6千円、遺失物等横領:24.9千円)であった。

横領と遺失物等横領の現金被害比率は、1971年~1983年の間の統計値は、なし。1949年は約65.5%であった。1949年~1970年は、一時的な増加があったにせよ減少傾向であり、1970年は約52.7%であった。その間、1969年は1949年以後最少の約40.8%であった。1971年~1983年は統計値なし。1984年は約61.9%であった。1984年以降は、一時的な減少があったにせよ増加傾向であり、2019年は約61.2%であった。その間、1949年以後最多は2014年の約91.5%であった。

横領の現金被害比率は、1983年以前の統計値は無し。1984年は約63.5%であった。1984年以降は、一時的な減少があったにせよ増加傾向であり、2019年は約87.4%であった。その間、1984年以後最多は2014年の約92.8%であり、最少は1999年の約46.2%であった。

遺失物等横領の現金被害比率は、1983年以前の統計値は無し。1984年は、約3.1%であった。1984年~1999年は、2%~7%の間で増減を繰り返していた。その間、1994年は、1984年以後最少の約2.4%であった。2000年以降は、一時的な減少があったにせよ増加傾向であり、2019年は1984年以後最多の約62.4%であった。

犯罪被害調査(暗数調査)[編集]

犯罪被害調査による犯罪被害と犯罪被害申告率[編集]

犯罪被害調査による5年以内の犯罪被害率
区分
(カッコ内は
調査対象期間)


世帯犯罪被害 個人犯罪被害 各種詐欺等被害





自動車
損壊






不法
侵入
不法
侵入
未遂
強盗等 個人に
対する
窃盗
暴行・
脅迫
性的
事件
ストーカー
行為
D V クレジット
カード
情報詐欺
個人情報
の悪用
振り
込め
詐欺
インター
ネット
オークション
詐欺
消費者
詐欺
都防研1989調査
(1983-1987)
--- 0.8 2.6 5.0 1.7 9.0 2.2 0.6 0 0.8 0.6 1.8 --- --- --- --- --- --- ---
第1回調査
(1995-1999)
41.2 0.7 5.7 16.8 12.4
(4.0)
27.3
(22.1)
4.1 2.6 0.6 2.7 2.1 2.7 --- --- --- --- --- --- ---
第2回調査
(1999-2003)
37.4 0.7 7.1 15.5 10.3
(3.4)
23.2
(18.6)
3.9 2.7 0.3 2.2 1.1 2.5 --- --- --- --- --- --- ---
第3回調査
(2003-2007)
32.3 0.9 5.2 12.7 6.8
(1.6)
17.5
(13.5)
4.0 3.1 0.9 1.7 1.5 2.0
(3.7)
--- --- --- --- --- --- ---
第4回調査
(2007-2011)
34.4 0.9 5.9 12.4 7.6
(2.2)
19.8
(16.3)
3.4 3.3 0.9 4.1 1.7 1.3
(2.3)
--- --- 1.3 1.1 0.8 0.9 3.1
第5回調査
(2014-2018)
23.8 0.2 2.6 8.7 2.7
(0.6)
11.4
(8.6)
2.3 2.9 0.7 2.3 1.5 1.0
(1.7)
0.8 0.7 2.5 1.5 0.5 1.3 1.7
区分
(カッコ内は
調査対象期間)







自動車
損壊






不法
侵入
不法
侵入
未遂
強盗等 個人に
対する
窃盗
暴行・
脅迫
性的
事件
ストーカー
行為
D V クレジット
カード
情報詐欺
個人情報
の悪用
振り
込め
詐欺
インター
ネット
オークション
詐欺
消費者
詐欺
世帯犯罪被害 個人犯罪被害 各種詐欺等被害
    • 犯罪被害実態調査は、アンケート調査により、警察が認知してない犯罪(暗数)を把握し、犯罪被害の実態を知ることを目的とし、法務省法務総合研究所により行われる調査である
    • 調査対象者は、層化二段無作為抽出法[172]により全国から選んだ16歳以上の男女である。
    • 犯罪被害は、過去5年の間に犯罪被害に遭った者の比率である。
    • 全犯罪は,世帯犯罪被害又は個人犯罪被害に該当する犯罪、すなわち、自動車盗、車上盗、自動車損壊、バイク盗、自転車盗、不法侵入、不法侵入未遂、強盗等、個人に対する窃盗、暴行・脅迫、性的事件、ストーカー行為及びDVのうち,いずれかの被害に遭った者の比率である。
    • 世帯犯罪被害は、調査回答者本人や家族等の世帯単位による犯罪被害に遭ったもの。調査対象は、自動車盗車上盗、自動車損壊、バイク盗自転車盗不法侵入及び不法侵入未遂である。
    • 個人犯罪被害は、調査回答者本人が犯罪被害に遭ったもの。調査対象は、強盗等、個人に対する窃盗、暴行・脅迫及び性的事件、ストーカー行為・DVである。
    • 各種詐欺等被害は、クレジットカード情報詐欺、個人情報の悪用、振り込め詐欺インターネットオークション詐欺及び消費者詐欺も調査対象としており,その内、個人情報の悪用及び消費者詐欺については、世帯単位で、それ以外については、回答者本人に対して、それぞれの犯罪被害の有無等を調査している。
    • 各犯罪被害の範囲は,厳密には我が国における各犯罪の構成要件と一致しない場合がある。
    • 車上盗は部品盗を含み、不法侵入は侵入盗を含み、強盗等は恐喝及びひったくりを含む。
    • 性的事件とは、強制性交等、強制わいせつ、痴漢セクハラ等をいい,法律上必ずしも処罰の対象とならない行為を含む。
    • 都防研1989調査のバイク盗及び自転車盗については、所有者中の被害率が含まれていないため、全調査回答者中の被害率である。そのため、第1回調査以降のカッコ内の数値は、集計表に基づいて算出した全調査回答者中の被害率となっている。
    • 自動車盗、車上盗、自動車損壊、バイク盗及び自転車盗(第1回調査以降)は、それぞれ、過去5年間における自家用車、バイク及び自転車の保有世帯に対する比率である。
    • 強盗等は,第1回調査では恐喝及びひったくりを含み得るが、第2回調査では含まず、第3回調査以降では含む。
    • 個人に対する窃盗は、第1回調査では恐喝及びひったくりを含み得るが、第2回調査以降は含まない。
    • 暴行・脅迫は第4回調査以前ではストーカー行為及びDVを含み得る。
    • 第2回調査以前の性的事件は,女性回答者に対する比率である。また第3回調査以降のカッコの数値は、女性のみの場合である。
    • 出典元の資料の発行年によりデータの数値に差異がある場合は最近の年度のデータを引用。
    • ‐‐は統計資料無しまたは未発見・未公開・未発表。
  • 出典
    • 都防研1989調査の世帯犯罪被害、個人犯罪被害(ストーカー行為・DV以外)の5年以内犯罪被害率[173]
    • 第1回~第5回調査の世帯犯罪被害、個人犯罪被害(ストーカー行為・DV以外)の5年以内犯罪被害率[174]
    • 第5回調査のストーカー行為・DVと各種詐欺等被害の5年以内犯罪被害率[175]
    • 第4回調査の各種詐欺等被害の5年以内犯罪被害率[176]
犯罪被害調査による犯罪被害申告率
区分
(カッコ内は
調査対象期間)


世帯犯罪被害 個人犯罪被害 各種詐欺等被害















不法
侵入
不法
侵入
未遂
強盗等 個人に
対する
窃盗
暴行・
脅迫
性的
事件
ストーカー
行為
D V クレジットカード
情報詐欺
個人情報の悪用 振り
込め
詐欺
インター
ネット
オークション
詐欺
消費者詐欺
都防研1989調査
(1983-1987)
--- 77.8 41.2 21.0 87.5 52.5 80.8 71.4 0 68.4 21.4 9.1 --- --- --- --- --- --- ---
第1回調査
(1995-1999)
--- 61.5 41.7 20.9 72.7 36.1 61.1 36.2 30.8 43.3 21.3 9.7 --- --- --- --- --- --- ---
第2回調査
(1999-2003)
--- 100.0 64.3 21.5 75.0 48.1 64.2 19.3 28.6 33.3 50.0 14.8 --- --- --- --- --- --- ---
第3回調査
(2003-2007)
--- 85.2 66.7 22.4 74.1 46.3 64.2 35.0 65.6 37.5 36.8 13.3 --- --- --- --- --- --- ---
第4回調査
(2007-2011)
--- 56.3 50.5 23.4 61.7 42.7 47.9 18.3 45.0 34.8 21.6 18.5 --- --- 15.0 30.4 35.3 5.0 9.1
第5回調査
(2014-2018)
--- 85.7 56.4 24.2 80.0 57.8 46.9 27.0 43.5 42.0 41.2 14.3 21.4 11.5 10.7 9.3 43.8 18.2 18.3
区分
(カッコ内は
調査対象期間)







自動車
損壊






不法
侵入
不法
侵入
未遂
強盗等 個人に
対する
窃盗
暴行・
脅迫
性的
事件
ストーカー
行為
D V クレジットカード
情報詐欺
個人情報の悪用 振り
込め
詐欺
インター
ネット
オークション
詐欺
消費者詐欺
世帯犯罪被害 個人犯罪被害 各種詐欺等被害
  • 出典
    • 第5回調査の申告率[177]
    • 第4回調査の申告率[178]
    • 第1回~第3回調査の申告率[179]
    • 都防研1989調査の申告率[173]

犯罪被害調査による犯罪被害と犯罪被害申告率の推移[編集]

犯罪被害調査は、法務省法務総合研究所によって行われている暗数調査である。それと同時に、犯罪被害の国際比較を目的として、国際犯罪被害実態調査(ICVS: International Crime Victims Survey)に参加する形で行われている。また、この調査は以下の目的で使われている[180]

  1. 警察に届けられなかった犯罪の種類、件数等を推定すること
  2. 犯罪被害者と被害の実態に関する詳細な情報を入手すること
  3. 犯罪動向に関する経年比較データ(定点観測データ)を収集すること
  4. 治安等に関する国民の意識を明らかにすること
  5. 犯罪被害実態に関する情報を関係機関・市民等に提供すること
  • 犯罪被害率推移
犯罪被害に関しては、世帯犯罪被害は、バブル崩壊前の都防研1989調査からバブル崩壊後の第1回調査の間に自動車盗以外、増加した。第1回調査から第3回調査までに、自動車盗・不法侵入・不侵入未遂以外減少した。しかし、調査期間中に世界金融危機があった第4回調査では自動車盗・自動車損壊・不法侵入以外増加したこともあった。その後、減少し、最新である第5回調査では、自動車盗・バイク盗・自転車盗(バイク盗、自転車盗は全回答者中の割合)が最も低い結果となっており、特にバイク盗は前回よりも他の世帯犯罪よりも減少していた。また、自動車損壊・不法侵入・不法侵入未遂はバブル崩壊前に調査された都防研1989調査が最も低い。そして、車上盗は両方の調査で最も低かった。
それに対して個人犯罪被害は、都防研1989調査から第1回調査の間に全ての犯罪が増加した。そして、第1回調査から第3回調査までの間、個人に対する窃盗と性的事件は減少したが、調査期間中に世界金融危機があった第4回調査では、個人に対する窃盗が特に増加していった。そして、第5回調査は前回より減少している。しかし、最も低いわけではなく、都防研1989調査から第5回までの経年比較をしても、性的事件以外はそれ程減少していない。
また、世帯犯罪被害と個人犯罪被害の被害率を比べると、前者の方が多い。個人犯罪被害で最も多い個人に対する窃盗(約2.3%)でも、第5回調査に限れば、自動車盗以外、個人に対する窃盗よりも多い又は同じ位の被害率である。
各種詐欺等被害については、振り込め詐欺と消費者詐欺は減少し、クレジットカード情報詐欺・個人情報の悪用・インターネットオークション詐欺が増加している。被害率に関しては、クレジットカード情報詐欺(約2.5%)が最も多く、最も少ないのが振り込め詐欺(約0.5%)であった。
  • 犯罪被害申告率
犯罪被害申告率は、世帯被害犯罪は乗り物盗と車上盗が50%以上の申告率であり、特に自動車盗とバイク盗が毎回50%以上を保っている。逆に不法侵入は第3回まで50%以上を保っていたが、第4回以降は、50%を切っている。
個人犯罪被害に関しては、都防研1989調査の個人に対する窃盗を除いて、どの犯罪も50%を切っており、第5回調査では最も多い強盗等で約43.5%である。更に、最も低いDV(ドメスティックバイオレンス)の場合は、約11.5%であり、約9割近くが申告されていない実態がある。
DVに関して、申告しなかった理由は、最も多かったのが、「自分で解決した(加害者を知っていた)」と「どうしたらよいのか分からなかった(被害を届け出る方法が分からなかった)」の2つで、それぞれ約36.4%であった[180]
各種詐欺等被害に関しては、どの犯罪も50%切っている。また、クレジットカード情報詐欺・個人情報の悪用は申告率が減少し、振り込め詐欺と消費者詐欺・インターネットオークション詐欺が増加している。減少しているクレジットカード情報詐欺・個人情報の悪用は、申告率がそれぞれ10.7%と9.3%と約1割である。前者の場合、約70.6%がクレジットカード会社が対応したため、警察に被害申告する必要性を感じなかったためである。後者の場合は、「それほど重大ではない(損失がない,大したことではない)」が約44.7%、次いで「自分で解決した(加害者を知っていた)」が約17.0%であった[180]

明治以降の長期刑法犯罪統計[編集]

1876年(明治9年)以降の刑法犯罪死亡者・強盗・窃盗の実数と発生率[編集]

年度 人口 実数 10万人当たり
死亡 強盗 窃盗 死亡 強盗 窃盗
1876(明治9) 35,555,000 --- 3,068 151,119 --- 8.63 425.03
1877(明治10) 35,870,000 --- 4,382 173,529 --- 12.22 483.77
1878(明治11) 36,166,000 --- 5,193 195,986 --- 14.36 541.91
1879(明治12) 36,464,000 --- 6,014 130,615 --- 16.49 358.20
1880(明治13) 36,649,000 --- 6,765 236,596 --- 18.46 645.57
1881(明治14) 36,965,000 --- 7,334 222,655 --- 19.84 602.34
1882(明治15) 37,259,000 729 9,887 206,672 1.96 26.54 554.69
1883(明治16) 37,569,000 889 9,728 210,456 2.37 25.89 560.19
1884(明治17) 37,962,000 784 8,590 214,502 2.07 22.63 565.04
1885(明治18) 38,313,000 956 9,090 372,024 2.50 23.73 971.01
1886(明治19) 38,541,000 788 7,844 393,618 2.04 20.35 1021.30
1887(明治20) 38,703,000 726 4,321 320,132 1.88 11.16 827.15
1888(明治21) 39,029,000 725 3,229 265,723 1.86 8.27 680.83
1889(明治22) 39,473,000 844 3,552 271,062 2.14 9.00 686.70
1890(明治23) 39,902,000 1,124 5,061 422,436 2.82 12.68 1058.68
1891(明治24) 40,251,000 1,092 5,492 398,698 2.71 13.64 990.53
1892(明治25) 40,508,000 1,043 4,208 377,560 2.57 10.39 932.06
1893(明治26) 40,860,000 1,068 3,310 357,237 2.61 8.10 874.30
1894(明治27) 41,142,000 1,000 2,691 358,665 2.43 6.54 871.77
1895(明治28) 41,557,000 938 1,848 285,901 2.26 4.45 687.97
1896(明治29) 41,992,000 1,011 1,593 255,765 2.41 3.79 609.08
1897(明治30) 42,400,000 1,117 2,033 275,610 2.63 4.79 650.02
1898(明治31) 42,886,000 1,063 2,292 297,166 2.48 5.34 692.92
1899(明治32) 43,404,000 994 1,918 239,319 2.29 4.42 551.38
1900(明治33) 43,847,000 1,088 1,720 238,715 2.48 3.92 544.43
1901(明治34) 44,359,000 1,148 1,486 237,819 2.59 3.35 536.12
1902(明治35) 44,964,000 1,169 1,424 244,192 2.60 3.17 543.08
1903(明治36) 45,546,000 1,276 1,657 286,475 2.80 3.64 628.98
1904(明治37) 46,135,000 1,178 1,599 299,949 2.55 3.47 650.15
1905(明治38) 46,620,000 1,195 1,347 265,532 2.56 2.89 569.57
1906(明治39) 47,038,000 1,236 1,239 267,030 2.63 2.63 567.69
1907(明治40) 47,416,000 1,360 1,064 243,899 2.87 2.24 514.38
1908(明治41) 47,965,000 1,531 962 213,621 3.19 2.01 445.37
1909(明治42) 48,554,000 1,902 1,129 185,581 3.92 2.33 382.22
1910(明治43) 49,184,000 1,865 1,212 165,118 3.79 2.46 335.71
1911(明治44) 49,852,000 2,058 1,232 170,445 4.13 2.47 341.90
1912(明治45/大正元) 50,577,000 2,197 1,262 189,689 4.34 2.50 375.05
1913(大正2) 51,305,000 2,564 1,409 217,811 5.00 2.75 424.54
1914(大正3) 52,039,000 2,801 1,348 222,909 5.38 2.59 428.35
1915(大正4) 52,752,000 2,556 1,519 222,479 4.85 2.88 421.75
1916(大正5) 53,496,000 2,344 1,295 232,126 4.38 2.42 433.91
1917(大正6) 54,134,000 2,622 980 235,609 4.84 1.81 435.23
1918(大正7) 54,739,000 2,140 1,471 253,054 3.91 2.69 462.29
1919(大正8) 55,033,000 2,146 946 248,122 3.90 1.72 450.86
1920(大正9) a)55,963,000 2,165 818 230,292 3.87 1.46 411.51
1921(大正10) 56,666,000 2,118 843 216,271 3.74 1.49 381.66
1922(大正11) 57,390,000 2,094 829 224,437 3.65 1.44 391.07
1923(大正12) 58,119,000 2,943 940 215,767 5.06 1.62 371.25
1924(大正13) 58,876,000 3,331 1,221 284,165 5.66 2.07 482.65
1925(大正14) 59,737,000 2,947 1,719 326,649 4.93 2.88 546.81
1926(大正15/昭和元) 60,741,000 3,329 1,659 364,441 5.48 2.73 599.99
1927(昭和2) 61,659,000 2,051 1,906 383,640 3.33 3.09 622.20
1928(昭和3) 62,595,000 1,274 2,066 408,217 2.04 3.30 652.16
1929(昭和4) 63,461,000 1,349 2,412 462,658 2.13 3.80 729.04
1930(昭和5) 64,450,000 1,230 2,282 540,310 1.91 3.54 838.34
1931(昭和6) 65,457,000 1,343 2,198 584,542 2.05 3.36 893.02
1932(昭和7) 66,434,000 1,416 2,435 667,132 2.13 3.67 1004.20
1933(昭和8) 67,432,000 1,438 2,156 704,913 2.13 3.20 1045.37
1934(昭和9) 68,309,000 1,692 2,126 724,986 2.48 3.11 1061.33
1935(昭和10) 69,254,000 1,656 2,215 674,893 2.39 3.20 974.52
1936(昭和11) 70,114,000 1,648 1,975 648,860 2.35 2.82 925.44
1937(昭和12) 70,630,000 --- 1,790 633,534 --- 2.53 896.98
1938(昭和13) 71,013,000 --- 1,461 634,341 --- 2.06 893.27
1939(昭和14) 71,380,000 1,197 1,279 554,237 1.68 1.79 776.46
1940(昭和15) 71,933,000 1,330 1,232 573,225 1.85 1.71 796.89
1941(昭和16) 72,218,000 1,414 1,148 544,143 1.96 1.59 753.47
1942(昭和17) 72,880,000 1,351 1,390 587,616 1.85 1.91 806.28
1943(昭和18) 73,903,000 1,444 1,210 649,367 1.95 1.64 878.67
1944(昭和19) 74,433,000 --- 1,258 660,842 --- 1.69 887.83
1945(昭和20) 72,147,000 1,926 1,474 561,537 2.67 2.04 778.32
1946(昭和21) 75,750,000 3,347 9,120 1,155,392 4.42 12.04 1525.27
1947(昭和22) 78,101,000 3,192 9,186 1,141,294 4.09 11.76 1461.31
1948(昭和23) 80,002,000 4,009 10,854 1,246,445 5.01 13.57 1558.02
1949(昭和24) 81,773,000 4,133 8,780 1,165,605 5.05 10.74 1425.42
1950(昭和25) 84,115,000 4,269 7,821 982,341 5.08 9.30 1167.85
1951(昭和26) 84,541,000 4,228 6,124 995,641 5.00 7.24 1177.70
1952(昭和27) 85,808,000 4,114 6,140 986,987 4.79 7.16 1150.23
1953(昭和28) 86,981,000 3,735 5,296 931,791 4.29 6.09 1071.26
1954(昭和29) 88,239,000 3,463 5,753 948,587 3.92 6.52 1075.02
1955(昭和30) 90,077,000 3,840 5,878 1,056,974 4.26 6.53 1173.41
1956(昭和31) 90,172,000 3,114 5,285 1,007,649 3.45 5.86 1117.47
1957(昭和32) 90,928,000 3,172 5,029 1,005,101 3.49 5.53 1105.38
1958(昭和33) 91,767,000 3,245 5,988 990,602 3.54 6.53 1079.48
1959(昭和34) 92,641,000 2,137 5,192 1,027,992 2.31 5.60 1109.65
1960(昭和35) 94,302,000 1,725 5,198 1,038,418 1.83 5.51 1101.16
1961(昭和36) 94,287,000 2,502 4,491 1,051,874 2.65 4.76 1115.61
1962(昭和37) 95,181,000 2,620 4,142 1,055,237 2.75 4.35 1108.66
1963(昭和38) 96,156,000 2,549 4,021 1,066,044 2.65 4.18 1108.66
1964(昭和39) 97,182,000 1,764 3,926 1,057,531 1.82 4.04 1088.20
1965(昭和40) 99,209,000 3,982 3,886 1,027,473 4.01 3.92 1035.67
1966(昭和41) 99,036,000 3,661 3,558 1,001,412 3.70 3.59 1011.16
1967(昭和42) 100,196,000 3,273 3,009 954,549 3.27 3.00 952.68
1968(昭和43) 101,331,000 3,611 2,988 975,347 3.56 2.95 962.54
1969(昭和44) 102,536,000 3,576 2,724 1,008,013 3.49 2.66 983.08
1970(昭和45) 104,665,000 3,378 2,689 1,039,118 3.23 2.57 992.80
1971(昭和46) 106,100,000 3,235 2,439 1,026,094 3.05 2.30 967.10
1972(昭和47) 107,595,000 3,200 2,500 1,006,575 2.97 2.32 935.52
1973(昭和48) 109,104,000 3,459 2,000 973,876 3.17 1.83 892.61
1974(昭和49) 110,573,000 3,217 2,140 1,013,153 2.91 1.94 916.28
1975(昭和50) 111,940,000 3,056 2,300 1,037,942 2.73 2.05 927.23
1976(昭和51) 113,094,000 3,031 2,095 1,049,748 2.68 1.85 928.21
1977(昭和52) 114,165,000 2,878 2,095 1,073,393 2.52 1.84 940.21
1978(昭和53) 115,190,000 2,669 1,932 1,136,648 2.32 1.68 986.76
1979(昭和54) 116,155,000 2,441 2,043 1,107,477 2.10 1.76 953.45
1980(昭和55) 117,060,000 2,257 2,208 1,165,609 1.93 1.89 995.74
1981(昭和56) 117,902,000 2,176 2,325 1,257,354 1.85 1.97 1066.44
1982(昭和57) 118,728,000 2,121 2,251 1,313,901 1.79 1.90 1106.65
1983(昭和58) 119,536,000 1,921 2,317 1,335,258 1.61 1.94 1117.03
1984(昭和59) 120,305,000 2,080 2,188 1,365,705 1.73 1.82 1135.20
1985(昭和60) 121,049,000 2,342 1,815 1,381,237 1.93 1.50 1141.06
1986(昭和61) 121,660,000 1,769 1,949 1,375,096 1.45 1.60 1130.28
1987(昭和62) 122,239,000 1,605 1,874 1,364,796 1.31 1.53 1116.50
1988(昭和63) 122,745,000 1,631 1,771 1,422,355 1.33 1.44 1158.79
1989(昭和64/平成元) 123,205,000 1,446 1,586 1,483,590 1.17 1.29 1204.16
1990(平成2) 123,611,000 1,453 1,653 1,444,067 1.18 1.34 1168.24
1991(平成3) 124,101,000 1,386 1,848 1,504,257 1.12 1.49 1212.12
1992(平成4) 124,567,000 1,324 2,189 1,525,863 1.06 1.76 1224.93
1993(平成5) 124,938,000 1,322 2,466 1,583,993 1.06 1.97 1267.82
1994(平成6) 125,265,000 1,359 2,684 1,557,738 1.08 2.14 1243.55
1995(平成7) 125,570,000 1,292 2,277 1,570,492 1.03 1.81 1250.69
1996(平成8) 125,859,000 1,249 2,463 1,588,698 0.99 1.96 1262.28
1997(平成9) 126,157,000 1,296 2,809 1,665,543 1.03 2.23 1320.21
1998(平成10) 126,472,000 1,350 3,426 1,789,049 1.07 2.71 1414.58
1999(平成11) 126,667,000 1,334 4,237 1,910,393 1.05 3.34 1508.20
2000(平成12) 126,926,000 1,345 5,173 2,131,164 1.06 4.08 1679.06
2001(平成13) 127,316,000 1,441 6,393 2,340,511 1.13 5.02 1838.35
2002(平成14) 127,486,000 1,368 6,984 2,377,488 1.07 5.48 1864.90
2003(平成15) 127,694,000 1,432 7,664 2,235,844 1.12 6.00 1750.94
2004(平成16) 127,787,000 1,397 7,295 1,981,574 1.09 5.71 1550.69
2005(平成17) 127,768,000 1,354 5,988 1,725,072 1.06 4.69 1350.16
2006(平成18) 127,901,000 1,284 5,108 1,534,528 1.00 3.99 1199.78
2007(平成19) 128,033,000 1,134 4,567 1,429,956 0.89 3.57 1116.87
2008(平成20) 128,084,000 1,230 4,298 1,379,752 0.96 3.36 1077.22
2009(平成21) 128,032,000 1,059 4,535 1,308,378 0.83 3.54 1021.91
2010(平成22) 128,057,000 1,001 4,051 1,229,059 0.78 3.16 959.77
2011(平成23) 127,834,000 969 3,695 1,152,492 0.76 2.89 901.55
2012(平成24) 127,593,000 908 3,691 1,059,131 0.71 2.89 830.09
2013(平成25) 127,414,000 819 3,324 981,233 0.64 2.61 770.11
2014(平成26) 127,237,000 841 3,056 897,259 0.66 2.40 705.19
2015(平成27) 127,095,000 802 2,426 807,560 0.63 1.91 635.40
2016(平成28) 126,933,000 752 2,332 723,148 0.59 1.84 569.71
2017(平成29) 126,706,000 710 1,852 655,498 0.56 1.46 517.34
2018(平成30) 126,443,000 690 1,787 582,141 0.55 1.41 460.40
2019(平成31/令和元) 126,167,000 700 1,511 532,565 0.55 1.20 422.11
2020(令和2) 125,708,000 687 1,397 417,291 0.55 1.11 331.95
年度 人口 死亡 強盗 窃盗 死亡 強盗 窃盗
実数 10万人当たり
    • 出典元の資料の発行年によりデータの数値に差異がある場合は最近の年度のデータを引用。
    • ‐‐は統計資料無しまたは未発見・未公開・未発表。
    • 1948年~1964年の死亡者数は、警察庁が発行した「昭和39年の犯罪:犯罪統計書」には、死亡原因が過失による原因(交通事故含む)も含まれる死傷者数の合計しか載っていなかった。そのため、死亡者数は合計死亡者数から交通事故死者数を引いた数を死亡者数とし、負傷者数は負傷者合計から過失による負傷者数を引いた数を負傷者数とした。そのため、その他の期間と同一に比較できる値でないこととどちらの値も過少であることに留意する。また、1965年の過失による死亡者数12,801人の内、交通関係が11,393人、その他が1,408人であった。
    • 強盗、窃盗は、昭和(1926年)以降は認知件数、大正(1925年)以前は被害人数である。
  • 出典
    • 2020年の人口統計[10]
    • 1876~2019年の人口統計[11]
    • 2020年の死亡者数[13]
    • 1989~2019年の一般刑法犯による死亡者数[56]
    • 1987・1988年の一般刑法犯による死亡者数[181]
    • 1986年の一般刑法犯による死亡者数[182]
    • 1985年の一般刑法犯による死亡者数[183]
    • 1966~1984年の一般刑法犯による死亡者数[184]
    • 1965年の一般刑法犯による死亡者数[185]
    • 1940年~1964年の一般刑法犯による死亡者数[186]
    • 1934年~1936年、1939年の死亡者数[187]
    • 1933年の死亡者数[188]
    • 1927年~1932年の死亡者数[189]
    • 1922~1926年の死亡者数[190]
    • 1917~1921年の死亡者数[191]
    • 1911~1916年の死亡者数[192]
    • 1909・1910年の死亡者数[193]
    • 1904~1908年の死亡者数[194]
    • 1899~1903年の死亡者数[195]
    • 1895~1898年の死亡者数[196]
    • 1894年の死亡者数[197]
    • 1893年の死亡者数[198]
    • 1892年の死亡者数[199]
    • 1891年の死亡者数[200]
    • 1890年の死亡者数[201]
    • 1889年の死亡者数[202]
    • 1884~1888年の死亡者数[203]
    • 1883年の死亡者数[204]
    • 1882年の死亡者数[205]
    • 2020年の強盗、窃盗の認知件数の認知件数・検挙件数・検挙人員[12]
    • 1946~2019年の強盗、窃盗の認知件数・発生率[43]
    • 1876~1945年の強盗、窃盗の認知件数・発生率[206]

1876年(明治9年)以降の刑法犯罪死亡者・強盗・窃盗の実数と発生率の長期推移[編集]

  • 人口10万人中の刑法犯罪死亡者

法務省と警察庁及び旧内務省の統計によると、旧刑法が施行された1882年は1.96人であり、1882年~第1次世界大戦が始まった1914年まで一時的な減少はあったにせよ増加傾向で、1914年は5.38人あった。第1次世界大戦シベリア出兵があった1915年~1922年は、単年度の増加はあったにせよ減少傾向であり、1922年は3.65人であった。1923年・1924年は増加して、1924年は1882年以後で、または、第二次世界大戦終結前の最多の5.66人であった。1925年~1930年は一時的な増加はあったにせよ減少傾向にあり、1930年は1.91人であった。1931年~1934年は増加傾向にあり、1934年は2.48人であった。そして、1935年・1936年は減少し1936年は2.35であった。1937年・1938年はデータなし。1939年~1943年は、単年度の減少があったにせよ増加傾向であり、1943年は1.95人であった。その間、1939年は第二次世界大戦終結前の最少の1.68人であった。1944年はデータなし。戦後混乱期最中の1945年~1951年は、単年度の減少はあったにせよ増加傾向であり、1951年は第二次世界大戦終結後の最多の5.08人であった。1952年~1960年は一時的な増加があったにせよ減少傾向であり、1960年は1.83件であった。1961年~1965年は、一時的な減少があったにせよ増加傾向であり、1965年は4.01人であった。但し、注記にもあるように、1948年~1964年の死亡者数は、死亡者数は合計死亡者数から交通事故死者数を引いた数を死亡者数としているため、その他の期間と同一に比較できる値でないこととどちらの値も過少であることに留意する必要がある。東京オリンピック開催翌年に当たる1965年以降は一時的な増加はあったにせよ減少傾向であり、2017以降は、0.55人前後で推移している。その間、2018年は1882年以降、または、第二次世界大戦終結後最少の0.55人であった。そして、2020年は2018年と同じ0.55人であり、死亡者数は2018年と比べて3人少ないが、少数4桁目で四捨五入した場合、2018年は0.546人、2020年は0.547人である為、2018年を最少としている。

  • 人口10万人中の強盗発生率

法務省と警察庁及び旧内務省の統計によると、1876年は8.63件であった。1876年~1882年は増加傾向にあり、1881年は1876年以後で、または、第二次世界大戦終結前の最多の25.89件であった。この期間は、1876年(明治9年)・1877年(明治10年)と2年連続して発生した凶作、秩禄処分西南戦争等の不平士族の反乱に対する支出によりインフレーションが起こっていた。その対策として、1882年に大蔵卿松方正義が行ったデフレーション誘導の財政政策により、松方デフレが生じた。更に1880年には、旧刑法への改正により、強盗の罪が軽くなったことも一因と考えられる。日清日露戦争・第1次世界大戦が起こった1883年~1922年は凶作や恐慌によって一時的な増加があったにせよ減少傾向であり、1922年は第二次世界大戦終結前の最少の1.44件であった。関東大震災・昭和金融恐慌・昭和恐慌・世界恐慌時代の1923年~1935年は、単年度の減少があったにせよ増加傾向であり、1935年は3.20件であった。日中戦争が進行した1936年~第二次世界大戦終結前年の1944年は減少傾向であり、1944年は1.69件であった。戦後混乱期最中の1945年~1948年は、単年度の減少はあったにせよ増加傾向であり、1948年は第二次世界大戦終結後の最多の13.57件であった。この期間は、第二次世界大戦の莫大な戦費を賄うために国債軍票の乱発と終戦後の軍人への退職金支払いなどの費用を直接日銀が引受たことによってハイパーインフレーションが起こっている。1949年~バブル景気最中の1989年は、一時的な増加があったにせよ減少傾向であり、1989年は1.29件であった。また、その期間は、朝鮮特需高度経済成長期が含まれている。湾岸戦争東西ドイツ統一が起こった1990年~好況の実感が伴わないいざなみ景気の最中にある2003年は、一時的な減少はあったにせよ増加傾向であり、2003年は6.00件であった。2004年以降は単年度の増加があったにせよ減少傾向であり、新型コロナウイルスが流行した2020年は1876年以降、または、第二次世界大戦終結後最少の1.11件であった。

  • 人口10万人中の窃盗発生率

法務省と警察庁及び旧内務省の統計によると、1876年は425.03件であった。1876年~1890年は、一時的な減少はあったにせよ増加傾向であり、1890年は1058.68件であった。この期間の間は、前述の強盗と重複するが、1876年(明治9年)・1877年(明治10年)と2年連続して発生した凶作、秩禄処分や西南戦争等の不平士族の反乱に対する支出によりインフレーションが起こっていた。その対策として、1882年に大蔵卿松方正義が行ったデフレーション誘導の財政政策により、松方デフレが生じた。また、1890年には、前年に凶作が発生し、この年に恐慌が発生している。日清戦争・日露戦争があった1891年~1910年は一時的な増加があったにせよ減少傾向であり、1910年は第二次世界大戦終結前最少の335.71件であった。朝鮮併合が行われた翌年の1911年~日中戦争が進行した1934年は、一時的な減少があったにせよ増加傾向であり、1934年は第二次世界大戦終結前最多の1061.33件であった。またこの期間の前半は大戦景気(1915年~1920年)があり、後半は関東大震災・昭和金融恐慌・昭和恐慌・世界恐慌がおこっている。更に、1918年~1923年は第1次世界大戦終結による戦後恐慌や関東大震災がこの期間の後半に起きたにも関わらず、1919年の450.86件から1923年は371.25件へと減少している。日中戦争が進行した1935年~第二次世界大戦終結の1945年は、一時的な増加があったにせよ減少傾向であり、1945年は778.32件であった。戦後混乱期最中の1946年~1948年は単年度の減少はあったにせよ増加傾向であり、1948年は1558.02件であった。この期間は、第二次世界大戦の莫大な戦費を賄うために国債や軍票の乱発と終戦後の軍人への退職金支払いなどの費用を直接日銀が引受たことによってハイパーインフレーションが起こっている。1949年~第1次オイルショックが発生した1973年は、一時的な増加があったにせよ減少傾向であり、1973年は892.61件であった。1974年~好況の実感が伴わないいざなみ景気の最中にある2002年まで一時的な減少があったにせよ増加傾向であり、2002年は1876年以降、または第二次世界大戦終結後の最多の1864.90件であった。また、この期間中にバブル景気の期間が含まれている。2003年以降は減少傾向であり、新型コロナウイルスが流行した2020年は1876年以降、又は、第二次世界大戦終結後最少の331.95件であった。

特別法犯の検察庁新規受理人員・発生率[編集]

特別法犯の検察庁新規受理人員・発生率
年度 人口 特別法犯の検察庁新規受理人員 人口10万人中の特別法犯の発生率
特別法犯総数 道路交通 覚せい剤 麻薬 大麻 銃砲刀剣 毒劇物 売春 児童買春 条例違反 特別法犯総数 道路交通 覚せい剤 麻薬 大麻 銃砲刀剣 毒劇物 売春 児童買春 条例違反
1949 81,773,000 1,059,759 199,599 ‐‐ 1,808 151 7,986 ‐‐ ‐‐ ‐‐ ‐‐ 1,295.98 244.09 0.00 2.21 0.18 9.77 ‐‐ ‐‐ ‐‐ ‐‐
1950 84,115,000 988,659 345,965 ‐‐ 2,589 63 10,814 22 ‐‐ ‐‐ ‐‐ 1,175.37 411.30 0.00 3.08 0.07 12.86 0.03 ‐‐ ‐‐ ‐‐
1951 84,541,000 1,014,862 410,870 9,841 2,383 26 9,226 27 ‐‐ ‐‐ ‐‐ 1,200.44 486.00 11.64 2.82 0.03 10.91 0.03 ‐‐ ‐‐ ‐‐
1952 85,808,000 832,638 387,141 18,359 1,869 64 7,951 30 ‐‐ ‐‐ ‐‐ 970.35 451.17 21.40 2.18 0.07 9.27 0.03 ‐‐ ‐‐ ‐‐
1953 86,981,000 1,142,629 753,524 35,155 1,693 18 8,057 38 ‐‐ ‐‐ ‐‐ 1,313.65 866.31 40.42 1.95 0.02 9.26 0.04 ‐‐ ‐‐ ‐‐
1954 88,239,000 1,646,866 1,243,351 52,820 2,317 19 8,702 41 ‐‐ ‐‐ ‐‐ 1,866.37 1,409.07 59.86 2.63 0.02 9.86 0.05 ‐‐ ‐‐ ‐‐
1955 90,077,000 1,893,355 1,537,441 30,935 2,047 58 7,079 28 ‐‐ ‐‐ ‐‐ 2,101.93 1,706.81 34.34 2.27 0.06 7.86 0.03 ‐‐ ‐‐ ‐‐
1956 90,172,000 1,829,821 1,651,540 5,607 1,662 30 10,068 186 ‐‐ ‐‐ ‐‐ 2,029.26 1,831.54 6.22 1.84 0.03 11.17 0.21 ‐‐ ‐‐ ‐‐
1957 90,928,000 2,115,534 1,934,803 866 1,758 40 11,615 139 ‐‐ ‐‐ ‐‐ 2,326.60 2,127.84 0.95 1.93 0.04 12.77 0.15 ‐‐ ‐‐ ‐‐
1958 91,767,000 2,102,589 1,919,544 265 2,327 12 12,219 194 13,663 ‐‐ ‐‐ 2,291.23 2,091.76 0.29 2.54 0.01 13.32 0.21 14.89 ‐‐ ‐‐
1959 92,641,000 2,170,363 1,940,701 361 2,036 32 12,100 330 18,629 ‐‐ ‐‐ 2,342.77 2,094.86 0.39 2.20 0.03 13.06 0.36 20.11 ‐‐ ‐‐
1960 94,302,000 2,773,876 2,571,963 496 2,561 14 15,996 299 16,171 ‐‐ ‐‐ 2,941.48 2,727.37 0.53 2.72 0.01 16.96 0.32 17.15 ‐‐ ‐‐
1961 94,287,000 3,080,113 2,914,288 512 2,664 25 15,762 382 13,994 ‐‐ ‐‐ 3,266.74 3,090.87 0.54 2.83 0.03 16.72 0.41 14.84 ‐‐ ‐‐
1962 95,181,000 4,313,158 4,127,541 621 3,093 46 17,569 652 12,551 ‐‐ ‐‐ 4,531.53 4,336.52 0.65 3.25 0.05 18.46 0.69 13.19 ‐‐ ‐‐
1963 96,156,000 4,398,274 4,118,989 1,141 3,084 136 20,892 270 11,130 ‐‐ ‐‐ 4,574.10 4,283.65 1.19 3.21 0.14 21.73 0.28 11.57 ‐‐ ‐‐
1964 97,182,000 4,724,566 4,557,381 1,013 1,070 182 21,259 347 10,927 ‐‐ ‐‐ 4,861.56 4,689.53 1.04 1.10 0.19 21.88 0.36 11.24 ‐‐ ‐‐
1965 99,209,000 5,140,389 4,948,894 781 1,141 258 21,622 652 10,547 ‐‐ ‐‐ 5,181.37 4,988.35 0.79 1.15 0.26 21.79 0.66 10.63 ‐‐ ‐‐
1966 99,036,000 4,659,184 4,480,451 818 992 171 19,826 316 9,472 ‐‐ ‐‐ 4,704.54 4,524.06 0.83 1.00 0.17 20.02 0.32 9.56 ‐‐ ‐‐
1967 100,196,000 4,812,970 4,570,079 753 664 290 16,588 294 8,188 ‐‐ ‐‐ 4,803.56 4,561.14 0.75 0.66 0.29 16.56 0.29 8.17 ‐‐ ‐‐
1968 101,331,000 3,029,233 2,823,163 921 360 398 15,400 255 7,757 ‐‐ ‐‐ 2,989.44 2,786.08 0.91 0.36 0.39 15.20 0.25 7.66 ‐‐ ‐‐
1969 102,536,000 1,612,202 1,441,348 825 263 456 14,055 151 6,345 ‐‐ ‐‐ 1,572.33 1,405.70 0.80 0.26 0.44 13.71 0.15 6.19 ‐‐ ‐‐
1970 104,665,000 1,602,513 1,413,582 1,905 257 771 12,602 100 5,800 ‐‐ ‐‐ 1,591.09 1,350.58 1.82 0.25 0.74 12.04 0.10 5.54 ‐‐ ‐‐
1971 106,100,000 1,665,319 1,432,097 3,176 249 797 12,217 112 5,094 ‐‐ ‐‐ 1,771.22 1,349.76 2.99 0.23 0.75 11.51 0.11 4.80 ‐‐ ‐‐
1972 107,595,000 1,879,267 1,671,014 6,184 379 765 12,463 956 4,367 ‐‐ ‐‐ 1,852.01 1,553.06 5.75 0.35 0.71 11.58 0.89 4.06 ‐‐ ‐‐
1973 109,104,000 1,992,672 1,788,035 11,030 469 776 10,837 2,546 3,300 ‐‐ ‐‐ 1,826.40 1,638.84 10.11 0.43 0.71 9.93 2.33 3.02 ‐‐ ‐‐
1974 110,573,000 2,007,530 1,778,919 7,635 450 713 11,022 3,476 3,082 ‐‐ ‐‐ 1,815.57 1,608.82 6.90 0.41 0.64 9.97 3.14 2.79 ‐‐ ‐‐
1975 111,940,000 2,171,074 1,922,430 13,287 290 992 11,720 4,489 3,074 ‐‐ ‐‐ 1,939.50 1,717.38 11.87 0.26 0.89 10.47 4.01 2.75 ‐‐ ‐‐
1976 113,094,000 2,382,648 2,139,386 17,354 207 1,059 11,479 8,326 3,217 ‐‐ ‐‐ 2,106.79 1,891.69 15.34 0.18 0.94 10.15 7.36 2.84 ‐‐ ‐‐
1977 114,165,000 2,615,313 2,374,802 23,711 199 1,318 10,905 6,790 2,975 ‐‐ ‐‐ 2,290.82 2,080.15 20.77 0.17 1.15 9.55 5.95 2.61 ‐‐ ‐‐
1978 115,190,000 2,452,281 2,235,119 28,187 191 1,658 9,229 7,220 2,608 ‐‐ ‐‐ 2,128.90 1,940.38 24.47 0.17 1.44 8.01 6.27 2.26 ‐‐ ‐‐
1979 116,155,000 2,133,693 1,874,362 29,629 146 1,495 7,703 7,002 2,355 ‐‐ ‐‐ 1,836.94 1,613.67 25.51 0.13 1.29 6.63 6.03 2.03 ‐‐ ‐‐
1980 117,060,000 2,120,287 1,897,630 31,464 219 1,607 7,245 8,062 2,381 ‐‐ ‐‐ 1,811.28 1,621.07 26.88 0.19 1.37 6.19 6.89 2.03 ‐‐ ‐‐
1981 117,902,000 2,131,046 1,920,236 34,170 118 1,474 7,045 7,140 2,338 ‐‐ ‐‐ 1,807.47 1,628.67 28.98 0.10 1.25 5.98 6.06 1.98 ‐‐ ‐‐
1982 118,728,000 2,187,707 1,979,303 34,431 128 1,391 6,344 9,826 2,019 ‐‐ ‐‐ 1,842.62 1,667.09 29.00 0.11 1.17 5.34 8.28 1.70 ‐‐ ‐‐
1983 119,536,000 2,404,177 2,145,102 33,088 97 1,409 5,815 28,738 2,528 ‐‐ ‐‐ 2,011.26 1,794.52 27.68 0.08 1.18 4.86 24.04 2.11 ‐‐ ‐‐
1984 120,305,000 2,470,953 2,228,125 32,846 200 1,760 5,507 28,315 3,731 ‐‐ ‐‐ 2,053.91 1,852.06 27.30 0.17 1.46 4.58 23.54 3.10 ‐‐ ‐‐
1985 121,049,000 2,458,942 2,224,916 31,520 165 1,427 5,374 25,668 4,008 ‐‐ ‐‐ 2,031.36 1,838.03 26.04 0.14 1.18 4.44 21.20 3.31 ‐‐ ‐‐
1986 121,660,000 2,323,017 2,102,078 28,699 194 1,516 5,081 24,051 3,464 ‐‐ ‐‐ 1,909.43 1,727.83 23.59 0.16 1.25 4.18 19.77 2.85 ‐‐ ‐‐
1987 122,239,000 1,635,493 1,455,059 27,214 154 1,511 4,837 23,423 3,180 ‐‐ ‐‐ 1,337.95 1,190.34 22.26 0.13 1.24 3.96 19.16 2.60 ‐‐ ‐‐
1988 122,745,000 1,370,215 1,234,250 26,079 163 1,709 4,452 26,578 2,876 ‐‐ ‐‐ 1,116.31 1,005.54 21.25 0.13 1.39 3.63 21.65 2.34 ‐‐ ‐‐
1989 123,205,000 1,261,040 1,133,278 21,452 361 1,728 3,558 25,583 2,164 ‐‐ ‐‐ 1,023.53 919.83 17.41 0.29 1.40 2.89 20.76 1.76 ‐‐ ‐‐
1990 123,611,000 1,307,940 1,172,055 19,231 306 1,882 3,430 27,783 1,937 ‐‐ 3,478 1,058.11 948.18 15.56 0.25 1.52 2.77 22.48 1.57 ‐‐ 2.81
1991 124,101,000 1,297,525 1,140,312 21,511 327 1,714 3,420 25,744 1,972 ‐‐ 3,168 1,045.54 918.86 17.33 0.26 1.38 2.76 20.74 1.59 ‐‐ 2.55
1992 124,567,000 1,302,438 1,144,668 21,191 458 1,888 3,743 19,914 2,152 ‐‐ 3,215 1,045.57 918.92 17.01 0.37 1.52 3.00 15.99 1.73 ‐‐ 2.58
1993 124,938,000 1,266,652 1,115,013 21,395 475 2,444 3,494 13,890 1,800 ‐‐ 3,440 1,013.82 892.45 17.12 0.38 1.96 2.80 11.12 1.44 ‐‐ 2.75
1994 125,265,000 1,182,694 1,040,872 20,079 442 2,312 3,771 11,812 1,782 ‐‐ 3,752 944.15 830.94 16.03 0.35 1.85 3.01 9.43 1.42 ‐‐ 3.00
1995 125,570,000 1,092,184 949,509 24,110 425 1,804 4,135 9,186 1,172 ‐‐ 4,289 869.78 756.16 19.20 0.34 1.44 3.29 7.32 0.93 ‐‐ 3.42
1996 125,859,000 1,134,350 998,459 27,670 383 1,579 4,212 7,768 1,301 ‐‐ 5.136 901.29 793.32 21.98 0.30 1.25 3.35 6.17 1.03 ‐‐ 4.08
1997 126,157,000 1,168,472 1,036,724 27,054 354 1,415 4,026 6,567 1,387 ‐‐ 5,978 926.20 821.77 21.44 0.28 1.12 3.19 5.21 1.10 ‐‐ 4.74
1998 126,472,000 1,143,714 1,018,355 22,219 420 1,581 4,199 7,708 1,454 ‐‐ 7,047 904.32 805.20 17.57 0.33 1.25 3.32 6.09 1.15 ‐‐ 5.57
1999 126,667,000 1,147,395 1,016,622 25,151 442 1,500 3,965 7,038 1,226 45 7,162 905.84 802.59 19.86 0.35 1.18 3.13 5.56 0.97 0.04 5.65
2000 126,926,000 1,028,464 907,822 27,968 467 1,613 4,531 6,371 1,145 717 6,995 810.29 715.24 22.03 0.37 1.27 3.57 5.02 0.90 0.56 5.51
2001 127,316,000 1,009,850 890,969 26,496 502 2,096 4,718 5,996 1,032 976 7,348 793.18 699.81 20.81 0.39 1.65 3.71 4.71 0.81 0.77 5.77
2002 127,486,000 976,232 861,143 24,801 658 2,428 4,947 5,521 1,180 1,401 8,715 765.76 675.48 19.45 0.52 1.90 3.88 4.33 0.93 1.10 6.84
2003 127,694,000 917,694 795,009 22,087 982 2,909 5,235 5,704 1,247 1,391 10,098 718.67 622.59 17.30 0.77 2.28 4.10 4.47 0.98 1.09 7.91
2004 127,787,000 893,258 768,721 20,522 1,144 3,190 5,297 5,389 1,128 1,362 11,375 699.02 601.56 16.06 0.90 2.50 4.15 4.22 0.88 1.07 8.90
2005 127,768,000 864,582 735,667 23,143 1,150 2,912 5,304 3,840 1,225 1,570 12,350 676.68 575.78 18.11 0.90 2.28 4.15 3.01 0.96 1.23 9.67
2006 127,770,000 828,809 701,360 20,144 1,145 3,499 5,990 2,968 1,162 1,792 12,665 648.67 548.92 15.77 0.90 2.74 4.69 2.32 0.91 1.40 9.91
2007 127,771,000 741,723 614,989 20,288 1,328 3,549 6,651 2,516 1,060 1,634 12,486 580.51 481.32 15.88 1.04 2.78 5.21 1.97 0.83 1.28 9.77
2008 128,084,000 641,749 525,862 18,266 1,337 4,058 6,353 1,902 861 1,549 11,776 501.04 410.56 14.26 1.04 3.17 4.96 1.48 0.67 1.21 9.19
2009 128,032,000 604,098 487,142 19,365 1,038 4,392 6,989 1,721 1,010 1,881 11,968 471.83 380.48 15.13 0.81 3.43 5.46 1.34 0.79 1.47 9.35
2010 128,053,000 558,179 448,923 19,663 936 3,468 6,280 1,198 950 2,090 12,072 435.90 350.58 15.36 0.73 2.71 4.90 0.94 0.74 1.63 9.43
2011 127,799,000 517,137 416,552 19,700 785 2,578 5,502 743 941 2,061 11,840 404.65 325.94 15.41 0.61 2.02 4.31 0.58 0.74 1.61 9.26
2012 127,515,000 491,278 392,435 19,008 722 2,542 5,668 670 967 2,205 12,502 385.27 307.76 14.91 0.57 1.99 4.44 0.53 0.76 1.73 9.80
2013 127,298,000 450,389 356,485 17,781 1,036 2,581 5,225 519 914 2,331 12,473 353.81 280.04 13.97 0.81 2.03 4.10 0.41 0.72 1.83 9.80
2014 127,083,000 420,056 326,504 17,633 854 2,917 5,228 384 773 2,386 12,496 330.50 256.92 13.88 0.67 2.30 4.11 0.30 0.61 1.88 9.83
2015 127,110,000 415,944 320,261 17,979 1,004 3,383 5,561 397 740 2,562 12,313 327.23 251.96 14.14 0.79 2.66 4.38 0.31 0.58 2.02 9.69
2016 126,933,000 402,200 312,919 17,070 971 3,372 5,583 351 645 2,713 11,994 316.86 246.52 13.45 0.76 3.05 4.40 0.28 0.51 2.14 9.45
2017 126,706,000 377,503 288,522 16,057 976 4,540 5,637 298 516 3,074 11,467 297.94 227.71 12.67 0.77 3.58 4.45 0.24 0.41 2.43 9.05
2018 126,443,000 355,423 264,612 15,843 1,044 5,338 5,835 305 561 3,576 11,345 281.09 209.27 12.53 0.83 4.22 4.61 0.24 0.44 2.82 8.95
2019 126,167,000 328,053 239,500 13,325 1,000 6,255 5,793 238 527 3,397 11,150 260.01 189.83 10.56 0.79 4.96 4.59 0.19 0.42 2.69 8.84
年度 人口 特別法犯総数 道路交通 覚せい剤 麻薬 大麻 銃砲刀剣 毒劇物 売春 児童買春 条例違反 特別法犯総数 道路交通 覚せい剤 麻薬 大麻 銃砲刀剣 毒劇物 売春 児童買春 条例違反
特別法犯の検察庁新規受理人員 人口10万人中の特別法犯の発生率
    • 出典元の資料の発行年によりデータの数値に差異がある場合は最近の年度のデータを引用。
    • ‐‐は統計資料無しまたは未発見・未公開・未発表。
  • 出典
    • 2020年の人口統計(概数)[10]
    • 1926~2019年の人口統計[11]
    • 1989~2019年の特別法犯総数、道路交通法、覚せい剤取締法、麻薬取締法、大麻取締法、銃砲刀剣類等取締法、毒物及び劇物取締法、売春防止法、児童買春・児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律、条例違反の検察庁新規受理人員[139]
    • 1949~1988年の特別法犯総数、道路交通法、覚せい剤取締法、麻薬取締法、大麻取締法、銃砲刀剣類等取締法、毒物及び劇物取締法、売春防止法、条例違反の検察庁新規受理人員[140]

世界の諸国との犯罪発生率の比較[編集]

UNODC (United Nations Office on Drugs and Crime)と法務省の統計によると、国連加盟229国・地域のうち犯罪と刑事司法の統計をUNODCに報告している国の中で、日本は殺人、強盗の暴力犯罪の10万人当たりの発生率は低い。また、報告書を提出した国全体の数を100として低い方からみた場合、性的暴力は10~20%の間、侵入盗は20~30%の間、窃盗(強盗・侵入盗・自動車盗は除く)は30~40%の間、深刻な暴行と略取・誘拐及び自動車盗は40~50%の間に位置している。世界の中では、治安がよい国に分類される。(国の人口構成には大きな差があるので、国別の単純比較は比較対照として適切でない場合もあるが、日本は先進国である西欧・北欧諸国よりも発生率が低い。)[207]

UNODCの犯罪と刑事司法に関する統計によると、日本における2018年(性的暴力・強盗は2017年)の人口10万人中の発生率と罪種別順位に以下の通りである。

  • 故意の殺人(既遂)の発生率は、日本は、2018年で0.26で、報告書を提出した93国・地域中で低い順に2位である。[208]
  • 女性に対する故意の殺人(既遂)の発生率は、日本は、2018年で0.25で報告書を提出した81国・地域中で低い順に3位である。[209]
  • 性的暴力(日本は強制性交[旧・強姦]と強制わいせつを合わせた認知件数で計上)は、2017年で5.3で、報告書を提出した91国・地域中で低い順に16位である。[210][43][11]
  • 深刻な暴行(日本は傷害の認知件数で計上)は、日本は、2018年で17.81で、報告書を提出した86国・地域中で低い順に37位である。[211][43][11]
  • 略取・誘拐は、日本は2018年で0.24で、報告書を提出した71国・地域中で低い順に30位である。[212][43][11]
  • 窃盗(強盗・侵入盗・自動車盗は除く。日本は非侵入窃盗全体の認知件数で計上)は、日本は2018年で、246.43で報告書を提出した79国・地域中で、低い順に28位である。[213][43][11]
  • 強盗は、日本は2017年で、1.46で報告書を提出した99国・地域中で低い順に3位である。[214][43][11]
  • 侵入盗は、日本は2018年で、49.62で報告書を提出した73国・地域中で、低い順に21位でである。[215][43][11]
  • 自動車盗(日本は自動車盗オートバイ盗を合わせた認知件数で計上)は、日本は2018年で、18.92で、報告書を提出した73国・地域中で、低い順に33位である。[216][43][11]

日本の成人の暴力犯罪の発生率が欧米諸国と比較してなぜ低いのかの詳細な原因は解明されていない(銃規制をしている国は日本以外にも多数ある。また、各国の銃規制は、銃規制反対の全米ライフル協会が存在するアメリカを除いて、先進諸国では年々強化される傾向がある)。

日本の欧米諸国と比べての治安の良さは、国民レベルでの遵法意識の高さもさることながら、少子高齢化により若年層の割合が激減してることや、警察組織が国民生活に密接なところで活動しているという事情が反映されているという有力な見解があることも事実である[217]。 但し、昔から他国と比較して治安が良かったわけではなかった。少なくともG7の国々と殺人既遂率について1890年から比較した場合、日本がG7の中で最低だったのは盧溝橋事件が起きた年の1937年~1943年と日中平和友好条約が締結された翌年の1979年以降である。また1890年は、データの無いアメリカとカナダを除いて、イタリア(10万人当たり約5.7件)に次いで約2.7件と殺人既遂率が高いだけでなく、1900年代前半は、アメリカ(1900年代前半平均:約1.4件)よりも高かった。[218]

また、日本では警察が把握する刑法犯の数は戦後最悪となった2002年以降、年々減少している。殺人発生率にいたっては、2016年は戦後最少となり、認知件数は1000件を切っている。
しかしながら、殺人発生率の低い理由に、解剖医不足による司法解剖率の低さによって見逃しが発生していることが指摘されている[219]。実際に、1998年から2012年までに45件の見逃しが発覚している[220]。更に、期間が重複するが、2011年から2019年の間にも11件(内6件は近畿連続青酸殺人事件)の見逃しがあった[221]。また年々上昇はしているものの2019年時点で解剖率は11.5%であり、都道府県によって解剖率が異なり、兵庫県の36.3%から広島県の1.2%とかなり幅があり、47都道府県中34府県で10%未満である[222]

更に、10万人当たりの発生率では、2020年の発生率は、詐欺は1924年以後最低の値であり、窃盗と強盗は1876年以後最低の値である。

但し、2020年は新型コロナウイルス流行による影響による外出自粛をする人が多くなった関係で、非侵入窃盗や非侵入強盗を含めた街頭犯罪の減少や自宅にいる人の数が増加したことにより侵入窃盗をしずらくなった要因があることを留意する必要がある。一方で、緊急事態宣言が出た関係で休業した店舗等への侵入窃盗や新型コロナウイルス流行による経済悪化の影響に対する対策の1つである特別定額給付金持続化給付金等をだまし取る詐欺等の犯罪も発生している[170]。そのため、詐欺の被害金額が前年の約1.36倍に増加した。そして、この状況下で、窃盗は2020年4月7日に発令した緊急事態宣言解除後も減少の度合いが前年と比べて増加しているが、殺人と詐欺は減少の度合いが減っていない。前者は2015年以降、10万人当たりの殺人発生率は0.73件前後と横ばい傾向が続いているのに加え、殺人加害者の約54.3%(2019年)が親族であり[223]DVの増加がその一因であると考えられ、後者は新型コロナウイルス流行による不安が社会全体で生じていることも一因と考えられている[171]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 各年犯罪白書”. 法務省. 2020年12月25日閲覧。
  2. ^ 警察白書”. 警察庁. 2018年11月16日閲覧。
  3. ^ 統計”. 警察庁. 2018年11月16日閲覧。
  4. ^ 内務大臣官房文書課. “国立国会図書館デジタルコレクション 大日本帝国内務省統計報告”. 2019年1月24日閲覧。
  5. ^ 内務省警保局. “国立国会図書館デジタルコレクション 警察統計報告”. 2019年1月22日閲覧。
  6. ^ 国家地方警察本部刑事部犯罪統計課. “国立国会図書館デジタルコレクション 刑事警察統計書”. 2019年1月22日閲覧。
  7. ^ 警察庁及び国家地方警察本部. “国立国会図書館デジタルコレクション 犯罪統計書”. 2019年2月9日閲覧。
  8. ^ a b 犯罪統計とその意義”. 昭和35年版 犯罪白書. 法務省. 2008年8月26日閲覧。
  9. ^ a b 刑法犯の推移”. 昭和35年版 犯罪白書. 法務省. 2008年8月26日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g h i j k 総務省統計局 (2021年3月22日). “令和3年3月報 (令和2年10月平成27年国勢調査を基準とする推計値,令和3年3月概算値)”. 2021年3月28日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 総務省 (2020年11月). “統計局>統計データ>日本統計年鑑>本書の内容>第七十回日本統計年鑑 令和3年>第2章 人口・世帯>2-1 人口の推移 B表(Excel)”. 2020年11月29日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h i j 警察庁刑事局捜査支援分析管理官 (2021年2月8日). “令和2年1~12月犯罪統計【確定値】”. 2021年2月11日閲覧。
  13. ^ a b c d e f g 統計>令和2年の刑法犯に関する統計資料(一般刑法犯の認知件数・検挙件数・検挙人員はPDFの7,8ページ・文書の1,2ページ、逮捕・監禁はPDFの16ページ・文書の10ページ、死亡者・負傷者はPDFの17ページ・文書の11ページ、強制性交等・強制わいせつはPDFの32,33ページ・文書の26,27ページ)”. 警察庁 (2021年8月). 2021年9月5日閲覧。
  14. ^ 法務省 (2020年11月). “犯罪白書>令和2年版犯罪白書>目次>第1編 犯罪の動向>第1章 刑法犯>第1節 主な統計データ>2-1-1-1図 刑法犯 認知件数・検挙人員・検挙率の推移(Excel)”. 2020年12月25日閲覧。
  15. ^ 法務省. “犯罪白書>平成元年版の犯罪白書>目次>付表>第1表 刑法犯の認知件数・検挙件数・検挙人員(昭和元年 ~ 昭和63年)”. 2008年8月26日閲覧。
  16. ^ a b 法務省 (1960年3月). “犯罪白書>昭和35年版の犯罪白書>目次>付録統計表>表-1 刑法犯”. 2019年1月24日閲覧。
  17. ^ a b 国家地方警察本部刑事部犯罪統計課 (1946年). “昭和21年度刑事警察統計書>第二 刑法犯罪>其ノ一 刑法犯総発生検挙件数累年比較(コマ番号7)”. 2019年1月22日閲覧。
  18. ^ a b 国家地方警察本部刑事部犯罪統計課 (1946年). “昭和21年度刑事警察統計書>第二 刑法犯罪>第二十八章(3) 業務上過失致死傷罪(コマ番号28)”. 2019年1月22日閲覧。
  19. ^ 国家地方警察本部刑事部犯罪統計課 (1946年). “昭和21年度刑事警察統計書>第二 刑法犯罪>合計(コマ番号38)”. 2019年1月22日閲覧。
  20. ^ 1940年~1945年の一般刑法犯の検挙件数・検挙人員については、総計の検挙件数・検挙人員から業務上過失致死傷罪の検挙件数を引いた値である。
  21. ^ a b 『昭和38年 犯罪統計書>1.年次別罪種別発生・検挙件数>(7)業務上過失致死傷罪』 警察庁、1963年、29頁。 
  22. ^ 1940年の一般刑法犯の検挙件数と総計の検挙件数から業務上過失致死傷罪の検挙件数を引いた値である。
  23. ^ a b 内務省警保局 (1940年10月). “第16回警察統計報告>六、刑法犯罪>第五三 刑法犯發生竝檢擧件數、附警察犯處罰令>第二十八章(3) 業務上過失致死傷罪(コマ番号91)”. 2019年1月22日閲覧。
  24. ^ 1934年~1939年の一般刑法犯の検挙件数については、総計の検挙件数から業務上過失致死傷罪の検挙件数を引いた値である。
  25. ^ 内務省警保局 (1935年1月). “第10回警察統計報告>六、刑法犯罪>第五〇 刑法犯發生竝檢擧件數>総計(コマ番号96)”. 2019年1月22日閲覧。
  26. ^ a b 内務省警保局 (1940年10月). “第10回警察統計報告>六、刑法犯罪>第五三 刑法犯發生竝檢擧件數、附警察犯處罰令>第二十八章(3) 業務上過失致死傷罪(コマ番号91)”. 2019年1月22日閲覧。
  27. ^ 1926年~1933年の一般刑法犯の検挙件数については、総計の検挙件数から業務上過失致死傷罪の検挙件数を引いた値である。
  28. ^ 内務省警保局 (1927年10月). “第3回警察統計報告>六、刑法犯罪>第四五 刑法犯發生竝檢擧件數>総計(コマ番号73)”. 2019年1月24日閲覧。
  29. ^ a b 内務省警保局 (1927年10月). “第3回警察統計報告>六、刑法犯罪>第四五 刑法犯發生竝檢擧件數>業務上過失致死傷罪(コマ番号68)”. 2019年1月24日閲覧。
  30. ^ 1924年・1925年の一般刑法犯の検挙件数については、総計の検挙件数から業務上過失傷害罪の検挙件数を引いた値である。
  31. ^ 法務省 (2020年11月). “犯罪白書>令和2年の犯罪白書>第1編 犯罪の動向>第1章 刑法犯>第1節 主な統計データ>2 検挙人員>1-1-1-6表 1-1-1-6表 刑法犯 検挙人員(罪名別,男女別)”. 2020年12月25日閲覧。
  32. ^ 法務省. “平成9年版の犯罪白書>目次>第3編 まとめ>第1章 憲法施行50年の犯罪動向”. 2008年8月26日閲覧。
  33. ^ a b c d e f g 法務省 (2014-12-24). “配布資料14 性犯罪が親告罪とされた理由等について” (PDF). 性犯罪の罰則に関する検討会第4回会議. pp. 3. http://www.moj.go.jp/content/001130493.pdf 2021年4月25日閲覧。 
  34. ^ a b c d e 法務省. “犯罪白書>平成30年の犯罪白書>第1編 犯罪の動向>第1章 刑法犯>第2節 主な刑法犯>2 強制性交等・強制わいせつ”. 2019年1月31日閲覧。
  35. ^ 警察庁. “統計>平成23年の犯罪情勢>第4 資料>図表4-15 その他の刑法犯の認知・検挙状況(PDFの161~162ページ、文書の146~147ページ)”. 2021年9月6日閲覧。
  36. ^ 警察庁. “統計>平成13年の犯罪>第1 刑法犯>総括>3 年次別・府県別・罪種別認知・検挙件数及び検挙人員>表F-26 逮捕監禁(PDFの53ページ、)”. 2021年9月6日閲覧。
  37. ^ 警察庁. “統計>平成4年の警察白書>4 統計資料>第8章関係>統計8-3 刑法犯罪種別認知件数の推移(昭和62~平成3年)”. 2021年9月6日閲覧。
  38. ^ 警察庁. “統計>昭和62年の警察白書>4 統計資料>第2章関係>統計2-3 刑法犯罪種別認知件数の推移(昭和57~昭和61年)”. 2021年9月6日閲覧。
  39. ^ 警察庁. “統計>昭和57年の警察白書>4 統計資料>第4章関係>統計4-2 刑法犯罪種別認知件数の推移(昭和47~56年)”. 2018年4月20日閲覧。
  40. ^ 警察庁. “統計>昭和49年の警察白書>4 統計資料>第4章関係>統計4-1 刑法犯罪種別認知件数の推移(昭和39~48年)”. 2021年9月6日閲覧。
  41. ^ 『昭和38年 犯罪統計書>4.府県別罪種(全罪種)別発生・検挙件数および検挙人員>第31章 逮捕監禁罪(含致死傷)』 警察庁、1963年、58頁。 
  42. ^ 法務省. “犯罪白書>昭和35年版の犯罪白書>目次>付録統計表>表-26 逮捕・監禁”. 2008年8月26日閲覧。
  43. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 法務省 (2020年11月). “犯罪白書>令和2年の犯罪白書>第1編 犯罪の動向>第1章 刑法犯>第1節 主な統計データ>1 認知件数と発生率>1-1-1-2表 刑法犯 認知件数・発生率・検挙件数・検挙人員・検挙率(罪名別)”. 2020年12月25日閲覧。
  44. ^ 法務省. “犯罪白書>平成元年版の犯罪白書>目次>付表>第2表 刑法犯の主要罪名別認知件数(昭和元年~63年)”. 2008年8月26日閲覧。
  45. ^ 内務大臣官房文書課 (1927年9月). “第46回大日本帝国内務省統計報告>警察>(第四三)犯罪発生並検挙件数>第二十二章(1)猥褻罪(コマ番号87)”. 2019年1月24日閲覧。
  46. ^ 内務大臣官房文書課 (1927年9月). “第46回大日本帝国内務省統計報告>警察>(第四三)犯罪発生並検挙件数>第二十二章(3)強姦罪(コマ番号88)”. 2019年1月24日閲覧。
  47. ^ 内務省警保局 (1927年10月). “第3回警察統計報告>六、刑法犯罪>第四五 刑法犯發生竝檢擧件數(殺人:コマ番号66・67、略取・誘拐:コマ番号69、傷害:コマ番号67、強盗:コマ番号61、放火:コマ番号61、逮捕・監禁:コマ番号69)”. 2019年1月24日閲覧。
  48. ^ a b c 犯罪白書>令和2年版の犯罪白書>目次>第6編 犯罪被害者>第1章 統計上の犯罪被害>第3節 性犯罪被害>6-1-3-1表 強制性交等・強制わいせつ 認知件数・被害発生率の推移(Excel)”. 法務省 (2020年11月). 2020年12月25日閲覧。
  49. ^ a b 法務省 (2020年11月). “犯罪白書>令和2年の犯罪白書>第1編 犯罪の動向>第1章 刑法犯>第2節 主な刑法犯>2 強制性交等・強制わいせつ強”. 2021年2月6日閲覧。
  50. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 死亡者数は合計死亡者数から交通事故死者数を引いた数を死亡者数とし、そのため、その他の期間と同一に比較できる値でないことと過少であることに留意する。
  51. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 負傷者数は、負傷者合計から過失による負傷者数を引いた数を負傷者数とした。そのため、その他の期間と同一に比較できる値でないことと過少であることに留意する。
  52. ^ a b c この年の3月20日に起きた地下鉄サリン事件により、負傷者数(重傷者・軽傷者)が前後年に比べて増えている。
  53. ^ <法務省 (2003-11). 平成15年版犯罪白書 第5編 変貌する凶悪犯罪とその対策 第2章 最近における凶悪犯罪の概況第2節 被害者から見た凶悪犯罪の動向 第2節 被害者から見た凶悪犯罪の動向 1 死亡・負傷被害者の数と比率 (Report). http://hakusyo1.moj.go.jp/jp/44/nfm/n_44_2_5_2_2_1.html 2021年4月14日閲覧。. 
  54. ^ 法務省 (1996-10). 平成8年版犯罪白書 第1編 犯罪の動向 第4章 オウム真理教関係者による犯罪 第1節 事犯の概要 2 事犯の特殊性及び主要事件の概要 (Report). http://hakusyo1.moj.go.jp/jp/37/nfm/n_37_2_1_4_1_2.html 2021年4月14日閲覧。. 
  55. ^ “オウム事件、被害者6583人に 給付金申請締め切る” (日本語). 日本経済新聞. (2010年12月20日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2003T_Q0A221C1CR8000/ 2021年4月14日閲覧。 
  56. ^ a b 犯罪白書>令和2年版の犯罪白書>目次>第6編 犯罪被害者>第1章 統計上の犯罪被害>第2節 生命・身体への被害>6-1-2-1図 生命・身体に被害をもたらした刑法犯 被害者数・人口比の推移(総数・女性別)(Excel)”. 法務省 (2020年11月). 2020年12月25日閲覧。
  57. ^ 犯罪白書>平成9年版の犯罪白書>目次>第1編 憲法施行50年の犯罪動向>第7章 犯罪被害とその国家的救済>第1節 犯罪被害の実情>I-13表 生命・身体に被害を受けた犯罪被害者数”. 法務省. 2018年12月7日閲覧。
  58. ^ 犯罪白書>昭和62年版の犯罪白書>目次>第1編 犯罪の動向>第3章 犯罪被害とその国家的救済>第2節 不起訴処分に対する救済制度>I-63表 罪名・死傷別犯罪被害者数(昭和61年)”. 法務省. 2018年12月7日閲覧。
  59. ^ 犯罪白書>平成7年版の犯罪白書>目次>第1編 犯罪の動向>第2章 犯罪被害とその国家的救済>第1節 犯罪被害の実情>Ⅰ-28図 犯罪被害者数の推移(昭和60年~平成6年)”. 法務省. 2018年12月7日閲覧。
  60. ^ 犯罪白書>昭和61年版の犯罪白書>目次>第1編 犯罪の動向>第3章 犯罪被害の推移>第2節 被害の種別ごとに見た推移>1 生命・身体の被害>Ⅳ-9表 刑法犯の死傷者数の推移”. 法務省. 2018年12月7日閲覧。
  61. ^ 『昭和41年の犯罪: 犯罪統計書>94.罪種別被殺傷者数』 警察庁、1966年、352頁。 
  62. ^ 『昭和39年の犯罪: 犯罪統計書>第7 その他>49.年次別因由別被殺傷者数』 警察庁、1964年、302,304頁。 
  63. ^ 内務省警保局 (1940年10月). “第16回警察統計報告>第二編 保安>第三八 被殺傷者数>総計(コマ番号66)”. 2019年3月7日閲覧。
  64. ^ 内務大臣官房文書課 (1925年). “第47回大日本帝国内務省統計報告>警察>第四七 被殺傷者>総数(コマ番号129)”. 2019年3月7日閲覧。
  65. ^ 内務大臣官房文書課 (1924年). “第46回大日本帝国内務省統計報告>警察>第四七 被殺傷者>総数(コマ番号105)”. 2019年3月7日閲覧。
  66. ^ 内務大臣官房文書課 (1927年9月). “第41回大日本帝国内務省統計報告>警察>第四九 被殺傷者(績)>総数(コマ番号90)”. 2019年3月7日閲覧。
  67. ^ 令和2年中の交通事故の発生状況>1 交通事故発生状況>表1-3 交通事故発生状況の推移”. 警察庁 (2021年2月18日). 2021年3月1日閲覧。
  68. ^ 犯罪白書>令和2年版の犯罪白書>目次>第4編 各種犯罪の動向と各種犯罪者の処遇>第1章 交通犯罪>第2節 犯罪の動向>1 交通事故の発生動向>4-1-2-1図 交通事故 発生件数・死傷者数の推移(Excel)”. 法務省 (2020年11月). 2020年12月25日閲覧。
  69. ^ 『犯罪統計書:昭和32年>第10 交通関係>8.交通事故年度別推移』 警察庁、1957年、462頁。 
  70. ^ 法務省. “犯罪白書>平成元年版の犯罪白書>目次>付表>第1表 刑法犯の認知件数・検挙件数・検挙人員(昭和元年~昭和63年)”. 2008年8月26日閲覧。
  71. ^ 法務省. “犯罪白書>昭和35年版の犯罪白書>目次>付録統計表>表-41 通貨偽造、表-42 文書偽造、表-43 有価証券偽造、表-44 印章偽造の合計値”. 2019年2月9日閲覧。
  72. ^ 内務省警保局 (1927年10月). “第3回警察統計報告>六、刑法犯罪>第四五 刑法犯發生竝檢擧件數(窃盗:コマ番号70、詐欺:コマ番号71、横領:コマ番号71・72、住居侵入:コマ番号62、偽造:コマ番号63)”. 2019年2月8日閲覧。
  73. ^ a b c 総務省統計局統計調査部国勢統計課 (2021年6月25日). “令和2年国勢調査 速報集計 人口速報集計 (男女別人口及び世帯総数) 1-1 男女別人口-全国,都道府県,市区町村”. 2021年10月14日閲覧。
  74. ^ a b c 警察庁 (2021年). “令和元年の犯罪 第1 刑法犯 総括 3 年次別 都道府県別 罪種別 認知・検挙件数及び検挙人員”. 2021年10月14日閲覧。
  75. ^ 法務省 (1970-03). 昭和35年版犯罪白書 第一編 犯罪 第一章 犯罪の概観 二 犯罪の原因 3 犯罪を発生しやすい環境 (四) 都市化と非行地域 (Report). http://hakusyo1.moj.go.jp/jp/1/nfm/n_1_2_1_1_2_3.html 2020年12月4日閲覧。. 
  76. ^ 法務省 (2019-11) (Excel). 令和元年版犯罪白書第 2編 平成における犯罪・少年非行の動向 第1章 犯罪の動向 第1節 刑法犯 1 主な統計データ 2-1-1-7図 刑法犯 認知件数・発生率・発生率指数(都道府県別) (Report). http://hakusyo1.moj.go.jp/jp/66/nfm/n66_2_2_1_1_1.html#h2-1-1-07 2021年10月14日閲覧。. 
  77. ^ a b c d e 統計局統計調査部国勢統計課 (2020年4月14日). “人口推計 / 各年10月1日現在人口 全国 年齢(5歳階級),男女別人口及び割合-総人口(各年10月1日現在) (Excel,DB)”. e-Stat 政府の統計窓口. 2021年3月21日閲覧。
  78. ^ a b c d e 統計局統計調査部国勢統計課 (2017年6月28日). “人口推計 / 長期時系列データ (平成12年~27年)全国 年齢(5歳階級及び3区分),男女別人口(各年10月1日現在)-総人口,日本人人口(平成12年~27年) (Excel)”. e-Stat 政府の統計窓口. 2021年3月21日閲覧。
  79. ^ a b c d e 統計局統計調査部国勢統計課 (2008年1月11日). “人口推計 / 長期時系列データ 我が国の推計人口(大正9年~平成12年)全国 年齢(5歳階級及び3区分),男女別人口(各年10月1日現在)-総人口(大正9年~平成12年) (Excel)”. e-Stat 政府の統計窓口. 2021年3月21日閲覧。
  80. ^ a b 警察庁生活安全局少年課 (2021-03-11) (PDF). 令和2年における少年非行、児童虐待及び子供の性被害の状況 (Report). pp. 1,6. https://www.npa.go.jp/publications/statistics/safetylife/R2.pdf 2021年4月7日閲覧。. 
  81. ^ a b c 法務省 (2020-11) (Excel). 令和2年版犯罪白書第 第3編 少年非行の動向と非行少年の処遇 第1章 少年非行の動向 第1節 少年による刑法犯 3 罪名別動向 資料3-3 少年による刑法犯 検挙人員(罪名別) (Report). http://hakusyo1.moj.go.jp/jp/67/nfm/n67_2_3_1_1_3.html 2021年3月21日閲覧。. 
  82. ^ a b c 国家地方警察本部刑事部犯罪統計課 (1946年). “昭和21年度刑事警察統計書>第三 靑少年犯罪者調>其ノ二 青少年犯罪者罪種別累年比較表(昭和21年度)(コマ番号42)”. 2021年3月21日閲覧。
  83. ^ a b c 竹村登茂子「世論と少年非行"厳罰化"の関係 : 不寛容社会とならないために」『22世紀研究所評論集(日本語版)』J08、2017年2月、 NAID 1200066828342021年10月1日閲覧。
  84. ^ a b c d 福岡県警察本部 生活安全部少年課 (2021) (PDF). 少年のみちびき 令和二年中の少年非行実態 (Report). pp. 1. https://www.police.pref.fukuoka.jp/seian/shonen/shonenhikoutoukei02.html 2021年4月25日閲覧。. 
  85. ^ 東京学芸大学 (2010) (PDF). 現代社会の諸問題 5.少年犯罪に対するラベリングアプローチ (Report). http://www.u-gakugei.ac.jp/~tschin/csp/10csp05.pdf 2021年4月25日閲覧。. 
  86. ^ a b c 瀬川晃少年犯罪の変容と改正少年法」『国際公共政策研究』第6巻第2号、大阪大学大学院国際公共政策研究科、2002年3月、 68-70頁、 ISSN 13428101NAID 1200048451572021年5月1日閲覧。
  87. ^ a b 法務省 (1997). 平成9年版犯罪白書 第1編 憲法施行50年の犯罪動向 第5章 少年非行の動向 第1節 概説 1 少年刑法犯の動向 (Report). http://hakusyo1.moj.go.jp/jp/38/nfm/n_38_2_1_5_1_1.html#H001064E 2021年4月3日閲覧。. 
  88. ^ a b 国家地方警察本部刑事部犯罪統計課 (1946年). “昭和21年度刑事警察統計書>第三 靑少年犯罪者調>其ノ二 青少年犯罪者罪種別累年比較表(昭和21年度)(コマ番号41)”. 2021年3月21日閲覧。
  89. ^ 法務省 (2020-11) (Excel). [http://hakusyo1.moj.go.jp/jp/67/nfm/n67_2_1_1_1_2.html#h1-1-1-5 令和2年版犯罪白書 第1編 犯罪の動向  第1章 刑法犯 第1節 主な統計データ 2 検挙人員 1-1-1-5図 刑法犯 検挙人員の年齢層別構成比の推移] (Report). http://hakusyo1.moj.go.jp/jp/67/nfm/n67_2_1_1_1_2.html#h1-1-1-5 2021年6月14日閲覧。. 
  90. ^ 法務省 (1991-10) (Excel). 平成3年版犯罪白書 第4編 高齢化社会と犯罪 第2章 高齢化社会と犯罪の動向 第1節 犯罪の動向 1 刑法犯の動向 V-2表 交通関係業過を除く刑法犯年齢層別検挙人員(昭和41年~平成2年) (Report). http://hakusyo1.moj.go.jp/jp/32/nfm/n_32_2_4_2_1_1.html#H004002H 2021年6月13日閲覧。. 
  91. ^ a b 川上麻由「我が国における高齢者犯罪の特異性について―米国における高齢者犯罪研究からの一考察―」『大学院研究年報 法学研究科編』第47号、中央大学大学院研究年報編集委員会、2018年2月、 ISSN 1345-2401NAID 1200066422562021年10月1日閲覧。
  92. ^ a b Mike Newman (2016-02-22). “The Economics of Elderly Crime(高齢者犯罪の経済学)” (英語). Crime in Japan (日本の犯罪) (Custom Products) (1): 1-19. https://newmanlive.files.wordpress.com/2017/11/cm-crime-in-japan-geriatric-jailbirds.pdf 2021年6月14日閲覧。. 
  93. ^ “日本の年金生活者が刑務所に入りたがる理由” (日本語). BBCジャパン. (2019年3月18日). https://www.bbc.com/japanese/47453931 2021年6月14日閲覧。 
  94. ^ a b “暴力事件は20年前の50倍 キレる高齢者を生む条件” (日本語). AERA. 週刊朝日. (2013年8月2日). https://dot.asahi.com/wa/2013073100027.html?page=1 2021年6月14日閲覧。 
  95. ^ 村木厚子津田塾大学客員教授)、浜井浩一龍谷大学法学部教授)、武田真一キャスター)(放送当時) (2019年5月21日). 刑務所が“ついの住みか”に!? ~おひとりさまが危ない~ (NHK). https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4282/index.html 2021年6月14日閲覧。 
  96. ^ 法務省 (2020-11) (Excel). 令和2年版犯罪白書 第4編 各種犯罪の動向と各種犯罪者の処遇 第7章 高齢者犯罪 第1節 犯罪の動向 4-7-1-3図 刑法犯 高齢者の検挙人員の罪名別構成比(男女別) (Report). http://hakusyo1.moj.go.jp/jp/67/nfm/n67_2_4_7_1_0.html#h4-7-1-3 2021年6月14日閲覧。. 
  97. ^ a b c d 日本国政府 (2021年11月1日). “平成三年法律第七十七号 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律”. 2021年7月22日閲覧。
  98. ^ a b 法務省 (2020年11月). “令和2年版犯罪白書 第4編 各種犯罪の動向と各種犯罪者の処遇 第2章 組織的犯罪・暴力団犯罪  第2節 暴力団犯罪 1 組織の動向 (Excel)”. 2021年7月22日閲覧。
  99. ^ a b 警察庁 (1999年). “平成11年版警察白書 第4章 暴力団総合対策の推進 1 50年の歩み (1) 暴力団情勢の推移 ア 暴力団構成員数等の推移 図4-1 暴力団構成員及び準構成員の数の推移(昭和38~平成10年)”. 2021年7月23日閲覧。
  100. ^ a b 廣末登 (2021年3月27日). “「NHKも誤解している」本当の半グレは"ケンカの強いアウトロー"なんかではない” (日本語). プレジデントオンライン: pp. 7-8. https://president.jp/articles/-/44304?page=7 2021年7月22日閲覧。 
  101. ^ 芳賀恒人 (2014年11月12日). “暴力団員の離脱を巡る問題 1.暴力団員の離脱を巡る問題” (日本語). 暴排トピックス (株式会社エス・ピー・ネットワーク). https://www.sp-network.co.jp/column-report/column/bouhi/candr02028.html 2021年7月22日閲覧。 
  102. ^ 警察庁組織犯罪対策部 (2021-04) (PDF,Excel). 令和2年における組織犯罪の情勢【確定値版】 第1章:暴力団情勢 図表1-1 暴力団構成員等の推移 (Report). https://www.npa.go.jp/sosikihanzai/kikakubunseki/sotaikikaku09/R02sotaijyousei.pdf#page=8 2021年7月22日閲覧。. 
  103. ^ 法務省 (1989年10月). “平成元年版犯罪白書 第4編 昭和の刑事政策 第5節 暴力団犯罪の動向 3 頂上作戦とその影響(昭和30年代末~40年代前半) IV-17表 暴力団の団体数及び構成員数の推移 (JPEG)”. 2021年7月22日閲覧。
  104. ^ a b c d 警察庁組織犯罪対策部 (2021-04) (PDF,Excel). 令和2年における組織犯罪の情勢【確定値版】 第1章:暴力団情勢 第3 暴力団犯罪の検挙状況等 1 全般的検挙状況図表 図表1-5 暴力団構成員等の罪種別検挙人員の推移 (Report). https://www.npa.go.jp/sosikihanzai/kikakubunseki/sotaikikaku09/R02sotaijyousei.pdf#page=12 2021年7月22日閲覧。. 
  105. ^ 法務省 (2020年11月). “令和2年版犯罪白書 第4編 各種犯罪の動向と各種犯罪者の処遇 第2章 組織的犯罪・暴力団犯罪  第2節 暴力団犯罪 2 犯罪の動向 4-2-2-2図 暴力団構成員等 検挙人員等の推移(刑法犯・特別法犯別) (Excel)”. 2021年7月22日閲覧。
  106. ^ 法務省 (1989年10月). “平成元年版犯罪白書 第4編 昭和の刑事政策 第5節 暴力団犯罪の動向 1 戦後の混乱期(昭和20年代前半) IV-14表 暴力団関係者の刑法犯及び特別法犯検挙人員の推移(昭和21年~63年) (JPEG)”. 2021年7月22日閲覧。
  107. ^ 警察庁組織犯罪対策部 (2021-04) (PDF,Excel). 令和2年における組織犯罪の情勢【確定値版】 第1章:暴力団情勢 第3 暴力団犯罪の検挙状況等 4 事業者襲撃等事件及び対立抗争事件の発生状況等 図表1-12 対立抗争事件の発生状況の推移 (Report). https://www.npa.go.jp/sosikihanzai/kikakubunseki/sotaikikaku09/R02sotaijyousei.pdf#page=19 2021年7月22日閲覧。. 
  108. ^ 警察庁 (2014年). “平成26年版警察白書 第4章 組織犯罪対策 第1節 暴力団対策 2 暴力団犯罪の取締り (3)対立抗争事件及び暴力団等によるとみられる銃器発砲事件 図表4-5 暴力団等によるとみられる事業者襲撃等事件の発生件数等の推移(平成21~25年) (JPEG)”. 2021年7月22日閲覧。
  109. ^ 警察庁 (2009年). “平成21年版警察白書 第2章 組織犯罪対策の推進 第1節 暴力団対策 2 暴力団犯罪の取締り (3)対立抗争事件及び暴力団等によるとみられる銃器発砲事件 表2-3 対立抗争事件及び暴力団等によるとみられる銃器発砲事件の発生事件数等の推移(平成11~20年) (JPEG)”. 2021年7月22日閲覧。
  110. ^ 法務省 (1999年11月). “平成11年版犯罪白書 第4編 各種の犯罪と犯罪者 第2章 暴力団犯罪 第1節 概説 IV-2表 暴力団対立抗争事件の発生状況 (JPEG)”. 2021年7月22日閲覧。
  111. ^ 法務省 (1995年10月). “平成6年版犯罪白書 第3編 各種の犯罪と犯罪者 第4章 暴力団犯罪 第1節 概説 3 暴力団相互の対立抗争 III-15表 暴力団対立抗争事件の発生状況 (JPEG)”. 2021年7月22日閲覧。
  112. ^ 法務省 (1989年10月). “平成元年版犯罪白書 第4編 昭和の刑事政策 第5節 暴力団犯罪の動向 2 対立抗争期(昭和20年代末~30年代後半) IV-16表 暴力団対立抗争事犯の発生件数の推移  (昭和35年~63年) (JPEG)”. 2021年7月22日閲覧。
  113. ^ 法務省 (2020年11月). “令和2年版犯罪白書 第4編 各種犯罪の動向と各種犯罪者の処遇 第2章 組織的犯罪・暴力団犯罪  第2節 暴力団犯罪 2 犯罪の動向 4-2-2-4表 暴力団対立抗争事件 事件数・銃器使用率の推移 (Excel)”. 2021年7月22日閲覧。
  114. ^ 法務省 (1989年10月). “平成元年版犯罪白書 第1編 犯罪の動向 第2章 各種犯罪と犯罪者第 2節 暴力団犯罪 1 概説 I-26表 暴力団対立抗争事件の発生状況(昭和59年~63年) (JPEG)”. 2021年7月22日閲覧。
  115. ^ 法務省 (1981年10月). “昭和61年版犯罪白書 第1編 犯罪の動向 第4節 暴力団犯罪 1 概説 I-33表 暴力団対立抗争事件の発生状況 (JPEG)”. 2021年7月22日閲覧。
  116. ^ 警察庁 (1986年). “昭和61年版警察白書 第2章 犯罪情勢と捜査活動 3 暴力団対策 (2) 暴力団犯罪の現況 ア 対立抗争事件、銃器発砲事件の激増 図2-18 対立抗争事件、銃器発砲事件の発生状況の推移(昭和51~60年)”. 2021年7月23日閲覧。
  117. ^ “山口組顧問弁護士が見た「バブルとヤクザ」「天国と地獄」” (日本語). デイリー新潮: pp. 1. (2020年2月13日). https://www.dailyshincho.jp/article/2020/02160800/?all=1 2021年7月23日閲覧。 
  118. ^ a b 警察庁 (1989). 平成元年版警察白書 第1章 暴力団対策の現状と課題-市民生活と経済活動を食い物にする犯罪組織- 第2節 暴力団の構造と活動 4 暴力団における資金の流れ (1) 暴力団の資金源活動 ア 暴力団の収入 (Report). https://www.npa.go.jp/hakusyo/h01/h010102.html 2021年7月23日閲覧。. 
  119. ^ 株式会社エス・ピー・ネットワーク (2018年5月16日). “平成29年における組織犯罪の情勢(2018.5)  1.平成29年における組織犯罪の情勢  (3) 準暴力団(半グレ)を巡る動向”. 2021年7月23日閲覧。
  120. ^ 警察庁組織犯罪対策部組織犯罪対策企画課 (2017-03) (PDF,Excel). 平成28年における組織犯罪の情勢【確定値版】第1章:暴力団を始めとする組織犯罪の現状 (Report). pp. 1-3. https://www.npa.go.jp/sosikihanzai/kikakubunseki/sotaikikaku01/h28.sotaijyousei.pdf 2021年7月23日閲覧。. 
  121. ^ 本川 裕 (2005年10月27日). “図録 労働時間の長期推移(日本、英国・米国)”. 社会実情データ図録. 2021年8月10日閲覧。
  122. ^ a b 警察庁 (1989). 平成元年版警察白書 第1章 暴力団対策の現状と課題 第1節 暴力団の変遷と最近の特徴 1 暴力団の変遷と警察の対応 (2) 第2期~昭和30年代 (Report). https://www.npa.go.jp/hakusyo/h01/h010101.html 2021年8月9日閲覧。. 
  123. ^ a b c 警察庁 (2020) (Excel). 令和2年警察白書>統計資料>第4章関連>4-1 暴力団犯罪の罪種別検挙人員(構成員及び準構成員その他の周辺者)の推移(平成27~令和元年) (Report). https://www.npa.go.jp/hakusyo/r02/data.html 2021年8月9日閲覧。. 
  124. ^ a b c 警察庁 (2015) (Excel). 平成27年警察白書>統計資料>特集関連>特-1 暴力団犯罪の罪種別検挙人員(構成員及び準構成員その他の周辺者)の推移(平成22~26年) (Report). https://www.npa.go.jp/hakusyo/h27/data.html 2021年8月9日閲覧。. 
  125. ^ a b c 警察庁 (2010) (Excel). 平成22年警察白書>統計資料>第2章関連>2-1 暴力団犯罪の罪種別検挙人員(構成員及び準構成員)の推移(平成17~21年) (Report). https://www.npa.go.jp/hakusyo/h22/data.html 2021年8月9日閲覧。. 
  126. ^ a b c 警察庁 (2005) (Excel). 平成17年警察白書>資料編>3.統計資料>第4章関係>統計4-1 暴力団犯罪の罪種別検挙人員(構成員及び準構成員)の推移(平成12~16年) (Report). https://www.npa.go.jp/hakusyo/h17/hakusho/h17/data/datindex.html 2021年8月9日閲覧。. 
  127. ^ a b c 警察庁 (2000) (PDF). 平成12年警察白書>統計資料>第3章関係>統計3-1 暴力団犯罪の罪種別検挙人員(構成員及び準構成員)の推移(平成7~11年) (Report). https://www.npa.go.jp/hakusyo/h12/h12s.pdf#page=39 2021年8月9日閲覧。. 
  128. ^ a b c 警察庁 (1995). 平成7年警察白書資料編>3.統計資料>第4章関係>統計4-1 暴力団犯罪の罪種別検挙者(構成員及び準構成員)の推移(平成2~6年) (Report). https://www.npa.go.jp/hakusyo/h07/h07s0401.html 2021年8月9日閲覧。. 
  129. ^ a b c 警察庁 (1990). 平成2年警察白書資料編>3.統計資料>第2章関係>統計2-9 暴力団犯罪の罪種別検挙人員の推移(昭和60~平成元年) (Report). https://www.npa.go.jp/hakusyo/h02/h02s0209.html 2021年8月9日閲覧。. 
  130. ^ a b c 法務省 (1989年10月). “平成元年版犯罪白書 第4編 昭和の刑事政策 第5節 暴力団犯罪の動向 2 対立抗争期(昭和20年代末~30年代後半) IV-15表 暴力団関係者の罪名別検挙人員及び構成比の推移(昭和33年,38年,43年,48年,53年,58年,63年) (JPEG)”. 2021年7月22日閲覧。
  131. ^ a b c 警察庁 (1990). 昭和60年警察白書資料編>3.統計資料>第2章関係>統計2-9 暴力団犯罪の罪種別検挙人員の推移(昭和55~59年) (Report). https://www.npa.go.jp/hakusyo/s60/s60s0209.html 2021年8月9日閲覧。. 
  132. ^ a b c 警察庁 (1990). 昭和57年警察白書資料編>6.統計資料>第4章関係>統計4-10 暴力団犯罪の罪種別検挙人員の推移(昭和47~56年) (Report). https://www.npa.go.jp/hakusyo/s57/s57s0410.html 2021年8月9日閲覧。. 
  133. ^ a b c 法務省 (1972年10月). “昭和47年版犯罪白書 第一編 犯罪の動向 第二章 統計からみた昭和四六年の犯罪の概観 一 刑法犯の概況 3 暴力犯罪 I-21表 主要罪名別暴力団関係検挙人員(昭和45,46年) (JPEG)”. 2021年8月9日閲覧。
  134. ^ a b c 法務省 (1970年10月). “昭和45年版犯罪白書 第一編 犯罪の動向 第二章 統計からみた昭和四四年の犯罪の概観 一 刑法犯の概況 3 暴力犯罪 I-20表 (JPEG)”. 2021年8月9日閲覧。
  135. ^ a b c 法務省 (1966年9月). “昭和41年版犯罪白書 第一編 犯罪の概観 第一章 統計からみたわが国の犯罪状況の推移 一 刑法犯の概況 3 暴力犯罪 I-16表 罪名別暴力団関係検挙人員の推移(昭和35~40年) (JPEG)”. 2021年8月9日閲覧。
  136. ^ a b c 法務省 (1964年5月). “昭和39年版犯罪白書 第一編 総論―犯罪の概観 第三章 暴力犯罪および暴力に関連する特殊犯罪 五 暴力組織関係犯罪 1 暴力組織関係犯罪の現況とすう勢 I-36表 暴力犯罪全検挙人員と暴力団所属者(昭和32年~38年) (JPEG)”. 2021年8月9日閲覧。
  137. ^ a b 法務省 (1963年4月). “昭和38年版犯罪白書 第一編 総論―犯罪の概観 第二章 統計からみた昭和三六年の犯罪の概観  二 刑法犯の罪種別の傾向 3 暴力犯罪 I-18表 殺人・恐かつ・傷害・強盗全検挙人員と暴力団所属者(昭和31~36年) (JPEG)”. 2021年8月9日閲覧。
  138. ^ a b 法務省 (1998年10月). “犯罪白書>平成9年版の犯罪白書>目次>第1編 憲法施行50年の犯罪動向>第2章 刑罰法規の変遷>第2節 特別法>3 保安関係法令”. 2021年8月9日閲覧。
  139. ^ a b 法務省 (2020年11月). “犯罪白書>令和2年版の犯罪白書>目次>第1編 犯罪の動向>第2章 特別法犯>第1節 主な統計データ>1-2-1-2図 特別法犯 検察庁新規受理人員の罪名別構成比(Excel)”. 2020年12月25日閲覧。
  140. ^ a b 法務省. “犯罪白書>平成9年版の犯罪白書>目次>第3編 まとめ>資料I-7 特別法犯の検察庁新規受理人員(昭和24年~平成8年)”. 2008年8月26日閲覧。
  141. ^ a b c d e f 昭和45年の犯罪 : 犯罪統計書 15. 年次別 被害高および被害回復高状況, 警察庁, (1971年), pp. 59 
  142. ^ a b 警察庁. “警察白書>平成5年版警察白書>目次>第3章 犯罪情勢と捜査活動>2 犯罪情勢及び捜査活動の現況>(3) 犯罪による被害の状況>イ 財産犯による被害”. 2018年12月17日閲覧。
  143. ^ 内閣府 (2021年2月15日). “内閣府ホーム > 統計情報・調査結果 > 国民経済計算(GDP統計) > 統計データ > 統計表(四半期別GDP速報) > 2020年 > 統計表一覧(2020年10-12月期 1次速報値)> 実額 >名目暦年(CSV)”. 2021年3月3日閲覧。
  144. ^ 内閣府 (2018年1月). “内閣府ホーム > 統計情報・調査結果 > 国民経済計算(GDP統計) > 統計データ > 平成23年基準支出側GDP系列簡易遡及 > 実額 >名目暦年(CSV)”. 2018年12月10日閲覧。
  145. ^ 内閣府. “内閣府ホーム > 統計情報・調査結果 > 国民経済計算(GDP統計) > 統計データ > 統計表(国民経済計算年次推計) > 1998年度国民経済計算 (1990基準・68SNA) > フロー編 > 1. 統合勘定 > 国内総生産と総支出勘定(Excel)”. 2018年12月10日閲覧。
  146. ^ 溝口 敏行、野島 教之「1940-1955年における国民経済計算の吟味 表14 国民経済計算総括表」『日本統計学会誌』第23巻第1号、日本統計学会、1993年、 106頁、 doi:10.11329/jjss1970.23.912019年2月9日閲覧。
  147. ^ a b c 統計局統計調査部消費統計課物価統計室 (2021年8月6日). “2020年基準消費者物価指数 品目別価格指数(年平均) 中分類指数(1970年~最新年) (Excel)”. 政府統計の総合窓口(e-Stat). 総務省. 2021年8月15日閲覧。
  148. ^ 警察庁 (2020年). “令和2年版警察白書 第2部 本編 第2章 生活安全の確保と犯罪捜査活動 第1節 犯罪情勢とその対策 4 国民の財産を狙う事犯への対策 (1)財産犯の被害額の罪種別状況”. 2021年2月6日閲覧。
  149. ^ a b c 法務省 (2020年11月). “犯罪白書>令和2年版の犯罪白書>目次>第6編 犯罪被害者>第1章 統計上の犯罪被害>第4節 財産への被害>6-1-4-1図 財産犯 認知件数・被害額(罪名別)の推移(Excel)”. 2020年12月25日閲覧。
  150. ^ a b c 警察庁. “警察白書>平成元年年版警察白書>目次>第2章 犯罪情勢と捜査活動>1 刑法犯の状況>(3) 被害の状況>ア 生命、身体の被害”. 2018年12月10日閲覧。
  151. ^ 法務省. “犯罪白書>昭和61年版の犯罪白書>目次>第4編 犯罪被害の原因と対策>第3章 犯罪被害の推移> 第2節 被害の種別ごとに見た推移>1 生命・身体の被害>IV-11表 財産犯等による財産被害額の推移”. 2018年12月10日閲覧。
  152. ^ a b 法務省. “犯罪白書>昭和47年版の犯罪白書>目次>第1編 犯罪の動向>第二章 統計からみた昭和四六年の犯罪の概観>一 刑法犯の概況>2 財産犯罪>I-14表 窃盗の被害額の推移(昭和42~46年)”. 2018年12月19日閲覧。
  153. ^ a b c 昭和40年の犯罪 : 犯罪統計書 8 年次別(罪種)主要品目別財物被害高, 警察庁, (1966年), pp. 368 
  154. ^ a b c 昭和31年版犯罪統計書 21. 財物被害高並回復高 全国(1), 警察庁, (1957年), pp. 188 
  155. ^ a b c 昭和30年版犯罪統計書 17. 財物被害高並回復高 全国, 警察庁, (1956年), pp. 198 
  156. ^ a b c 昭和29年版犯罪統計書 19. 財物被害高並びに回復高 全国, 警察庁, (1955年), pp. 196 
  157. ^ a b c 昭和28年版犯罪統計書 11. 被害状況, 国家地方警察, (1954年), pp. 193-194 
  158. ^ a b c 昭和26年版犯罪統計書 第1.全国的発生状況, 国家地方警察, (1952年), pp. 44 
  159. ^ a b c 昭和24年版犯罪統計書 第2.昭和24年中の犯罪(4)財物被害高並回復高調 N.R.P+M.P, 国家地方警察, (1950年), pp. 232-233 
  160. ^ 法務省 (2020年11月). “犯罪白書>令和2年版の犯罪白書>目次>第1編 犯罪の動向>第1章 刑法犯>第2節 主な刑法犯>1 窃盗”. 2020年12月25日閲覧。
  161. ^ 法務省 (1997年10月). “犯罪白書>平成9年版の犯罪白書>資料>資料I-5 窃盗の手口別認知件数(昭和29年~平成8年)”. 2020年9月12日閲覧。
  162. ^ a b 令和元年の犯罪 49 財産犯被害額・回復額 (PDF)”. 警察庁 (2020年9月28日). 2020年10月11日閲覧。
  163. ^ 法務省. “犯罪白書>平成13年版の犯罪白書>目次>資料>資料IV-9 窃盗における被害額”. 2018年12月19日閲覧。
  164. ^ a b 法務省. “犯罪白書>昭和49年版の犯罪白書>目次>第1編 犯罪の動向>第2章 統計からみた昭和48年の犯罪の概観>第1節 刑法犯の概況>2 財産犯罪>I-14表 財産犯罪の被害額の推移(昭和44年~48年)”. 2018年12月20日閲覧。
  165. ^ a b 法務省. “犯罪白書>昭和52年版の犯罪白書>目次>第1編 犯罪の動向>第1章 昭和51年の犯罪の概観>第1節 刑法犯の概況>2 主要刑法犯の動向>(1) 財産犯>I-12表 財産犯の被害総額の推移(昭和47年~51年)”. 2018年12月20日閲覧。
  166. ^ a b 法務省. “犯罪白書>昭和51年版の犯罪白書>目次>第1編 犯罪の動向>第3章 財産犯の動向>第2節 詐欺・横領・背任>3 最近の詐欺・横領・背任事件の特色>I-75表 詐欺・横領・背任被害額の推移(昭和40年,46年~50年)”. 2018年12月19日閲覧。
  167. ^ a b 法務省. “犯罪白書>昭和50年版の犯罪白書>目次>第1編 犯罪の動向>第2章 統計から見た昭和49年の犯罪の概観>第1節 刑法犯の概況>2 財産犯罪>I-18表 財産犯の被害額の推移(昭和39年,45年~49年)”. 2018年12月19日閲覧。
  168. ^ a b 法務省. “犯罪白書>昭和61年版の犯罪白書>目次>第4編 犯罪被害の原因と対策>第3章 犯罪被害の推移> 第2節 被害の種別ごとに見た推移>2 財産上の被害>IV-12表 主要罪名別の財産被害額の推移”. 2018年12月10日閲覧。
  169. ^ 稲本 義範 (2011-02). “万引防止に利用されるシステム・運用体制--社会総ぐるみで万引防止を継続する仕組みとは (特集 店舗で役立つ自動認識システム)” (日本語). 自動認識 (日本工業出版) 24 (2): 2. NAID 40017655399. https://www.jeas.gr.jp/pdf/jidou_2.pdf 2020年11月1日閲覧。. 
  170. ^ a b c 警察庁長官官房 (2021-02-04). 令和2年の犯罪情勢【暫定値】 (Report). https://www.npa.go.jp/news/release/2021/20210128001.html 2020年2月4日閲覧。. 
  171. ^ a b c 本川 裕 (2021年2月5日). “時事トピックス:コロナ禍で社会不安は高まっているか(対前年同月増減の指標で見る世相)”. 社会実情データ図録. 2021年2月6日閲覧。
  172. ^ 調査対象区域の分割を高等裁判所の管轄に応じて8地域に分類する。そして、それぞれの地域ごとに、都市規模により市町村を17分類し、最終的に、地域・都市規模から見て、日本全体を代表することができるように209地点を選定し、各地点から8~16人の回答者を住民基本台帳から等間隔抽出法を用いて抽出して行ったものである。
  173. ^ a b 法務総合研究所 (2000-05) (PDF).