大久保良峻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

大久保 良峻(おおくぼ りょうしゅん、1954年6月14日[1]- )は、、日本の仏教学者天台宗の僧侶(勧学)。早稲田大学文学部教授。平安期を中心とする日本仏教史を研究領域とする。


略歴[編集]

神奈川県生まれ。1980年早稲田大学文学部心理学科専攻卒業。1989年同大大学院文学研究科東洋哲学専攻博士課程単位取得満期退学。早稲田大学文学部助教授を経て、早稲田大学文学学術院教授、早稲田大学博士(文学)。日本仏教綜合研究学会会長。2015年より早稲田大学仏教青年会第10代会長。

著書[編集]

  • 『天台教学と本覚思想』法藏館、1998年。
  • 台密教学の研究』法藏館、2004年。
  • 『最澄の思想と天台密教』法藏館、2015年。

編著[編集]

  • 『新・八宗綱要 日本仏教諸宗の思想と歴史』法藏館、2001年
  • 『日本仏教34の鍵』春秋社、2003年。
  • 『日本の名僧3 山家の大師最澄吉川弘文館、2004年。
  • 『新アジア仏教史11 日本Ⅰ 日本仏教の礎』佼成出版社、2010年。
     担当巻、日本篇は全5巻で編集協力、編集委員は末木文美士
  • 『天台学探尋 日本の文化・思想の核心を探る』法藏館、2014年。

監修[編集]

論文[編集]

[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年