神山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
神山
Mt.Kami from Mt.Kintoki 01.jpg
金時山山頂から見た神山
標高 1,438 m
所在地 神奈川県足柄下郡箱根町
位置 北緯35度14分00秒
東経139度01分14秒
山系 箱根山
種類 成層火山
神山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

神山(かみやま)は神奈川県足柄下郡箱根町にある標高1,438mの山で、箱根山の最高峰である。古くから神の山として崇められてきたことからこの名がついた。

箱根火山中央火口丘の一つ。約3,000年前に山体西部を崩壊させ、堆積物がカルデラ内の川をせき止めて芦ノ湖を形成した。

歴史[編集]

『筥根山縁起并序』(建久2年(1191年)、箱根権現別当・行実編纂)によると、古代から箱根山に対する山岳信仰は盛んで、特に神山への信仰は篤く、神山を遥拝できる駒ケ岳の山頂を磐境として祭祀が行われていた[1][2]。特に、孝昭天皇の時代に聖占(しょうせん)が駒ケ岳において神仙宮を開き、神山を神体山として祀ったことが、山岳信仰の隆盛に大きな影響を与えたとされる[1][3]。駒ケ岳の山頂では現在も10月24日に御神火祭が行われており、古代における神山への祭祀の名残を示しているという[2]

天平宝字元年(757年)、万巻は箱根山に入り、神山や駒ケ岳で3年間修行の後、神託により箱根三所権現(箱根権現)を祀る堂宇(現・箱根神社)を建立したとされる[1][2]

2015年6月30日に箱根山の噴火警戒レベルが3に引き上げられた際に、神山も入山規制の対象となった[4]

登山[編集]

山頂は木々で覆われていて展望はない。

写真[編集]

参照[編集]

  1. ^ a b c 「箱根神社大系」(『かながわの歴史文献55-神奈川県関係基本史料解説目録-』、神奈川県立図書館、平成20年3月)
  2. ^ a b c 「箱根悠久 箱根神社」(「箱宝」ホームページ、小田原箱根商工会議所箱根青年部)
  3. ^ 「御祭神 由緒 例祭日」(箱根神社ホームページ)
  4. ^ 箱根山の活動状況 - 気象庁
  5. ^ a b 山と高原地図 箱根 金時山・駒ケ岳 2015 (登山地図 | 昭文社 マップル)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]