冠山 (岐阜・福井県境)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
冠山
Kanmuriyama fron road 2008-11-13.jpg
冠山林道から望む冠山
標高 1,256.60[1] m
所在地 日本の旗 日本
岐阜県揖斐郡揖斐川町
福井県今立郡池田町
位置 北緯35度46分47秒
東経136度24分34秒
座標: 北緯35度46分47秒 東経136度24分34秒[2]
山系 両白山地(越美山地)
冠山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

冠山(かんむりやま)は、両白山地南部の越美山地の岐阜県福井県にまたがる標高1,257 mである。揖斐川及び九頭竜川支流足羽川(あすわがわ)の源流となる山で、冠山峠がその分水嶺となっている。

概要[編集]

鋭く尖った型の特徴のある山容[3]を冠山林道からも望むことができる。日本各地には同様な烏帽子形の特異な山容の冠山があり、その山容が山名の由来となっている[4][5]。岐阜と福井の県境の冠山峠には両自治体石碑(美濃国揖斐川町、美濃国徳山村、美濃国藤橋村、越前国池田町)があり、冠山及び金草岳の登山口になっている。この峠の下には、国道417号を繋ぐ冠山峠道路の大規模なトンネル建設の計画がある[6]。岐阜県側の山腹はかつてはブナ林であったが、戦後ほとんどが伐採された[7]。「日本三百名山[3]、「ぎふ百山[8]、「21世紀に残したい日本の自然百選[4][9]のひとつに選定されている。

登山道[編集]

南側のシタ谷から南面の岩壁を登攀する難コースなどの3ルートは廃道となった[5][10]林道冠山線開設後に冠山峠から登山道が整備されて、約1時間ほどで登頂できるようになった[7][10][11]。冠山峠から尾根づたいにいくつかの少ピークを越えてブナ原生林の中を進むルートである。山頂直下の北側は冠平(かんむりだいら)と呼ばれ、遭難碑がある。1955年昭和30年)11月6日に沢沿いのルートで2名が遭難した事故の慰霊碑である[4]。周辺はクマザサに覆われ、ニッコウキスゲコバイケイソウなどの花が見られる平坦地で[7]、正面には冠山頂上がそびえる。山頂部の北側の岩肌の急斜面にはロープが設置されていて、山頂には三等三角点(点名が「冠山」)[1]が設置されている。奥美濃唯一の岩峰である山頂は人が10人ほど座れる程度であるが、遮るものがなく360°の展望が得られる[12]。下りの所要時間はおよそ45分[7]。山頂周辺ではイワカガミササユリタテヤマリンドウホンシャクナゲなどの花も見られる[4][7][12]

地理[編集]

周辺の主な山[編集]

冠山から望むクマザサに覆われた冠平(右下)、遠景は白山

両白山地南部の越美山地の山である。西側にある金草岳との鞍部に冠山峠がある。

山容 山名 標高
(m)[1][2]
三角点等級
基準点名[1]
冠山からの
方角と距離(km)
備考
冠山峠から望む白山(2014年11月8日) 白山 2,702.17  一等
「白山」
16 cardinal points NE.png北東 52.9 日本百名山
杓子岳から望む荒島岳(2005年4月9日) 荒島岳 1,523.49  一等
「荒島山」
16 cardinal points NE.png北東 24.4 日本百名山
冠山から望む金草岳(2008年11月13日) 金草岳 1,227.14  二等
「塚奥山」
16 cardinal points W.png西 4.5
花房山から望む冠山(2012年11月25日) 冠山 1,256.60  三等
「冠山」
16 cardinal points O.png 0 日本三百名山
前山から望む能郷白山(2010年4月4日) 能郷白山 1,617.33  一等
「能郷白山」
16 cardinal points E.png東 9.7 日本二百名山
夜叉ヶ池山から望む三周ヶ岳(2008年11月6日) 三周ヶ岳 1,292.02  一等
「三周岳」
16 cardinal points SW.png南西 14.5
南側の前衛峰から望む小津権現山(2010年3月22日) 小津権現山 1,157.79  二等
「小津」
16 cardinal points SSE.png南南東 21.7

源流の河川[編集]

花房山から望む徳山湖と周辺の山

以下が主な源流の河川で、揖斐川太平洋へ、他は日本海へ流れる。

周辺の峠[編集]

  • 冠山峠 - 林道冠山線、山頂から西北西1.8 kmに位置する。標高1,015 m。
  • 桧尾峠[7] - 山頂から西北西3.4 kmに位置する。
  • 温見峠 - 国道157号 、山頂から東9.9 kmに位置する。標高1,050 m。

交通・アクセス[編集]

冠山周辺の風景[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 基準点成果等閲覧サービス”. 国土地理院. 2012年7月22日閲覧。
  2. ^ a b 日本の主な山岳標高(岐阜県)”. 国土地理院. 2012年7月22日閲覧。
  3. ^ a b c 日本三百名山 (1997)、232頁
  4. ^ a b c d 福井県の山 (2010)、58-59頁
  5. ^ a b 新日本山岳誌 (2005)、1209-1210頁
  6. ^ 冠山峠道路 (PDF)”. 国土交通省近畿地方整備局. 2012年7月22日閲覧。
  7. ^ a b c d e f 岐阜県の山 (2009)、100-101頁
  8. ^ 岐阜県山岳連盟 『ぎふ百山』 岐阜新聞社、1987年7月。ISBN 4905958474
  9. ^ 21世紀に残したい日本の自然100選”. 森林文化協会 (1983年). 2012年7月22日閲覧。
  10. ^ a b 日本の山1000 (1992)、525頁
  11. ^ 岐阜の山旅 (2005)、103-104頁
  12. ^ a b 名古屋周辺の山 (2010)、260-261頁
  13. ^ 『コンサイス日本山名辞典』 徳久球雄(編集)、三省堂1992年10月、修訂版、151頁。ISBN 4-385-15403-1

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]