滋賀県道284号杉本余呉線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
滋賀県道284号標識

滋賀県道284号杉本余呉線(しがけんどう284ごう すぎもとよごせん)は、滋賀県長浜市木之本町杉本を起点に長浜市余呉町下余呉交点に至る7.8 km(キロメートル)の一般県道

概要[編集]

国道303号から杉本隧道(後述)、上丹生・下丹生を経て下余呉に至る山間道[1]大正時代に杉本隧道が完成して以降、徒歩や荷車が交通の主流だった時代は杉野川の上流にある土倉鉱業所北陸本線中ノ郷駅を結ぶ幹線道路として利用されたが、自動車時代の到来や北陸本線の付替、さらに土倉鉱業所の閉山などによって幹線の地位からは退いた[1]

沿革[編集]

バイパス[編集]

  • 長浜市余呉町上丹生から長浜市余呉町下丹生まで

道路施設[編集]

杉本隧道内部
  • 杉本隧道

長浜市木之本町杉本と同市余呉町橋本を結ぶ全長300 m(メートル)、幅3.6 mのトンネル[1]1917年(大正6年)に着工し、1919年(大正8年)に竣工した[1]。別名「丹生隧道」「丹杉隧道」とも呼ばれる[1]。元々は墓谷山田良原山の鞍部に位置する丹生峠があり、銅を産出する土倉鉱業所の支援によって峠を潜り抜ける杉本隧道が完成した[1]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

長浜市

接続道路[編集]

沿線[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典 25滋賀県』角川書店、1979年5月4日、411頁。
  2. ^ 昭和33年7月26日滋賀県告示第291号

関連項目[編集]