長老ヶ岳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
長老ヶ岳
Mt.Chorogadake.jpg
西側山麓から望む長老ヶ岳
標高 916.9 m
所在地 日本の旗 日本
京都府南丹市京丹波町
位置 北緯35度18分12秒
東経135度28分26秒
座標: 北緯35度18分12秒 東経135度28分26秒
山系 丹波高地
長老ヶ岳の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

長老ヶ岳(ちょうろうがだけ)は、丹波高地に属するである。長老さんあるいは長老山とも呼ばれる。京都丹波高原国定公園に選定。

概要[編集]

京都府北部では三国岳 (959m) に次ぐ高峰で、大きな屋根型の山容を呈する。平安時代には密教寺院が百余ある霊山であったが焼討ちにあったとされ、中世には京丹波町に移された[1]

山頂には一等三角点「長老ケ岳」が設置されている[2]。山頂付近にはDDIの鉄塔が立ち並び、シャクナゲイワカガミの群生地があり、晴れた日には青葉山大江山など北近畿の山々および日本海、南東側には愛宕山大峰山まで望める。

登山ルート[編集]

京丹波町、山頂北側の仏主、および南西側の下乙見から登山道がある。また仏主からはDDIの管理用車道が山頂付近まで延びている。

脚注・参考文献[編集]

  1. ^ 川崎吉光 『大阪周辺の山250』 山と渓谷社、2001年
  2. ^ 国土地理院 基準点成果等閲覧サービス