業処

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

業処(ごうしょ、ごっしょ、: kammaṭṭhāna[1][カンマッターナ]: karmasthāna[2] [カルマスターナ])とは、上座部仏教で説かれる、(サマタ)における導入的な瞑想対象のこと。全部で40種あるので、四十業処とも言う。

ブッダゴーサの『清浄道論』においてまとめられた。

内容[編集]

7つの別々の行法の中身を合計して、計40とする。(従って、これら全てを念じろというわけではなく、この中から、各人の相性に合った行法・対象(群)を選択することになる。)

十遍 (10)
地、水、火、風、青、黄、赤、白、光明、虚空
十不浄(不浄観、白骨観) (10)
膨張、青瘀、膿爛、断壊、食残、散乱、斬斫離散、血塗、蟲聚、骸骨
十随念[注釈 1] (10)
、法、僧、戒、捨、天、死、身至安般寂止
四無量心四梵住[注釈 2](4)
四無色界 (4)
空無辺処識無辺処無所有処非想非非想処
食厭想 (1)
四界分別(四界差別) (1) - 地・水・火・風

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 漢訳阿含経などで説かれるものとは若干ズレがある[3]
  2. ^ 現在の上座部仏教ではこれを簡略化した慈悲の瞑想がよく用いられる。

出典[編集]

  1. ^ アラムラット・スタッス (ARAMRATTANA Sutus)「清浄道論 (Visuddhimagga) における業処 (kammaṭṭhāna) 説」、 愛知学院大学文学部紀要 33号、愛知学院大学 、2003年、p.113
  2. ^ 蓑輪顕量「上座仏教の瞑想外観」 『サンガジャパン別冊1 実践! 仏教瞑想ガイドブック』 サンガ、2014年8月、p.11。
  3. ^ 十念(じゅうねん)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2018年2月24日閲覧。

関連項目[編集]