新羅明神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
木造新羅明神坐像(国宝、園城寺所蔵)。

新羅明神(しんらみょうじん)は、園城寺の守護神。円珍(智証大師)がから帰国するに際して搭乗船の船首に出現し、自らを新羅国明神と称していたことによる。元来は朝鮮半島からの渡来神とも、もとより寺の地域の地主神であったともいう。

作品[編集]

参考資料[編集]

  • 出羽弘明『新羅の神々と古代日本 新羅神社の語る世界』同成社
  • 亀田孜『日本仏教美術史叙説』学芸書林

関連項目[編集]