佐々木高明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐々木 高明(ささき こうめい、1929年11月17日 - 2013年4月4日)は、日本の民族学者。国立民族学博物館名誉教授・元館長。総合研究大学院大学名誉教授。前財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構理事長文学博士京都大学、1970年)。大阪府生まれ。照葉樹林文化論の主要な提唱者の一人。

略歴[編集]

開業医の家に生まれる。

叙勲歴[編集]

受賞歴[編集]

  • 今和次郎賞受賞
  • 第13回NIRA政策研究・東畑記念賞受賞
  • 第14回南方熊楠賞人文の部受賞

著書[編集]

  • 『インド高原の未開人 パーリア族調査の記録』古今書院 1968
  • 『熱帯の焼畑 その文化地理学的比較研究』古今書院 1970
  • 『稲作以前』 日本放送出版協会 1971(NHKブックス)のち洋泉社歴史新書y『増補新版稲作以前 教科書がふれなかった日本の農耕文化の起源』へ改題
  • 『日本の焼畑 その地域的比較研究』古今書院 1972
  • 『照葉樹林文化の道 ブータン・雲南から日本へ』日本放送出版協会 1982(NHKブックス)
  • 『縄文文化と日本人 日本基層文化の形成と継承』小学館 1986 のち講談社学術文庫
  • 『東・南アジア農耕論 焼畑と稲作』弘文堂 1989
  • 『日本の歴史 1 日本史誕生』集英社 1991
  • 『日本文化の基層を探る:ナラ林文化と照葉樹林文化』(「北からの文化:ナラ林文化とその特色」)日本放送出版協会 1993(NHKブックス)(今和次郎賞受賞)
  • 『日本文化の多重構造−アジア的視野から日本文化を再考する』小学館、1997(第13回NIRA政策研究・東畑記念賞受賞)
  • 『地域と農耕と文化:その空間像の探求』大明堂 1998
  • 『照葉樹林帯の食文化 日本文化のルーツを探る』作陽学園出版部 れんが書房新社 1999
  • 『多文化の時代を生きる 日本文化の可能性』小学館 2000
  • 『南からの日本文化』日本放送出版協会 2003(NHKブックス)
  • 『山の神と日本人 山の神の信仰から探る日本の基層文化』洋泉社 2006
  • 『照葉樹林文化とは何か 東アジアの森が生み出した文明』中公新書 2007
  • 『歴史探求講座 日本人のルーツを探る 第3分冊 風土が証すもの』(「アイヌ民族の歴史と文化:その特色と文化振興への道」)
  • 『日本文化の多様性 稲作以前を再考する』小学館 2009
  • 『日本文化の源流を探る』海青社 2013(遺稿集)

共編著[編集]

  • 『南島の古代文化』国分直一共編 毎日新聞社 1973
  • 『続照葉樹林文化(東アジア文化の源流)』上山春平中尾佐助共著 中公新書 1976
  • 『日本農耕文化の源流』日本放送出版協会 1983(日本文化の原像を求めて)
  • 『雲南の照葉樹のもとで 国立民族学博物館中国西南部少数民族文化学術調査団報告』日本放送出版協会 1984
  • 『生と死の人類学』石川栄吉岩田慶治共編 講談社 1985
  • 『畑作文化の誕生 縄文農耕論へのアプローチ』松山利夫共編 日本放送出版協会 1988
  • 『日本文化の源流 北からの道・南からの道』大林太良共編 小学館 1991
  • 『照葉樹林文化と日本』中尾佐助共編 くもん出版 1992 (フィールド・ワークの記録)
  • 『日本文化の起源 民族学と遺伝学の対話』森島啓子共編 講談社 1993
  • 『農耕の技術と文化』集英社 1993
  • 『月刊文化財』(「アイヌ文化と沖縄文化:日本文化との比較の視座から」)
  • 『アイヌ文化を伝承する 萱野茂アイヌ文化講座2』(萱野茂他共著)

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース
  2. ^ 「照葉樹林文化論」縄文研究の佐々木高明氏死去 読売新聞 2013年4月8日