恵心院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
恵心院
Eshin-In-02.jpg
本堂
所在地 京都府宇治市宇治山田67
位置 北緯34度53分25.1秒
東経135度48分40.1秒
山号 朝日山
宗派 真言宗智山派
本尊 十一面観音菩薩
創建年 弘仁13年(822年
開山 空海
中興年 寛弘2年(1005年
中興 源信
法人番号 6130005006949 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

恵心院(えしんいん)は、京都府宇治市にある真言宗智山派の寺院。宇治川に掛かる宇治橋の上流に位置する。「花の寺」として知られている。

歴史[編集]

弘法大師空海によって開かれた。青龍寺に似ていたため、龍泉寺と名付けられる[1]。寺伝によれば、寛弘2年(1005年)、恵心僧都源信により再興された。しかし、中世に兵火に掛かって衰退した[2]

天正17年(1589年)、豊臣秀吉及び徳川家康から合わせて30石を賜っている。

大正から昭和期のモダニスト作家である稲垣足穂は、戦後間もない一時期、恵心院の別棟で家族と暮らした。「少年愛の美学」「A感覚とV感覚」「宇治桃山はわたしの里」などの著書の中で宇治の美しさを表現した[3]

境内[編集]

  • 本堂(京都府指定有形文化財) - 延宝4年(1676年)に萬福寺の建築に関わった秋篠兵庫により建立された。建物は、須弥壇室と護摩壇室とが左右非対称で建てられた和様仏堂である。多くの改造がなされている[4]
  • 庫裏 - 1996年平成8年)再建。
  • 白龍大神社 - 鎮守社。
  • 山門 - 天正17年(1589年)再建。
  • 弘法大師

文化財[編集]

京都府指定有形文化財[編集]

  • 本堂

宇治市指定有形文化財[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「宇治史蹟遊覧の栞」福井義次郎 1927年 P.39
  2. ^ 「昭和京都名所図会」竹村俊則 1989年 P.79
  3. ^ 京都新聞2013年6月25日山城版
  4. ^ 収蔵文書調査報告1「白川金色院」と恵心院 1998年 P.42

関連項目[編集]