慈悲の瞑想

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

慈悲の瞑想パーリ語: mettā bhāvanā英語: cultivation of loving-kindness)とは上座部仏教における瞑想の一種である。

上座部仏教における、サマタ瞑想に入る際の40種類ある瞑想対象(四十業処)の中に、慈・悲・喜・捨の四無量心あるいは四梵住と呼ばれるものがあるが、それを簡便化したのが現代において広く行なわれている慈悲の瞑想である。

現代のヴィパッサナー瞑想においては、準備段階としてセットにして行なわれるが、仏教の精神をもっともよく表現した瞑想法としてきわめて重視されている。

概要[編集]

慈悲のこころは仏教の基本である。「生きとし生けるものが幸せでありますように」(パーリ語: Sabbe sattā bhavantu sukhitattā)というのが、その基本となる精神である。

慈悲の瞑想に関して最も有名な経典の一つに[要出典]パーリ仏典 小部 に収められている小誦経の9番である慈悲経(パーリ語:Metta Sutta)がある。上記の「生きとし生けるものが幸せでありますように」(パーリ語: Sabbe sattā bhavantu sukhitattā)はこの経典に出てくる[1] [2]。瞑想の具体的な方法ではなく、毎日を生きる上で従うべき態度、行動、精神的姿勢等が示されており、そのなかでも慈悲の心は命がけで守らなければならないと説かれている[要検証 ][3]

慈悲の瞑想はパーリ仏典の中では非常に重要視されており、[要出典]長部(Digha Nikāya)、中部(Majjhima Nikāya)、相応部(Saṃyutta Nikāya) 、増支部(Aṅguttara Nikāya) 等のたくさんの経典に以下のような表現ででてくる (ほんの一例をあげると、DN13 tevijjasutta[4], MN52 aṭṭhakanāgarasutta[5][6]、AN4.125 paṭhamamettāsutta[7], SN46.54 mettā­saha­gatasutta[8])。

"So mettā­saha­gatena cetasā ekaṃ disaṃ pharitvā viharati, tathā dutiyaṃ tathā tatiyaṃ tathā catutthaṃ. Iti uddhamadho tiriyaṃ sabbadhi sabbattatāya sabbāvantaṃ lokaṃ mettā­saha­gatena cetasā vipulena mahaggatena appamāṇena averena abyāpajjena pharitvā viharati..."[9]

「彼は、慈をともなう心によって、一つの方角を満たして住します。そのように、第二の〔方角を〕。そのように、第三の〔方角を〕。そのように、第四の〔方角を〕。かく、上を、下を、四維を、一切処を、あまねく全世界を、広大で、偉大な最上性あり、無量の、怨なき、瞋なき、慈をともなう心によって、満たして住します。」[10]

方法[編集]

以下に挙げたように、この瞑想法では、まずは自分一身に対して慈・悲・喜・捨を念じつづけ、次第にその対象をひろげていき、最終的には「生きとし生けるもの」へと思いを広げていくという方法をとる。

パーリ仏典 小部 に収められている無礙解道(むげげどう、パーリ語: Patisambhidamagga、パティサンビダーマッガ)の2.二倶(双運)品(Yuganaddha-vagga)のなかの慈悲論(Mettākathā)[11]に系統だった方法が記されている。[要出典]

また、ブッダゴーサ(仏音)の主著である清浄道論(しょうじょうどうろん、パーリ語:Visuddhimagga, ヴィスッディ・マッガ、「清浄-道」)の「9 梵住の解釈」(Brahmavihāra-niddeso)にも、詳細な方法がかかれている[12] [13]

参考[編集]

「慈悲の瞑想」の言葉[編集]

日本テーラワーダ仏教協会上座仏教修道会等で使われている作品)

  • 私は幸せでありますように
  • 私の悩み苦しみがなくなりますように
  • 私の願いごとが叶えられますように
  • 私に悟りの光が現れますように
  • 私は幸せでありますように(3回)

※こころの中で「私は幸せでありますように」と繰り返し念じる。

  • 私の親しい人々が幸せでありますように
  • 私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように
  • 私の親しい人々の願いごとが叶えられますように
  • 私の親しい人々にも悟りの光が現れますように
  • 私の親しい人々が幸せでありますように(3回)

※こころの中で「私の親しい人々が幸せでありますように」と繰り返し念じる。

  • 生きとし生けるものが幸せでありますように
  • 生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
  • 生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように
  • 生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように
  • 生きとし生けるものが幸せでありますように(3回)

※こころの中で「生きとし生けるものが幸せでありますように」と繰り返し念じる。

  • 私の嫌いな人々も幸せでありますように
  • 私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように
  • 私の嫌いな人々の願い事が叶えられますように
  • 私の嫌いな人々にも悟りの光が現れますように
  • 私を嫌っている人々も幸せでありますように
  • 私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように
  • 私を嫌っている人々の願い事が叶えられますように
  • 私を嫌っている人々にも悟りの光が現れますように
  • 生きとし生けるものが幸せでありますように(3回)

「慈悲の瞑想」の成果[編集]

また慈悲の瞑想をすることによって得られる成果については、パーリ仏典(Pali Canon)中部(Majjhima Nikāya)の62番目の経典である大ラーフラ教誡経(Mahārā­hu­lovāda­sutta)に例が示されている。この中で、釈迦は息子の羅睺羅(ラーフラ)に以下のように説いている。

Mettaṃ, rāhula, bhāvanaṃ bhāvehi. Mettañhi te, rāhula, bhāvanaṃ bhāvayato yo byāpādo so pahīyissati.Karuṇaṃ, rāhula, bhāvanaṃ bhāvehi. Karuṇañhi te, rāhula, bhāvanaṃ bhāvayato yā vihesā sā pahīyissati. Muditaṃ, rāhula, bhāvanaṃ bhāvehi. Muditañhi te, rāhula, bhāvanaṃ bhāvayato yā arati sā pahīyissati. Upekkhaṃ, rāhula, bhāvanaṃ bhāvehi. Upekkhañhi te, rāhula, bhāvanaṃ bhāvayato yo paṭigho so pahīyissati.[14]

ラーフラ、慈の瞑想を深めなさい。というのも、慈の瞑想を深めれば、ラーフラ、どんな瞋恚も消えてしまうからです。ラーフラ、悲の瞑想を深めなさい。というのも、悲の瞑想を深めれば、ラーフラ、どんな残虐性も消えてしまうからです。ラーフラ、喜の瞑想を深めなさい。というのも、喜の瞑想を深めれば、ラーフラ、どんな不満も消えてしまうからです。ラーフラ、捨の瞑想を深めなさい。というのも、捨の瞑想を深めれば、ラーフラ、どんな怒りも消えてしまうからです。

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]