滋賀県道102号大津湖岸線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
滋賀県道102号標識

滋賀県道102号大津湖岸線(しがけんどう102ごう おおつこがんせん)は、滋賀県大津市大津港口交点を起点に大津市松原国道口交点に至る2.2kmの一般県道である。

概要[編集]

琵琶湖沿いの幹線道路。通称、湖岸道路。

路線データ[編集]

  • 起点:大津市浜大津五丁目(大津港口交点)
  • 終点:大津市松原町(松原国道口交点)
  • 総延長:2.2km
  • 認定日:1958年昭和33年)7月26日

沿革[編集]

大津市内の湖岸道路の構想は1932年(昭和7年)の大津市都市計画街路の中に含まれていた[1]。そして、1950年(昭和25年)1月、当時の大津市長である佐治誠吉が発表した大津市の都市計画構想の中で湖岸を埋め立てて観光道路を建設する案が示された[1]

1936年(昭和11年)から1940年(昭和15年)には東洋レーヨン滋賀工場から出た石炭ガラによって御殿浜から松原町を経て瀬田唐橋の間の1300 m(メートル)で埋め立てが行われており、この部分には道路の原型ができていた[1]。その後、1949年(昭和24年)から1951年(昭和26年)にかけて紺屋関(現在の島の関西交差点付近)から浜大津(大津港)の800 mの区間に既設の京阪石山坂本線の軌道と平行する形で石油ガラを埋め立て、湖岸道路が設置された[1]。その後、昭和30年代に入り高度経済成長期で大津市内で広大な土地の需要が生じると、琵琶湖の大規模な埋め立てが行われ、この埋め立て事業を先行するかたちで湖岸道路が建設された[2]1958年(昭和33年)には浜大津から膳所の間で完成していた[2]。そして、1966年(昭和41年)に膳所から御殿浜までの820 mの工事の完成をもって浜大津から松原町の区間が湖岸道路として結ばれた[2]

近江大橋の完成を前に、1973年(昭和48年)5月には湖岸道路が大津市から滋賀県へ移管され[2]、当該路線となっている。

重複区間[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

大津市

接続道路[編集]

沿線[編集]

  • 大津湖岸なぎさ公園
  • 膳所城跡公園
  • 大津市教育研究所科学館
  • 膳所市民センター
  • 大津市膳所浄水所
  • 創価学会
  • 琵琶湖中央病院
  • 大津市立粟津中学校
  • 滋賀県衛生科学センター
  • 日本精工
  • ルネサスセミコンダクタ
  • 瀬田川共同橋(水道橋)
  • 瀬田川リバークルーズ乗船場
  • 平和堂石山店

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 大津市 1983, p. 456.
  2. ^ a b c d 大津市 1983, p. 457.

参考文献[編集]

  • 『新修大津市史 6現代』大津市役所、1983年8月7日。

関連項目[編集]