長吏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

長吏(ちょうり)

  • 元は中国の代における、官吏の呼称。「漢書」百官公卿表によると県内を主管する長官の意味であった。転じて日本では僧職の名に用い、寺院の長官を意味する座主別当検校の異称とする。歴代を皇族が任ぜられた勧修寺長吏、同様に皇族を始めとする門跡の門主が任ぜられた園城寺長吏、比叡山延暦寺横川の中堂である楞厳院の長吏が著名であるが、近代以降は神社となった白山比咩神社八坂神社においても近代以前の神仏習合時代には高位職としての長吏が存在した[1]。→長吏 (社寺の長官)を参照。
  • 中世、畿内に成立した非人集団を統率する頭。もともと長吏の語が上述のように寺院の長を意味したものを、非人集団が寺院に隷属する過程で寺院の組織・職名を取り入れたこと、及び、長吏には警察事務担当者の意義もあり、非人集団が追捕に任じたこと、などから発生した呼称であると推定されている。その後、江戸時代に、近畿地方に成立した非人村の頭を長吏と称したが、これは中世非人宿を模したものとされる。もともと賎民統制の役を担う頭目としての職名であったものが、江戸時代初期に賎民身分そのものを意味する名称として一般化し、また、江戸時代中期以降、東国では穢多身分の異称としても使用された[2]。→長吏 (賎民)を参照。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『国史大辞典9 たかーて』吉川弘文館、658頁。
  2. ^ 『国史大辞典9 たかーて』吉川弘文館、658頁。