松塚豊茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松塚豊茂(まつづか とよしげ、1930年- )は、日本の宗教哲学者島根大学名誉教授。

来歴[編集]

奈良県大和郡山市生まれ。1955年京都大学文学部哲学科卒、60年同大学大学院博士課程単位修得退学。島根大学助教授、教授、1996年定年退官し名誉教授。2001年「ニヒリズム論攷」で京大文学博士浄土教と西洋実存哲学の比較などをしてきた。

著書[編集]

  • 『浄土教思想の哲学的考察』永田文昌堂 1979
  • 『倫理学講義』北樹出版 1983
  • 『石見の善太郎』永田文昌堂 1988
  • 『浄土の光 学生への手紙』島根大学仏教青年会編 近代文芸社 1995
  • 『絶望の論理 キルケゴール『死に至る病』の研究』近代文芸社 1995
  • 『聞光録』永田文昌堂 1997
  • 『ニヒリズムと往生要集』永田文昌堂 1998
  • 『光を聞く 聞法・信心』永田文昌堂 2000
  • 『ニヒリズム論攷』全3巻 永田文昌堂 2002
  • 良寛に学ぶ (禅師における他力思想)』山陰中央新報社、2003 
  • 法句経を読む』永田文昌堂 2005
  • 『光を聞く 生・老・病・死』永田文昌堂 2005
  • 『光を聞く 人間・人間関係』永田文昌堂 2007
共著
  • 『浄土と虚無 金光寿郎ディレクターとの対談』法藏館 2012

論文[編集]