滋賀県道502号近江八幡停車場線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
滋賀県道502号標識

滋賀県道502号近江八幡停車場線(しがけんどう502ごう おうみはちまんていしゃじょうせん)は、滋賀県近江八幡市近江八幡停車場を起点に近江八幡市中村町交点に至る1.2kmの一般県道

概要[編集]

近江八幡駅から市街地へ向かう路線である[1]。「駅前大通り」、「ぶーめらん通り」という愛称で呼ばれている[1]。この中で「ぶーめらん通り」の愛称は、北側へ斜めにカーブしている線形から名づけられている[1]

沿革[編集]

1955年昭和30年)からはじまった近江八幡駅前土地区画整理事業によって建設された道路である[1]1972年(昭和47年)、平和堂近江八幡店(現在のアル・プラザ近江八幡)が開店し、その翌年に滋賀銀行八幡駅前支店が移転してきた[1]。それからこの通りの道筋に商店街が形成されていった[1]平成に入り、道路周辺では宅地化が行われている[1]1990年(平成2年)に近江八幡市景観形成地区として隣接する商店街と滋賀県の間で協定が結ばれ、花や緑のある大通りとして整備された[1]。そのため、街路樹フラワーポットなどの設置が行われている[1]1997年(平成8年)に愛称の募集が行われ、このときに「ぶーめらん通り」という愛称が名付けられた[1]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

近江八幡市

接続道路[編集]

沿線[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 「えきまえ町の歴史」編集委員会『えきまえ町の歴史 それはステンショよりはじまった』近江八幡駅前自治会、2014年3月。

関連項目[編集]