失念

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

失念(しつねん)は、仏教が教える煩悩のひとつ。

物忘れ・気づきを失った心であり、仏法の理論や仏法の言葉を忘れたりすること。また、心を散乱させてしまうこと。

失念は『大乗百法明門論』によれば随煩悩位に分類され、そのうち大随煩悩である。

日常会話においては、例えばメールの返信を忘れた際などに「失念しました」と表現することができる。