大涌谷駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大涌谷駅
大涌谷駅の新駅舎(2013年6月撮影)
大涌谷駅の新駅舎(2013年6月撮影)
おおわくだに - Ōwakudani
OH 62 早雲山 (1.5km)
(1.2km) 姥子 OH 64
所在地 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原
駅番号 OH 63
所属事業者 Hakone Rope Way 箱根ロープウェイ
所属路線 HakoneTozan 箱根ロープウェイ
キロ程 1.5km(早雲山起点)
開業年月日 1959年昭和34年)12月5日
備考 標高1044m
旧駅舎(2008年4月)

大涌谷駅(おおわくだにえき)は、神奈川県足柄下郡箱根町にある箱根ロープウェイである。標高1044m。

概要[編集]

箱根ロープウェイの中間駅であるが、当駅で分断されているため、早雲山駅方面と桃源台駅方面は当駅で乗り換えとなっている。

2000年1月までの旧型ロープウェイ時代は、乗車したままで当駅を通過できたが、2000年1月から2002年6月まで行われた当駅 - 早雲山駅間の新型ロープウェイへの架け替え工事完成以降、乗換駅となった。

2006年6月1日から2007年5月31日まで、当駅 - 桃源台駅間も新型ロープウェイへの架け替え工事が行われ、2007年6月に全線新型ロープウェイとなって再開したが[1]、当駅を境に設備が分かれているため、引き続き乗り換えが必要となっている[2]

歴史[編集]

  • 1959年(昭和34年)12月5日 - 開業[3]。当初の終着駅[3]
  • 1960年(昭和35年)9月7日 - 当駅 - 桃源台間開業により中間駅となる。
  • 2012年(平成24年)4月17日 - 経年による建替え工事(総工費約10億円)のため仮設駅舎での営業を開始[4]
  • 2013年(平成25年)4月24日 - 新駅舎での営業を開始。

駅構造[編集]

現在の駅舎は2013年4月22日に営業開始したもので、地下1階、地上2階建てで大涌谷噴煙地の雄大な景観と調和したものとなっている。レストラン「大涌谷 駅食堂」、売店「大涌谷 駅の店」が駅舎内で営業している[5]

当駅には、当駅から早雲山駅までの路線のロープウェイを運行する源となる原動設備が設置されている[3]

駅周辺[編集]

  • 大涌谷
    • 大涌谷くろたまご館(旧・大涌谷観光センター)

路線バス[編集]

伊豆箱根バスの大涌谷バス停がある。

隣の駅[編集]

Hakone Rope Way HakoneTozan 箱根ロープウェイ
早雲山駅 (OH 62) - 大涌谷駅 (OH 63) - 姥子駅 (OH 64)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]