出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

(きょう)は仏教が教える煩悩のひとつ。 正しくは「」。

自らの身を非常に勢い盛んな人間であると思いて,驕りまた誇り、自らの欲するままに思い上がるような心である。

驕は『大乗百法明門論』によれば随煩悩位に分類され、そのうち小随煩悩である。