山極伸之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山極 伸之(やまぎわ のぶゆき、1961年10月24日[1] - )は、日本の仏教学者、佛教大学元学長[2]。専攻は仏教学[3]、パーリ学[4]

略歴[編集]

長野県千曲市出身[5]佛教大学文学部卒業、佛教大学大学院博士後期課程単位取得満期退学、1989年マールブルク大学宗教資料収集研究所客員研究員、1998年佛教大学文学部講師、同年助教授、2000年イェール大学客員研究員、2006年佛教大学文学部人文学科教授[3][6][5]2009年佛教大学長(2013年再任)、2010年佛教大学仏教学部教授。 2015年3月31日佛教大学学長を退任。

著書[編集]

  • Das Pāṇḍulohitakavastu, Über die verschiedenen Verfahrensweisen der Bestrafung in der buddhistischen Gemeinde, Neuausgabe der Sanskrit-Handschrift aus Gilgit, tibetischer Text und deutsche Übersetzung, Marburg 2001[7]

論文[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 佛教大学学長に 山極伸之仏教学部教授を選出(再任)
  2. ^ 読売新聞 2009.08.21
  3. ^ a b 佛教大学 「山極伸之」
  4. ^ 産経関西 2010.06.27
  5. ^ a b 中外日報 2008.11.01
  6. ^ 科学研究費補助金データベース
  7. ^ Indica et Tibetica Verlag , Series IeT 41. ISBN 978-3-923776-41-2

外部リンク[編集]

先代:
福原隆善
佛教大学学長
2005 - 2015
次代:
田中典彦