満洲民族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
満州民族から転送)
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。 詳細
  • 満洲民族
  • 滿洲民族
  • 満州民族
満洲民族
ᠮᠠᠨᠵᡠ
ᡠᡴ᠋ᠰᡠᡵᠠ
Manchu celeb 2.jpg
ヌルハチホンタイジ康熙帝雍正帝
乾隆帝西太后光緒帝溥儀(愛新覚羅氏)
ドルゴンオボイヘシェン溥傑(愛新覚羅氏)
老舍川島芳子ロザムンド・クワン郎朗
総人口
10,700,000
全人類の0.15%
(見積)
居住地域
中華人民共和国の旗 中国10,682,263[1]
香港の旗 香港288[2]
台湾の旗台湾12,000[3]
アメリカ合衆国の旗 アメリカ379[4]
関連する民族
シベ族モンゴル族漢民族ダグール族など

満洲民族(まんしゅうみんぞく、マンジュみんぞく)、満洲族(まんしゅうぞく、マンジュぞく、満洲語: ᠮᠠᠨᠵᡠ
ᡠᡴ᠋ᠰᡠᡵᠠ
, manju uksura)、満族(まんぞく、マンぞく)は、中国東北部ロシア沿海地方(旧満洲)などに発祥し、現在は中国各地に散在している民族。同じく中国東北部に興り、かつて金を建国した女真を祖先とする。17世紀に現在の中華人民共和国およびモンゴル国の全土を支配するを興した。清朝では、民族全体が八旗(ᠵᠠᡴᡡᠨ ᡤᡡᠰᠠ, jakūn gūsa=八つの旗)に組織され(=満洲八旗)、蒙古八旗漢軍八旗と呼ばれる主にモンゴル人や漢人によって構成された軍事集団八旗のメンバーとともに旗人とも呼ばれた。同系の民族にシベナナイウルチャなどがある。中華人民共和国による民族識別工作では、蒙古八旗漢軍八旗も含む「旗人の末裔」全体が「満族」に「識別」(=区分)され、「55の少数民族」の一つとされた。2010年の中国の国勢調査では人口1,038万人とされ、「少数民族」としてはチワン族回族に次ぐ人口である[5][注釈 1]

概要[編集]

「満洲」の漢字は満洲語の民族名ᠮᠠᠨᠵᡠ、manju(マンジュ)の当て字で、元来は「満洲」であるが、現在の日本では一般に常用漢字をもって「満州」と表記することが多い。

満洲民族の興った地域は、英語で満洲民族の土地という意味でマンチュリア(Manchuria)と呼ばれ、日本語ではこれに対応して満洲と呼ばれる。特に民族のことを指す場合は、満洲民族、満洲族、満洲人、満人などと表記する。映画『ラストエンペラー』で知られる清朝最後の皇帝である溥儀や、戯曲『茶館』などの作品で有名な作家老舎も満洲人の出身である[5]

民族名である満洲/マンジュの起源については諸説あり、今のところ不明である。よくサンスクリット語のマンジュシュリー(文殊師利、文殊菩薩のこと)に由来すると言われているが、元来は16世紀までに女真の名の下に括られていた人々のうち、建州女真に属する五つの部族(スクスフ、フネヘ、ワンギャ、ドンゴ、ジェチェン)の総称であった。岡田英弘ダライ・ラマが「マンジュと言われるからには、清朝皇帝は文殊菩薩の化身である」と宣伝したものを乾隆帝が利用したことから、文殊菩薩が民族名の由来となったという俗説が生まれたのではないかとしている[6]

現在の中華人民共和国のもとでは、モンゴル人・漢人の末裔の一部(旧「蒙古八旗」, 旧「漢軍八旗」の末裔ら)と合わせて「満族」(满族, Măn zú)としてひとくくりにされ、中華人民共和国の55の少数民族の一つと位置付けられている。1911年辛亥革命による清朝崩壊後は排斥を受けた過去を持ち、1949年に中華人民共和国が成立した後には他の少数民族と同じく区域自治権が与えられ、合計11の自治県がある。

かつて中国を支配した旗人の末裔であり、中国全土に散在する。満族の過半数は、遼寧省に居住している[5]が、河北省吉林省黒竜江省内モンゴル自治区新疆ウイグル自治区甘粛省山東省にも分布し、北京天津成都西安広州銀川などの大都市やその他中小都市にも居住する。清朝前期の公文書や民間史料は満洲語だけで記されているが、満洲語に対する意識は薄れており、満洲語は危機に瀕している。2013年現在、中国国内で満洲語を解し、古文献も読めるレベルの学者は10名ほどにすぎない[信頼性要検証] [5]。清朝発祥の地といわれているのが、遼寧省の撫順市の新賓満族自治県である[5]。しかし、そこにあっても満洲民族の小学校は1校しかなく、満洲族固有の姓を用いる児童もいない[5]。一方で、ヌルハチが城や寺を築いて最初の根拠地としたヘトゥアラᡥᡝᡨᡠ᠋
ᠠᠯᠠ
, hetu ala、「横岡」の意[7]、赫圖阿拉)こと同県は「清朝発祥の地」とされ、太陰暦4月18日に各地の満洲族が集まる祭礼の場となっている[8]

遺伝的特徴[編集]

満洲民族のY染色体ハプログループは多数の系統が存在する。最も多いのは漢民族などに多いO2系統であり、37%みられる[9]。次いで多いのはC2系統であり、アルタイ諸語を話す民族に関連するタイプである。満洲語はアルタイ諸語のツングース語族に属すが、C2系統は25.7%[9]と特段多いとは言えない。3番目に多いのはウラル語族に関連するN系統であり、14.3%みられる[9]。N系統は遼河文明の担い手であり[10]、かつては満洲地域に高頻度に観察されたようであるが、現在は後から進出したO2系統やC2系統に上書きされたかたちとなっている。また日本人に高頻度のO1b2系統も15%前後観察され[9]、東アジア諸民族の中では比較的日本人とも共通性は高いと言える。O1b系統からは華南東南アジアに多いO1b1も低頻度見られる。(O1b1はオーストロアジア語族[11]に、O1b2は弥生人に関連すると想定される。)その他西ユーラシア起源のR1aJも僅かながら見られる[12]

また、HLAハプロタイプは、日本の日本海沿岸に特徴的なB44-DR13、B7-DR1がよく見られる[13][14][15][16]

歴史[編集]

起源[編集]

満洲人の前身は、12世紀に中国の北半分を支配したを建てた女真であった。日本の東洋史学者の岡田英弘は、ダライ・ラマが「マンジュと言われるからには、清朝皇帝は文殊菩薩の化身である」と宣伝したものを乾隆帝が利用したことから、文殊菩薩が民族名の由来となったという俗説が生まれたのではないかとしている[6]

これら諸部族がスクスフ部出身のヌルハチによって統一されると、ヌルハチの支配する国はマンジュ国ᠮᠠᠨᠵᡠ
ᡤᡠᡵᡠᠨ
, manju gurun, 満洲国)と呼ばれるようになった。さらにマンジュ国が海西女真4部、野人女真4部を併合して後金に発展したため、満洲の名が広く女真全体の総称として用いられるようになった。ヌルハチは、満洲語を表記するためにアラム文字をルーツにするモンゴル文字を改良させて無圏点満洲文字を作り、当時の満洲語を表記した。無圏点文字では差異を見出すことのできないha(ᡥᠠ)とga(ᡤᠠ)、de(ᡩ᠋ᡝ᠋)とte (ᡨᡝ᠋)などを区別するべく、17世紀に有圏点満洲文字が誕生した。

ヌルハチの死後、後継者のホンタイジは女真を民族名として用いることを禁じ、「満洲」(マンジュ)の民族名が定着した。「洲」という文字がついていることで、現在では日本語で満洲というと「中国東北部」や満洲里などの地域の名前のイメージが強く、現在でも英語では“Manchuria”のように地域呼称として用いられる。

中国語においては民族名であり、土地の名前ではない。満洲語においてもᠮᠠᠨ᠋ᠵᡠ, manju)は専ら満洲族を指し、「満洲語 (ᠮᠠᠨ᠋ᠵᡠ
ᡤᡳᠰᡠᠨ
, manju gisun) 、「満洲文字 (ᠮᠠᠨ᠋ᠵᡠ
ᡥᡝᡵᡤᡝᠨ
, manju hergen)なども「満洲人の言葉」「満洲人の文字」と解す。

清代及び近代[編集]

乾隆帝時代の大臣であるマチャン
清朝末期の満洲族の武人たち

女真族出身のホンタイジは女真の概念を捨て、女真人、蒙古人、遼東漢人等の北方諸民族を満洲(人)と統合し、国号をと改めた。ちなみに、民族の名称を表す“満”と“洲”、そして政権の名称を表す“清”のいずれにも“氵(さんずい)”が付いているのは、五行の火徳に結び付く“明”を“以水克火”するという陰陽五行思想に基づいているとされる[17]多民族国家である清のもとで、満洲人は八旗と呼ばれる8グループに分けられた集団に編成されて、清を支える軍人・官僚を輩出する支配層を構成する主な民族となる。

帆船漂着により朝鮮に抑留されていたヘンドリック・ハメルの報告によれば、満洲人支配下の17世紀初期の朝鮮では、朝鮮国王は絶対的権力をもっているものの、後継者を決める際は満洲人のハーンの同意を得なければならず、また、満洲人の勅使やウリャンカイは、年に3回朝鮮に貢物を徴収し、朝鮮高官は満洲人に怯え、賄賂を送って口止め料を支払っていた[18]

清は、1644年が滅びると万里の長城以南に進出して明の旧領を征服し、八旗を北京に集団移住させて漢人の土地を満洲人が支配する体制を築き上げた。清の歴代の皇帝は、漢人が圧倒的多数を占める中国を支配するにあたっても、満洲語をはじめとする独自の民族文化の維持・発展に努めたが、次第に満洲語は廃れ、満洲人の間でも漢語が話されるようになり、習俗も漢化していった。

逆に、中国を扱った映画などの作品で見られる辮髪両把頭チャイナドレスは元来は満洲人の習俗であったものが清の時代に漢人の社会に持ち込まれたものである。まず、明との戦争に際し、敵味方の区別を容易にするため、[要出典]辮髪にするよう命じ、1644年の明朝滅亡後、清朝の統治者は満洲族の髪型と服装を本格的に強制し、漢人の服飾を身に付けることを禁止し文化を抑圧する態度を取った(「剃髪易服」 - 髪を剃り、服を替えるの意)。なお、一方では、それと引き換えに科挙内閣六部、そして地方に総督巡撫を置き軍事・政治を管轄させりなど明朝の制度は存続させるなど、強硬政策と懐柔政策を併用した。

17世紀にはシベリアを獲得したロシア・ツァーリ国不凍港を求めて南下政策を開始したため、満洲は清・ロシア間の係争地となった(清露国境紛争)が、1689年に両国間でネルチンスク条約が結ばれ、外満洲を含めた満洲全体が清の領土と確定した。しかし19世紀に清がアヘン戦争太平天国の乱などによって弱体化すると、ロシアは清に対して武力による威圧を強め、1858年にはアイグン条約を結んで、清領とされてきた外満洲のうちアムール川左岸をロシア割譲し、ウスリー川以東を両国の共同管理とすることとなった。さらに2年後の1860年には北京条約によって、この共同管理地も正式にロシア領となった。

また、清領内においても、1860年までは、満洲人の故地である満洲は皇帝の故郷として保護され、漢人の移住は制限されていたが、1860年以降は開放策に転じ、漢人の農民が移住するようになった、中国史ではこれを闖関東と呼ぶ。これにより漢人人口が急増して、満洲人の人口や生活範囲を越した。

満洲国(1932-1945)の地図

1932年には日本の手によって、清の最後の皇帝だった溥儀を執政(のちに皇帝)として満洲国が建てられた(「満洲事変」を参照)。満洲国はの五民族による「五族協和」「王道楽土」を理念としており、国名に「満洲」が含まれているものの、満洲国の内部において自国が満洲人の国家として意識されていたわけではない。しかしながら満洲人においては建国後に帝政期成運動を起こすなど、満洲国に民族の復権を期待する向きも一部ではみられた。

現代[編集]

第二次世界大戦後に成立した中華人民共和国はかつては清の最後の皇帝で満洲国皇帝でもあった溥儀を満洲族の代表として中国人民政治協商会議全国委員に任命し、「民族識別工作」を行い国内の少数民族を一定の権利を有する民族として公認していった。清代の旗人たちは、主にマンジュたちにより構成された満洲八旗のほか、蒙古八旗漢軍八旗など三つの集団から構成されていたが、この「民族識別工作」では、蒙古八旗や漢軍八旗の末裔たちを、「蒙古族」や「漢族」に区分するのではなく、「旗人」全体をまとめて「満族」と区分されることになった。

満洲八旗に属していた錫伯(シベ)族達斡尔(ダグール)族などについては、それぞれ56の民族の一員である独自の民族として識別されている。

教育水準[編集]

満洲族は、清代に支配者階級として長城以南に移住した経緯上から都市住民が多いため、漢民族に比べて教育水準が高い。1990年の人口調査資料によれば満洲族人口1万人当たりの大学進学者数は1,652.2人で、全国平均水準139.0人、漢族平均水準143.1人に比べて遥かに高かった。また、15歳以上で非識字・半非識字が占める比率は、満族は1.41%で、全国22.21%、漢族21.53%よりも遥かに低く、中国国内の各民族の中で非識字率(半非識字を含む)が最も低い。[19]

姓氏の特徴[編集]

満洲民族の姓氏は本来、アイシンギョロ(愛新覚羅、ᠠᡳ᠌ᠰᡳ᠍ᠨ
ᡤᡳᠣᡵᠣ
, aisin gioro)、イェヘナラ(葉赫那拉、ᠶᡝᡥᡝ
ᠨᠠᡵᠠ
, yehe nara)、ヒタラ(喜塔蝋、ᡥᡳᡨ᠋ᠠᡵᠠ, hitara) 等に見るように満洲語に基づいたものだったが、現代満族の多くは、漢民族の姓氏に擬えて主に一文字の「漢姓」(苗字)を用いている。これは、清末期の辛亥革命の風潮、第二次世界大戦後の「漢奸」狩り、文化大革命等による中国当局の弾圧を避けるための方便であったと考えられる。しかしながら、アイシンギョロ(愛新覚羅)は「」、「」または「」に、グワルギャ(瓜爾佳、ᡤᡡᠸᠠᠯᡤᡳᠶᠠ, gūwalgiya)は「」に、イェヘナラ(葉赫那拉)は「」または「」、イルゲンギョロ(伊爾根覚羅、ᡳᡵᡤᡝᠨ
ᡤᡳᠣᡵᠣ
, irgen gioro)は「趙」または「」に、ニオフル(鈕祜禄)は「」、フチャ(富察、ᡶ᠋ᡠᠴᠠ, fuca)は「」または「」に、ヘシェリ(赫舎里、ᡥᡝᡧᡝᡵᡳ, hešeri)は「」「」または「」に、トゥンギャ(佟佳 ᡨᡠ᠋ᡢᡤᡳᠶᠠ, tunggiya)は「佟」に、ワンギャ(完顔、ᠸᠠᠩᡤᡳᠶᠠ, wanggiya)は「」のように、改姓の際にも一定の原則に従っている。現代満族は、「氏族―哈喇漢訳表」と照らし合わせることによって自分の本来の姓氏を知ることができるようになっている。

本来、満洲民族はモンゴル人の影響を受けて、漢民族のように姓氏と名を同時に呼ぶ習慣は無く、名前のみを呼ぶか、名前の前に爵位や官職名を付けて呼んでいた(例:睿親王ドルゴン)。あえて姓氏と名を続けて呼ぶ場合は例えば「グワルギャ氏オボイ(満洲語: ᡤᡡᠸᠠᠯᡤᡳᠶᠠ
ᡥᠠᠯᠠ ᡳ
ᠣᠪᠣᡳ
, gūwalgiya hala-i oboi) 」という呼び方をしていた。

著名人[編集]

その他

自治県[編集]

満洲族には11の自治県がある。

呼称の変遷[編集]

女真語・満洲語による呼称の変遷

中国語による呼称の変遷

満洲民族の出自をめぐる論争[編集]

松漠紀聞』『満洲源流考』などのいくつかの中国史料には、女真完顔部先祖であり、金朝の始祖である函普が「新羅人」あるいは「高麗より来た」と記録されている。これを根拠に韓国北朝鮮では満洲民族のルーツ朝鮮民族であるという主張がある[21][22][23][24][25]。しかしながら、史料解釈に問題があり、中国日本などから批判されている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2000年の人口調査では満族人口は10,387,958人であった。

出典[編集]

  1. ^ Ethnic Groups - china.org.cn - The Manchu ethnic minority”. 2008年9月26日閲覧。
  2. ^ 《我所认识的香港民族问题》,刊载于《民族团结》1996年第8期
  3. ^ Manchusoc:The origins of Manchu people in Taiwan(Chinese simplified)
  4. ^ Census 2000 PHC-T-43. Census: Table 1. First, Second, and Total Responses to the Ancestry Question by Detailed Ancestry Code: 2000
  5. ^ a b c d e f 「消えゆく満州語守れ」『朝日新聞』2013年9月6日
  6. ^ a b 『清朝とは何か』(藤原書店)
  7. ^ 『満洲実録』
  8. ^ 「祖先への祈り 遼寧省で満州族」『朝日新聞』朝刊2019年5月23日(国際面)2019年6月13日閲覧。
  9. ^ a b c d Xue Y, Zerjal T, Bao W, et al. Male demography in East Asia: a north-south contrast in human population expansion times. Genetics. 2006;172(4):2431-2439. doi:10.1534/genetics.105.054270
  10. ^ Yinqiu Cui, Hongjie Li, Chao Ning, Ye Zhang, Lu Chen, Xin Zhao, Erika Hagelberg and Hui Zhou (2013)"Y Chromosome analysis of prehistoric human populations in the West Liao River Valley, Northeast China. " BMC 13:216
  11. ^ 崎谷満『DNA・考古・言語の学際研究が示す新・日本列島史』(勉誠出版 2009年)
  12. ^ Hammer, M.F., Karafet, T.M., Park, H. et al. Dual origins of the Japanese: common ground for hunter-gatherer and farmer Y chromosomes. J Hum Genet 51, 47–58 (2006). https://doi.org/10.1007/s10038-005-0322-0
  13. ^ 徳永勝士 (1995)「HLA遺伝子群からみた日本人のなりたち」『モンゴロイドの地球(3)日本人のなりたち』東京大学出版会, 第4章, 遺伝子からみた日本人, p193-210
  14. ^ 徳永勝士 (1996) 「HLA の人類遺伝学」『日本臨床免疫学会会誌』=『Japanese journal of clinical immunology』19(6), 541-543
  15. ^ 徳永勝士 (2003)「HLA と人類の移動」『Science of humanity Bensei』(42), 4-9, 東京:勉誠出版
  16. ^ 徳永勝士 (2008)「HLA遺伝子:弥生人には別ルートをたどってやってきた四つのグループがあった!」『日本人のルーツがわかる本』逆転の日本史編集部, 東京:宝島社, p264-p280
  17. ^ 清朝为什么叫大清
  18. ^ 黄文雄 (2022年1月14日). “「中国が世界で一番信用できない」韓国人が日本より中国を嫌う訳”. オリジナルの2022年2月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220206014926/https://www.mag2.com/p/news/524520/2 
  19. ^ 焦点中国網「民族風情 - 満族」
  20. ^ 全国创新争先奖章拟表彰名单”. 中華人民共和国科学技術部. 2018年3月18日閲覧。
  21. ^ “韓・日・モンゴルの共通のルーツは「ジュシン族」”. 東亜日報. (2006年3月14日). オリジナルの2016年11月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161130075135/http://japanese.donga.com/List/3/all/27/292170/1 
  22. ^ “【寄稿】「水」で見る北京・東京・ソウルの歴史”. 朝鮮日報. (2016年1月24日). オリジナルの2016年1月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160126045005/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/01/23/2016012300446.html 
  23. ^ “【寄稿】「水」で見る北京・東京・ソウルの歴史”. 朝鮮日報. (2016年1月24日). オリジナルの2016年1月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160126045010/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/01/23/2016012300446_2.html 
  24. ^ “「金、清、韓国史に編入を」…東北工程対応策提案”. 中央日報. (2006年9月15日). オリジナルの2013年10月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131005155738/http://japanese.joins.com/article/900/79900.html?sectcode=&servcode= 
  25. ^ “특별기획 만주대탐사 2부작 2부 금나라를 세운 아골타, 신라의 후예였다!”. 韓国放送公社. (2009年9月5日). オリジナルの2009年11月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091109220105/http://www.kbs.co.kr/1tv/sisa/historyspecial/view/vod/1605745_30885.html 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]