華厳寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
華厳寺
Gifu-kegonji5624.JPG
仁王門
所在地 岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲徳積23
位置 北緯35度32分14.54秒
東経136度36分28.43秒
座標: 北緯35度32分14.54秒 東経136度36分28.43秒
山号 谷汲山(たにぐみさん)
宗派 天台宗
本尊 十一面観世音菩薩秘仏
創建年 延暦17年(798年
開基 大口大領、豊然上人(開山)
正式名 谷汲山華厳寺(たにぐみさんけごんじ)
別称 谷汲山(たにぐみさん)
札所等 西国三十三所三十三番
東海白寿三十三観音三十三番
東海三十六不動尊三十三番
文化財 木造毘沙門天立像、絹本著色三十三所観音像(重要文化財)
地図
華厳寺の位置(岐阜県内)
華厳寺
テンプレートを表示
参道
笈摺堂
仁王門の巨大な草鞋
満願堂
「精進落としの鯉」

華厳寺(けごんじ)は、岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲徳積にある天台宗寺院。 山号は谷汲山(たにぐみさん)。 本尊十一面観音脇侍として不動明王毘沙門天を安置する。 西国三十三所第三十三番札所、満願結願の寺院で桜、紅葉の名所としても知られ多くの観光客で賑わう。 西国三十三所の札所寺院では唯一、近畿地方以外にある。

歴史[編集]

永禄3年(1560年)成立の『谷汲山根元由来記』によると、華厳寺は延暦17年(798年)、会津黒河郷の豪族大口大領なる人物によって創建されたという。『由来記』によれば、大口大領は都の仏師に依頼して自らの信仰する十一面観音の像を造立した。彼は観音像とともに会津に帰ろうとしていたが、途中、美濃国の赤坂(現・岐阜県大垣市)で観音像が動かなくなってしまった。赤坂の北五里の山中に観音所縁の霊地があるというお告げを受け、大口大領は同地に草庵を建立。延暦末年に、当地で修行していた僧・豊然上人(ぶねんしょうにん)の協力を得て華厳寺を建立した。

延暦20年(801年)、桓武天皇勅願寺となり、延喜17年(917年)には醍醐天皇が「谷汲山」の山号と「華厳寺」の扁額を下賜。天慶7年(944年)には朱雀天皇が鎮護国家の道場として当寺を勅願所に定め、仏具・福田として一万五千石を与えたという。「谷汲山」という山号については、寺付近の谷から油が湧き出し、仏前の灯明用の油が汲めども尽きなかったことに由来する。

西国三十三所霊場の中興者と伝承される花山法皇は徒歩で巡幸し、当寺を第三十三番札所の満願所と定め、禅衣(笈摺)、杖、及び三首の御詠歌を奉納したと伝え、鎌倉時代には後白河法皇が花山法皇の跡を慕って同行千有余人を従えて巡幸したという。なお、西国三十三所巡礼について触れた最も古い史料である『寺門高僧記』所収の「行尊伝」及び「覚忠伝」では、第三十三番の霊場は三室戸寺になっており、園城寺(三井寺)の僧・覚忠が三十三所霊場を巡礼した応保元年(1161年)には、華厳寺は満願所ではなかった。また、三種の御詠歌(後出)のうち、「世を照らす」の歌は作者が判明しており、花山法皇ではなく、前出の覚忠の作歌である[1]

建武元年 1334年足利氏新田氏の戦乱が起こり、新田氏一族堀口美濃守貞満の乱をはじめとする戦乱で幾度となく諸堂伽藍を焼失するが、本尊ならびに脇侍等は山中に移し難を逃れた。

江戸時代には薩摩国鹿児島慈眼寺住職道破拾穀上人によって再興された。

伽藍[編集]

総門をくぐると、左右にソメイヨシノの桜並木、土産物店、飲食店、旅館などの立ち並ぶ参道が続き、距離にして約1km、徒歩10分ほどで仁王門に達する。仁王門から本堂まではゆるやかな登りの石畳の参道となり、右手には放生池、地蔵堂、茶所、一乗院、十王堂、羅漢堂、英霊堂、三十三所観音堂、左手には法輪院、明王院、一切経堂、観音勢至像、本坊などがあり、本坊の一画には大師堂、内仏客殿、庫裏が建つ。

参道突き当りの石段を上ると本堂があり、その右手に鐘楼堂、本堂背後には阿弥陀堂、笈摺堂、子安堂、そこからさらに石段を上った先に満願堂が建つ。このほか、満願堂から徒歩約意1時間ほどのところに奥の院がある。山内には他に妙法ヶ滝、「菅原道真参籠の岩屋」などがある。

  • 仁王門 - 宝暦年間に再建[2]。入母屋造、三間の二重門。奥の間左右に仁王像を安置。その手前、通路の左右に巨大な草鞋が奉納されている。
  • 本堂 - 1879年明治12年、豪泰法印によって再興。入母屋造、正面五間、側面四間の外陣部の奥に、棟を直行させて内陣部が接続する。本尊は十一面観世音菩薩、脇侍として不動明王像と毘沙門天像(後者は重要文化財)を安置する(いずれも非公開)。堂内右手に納経所、地下に「戒壇巡り」があり、正面向拝の左右の柱には「精進落としの鯉」と称する、銅製の鯉が打ち付けられている。西国札所巡礼を三十三番札所の当寺で満願した者は、その記念にこの鯉に触れる習わしがある。
  • 笈摺堂 - 本堂背後にある小堂。当寺には花山法皇が禅衣(笈摺)、杖、及び三首の御詠歌を奉納したとされる。この堂には今日も西国三十三所巡礼を終えた人々が奉納した笈摺朱印帳等が置かれ、多数の千羽鶴が奉納されている。千羽鶴は折鶴(おりつる)が笈摺(おいづる)にちなむことから奉納される。この隣には花山法皇の御詠歌に由来する「苔の水地蔵尊」がある。
  • 子安観音堂 - 笈摺堂の左隣に建つ。本尊は子安観音。安産・子宝祈願、赤子の身体健康を願い事を記したたくさんのよだれかけが奉納されている。
  • 満願堂 - 本堂から裏手に進み、笈摺堂、子安観音堂を出て、階段を三十三段上った先に建つ堂。本尊は十一面観世音菩薩。周囲には「満願」の文字の刻まれた狸の石造が並ぶ。巡礼者はここで納め札を納める。

文化財[編集]

重要文化財
  • 木造毘沙門天立像 - 像高168.2 cm。本堂内、本尊の脇侍として安置されるが、一般には公開されていない。対をなす不動明王像は近世の作であるが、この毘沙門天像は平安時代初期、9世紀にさかのぼる古像である。本像は、陰うつな表情、太造りの体躯、頭部が体部にめり込むような表現など、日本の毘沙門天像の中でも異色の作である。[注釈 1]
  • 絹本著色三十三所観音像
その他
  • 木造十一面観音立像 - 満願堂に安置。一木造、像高215.7 cm。衣文や目鼻立ちのなど彫り方が荒々しいが、作風は古風で、平安時代前期、9 -10世紀にさかのぼる作と推定される。[注釈 1]
  • 木造不動明王立像 本堂安置
  • 木造金剛力士立像 仁王門安置

本尊[編集]

本堂本尊の十一面観音立像は、厳重な秘仏で、写真も公表されておらず、制作年代、構造等の詳細は不明である。西国三十三所巡礼の中興者とされる花山法皇の一千年忌を機に、2008年平成20年)から2010年にかけて、西国三十三所の全札所寺院にて「結縁開帳」が行われ、華厳寺の本尊は2009年3月1日から3月14日まで開帳された。寺や西国三十三所札所会の発表によると、1955年昭和30年)以来の54年ぶりの開帳であった。

華厳寺本尊は明治時代までは33年毎の開扉、大正時代から1955年までは7年に1回の開扉であったが、同年以降、定例の開扉は行われなくなった。本尊を実見した人の話として久野健(美術史家)が伝えるところによると、十一面観音像は榎の一木造、像高7尺5寸、像身に華厳経を書し、衣には三千仏像と諸仏の三昧耶形を描く特異な姿の像であるという。[3]

御詠歌[編集]

  • 万世の 願いをここに 納めおく 水は苔より 出る谷汲(過去)
  • 世を照らす 仏のしるし ありければ まだともしびも消えぬなりけり(現在)
  • 今までは 親と頼みし 笈摺を 脱ぎて納むる 美濃の谷汲(未来)
    • 1976年以前の御詠歌では(過去)が「願いは」、(現在)が「仏のちかい」になっていた。

前後の札所[編集]

西国三十三所
32 観音正寺 -- 33 華厳寺

所在地情報[編集]

所在地[編集]

交通アクセス[編集]

自動車を所持していない場合は西国三十三番ツアーで参拝する事が好ましい。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b この像は、2008年、奈良国立博物館、名古屋市博物館で開催された特別展『西国三十三所 観音霊場の祈りと美』に出品された。

参照[編集]

  1. ^ 参考文献(和田、1998)pp8 - 10, pp216 - 217を参照。
  2. ^ web西国霊場三十三ヶ所巡り(華厳寺)
  3. ^ 久野健「秘仏を待つ」『芸術新潮』1969年10月号、新潮社
  4. ^ 樽見鉄道サイト(「きっぷ」)

参考文献[編集]

  • 奈良国立博物館・NHKプラネット近畿編 『西国三十三所 観音霊場の祈りと美』(特別展図録)、奈良国立博物館、名古屋市博物館、NHKプラネット近畿、NHKサービスセンター刊、2008(解説執筆、頼富本宏、清水健ほか)
  • 和田嘉寿男 『御詠歌の旅 西国三十三札所を巡る』、和泉書院、1998
  • 『日本歴史地名大系 岐阜県の地名』、平凡社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]