十二因縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

十二因縁 (じゅうにいんねん)、あるいは、十二縁起(じゅうにえんぎ、: dvādasaṅga-paṭiccasamuppāda, ドヴァーダサンガ・パティッチャサムッパーダ: dvādaśāṅga-pratītyasamutpāda, ドヴァーダシャーンガ・プラティーティヤサムトパーダ)[要出典]は、仏教において、現実の人生の苦悩の根源を断つことによって苦悩を滅するための12の条件を系列化したもの[1]。仏教の基本的な考えの一つである[1]

鳩摩羅什訳(旧訳)[要追加記述]では十二因縁とし、玄奘訳(新訳)では十二縁起と訳す。他にも十二支縁起[1]十二支因縁などと表記する場合がある。

概要[編集]

十二因縁の支分は、無明名色六処老死の12個であり(支分の詳細は十二の支分の節を参照)、この12個の支分において、無明によって行が生じるという関係性を観察し、行から次第して生や老死という苦が成立すると知ることを順観という[1][注釈 1]。また、無明が消滅すれば行も消滅するという観察を逆観という[1][注釈 2]

順観と逆観の両方を行って、人間のありように関する因果の道理を明らかにした結果、因果の道理に対する無知が苦悩の原因であったと悟る[1]。その際には苦悩が消滅し、根源の無明が消滅しているため輪廻もなくなるとされる[1]

十二の支分(十二支縁起の要素)[編集]

  1. 無明(むみょう、: avijjā, : avidyā) - 過去世の無始の煩悩。煩悩の根本が無明なので代表名とした。明るくないこと。迷いの中にいること。
  2. (ぎょう、: saṅkhāra, : saṃskāra) - 志向作用。物事がそのようになる力=業
  3. (しき、: viññāṇa, : vijñāna) - 識別作用=好き嫌い、選別、差別の元
  4. 名色(みょうしき、nāma-rūpa) - 物質現象(肉体)と精神現象(心)。実際の形と、その名前
  5. 六処(ろくしょ、: saḷāyatana, : ṣaḍāyatana) - 六つの感覚器官。眼耳鼻舌身意
  6. (そく、: phassa, : sparśa) - 六つの感覚器官に、それぞれの感受対象が触れること。外界との接触。
  7. (じゅ、vedanā) - 感受作用。六処、触による感受。
  8. (あい、: taṇhā, : tṛṣṇā) - 渇愛。
  9. (しゅ、upādāna) - 執着。
  10. (う、bhava) - 存在。生存。
  11. (しょう、jāti) - 生まれること。
  12. 老死(ろうし、jarā-maraṇa) - 老いと死。

経典における扱い[編集]

阿含経[編集]

阿含経』では釈迦が自らの苦を解決する道が正しかったかどうか、この十二支によって確認したとあり、人間が「」を感ずる原因を順に分析したものであることを説いている[注釈 3]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 順観は流転の縁起ともいう[1]
  2. ^ 逆観は還滅の縁起ともいう[1]
  3. ^ 十二因縁には五蘊にみられる、「受(vedanā)、想(saṃjña)、行(saṃskāra)、識(vijñāna)」のうちの「想(saṃjña)」が存在せず、順序も異なっている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 中村元ほか(編) 『岩波仏教辞典』 岩波書店、2002年10月、第二版、485頁。

関連項目[編集]