トーマス・ウィリアム・リス・デイヴィッズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Thomas William Rhys Davids.png

トーマス・ウィリアム・リス・デイヴィッズ(Thomas William Rhys Davids、1843年5月12日 - 1922年12月27日)は、イギリス東洋学者パーリ語上座部仏教の研究で知られる。

生涯[編集]

リス・デイヴィッズは会衆派教会教職者トーマス・ウィリアム・デイヴィッズの長男としてコルチェスターで生まれ[1]ブレスラウ大学アドルフ・フリードリヒ・シュテンツラーサンスクリットを学んだ。1866年[2]に文官としてイギリス領セイロンに赴任し、そこでパーリ語と仏教を学んだ。

その後、現地人の権利をめぐって上司と対立し、辞任して帰国した[3]。1877年、ミドル・テンプルの弁護士になったが、実際に弁護士として働くことはせず、仏教研究に専念した。

1881年にパーリ聖典協会を設立した[4]。協会では各地に保存されているパーリ語聖典写本をラテン文字翻字して出版し、その量はリス・デイヴィッズの没したときまでに25,000ページに達した[5]

1882年から1912年までユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン名誉教授だった。1888年から1904年まで王立アジア協会の書記および司書をつとめた[6]。またイギリス学士院の創立時からのフェロー(FBA)だった[7]。国内外から数多くの栄誉博士号を贈られた[8]

1894年に結婚した。妻のキャロライン・オーガスタ・リス・デイヴィッズ(英語)も仏教学者として活躍し、多くの著書がある。子のアーサー・リス・デイヴィッズは第一次世界大戦エース・パイロットとして知られる。

1904年にマンチェスター大学比較宗教学の教授に就任した。1915年に退官してサリーのチップステッドに住み、以降はパーリ語辞典の編纂に専念した。パーリ聖典協会から第1巻が1921年、第2巻が1922年、最終巻は没後の1925年に出版された(William Stede と共著)。

主な著作[編集]

フリードリヒ・マックス・ミュラー東方聖典叢書のために、パーリ語のの一部、ヘルマン・オルデンベルクと共著・3巻)、およびミリンダ王の問い(2巻)を翻訳した。

パーリ聖典協会のために長部の本文(3巻)とブッダゴーサによる注を出版した(J・E・カーペンターと共著)。また妻とともに長部を翻訳した(3巻)。

脚注[編集]

  1. ^ a b Chalmers (1937) p.239
  2. ^ Chalmers による。Ridding (1923) と Pali Text Society (1923) p.1 では 1864年
  3. ^ Ridding (1923) p.202 では1877年のこととする。Pali Text Society (1923) p.2 では1872年に帰国したとする
  4. ^ About The Pali Text Society, The Pali Text Society, http://www.palitext.com/subpages/aboutpts.htm 
  5. ^ Chalmers (1923) p.325
  6. ^ Ridding (1923) p.203
  7. ^ Chalmers (1937) p.240
  8. ^ Chalmers (1923) pp.323-324

参考文献[編集]

外部リンク[編集]