粉河寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
粉河寺
Kokawadera13s3872.jpg
本堂
所在地 和歌山県紀の川市粉河2787
位置 北緯34度16分51.46秒
東経135度24分21.27秒
座標: 北緯34度16分51.46秒 東経135度24分21.27秒
山号 風猛山(ふうもうざん)
宗派 粉河観音宗(天台宗系)
寺格 総本山
本尊 千手千眼観音菩薩
創建年 (伝)宝亀元年(770年
開基 (伝)大伴孔子古
札所等 西国三十三所第三番
文化財 粉河寺縁起絵巻(国宝
大門・中門・本堂・千手堂(国の重要文化財
粉河寺庭園(国の名勝
法人番号 7170005003248
テンプレートを表示

粉河寺(こかわでら)は、和歌山県紀の川市粉河にある天台系の寺院西国三十三所第三番札所。山号は風猛山(ふうもうざん、かざらぎさん)。宗派は天台宗系の粉河観音宗総本山。

本尊は、千手千眼観音菩薩。伝承によれば創建は宝亀元年(770年)、大伴孔子古(おおとものくじこ)によるとされる。

歴史[編集]

粉河寺縁起絵巻 第三段 河内国の長者宅を訪れる童行者(実は千手観音の化身)
粉河寺縁起絵巻 第五段 粉河へ向けて出立の準備をする長者の一族

草創の縁起は『粉河寺縁起絵巻』(国宝)に伝えられている。

「粉河寺縁起」には2つの説話が語られている。1つ目の話は粉河寺の草創と千手観音の由来に関するものである。紀伊国の猟師・大伴孔子古は宝亀元年(770年)のある日、山中に不思議な光を発する場所を見つけて、そこに小さな庵を営んだ。これが粉河寺の始まりという。その後のある日、孔子古の家に一人の童子(童男行者)が訪ねて来て、一晩泊めてくれと言う。童子は宿を借りたお礼にと言って、7日かけて千手観音の像を刻んだ。8日目の朝、孔子古が見てみると童子の姿はなく、金色の千手観音の像だけがあった。孔子古は殺生をやめて観音を信仰するようになったとのことである。

2つ目の話は千手観音の霊験説話である。河内国の長者・佐太夫の娘は重い病で明日をも知れぬ命であった。そこへどこからともなく現れた童行者が千手千眼陀羅尼を称えて祈祷したところ、娘の病は全快した。喜んだ長者がお礼にと言って財宝を差し出すが童行者は受け取らず、娘の提鞘(さげざや、小太刀)と緋の袴だけを受け取り、「私は紀伊国那賀郡におります」と言って立ち去った。長者一家が那賀郡を尋ねて行くと、小さな庵に千手観音像が立ち、観音の手には娘の提鞘と緋の袴があった。長者一家は、あの行者が観音の化身であったことを知ってその場で出家し、孔子古とともに粉河寺の繁栄に尽くしたとのことである[1]

以上の説話がどこまで史実を反映したものかは定かでないが、粉河寺は平安時代には朝廷や貴族の保護を得て栄えたことは確かである。清少納言の『枕草子』194段には「寺は壺坂、笠置、法輪(中略)石山、粉川、志賀」とあり、『梁塵秘抄』に載せる今様には、「観音験(しるし)を見する寺、清水、石山、長谷の御山、粉河(後略)」とある。西行の『山家集』や、架空の物語である『うつほ物語』『狭衣物語』にも粉河寺への言及があるなど、遅くとも平安時代中期・10世紀には観音霊場として著名であったことがわかる。平安時代後期には、その頃から始まった西国三十三所観音霊場巡りの札所の1つとして栄えた。

天正13年(1585年)、豊臣秀吉が紀州に攻め入り、根来寺雑賀衆とともに抵抗したものの全山焼失した。この時、粉河寺縁起絵巻も焼損した。正徳3年(1713年)にも火災があり、現在の伽藍はほとんどがそれ以降の江戸時代の再建である。

大門から南に約1キロメートル続くJR粉河駅前通は、門前町として栄えたが、県道の拡幅工事により、かつての面影はなくなってしまっている。

御詠歌[編集]

父母の
恵みも深き
粉河寺
ほとけの誓ひ
たのもしの身や

本尊[編集]

粉河寺の本尊千手観音像は絶対の秘仏とされ、公開された記録はない。日本の仏教寺院では、本尊が秘仏である場合、「お前立ち」と称する代わりの像を本尊厨子の手前に安置する場合があるが、粉河寺においては「お前立ち」像も秘仏である。本尊像は火災を避けるために本堂下の地中に容器に入れて埋められているとされる。「お前立ち」像は年に一度、12月31日に僧籍にある関係者が掃除のために開扉するのみで、在家の者が拝観する機会はない[2]。なお、内陣背面に安置された「裏観音」と称する千手観音像は拝観可能である。

2008年から2010年にかけて、花山法皇一千年忌を記念して、西国三十三所のすべての札所寺院において秘仏の結縁開扉が行われているが、粉河寺の本尊像はこの際にも開扉されることはなく、2008年10月に特別開扉されたのは、本堂の隣の千手堂の千手観音像である。なお、寺には高さ33センチメートルほどの木造の菩薩像頭部(11世紀頃の作)が所蔵され、これが旧本尊像の頭部であるともいわれている[3]

伽藍[編集]

本堂
大門
中門

JR粉河駅から徒歩10分ほどのところに大門が建つ。境内南西に南面した大門をくぐると参道は右手に曲がり、参道の右側は川、左側には本坊、童男堂(どうなんどう)などの諸堂が並ぶ。参道の先には西面して中門が建ち、そこからさらに一段高く造成された平地に本堂、千手堂、六角堂、丈六堂などが建つ[4]。本堂前の斜面は巨石を並べた庭園(国の名勝)になっている(後述)。

本堂[編集]

西国三十三所の寺院の中で最大級の堂で、中門の先、一段高くなった敷地に建つ。享保5年(1720年)上棟。本尊千手観音(秘仏)を安置する正堂(しょうどう)と、礼拝のための礼堂(らいどう)を前後に並べた形式になり、西国札所として、多数の参詣者を収容する必要から、礼堂部分を広く取っている。外観は高さの違う入母屋屋根を前後に並べ、千鳥破風を付し、さらに唐破風造の向拝を正面に付した複雑な構成になる。礼堂は入母屋造単層、本瓦葺き。柱間は正面9間、側面4間で、前半分の2間分を建具を設けない吹き放しとし、参詣者用の空間としている。正堂は入母屋造重層、本瓦葺き。柱間は正面7間、側面6間で、前方の2間分は礼堂に組み込まれている。様式的には、虹梁形の頭貫や台輪を使用する点、正堂の組物を詰組とする点など、細部に禅宗様の要素がみられる。正堂内部には正面3間、側面3間の内陣を設ける。内陣の正面1間分は須弥壇とし、千手観音の眷属である二十八部衆像と風神雷神像計30体を左右15体ずつ安置する。その奥の正面2間、側面2間は千手観音像の安置場所で、扉と壁で囲まれた閉鎖的なスペースとする。その内部は公開されていないが、土間床とし、中央に六角形の厨子を安置する[5]。ここに安置する千手観音像は「お前立ち」像とされ、真の本尊は本堂下の地中に埋められているという。

その他の堂宇[編集]

  • 大門(重要文化財) - 境内入口に建つ。宝永4年(1707年)建立。入母屋造、本瓦葺きの楼門(2階建て門)。仏師春日作と伝える金剛力士像を安置。
  • 中門(重要文化財) - 入母屋造、本瓦葺きの楼門。左右の間に四天王像を安置する。棟札によれば明和(1764 - 1772年)頃から長い年月をかけて天保3年(1832年)に完成した。「風猛山」の扁額は紀州十代藩主徳川治宝の筆
  • 千手堂(重要文化財) - 宝暦10年(1760年)建立。本堂の左に建つ宝形造(ピラミッド形屋根)の小堂である。本尊の千手観音立像は秘仏で、2008年10月1日から10月31日までの間、217年ぶりに開扉された。
  • 童男堂 - 県指定文化財、延宝7年(1679年)の建立。
  • 不動堂
  • 本坊 - 内陣には八代将軍徳川吉宗寄進の「野荒らしの虎」がある。
  • 念仏堂(光明殿) - 江戸時代後期築、総欅造
  • 太子堂
  • 六角堂
  • 丈六堂
  • 地蔵堂
  • 行者堂
  • 薬師堂(秘仏。毎年1月8日の初薬師のみ御開帳。ただし、西国三十三所霊場草創1300年を記念して、2016年3月26日5月5日まで特別開帳)
  • 出現池
  • 粉河寺阿弥陀如来像(露座仏) - 市指定文化財、1862年作、鐫字、総長210cm、像長144cm。紀州八代藩主徳川重倫らの寄進。
  • 盥漱盤(荷葉鉢) - 市指定文化財、1775年、粉河鋳物師蜂屋薩摩掾五代目源正勝の作。総高240cm、幅185cm
  • 産土神社

塔頭[編集]

  • 円解院
  • 修徳院

庭園[編集]

粉河寺庭園
  • 粉河寺庭園 - 国指定の名勝。中門から約3メートルの高さの石段を経て本堂に至る、その両翼に土留め石垣を兼ねた石組の庭である。緑泥片岩を主とし、琴浦(ことうら)の紫石、龍門石(りゅうもんいし)などの紀州の名石を含む、多数の巨大な岩石が変化に富む手法で堅固に、美しく組まれている。ツツジの刈込みで石の間隙をうずめ、さらにビャクシン・シダレザクラ・ソテツなどの植栽が組み合わされている。石組全体の構成は向かって左手に重点をおき、枯れ滝・石橋・鶴亀の島などを象徴的に表現し、右手にゆくに従って石の扱いは軽くなっている。このような構成は庭園としては異例のものである。作庭の年代も不明であるが、手法からみて桃山時代の豪華な作風が如実にあらわれており、江戸時代初期を下らないころの作であると推定される[6]
  • 粉河寺御池坊庭園 - 市指定文化財。江戸時代初期築造の池泉鑑賞式庭園。

文化財[編集]

国宝(美術品)[編集]

  • 紙本著色粉河寺縁起絵巻 1巻(絵画) - 1953年(昭和28年)3月31日指定[7]。内容については本ページの「歴史」の項で述べた。鎌倉時代初期の作と思われる。当時の生活の様子がわかる風俗資料としても貴重なものである。全巻にわたり、料紙の上端と下端に焼損痕があり、絵や詞書の一部が失われている。京都国立博物館に寄託。

重要文化財[編集]

  • 粉河寺 4棟(建造物) - 1996年(平成8年)12月10日指定[4]。本堂(1棟 附 指図3枚および文書1紙)[8]、千手堂(1棟)[9]、中門(1棟 附 棟札1枚)[10]、大門[11]。今日の粉河寺境内を構成する堂舎群で、正徳3年(1713年)の火災の後に再建された[4]

名勝[編集]

  • 粉河寺庭園 - 1970年(昭和45年)4月23日指定[6]

和歌山県有形文化財[編集]

  • 粉河寺童男堂 1棟(建造物) - 1965年(昭和40年)4月14日指定。千手観音の化身とされる童男大士を祀る。三間四方の正堂の前方に五間二間の礼堂を設け、奥行一間の合の間を増築し、宝暦5年(1755年)に現状のような屋根に変更したことが、棟札によってわかる。当寺の草創にかかわる重要な建物だけに時代の要請によってその都度改良を加えていったものと考えられる[12]

前後の札所[編集]

西国三十三所
2 紀三井寺(護国院) -- 3 粉河寺  -- 4 施福寺

交通アクセス[編集]

所在地[編集]

〒649-6531 和歌山県紀の川市粉河2787

周辺情報[編集]

参考文献[編集]

  • 「新指定の文化財」『月刊文化財』400号、第一法規、1997(建造物の解説あり)
  • 奈良国立博物館・NHKプラネット近畿編『西国三十三所 観音霊場の祈りと美』(特別展図録)、発行:奈良国立博物館、名古屋市博物館、NHKプラネット近畿、NHKサービスセンター、2008(解説執筆は頼富本宏、清水健ほか)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ここまで2つの説話について次のウェブサイトによる。粉河寺の草創と沿革”. 粉河寺. 2014年7月23日閲覧。
  2. ^ 毎日新聞社編・刊行『秘仏』、1991、p201
  3. ^ この菩薩像頭部は、2008年8月から11月にかけて奈良国立博物館および名古屋市博物館で開催された特別展「西国三十三所 観音霊場の祈りと美」に出展された。
  4. ^ a b c 粉河寺/4棟”. わかやま文化財ガイド. 和歌山県. 2014年7月22日閲覧。
  5. ^ 本堂内の様子については参考文献の『月刊文化財』400号所収「新指定の文化財」による。
  6. ^ a b 次のウェブサイトによる。粉河寺庭園1970年〈昭和45年〉4月23日指定、名勝)、国指定文化財等データベース文化庁) 2014年7月22日閲覧。粉河寺庭園”. わかやま文化財ガイド. 和歌山県. 2014年7月22日閲覧。
  7. ^ 紙本著色粉河寺縁起1953年〈昭和28年〉3月31日指定、国宝〈美術品〉)、国指定文化財等データベース文化庁) 2014年7月22日閲覧。
  8. ^ 粉河寺本堂1996年〈平成8年〉12月10日指定、重要文化財〈建造物〉)、国指定文化財等データベース文化庁) 2014年7月22日閲覧。
  9. ^ 粉河寺千手堂1996年〈平成8年〉12月10日指定、重要文化財〈建造物〉)、国指定文化財等データベース文化庁) 2014年7月22日閲覧。
  10. ^ 粉河寺中門1996年〈平成8年〉12月10日指定、重要文化財〈建造物〉)、国指定文化財等データベース文化庁) 2014年7月22日閲覧。
  11. ^ 粉河寺大門1996年〈平成8年〉12月10日指定、重要文化財〈建造物〉)、国指定文化財等データベース文化庁) 2014年7月22日閲覧。
  12. ^ 粉河寺童男堂”. わかやま文化財ガイド. 和歌山県. 2014年7月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]