京都府道・滋賀県道30号下鴨大津線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
主要地方道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
京都府道30号標識
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
滋賀県道30号標識
京都府道30号下鴨大津線
滋賀県道30号下鴨大津線
路線延長 km
制定年 1958年滋賀県認定
1959年京都府認定
1971年建設省指定
1972年主要地方道昇格
起点 京都府京都市左京区下鴨泉川町
終点 滋賀県大津市二本松
接続する
主な道路
記法
京都府道32号下鴨京都停車場線
京都市道181号京都環状線
京都市道182号蹴上高野線
Japanese National Route Sign 0161.svg国道161号西大津バイパス
滋賀県道47号伊香立浜大津線
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
北白川の山間部、地蔵谷町近辺。ほどなく滋賀県大津市となる。

京都府道・滋賀県道30号下鴨大津線(きょうとふどう・しがけんどう30ごう しもがもおおつせん)は、京都府京都市左京区から滋賀県大津市に至る主要地方道である。古くからある街道であり、特に山間部については志賀越道(しがごえみち)、山中越(やまなかごえ)などとも呼ばれるほか、かつては今道越、安土海道などとも呼ばれていた。

概要[編集]

京の七口の一つ、荒神口から近江国に至る古くからの街道である志賀越道の一部を継承した路線である。このため、さまざまな名称が現在まで残っている。

路線データ[編集]

告示[1]に基づく起終点および経過地は次のとおり

歴史[編集]

古くからある街道で、志賀越道、白川街道[2]、白川越[3]、安土海道[3]などの名称が残る。滋賀郡山中村(現在の大津市山中町)でを越えることから山中越(山中越え)、かつては如意越[注釈 1]に対する新道という意味から今道越とも呼称されており、京都から坂本北陸道への利便性が高い道として認知されていた[4]という。

現代においては、道路法(昭和27年法律第180号)第7条の規定に基づき、当初は一般府県道として認定された。同法第56条の規定に基づき、1971年の第3次主要地方道指定時に建設省(当時)から主要地方道として指定された。

年表[編集]

路線状況[編集]

比叡平および比叡山頂・延暦寺と京都・大津両市方面の間には路線バスが運行[注釈 4]されている。府県境を中心に8.5kmの異常気象時通行規制区間が存在するため、大雨の際には走行に注意を要する。

通称・バイパス[編集]

志賀越道や山中越の通称については#歴史セクションを参照のこと。

御蔭通
起点から北白川山ノ元町までの京都市内の東西の通り。通りの東端で志賀越道と接しており、このうち大津方面が府道の経路となっている。
山中バイパス
大津市山中町の集落を貫く旧道に代わるバイパス道路として整備[12]された。

交通量[編集]

2005年度(平成17年度道路交通センサスより)
平日24時間交通量(台)

  • 大津市比叡平三丁目:5,554

異常気象時通行規制[編集]

山中越に府県境を跨いで通行規制区間が存在する。管理者と規制内容が異なるため、分けて記述する。

  • 京都市左京区北白川琵琶町〜京都市左京区北白川重石町(延長2.0km)
    2012年7月24日から連続雨量130mmで通行止に改訂された。規制解除条件は、1時間あたりの降雨量0mmが4時間継続した場合[13][14]としている。
  • 大津市山中町―南志賀1丁目(延長6.5km)
    連続雨量90mmで通行止となる。規制解除条件は、1時間あたりの降雨量2mm以下が3時間継続した場合[15][14]としている。

地理[編集]

府県境近くに造成された新興住宅地である比叡平は田ノ谷峠附近の山上に位置し、大津市街地側には琵琶湖と大津市街を臨む夜景を眺めることができる場所が点在している。

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

京都市左京区

大津市

主な峠[編集]

田ノ谷峠
大津市山上町にある標高370mの峠[16]で、京都市と大津市の両市街地からそれぞれ約300m登った地点にある[17][18]。なお、府県境はここより白川を京都市方面へ下り、山中町の集落を通過した先にある。

沿線[編集]

その他[編集]

『北白川こども風土記』p.62に、この道を題材に詠まれた和歌が紹介されているので、引用、紹介する。

  • 春風の花のにしきにうずもれて 行きもやられぬ志賀の山越 (西行)
  • 袖の雪そら吹く風もひとつにて 花に匂える志賀の山越 (定家)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 山中村より園城寺(三井寺)に通じていた道。如意ヶ嶽も参照。
  2. ^ 京都府の一般府道は、1994年4月1日に再編されるまで1から起番しており、主要地方道と重複する番号も存在していた。
  3. ^ 滋賀県の主要地方道は、1990年9月17日に再編されるまで300番台の路線番号が使われており、一般県道と重複する番号も存在していた。
  4. ^ 京阪バスおよび京都バスにより運行。

出典[編集]

  1. ^ a b “府道路線の認定に関する告示等の一部改正(昭和58年2月1日京都府告示第65号1)”, 京都府公報 (京都府) 第5720号: 82-84, (1983年2月1日) 
  2. ^ 『北白川こども風土記』p.57
  3. ^ a b 山中越”. 京都観光Navi. 2013年10月6日閲覧。
  4. ^ 『新註 近江輿地志略 全 改訂校註』 - 宇野健一 編、弘文堂書店 刊(1976年9月) p.184 (原典は、18世紀に膳所藩士の寒川辰清によって著された『近江輿地志略』(参考:近江輿地志略 (寒川辰清自筆本)1 - 滋賀県教育委員会)。)
  5. ^ 昭和33年7月26日滋賀県告示第291号
  6. ^ “府道路線の認定(昭和34年12月18日京都府告示第858号”, 京都府公報 (京都府) 号外: 13-21, (1959年12月18日) 
  7. ^ “道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道(昭和46年6月26日建設省告示第1069号)”, 官報 (国立印刷局) 号外第82号: 2-34, (1971年6月26日) 
  8. ^ 昭和47年3月21日滋賀県告示第104号
  9. ^ “府道路線の認定に関する告示等の一部改正(昭和47年3月28日京都府告示第164号)”, 京都府公報 第4616号: 214, (1972年3月28日) 
  10. ^ “府道路線の認定に関する告示等の一部改正(昭和47年3月28日京都府告示第165号)”, 京都府公報 第4616号: 214, (1972年3月28日) 
  11. ^ 平成2年9月17日滋賀県告示第391号
  12. ^ 山中バイパス開通:写真で見る滋賀の20世紀 - 滋賀県(2016年6月20日閲覧)
  13. ^ 主要府道下鴨大津線(通称山中越)に係る異常気象時通行規制基準の改定について - 京都市建設局道路河川管理課(2012年8月23日閲覧)
  14. ^ a b 「山中越え」の通行止め雨量、基準引き下げ - 京都新聞2012年7月20日(2012年8月23日閲覧)
  15. ^ 道路情報 - 滋賀県(2012年8月23日閲覧)
  16. ^ ウォッちず 北緯35度2分0.1秒 東経135度50分12.6秒 - 国土交通省国土地理院(2012年8月23日閲覧)
  17. ^ ウォッちず 北緯35度1分58.9秒 東経135度47分19.7秒 - 国土交通省国土地理院(2012年8月23日閲覧)
  18. ^ ウォッちず 北緯35度1分41.8秒 東経135度51分55.3秒 - 国土交通省国土地理院(2012年8月23日閲覧)

座標[編集]

参考文献[編集]

  • 北白川小学校編 『北白川こども風土記』 1959年、山口書店

関連項目[編集]

外部リンク[編集]