三昧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

三昧(さんまい、Samādhi、サマーディの音写)とは、仏教における禅定(ぜんじょう)、ヒンドゥー教における瞑想において、精神集中が深まりきった状態のこと。サマーディの他の漢字で音写に、三摩提三摩地などもある。一般に9段階の到達点があるとされている。

この Samādhi という語は、インドの瞑想の伝統の中で培われたものであり、仏教だけでなく、共通の背景を持つヒンドゥー教ヨーガの用語としても用いられている。

俗語としての三昧の用法については、下部の#俗用を参照。

禅の9段階[編集]

仏教経典の『阿含経』(あごんきょう)では、この三昧に至る過程には、「九次第定」と数える9段階があるとされている。

四禅(四静慮)
まず初禅から第四禅までの4段階があるとする。
四無色定
続いて空無辺処識無辺処無所有処非想非非想処の4段階があるとする。
滅尽定
さらに深まった状態として「心のあらゆる動きが全く止滅した状態」があるとしている。

以上の過程は、欲界・色界・無色界三界の階層構造とも対応している。上記の過程を通して、欲界(欲望を原理とする日常意識)は「散地」となる。色界は、四禅の、初禅天・第二禅天・第三禅天・第四禅天の階層に分かれてゆく。無色界は、四無色定天の、空無辺処天、識無辺処天、無所有処天、非想非非想処天の階層に分かれてゆくのである。それらは三界九地の階層をなすことになる。

釈迦の得た悟りというのは、この四無色定天をも超えた何らかの境地にあると後の人々から理解されている。仏典によれば、釈迦は出家してアーラーラ・カーラーマウッダカ・ラーマ・プッタに師事するなどして、無所有処や非想非非想処の境地に到達したが、そこで満足せず苦行を行い、さらに苦行を捨てて新しい行法を求めた、という。

初期大乗仏教では三昧を重視し、般若経典ではさらに「六波羅蜜行」や「百八三昧」等が説かれている。

『摩訶止観』において[編集]

古代中国、隋(ずい)の仏教僧である天台智顗(てんだいちぎ)は、仏教にとっては三昧によって精神作用を静止すること自体には意味がないとし、止観は精神の止息状態だけでなく、「観」となって働かなければならない、すなわち八正道の正見がなくてはならない、と説明している。

彼による『摩訶止観』(まかしかん)では、四種三昧(ししゅざんまい)として四つに分けられている。

  • 常坐三昧(一行三昧) - 90日間座り続ける。
  • 常行三昧(仏立三昧) - 90日間阿弥陀仏の周りを回りながら念仏を行う。
  • 半行半坐三昧 - 本尊の周りを歩く行と、座る行を行う。
    • 方等三昧 - 『大方等陀羅尼経』に基づいて7日間行われる。
    • 法華三昧 - 『法華経』に基づき37日間または21日間行われる。
  • 非行非坐三昧(随自意三昧)

意訳[編集]

Samādhi を意訳したものとして、以下のような言葉がある。

心を一処に定めて動くことがない、の意。
正受
正しく所観のを受ける、の意。
調直定
心に暴を調え、心の曲がるのを直し、心が散るのを定める、の意。
正心行処
心の動きを正して、法に合わせるための依処である、の意。
息慮凝心
縁慮を止めて心念を凝結する、の意。

俗用[編集]

  • 日常表現では上述の仏教用語を拡大解釈して、まるあそびやあることばかり続いている、「~に漬かりっぱなし」(読書三昧、勉強三昧、ぜいたく三昧、今日は一日○○三昧など。この場合、連濁して「~ざんまい」と発音される)という意味で用いられることもある。玉木正之川上哲治が好んで「野球三昧」と揮毫していたことを紹介し「この言葉は言い換え語の『野球漬け』などよりよほど深い、日が暮れるまで野球に明け暮れた少年時代に通じる境地」と述べている。
  • 火葬場のことを「三昧」ということがある。主に北陸地方。愛知県尾張地方に葬祭儀礼、仮埋葬、火葬を行う場所を「三昧」と呼ぶ例あり。
  • インスタントラーメンの商品名に「中華三昧」がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]