深浦正文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

深浦 正文(ふかうら せいぶん、1889年2月23日 - 1968年7月31日)は、浄土真宗仏教学者。 奈良県出身。佛教大学(のち龍谷大学)卒、浄土真宗本願寺派インド留学ののち、1920年仏教大教授。40年西本願寺勧学。50年「唯識思想の起源及び発達」で龍谷大学文学博士。55年から米国カナダハワイの開教区特命布教師。

著書[編集]

  • 『仏教研究法』丙午出版社 1923 仏教大観
  • 『仏教聖典概論』生田書店 1924
  • 『経典の概要』仏教文化協会 1926 
  • 『仏教文学物語』東林書房 1929 
  • 唯識論解説』竜谷大学出版部 1933-34 のち第一書房  
  • 『日本精神と仏教』東林書房 1934 
  • 勝鬘経講話』興教書院 1935 
  • 維摩経解説』興教書院 1939 
  • 『仏教文化物語』興教書院 1941 
  • 『日本仏教の根本使命』向陽書荘 1943 
  • 『宗教と芸術 趣味随筆』永田文昌堂 1951
  • 『輪廻転生の主体 何が生死に輪廻するか何が浄土に往生するか』永田文昌堂 1953
  • 『唯識学研究』永田文昌堂 1954
  • 『なぜ人生に宗教が必要か 新らしき仏教入門』永田文昌堂・永田新書 1955
  • 『業の問題』永田文昌堂・永田新書 1957
  • 『物がたり親鸞聖人と浄土三部経 話材と教材』永田文昌堂 1958
  • 『女性美のかがやき』永田文昌堂 1959
  • 『仏伝文学物語』誠信書房 1961
  • 『新稿仏教研究法』誠信書房 1963
  • 『大乗仏説非仏説の問題』永田文昌堂 1963 仏教問題新書
  • 『仏教文学概論』永田文昌堂 1970

共著[編集]

  • 『現代人の宗教的疑問の解答』全6輯 大原性実共著 永田文昌堂 1950-56

参考[編集]

  • デジタル版日本人名大辞典:[1]