長吏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

長吏(ちょうり)

  • 中国の代における、官吏の呼称。官位の高い者を指した。対義語は少吏。
  • 神主僧侶に代わり、政権との事務連絡を行う者の中心人物を言う。古くは加賀国白山権現の長吏、近江国三井寺の長吏が有名。
  • ある寺の首長である僧。本来は別当座主などと同格の地位あるいは別名であったが、園城寺勧修寺では、別当より上位に置かれていた。
  • 俘囚曲輪の中心人物。812年弘仁3年)の勅に「衆の推服する所のもの一人を択び、置いて之が長となし、捉搦を加へしむべし」とある。
  • 鎌倉時代初期頃からの畿内宿村の中心人物。「2」の白山権現三井寺の長吏と同様な職能からの命名。出自を守戸とする説がある。
  • 江戸時代における、穢多非人のリーダーを指す語。「和漢三才図会」に「エタの為に郭(くるわ)あり。其の首魁を長吏と為す。」とある。後には、穢多や非人全体を指すようになった。出自を中世雑色雑戸とする説がある。現在も部落民に対する侮蔑語として残っているチョーリッポ、チョーリンボなどの言葉はこれが語源といわれている。→長吏 (賎民)を参照。