魚川祐司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

魚川 祐司(うおかわ ゆうじ, 1979年 - )は、日本仏教研究者、著述・翻訳家[1]。ニックネームはニー仏[2]

来歴・人物[編集]

千葉県出身[3]東京大学文学部思想文化学科卒業(西洋哲学専攻)、同大学院人文社会系研究科博士課程満期退学(インド哲学仏教学専攻)[3]。2009年末からミャンマーに渡航し、テーラワーダを中心とした仏教の行学(実践と学問)を学びつつ、仏教・価値・自由などをテーマとした研究を進める[3]。仏教徒を自称しておらず[4]、自身がいわゆる「仏教徒」であるとの自覚はないとしている[5]。また、自身は学者ではないとも述べている[6]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『仏教思想のゼロポイント: 「悟り」とは何か』 新潮社、2015年
  • 『だから仏教はおもしろい!前編』 Evolving、2014年12月。および同『後編』 Evolving、2015年2月。のち『講義ライブ だから仏教は面白い!』として講談社(講談講談社+α文庫)、2015年12月

共著[編集]

訳書[編集]

  • ウ・ジョーティカ『ゆるす : 読むだけで心が晴れる仏教法話』 新潮社、2015年
  • ウ・ジョーティカ『自由への旅』 新潮社、2016年

論文・寄稿[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ プラユキ・ナラテボー、魚川祐司『悟らなくたって、いいじゃないか』 幻冬舎、2016年10月、著者略歴。
  2. ^ 魚川祐司 『だから仏教は面白い !前編』 Evolving、2014年12月、著者紹介。
  3. ^ a b c 魚川祐司『仏教思想のゼロポイント』新潮社、2015年4月、著者略歴およびp.211
  4. ^ 読書日記:著者のことば 魚川祐司さん - 毎日新聞
  5. ^ 『仏教思想のゼロポイント』 p.213
  6. ^ プラユキ・ナラテボー、魚川祐司『悟らなくたって、いいじゃないか』 幻冬舎、2016年10月、30頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]