滋賀県道600号近江八幡安土能登川自転車道線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
滋賀県道600号標識

滋賀県道600号近江八幡安土能登川自転車道線(しがけんどう600ごう おうみはちまんあづちのとがわじてんしゃどうせん)は、滋賀県近江八幡市鷹飼町を起点に東近江市山路町附近に至る26.6kmの一般県道である。

概要[編集]

大規模自転車道として整備され、所要時間は約3時間余。びわ湖よし笛ロードの愛称で親しまれている。

地理[編集]

通過する自治体[編集]

近江八幡市 - 東近江市

接続道路[編集]

沿線[編集]

  • 西の湖
  • 近江風土記の丘
  • 安土城
  • 能登川水車とカヌーランド、能登川水車資料館
  • 東近江市役所 能登川支所

その他[編集]

県内初の大規模自転車道ということもあり、開通式典には競輪選手(当時)の中野浩一が招かれた。

関連項目[編集]