大涌谷駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大涌谷駅
New-Ōwakudani.JPG
大涌谷駅の新駅舎(2013年6月撮影)
おおわくだに
Owakudani
OH 62 早雲山 (1.5 km)
(1.2 km) 姥子 OH 64
所在地 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1251
北緯35度14分39.5秒 東経139度1分11.8秒 / 北緯35.244306度 東経139.019944度 / 35.244306; 139.019944座標: 北緯35度14分39.5秒 東経139度1分11.8秒 / 北緯35.244306度 東経139.019944度 / 35.244306; 139.019944
駅番号 OH63
所属事業者 箱根ロープウェイ
所属路線 箱根ロープウェイ
キロ程 1.5 km(早雲山起点)
開業年月日 1959年昭和34年)12月5日
備考 標高1044m
テンプレートを表示
旧駅舎(2008年4月)

大涌谷駅(おおわくだにえき)は、神奈川県足柄下郡箱根町仙石原にある箱根ロープウェイである。駅番号はOH 63

概要[編集]

箱根ロープウェイの中間駅であるが、当駅を境に設備が分かれているため、早雲山駅方面と桃源台駅方面は当駅で乗り換えとなっている。

旧型ロープウェイ時代は、乗車したままで当駅を通過できたが、2002年から2007年にかけて行われたロープウェイの架け替え・更新工事により[1]、当駅でロープウェイの運転系統が分割されることとなった。

歴史[編集]

  • 1959年(昭和34年)12月5日 - 開業[2]。当初の終着駅[2]
  • 1960年(昭和35年)9月7日 - 当駅 - 桃源台間開業により中間駅となる。
  • 2012年(平成24年)4月17日 - 経年による建替え工事(総工費約10億円)のため仮設駅舎での営業を開始[3]
  • 2013年(平成25年)4月24日 - 新駅舎での営業を開始。
  • 2015年(平成27年)5月6日 - 箱根山の噴火警戒レベルが2に引き上げられたことにより[4]、箱根ロープウェイ全線運休[5]
  • 2016年(平成28年)
    • 4月23日 - 姥子駅 - 当駅間の運行が再開。ただし、火山ガスの影響のため駅舎外に出ることはできず、駅舎内も一部の立ち入りのみとされる[6]
    • 7月26日 - 全線再開[7]

駅構造[編集]

現在の駅舎は2013年4月22日に営業開始したもので、地下1階、地上2階建てで大涌谷噴煙地の雄大な景観と調和したものとなっている。レストラン「大涌谷 駅食堂」、売店「大涌谷 駅の店」が駅舎内で営業している[8]

当駅には、当駅から早雲山駅までの路線のロープウェイを運行する源となる原動設備が設置されている[2]

駅周辺[編集]

  • 大涌谷
    • 大涌谷くろたまご館(旧・大涌谷観光センター)

路線バス[編集]

伊豆箱根バス大涌谷バス停(停留所番号:OH63/849)がある。一部の同系統のバスは経由しない。

隣の駅[編集]

箱根ロープウェイ
OH 箱根ロープウェイ
早雲山駅 (OH 62) - 大涌谷駅 (OH 63) - 姥子駅 (OH 64)

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]