出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

(がい)は仏教が教える煩悩のひとつ。他者への思いやりの心が無い状態、すなわち、慈悲心無き心の状態をさす。

害は『大乗百法明門論』によれば随煩悩位に分類され、そのうち小随煩悩である。