ハプログループN9 (mtDNA)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ハプログループN9 (mtDNA)分子人類学におけるミトコンドリアDNAハプログループの一タイプであり、ハプログループN (mtDNA)の子型である。

下位系統[編集]

分布[編集]

ハプログループN9はN9a、N9b、Yの3つの下位系統に分かれる。このうちYはアイヌを含むオホーツク海沿岸に多い(詳細はハプログループY (mtDNA)を参照)。ユーラシア北部が起源とされるハプログループN9は、日本人の約7%が該当します。 カムチャツカ半島をはじめとする北東アジアに分布しており、日本には比較的古い時代にやってきて縄文人になったグループと、 比較的新しい時代にやってきてオホーツク文化を形成したグループがいると考えられており、古代から魚を食していたといわれています。、とくに中国南部や台湾先住民に比較的多く見出される。[N (mtDNA)|英語版][2][3][4]

脚注[編集]

  1. ^ YFull MtDNA Haplotree v.1.02.3454 (as of October 23, 2020)
  2. ^ https://web.archive.org/web/20111209150338/http://www.ianlogan.co.uk/mtDNA.htm
  3. ^ https://dena.com/jp/article/003157
  4. ^ https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC524407/

ヒトミトコンドリアDNAハプログループ系統樹

  ミトコンドリア・イブ (L)    
L0 L1 L5 L2 L6 L4 L3  
  M   N  
M7   M8   M9   D G Q N1   N2   N9   A O S X   R  
M7a C Z E I W Y R0   R9   B JT P  U
HV F J T K
H V