因縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

因縁(いんねん、: hetu-pratyaya)とは、仏教においてのこと[1][2]縁因ともいう[3]。狭義には、結果(果)を生じさせる内的な直接の原因を因(内因)といい、外からそれを助ける間接の原因を縁(外縁)というが、広義では、その両方を合わせて因とも縁ともいう[1][4]

仏教における因縁[編集]

一切の存在は、因縁によって生じ、因縁によって滅する[1]。因縁によって生滅するという道理を因縁生滅の理といい、因縁によって生じることを因縁生縁生縁成縁起などという[1]。因縁によって生滅する一切のはそのままなる存在であるという道理を因縁即空の理という[1]

初期の仏教では因(hetu)も縁(pratyaya)も、ともに原因を意味する言葉であり、後に区分が生じて因を原因、縁を条件、とみなした[要出典]

仏教では、修行による成仏を前提としており、

  • 宿作因説 - 因や果を固定したり、創造神の力を因としたり、外在的・宿命的な力を因とする説
  • 無因有果説 - 因なく最初から果があったとする宿命論的な主張
  • 無因縁説 - 原因は有り得ないという説

に対してきびしい批判を行った[要出典]

龍樹は、『中論』観因縁品で、無自性の立場からこれらの外部の説と、説一切有部の四縁六因説を批判し、四諦品で因縁によって生じる諸法は空であり、条件が変われば、変化すると説いている[要出典]

日常語[編集]

仏教用語でない語義としては、次の3つがある[5]。(1)きっかけ、動機、しかるべき理由。(2)由来、来歴。(3)ゆかり、関係、縁。

慣用句[編集]

因縁をつける
主に無法者が用いる「言いがかりをつける」こと。まったく無関係のものに関係性を理由づけて、みずからの主張を述べ立てること。
因縁話(いんねんばなし)
前世の因縁を説く物語。近い話であった場合には、いきさつが複雑に絡み合った場合に用いる。
因縁尽(いんねんずく)
逃れられない条件が重なっていること。

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 総合仏教大辞典編集委員会・1988年 70頁。
  2. ^ 中村元(監修)『新・佛教辞典』 誠信書房[要追加記述]
  3. ^ 中村元 『広説仏教語大辞典』上巻、東京書籍、2001年6月、136頁。
  4. ^ 総合仏教大辞典編集委員会・1988年 64-65頁。
  5. ^ 新村出(編) 『広辞苑』 岩波書店、1986年10月、第三版、185頁。

参考文献[編集]

  • 総合仏教大辞典編集委員会(編)、1988、『総合仏教大辞典』 法蔵館、1988年1月。

関連項目[編集]