横峯遺跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
遺跡全景

横峯遺跡(よこみねいせき)は、鹿児島県熊毛郡南種子町に所在する後期旧石器時代初頭の遺跡。鹿児島県の史跡。 1992年に発掘調査された際[1]種子島で初めて発見された旧石器時代の遺跡であり、旧石器時代、縄文時代にヒトが住んでいた跡が見つかっている。約3万年前の地層からは、日本国内最古の調理場跡が発見されている[2]

2003年4月28日、鹿児島県指定文化財となった[2]

アクセス[編集]

西之表港から車で約60分、種子島空港から約60分[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大隅諸島・南西諸島の旧石器時代文化”. 鹿児島県上野原縄文の森. 2012年6月10日閲覧。
  2. ^ a b 文化財詳細情報”. 南種子町. 2012年6月10日閲覧。
  3. ^ 県指定史跡横峯遺跡”. ふるさと種子島. 2012年6月10日閲覧。