ハプログループE (Y染色体)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハプログループEの分布

ハプログループE (Y染色体)(ハプログループE (Yせんしょくたい)とは、分子人類学で用いられる、人類Y染色体ハプログループの分類のうち、ハプログループDE (Y染色体)のサブクレード(細分岐)の一つで、「L339, L614, M40/SRY4064/SRY8299, M96, P29, P150, P152, P154, P155, P156, P162, P168, P169, P170, P171, P172, P173, P174, P175, P176」の変異で定義づけられる系統である。50,000 - 55,000年前[1][2]に東アフリカ[3]で誕生した。

下位系統[ソースを編集]

(系統はHaplogroup Tree 2015 Version: 10.26 Date: 10 April 2015による。)

E1b1a系統[ソースを編集]

ハプログループE1a1a1の分布

ニジェール・コンゴ語族に関連するタイプであり、ニジェール・コンゴ系民族の約68%に観察される[4]

英語版リンクen:Haplogroup E-V38




E1b1b系統[ソースを編集]

E1b1b系統の拡散
アフロアジア語族の伝播

アフロ・アジア語族に関連するタイプであり、特にベルベル人に80-93%[5]と高頻度である。下位系統E1b1b1a1b1-V13がアルバニアで高頻度であり[6]、有史以前のある時期にエジプト付近からの直接渡来が存在したようである。ヨーロッパで見られるタイプはほとんどがこのE-V13系統またはE-M123系統である。また話者の多くがR1bとなっているチャド語派の元来の担い手はカメルーン北部にのみ低頻度に見られるE-V259と考えられる。

英語版リンクen:Haplogroup E-M215 (Y-DNA)

Y染色体と言語系統が比較的綺麗に対応している。

(系統はHaplogroup Tree 2015 Version: 10.26 Date: 10 April 2015、E-M78以下は Trombetta et al.2015[7]による。)


ヒトY染色体ハプログループ系統樹
Y染色体アダム (Y-MRCA)
A0 A1
A1a A1b
A1b1 BT
B CT
DE CF
D E C F
G H IJK
IJ K
I J K1 K2
L T MS NO P K2*
N O Q R

脚注[ソースを編集]

  1. ^ Karafet, T. M.; Mendez, F. L.; Meilerman, M. B.; Underhill, P. A.; Zegura, S. L.; Hammer, M. F. (2008). "New binary polymorphisms reshape and increase resolution of the human Y chromosomal haplogroup tree". Genome Research 18 (5): 830–8. doi:10.1101/gr.7172008. PMC 2336805. PMID 18385274.
  2. ^ Upper Palaeolithic Siberian genome reveals dual ancestry of Native Americans, Nature 505, 87–91 (02 January 2014)
  3. ^ Semino, Ornella; Magri, Chiara; Benuzzi, Giorgia; Lin, Alice A.; Al-Zahery, Nadia; Battaglia, Vincenza; MacCioni, Liliana; Triantaphyllidis, Costas et al. (2004). "Origin, Diffusion, and Differentiation of Y-Chromosome Haplogroups E and J: Inferences on the Neolithization of Europe and Later Migratory Events in the Mediterranean Area". The American Journal of Human Genetics 74 (5): 1023–34. doi:10.1086/386295. PMC 1181965. PMID 15069642.
  4. ^ Wood, Elizabeth T et al 2005 Contrasting patterns of Y chromosome and mtDNA variation in Africa: evidence for sex-biased demographic processes; also Appendix A
  5. ^ Cruciani, F; La Fratta, R; Santolamazza, P; Sellitto, D; Pascone, R; Moral, P; Watson, E; Guida, V et al. (2004). "Phylogeographic analysis of haplogroup E3b (E-M215) y chromosomes reveals multiple migratory events within and out of Africa". American Journal of Human Genetics 74 (5): 1014–22. doi:10.1086/386294. PMC 1181964. PMID 15042509.
  6. ^ Pericic M, Lauc LB, Klarić IM, Rootsi S, Janićijevic B, Rudan I, Terzić R, Colak I, Kvesić A, Popović D, Sijacki A, Behluli I, Dordevic D, Efremovska L, Bajec DD, Stefanović BD, Villems R, Rudan P (2005). "High-Resolution Phylogenetic Analysis of Southeastern Europe Traces Major Episodes of Paternal Gene Flow Among Slavic Populations". Molecular Biology and Evolution 22 (10): 1964–75. doi:10.1093/molbev/msi185. PMID 15944443.
  7. ^ Trombetta et al. 2015, Phylogeographic refinement and large scale genotyping of human Y chromosome haplogroup E provide new insights into the dispersal of early pastoralists in the African continent