お玉ヶ池 (箱根町)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
お玉ヶ池

お玉ヶ池(おたまがいけ)は、神奈川県足柄下郡箱根町元箱根にある二子山の南西、東海道の八丁坂から六道地蔵へと通じる脇道の途中に位置する。現在では一帯が箱根の森として整備され、お玉ヶ池のほとりにも遊歩道が造られている。また、旧東海道の神奈川県道732号湯本元箱根線が近くを通る。池の名は後述する「お玉の伝説」に由来する。

お玉の伝説[編集]

江戸時代1702年元禄15年)、お玉という10代の少女が江戸奉公先の家から伊豆の実家に逃げ帰ろうとしたが、関所手形を持っていなかったため箱根関を通ることができなかった。そこで、関を通らずに周囲の山にあった柵を通って関所破りをしようとしたが、関所の番人に捕まり2か月後に処刑された。その後、「那津奈可池」(なずながいけ、お玉ヶ池の旧名)でお玉の首を洗ったという伝説ができたことから「お玉ヶ池」と呼ばれるようになった。池の畔にはそれを記す標識がある。また、お玉という女芸人が身を投げたからという伝説もある。

フィクションにおける扱い[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

座標: 北緯35度12分22秒 東経139度2分29秒