チャド語派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャド語派(チャド諸語)
話される地域: ナイジェリアの旗 ナイジェリア
ニジェールの旗 ニジェール
チャドの旗 チャド
中央アフリカ共和国の旗 中央アフリカ
カメルーンの旗 カメルーン
言語系統: アフロ・アジア語族
 チャド語派(チャド諸語)
下位言語:
ISO 639-5: cdc
チャド語派の分布

チャド語派(チャドごは、英語: Chadic languages)・チャド諸語(チャドしょご)は、アフロ・アジア語族に属し、ナイジェリア北部、ニジェールチャド中央アフリカ共和国カメルーンで話されているおよそ200の言語からなる語派。チャド語派の中で最も広く話されているのはハウサ語であり、西アフリカ内陸部のリングワ・フランカとして用いられている。

分類[編集]

1977年にニューマンは、チャド語派を4つの言語グループに分類し、以後すべての言語学者に受け入れられた。しかし、4つの言語グループより下位の分類は確固としたものではなく、例えば2006年にブランチは東チャド諸語のA/B分類のみ正しいとした[1]

(A) ハウサ語、ロン語(Ron)、ボール語(Bole)アンガス語(Angas)
(B) バデ語(Bade)ワルジ語(Warji)、ザール語(Zaar)
(A) ブラ語(Bura)、カムウェ語(Kamwe)、バタ語(Bata
(B) イェディナ語(Yedina)、ムスグ語(Musgu
(C) ギダル語(Gidar
(A) トゥマク語(Tumak)、ナンセレ語(Nancere)、ケラ語(Kera
(B) ダンガリート語(Dangaléat)、モキルコ語(Mokilko)、ソコロ語(Sokoro


チャド語派の分類

話者[編集]

チャド語派を話す民族はY染色体ハプログループR1bが高頻度である[2][3][4]。これは他のアフロ・アジア系民族ハプログループE1b1bが高頻度であること[5]と対照的である。R1bは7000年前までにレバントからチャド湖平原に到達したと考えられる[6]。チャド語派の原郷は現在のスーダンあたりと考えられる。

脚注[編集]

  1. ^ Blench, 2006. The Afro-Asiatic Languages: Classification and Reference List (ms)
  2. ^ Kivisild, T., Rootsi, S, Metspalu, M, Mastana, S, Kaldma, K, Parik, J, Metspalu, E, Adojaan, M et al. (2003). "The Genetic Heritage of the Earliest Settlers Persists Both in Indian Tribal and Caste Populations". American Journal of Human Genetics 72 (2): 313–332. doi:10.1086/346068. PMC 379225. PMID 12536373.
  3. ^ Wells. The Eurasian Heartland: A continental perspective on Y-chromosome diversity.
  4. ^ Underhill, Peter A; Myres, Natalie M; Rootsi, Siiri; Metspalu, Mait; Zhivotovsky, Lev A; King, Roy J; Lin, Alice A; Chow, Cheryl-Emiliane T et al. (2009). "Separating the post-Glacial coancestry of European and Asian Y chromosomes within haplogroup R1a". European Journal of Human Genetics 18 (4): 479–84. doi:10.1038/ejhg.2009.194. PMC 2987245. PMID 19888303.
  5. ^ Ehret, Christopher; Shomarka Keita (2004). "The Origins of Afroasiatic". Science 306 (5702): 1680; author reply 1680. doi:10.1126/science.306.5702.1680c. PMID 15576591.
  6. ^ Cruciani, F; Trombetta, B; Sellitto, D; Massaia, A; Destro-Bisol, G; Watson, E; Beraud Colomb, E; Dugoujon, JM; Moral, P; Scozzari, R (2010). "Human Y chromosome haplogroup R-V88: a paternal genetic record of early mid Holocene trans-Saharan connections and the spread of Chadic languages". European Journal of Human Genetics 18 (7): 800–7. doi:10.1038/ejhg.2009.231. PMC 2987365. PMID 20051990.

参考文献[編集]

  • Ethnologue entry for Chadic languages
  • Lukas, Johannes (1936) 'The linguistic situation in the Lake Chad area in Central Africa.' Africa, 9, 332–349.
  • Lukas, Johannes. Zentralsudanische Studien, Hamburg 1937;
  • Newman, Paul and Ma, Roxana (1966) 'Comparative Chadic: phonology and lexicon.' Journal of African Languages, 5, 218–251.
  • Newman, Paul (1977) 'Chadic classification and reconstructions.' Afroasiatic Linguistics 5, 1, 1–42.
  • Newman, Paul (1978) 'Chado-Hamitic 'adieu': new thoughts on Chadic language classification', in Fronzaroli, Pelio (ed.), Atti del Secondo Congresso Internazionale di Linguistica Camito-Semitica. Florence: Instituto de Linguistica e di Lingue Orientali, Università di Firenze, 389–397.
  • Newman, Paul (1980) The Classification of Chadic within Afroasiatic. Leiden: Universitaire Pers Leiden.
  • Herrmann Jungraithmayr, Kiyoshi Shimizu: Chadic lexical roots. Reimer, Berlin 1981.
  • Herrmann Jungraithmayr, Dymitr Ibriszimow: Chadic lexical roots. 2 volumes. Reimer, Berlin 1994
  • Schuh, Russell (2003) 'Chadic overview', in M. Lionel Bender, Gabor Takacs, and David L. Appleyard (eds.), Selected Comparative-Historical Afrasian Linguistic Studies in Memory of Igor M. Diakonoff, LINCOM Europa, 55–60.

外部リンク[編集]