万巻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
芦ノ湖。万巻が九頭龍を調伏したとされる。

万巻(まんがん)は、奈良時代万巻上人萬巻上人などとも呼ばれる。修験道にも精通し、箱根山箱根三所権現を感得した。

生涯[編集]

『筥根山縁起』によれば、養老年間に京都の沙弥智仁に生まれた男子であり、20歳で受具剃髪(出家)し、一万巻にも及ぶ経典を呼んだので万巻(萬巻)と称され、日本全国の霊場を巡行した[1]

天平勝宝元年(749年)鹿島郡大領中臣連千徳、元宮司中臣鹿島連大宗とともに鹿島神宮寺の建立をした[2][3]

なお、鹿島から箱根に向かう途中、海に炎が上がり魚が死んで漁民が苦悩しているのを目撃したので読経をすると、薬師如来が顕われて法力で温泉を海から山に移すように教導したので、37日間の断食祈祷で実現したとされる。これが熱海温泉の由来とも伝承されている。

天平宝字元年(757年朝廷の命を受けて、箱根山山岳信仰を束ねる目的で箱根山に入山し、神山や駒ケ岳で3年間修行して、相模国大早河上湖池水辺で難行苦行の功で箱根三所権現(法躰・俗躰・女躰)を感得した[1][4]。そして、夢の中の神託により、箱根権現を祀る社殿(現・箱根神社)を建立した[1][4]

また、芦ノ湖に住む9つの頭を持つ毒龍(九頭龍)が荒れ狂って村民を苦しめていたのを法力で調伏したとされる[4]。調伏された九頭龍は懺悔して宝珠錫杖・水瓶を持って万巻上人に帰依したので、湖の主・水神(九頭龍権現)として祀る社殿(現・九頭龍神社)を建立した[4]

天平宝字7年(763年)多度権現の神託で多度神宮寺を建立した[3]

万巻の没年は不明だが、その「奥津城」(墓地)は、箱根神社の北参道の入り口近くにあり、現在、毎月24日に月次祭が行われている[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]