池田町 (福井県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いけだちょう ウィキデータを編集
池田町
水海の能舞
地図
町庁舎位置
池田町旗 池田町章
1964年9月1日制定
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
都道府県 福井県
今立郡
市町村コード 18382-2
法人番号 2000020183822 ウィキデータを編集
面積 194.65km2
総人口 2,176[編集]
推計人口、2024年3月1日)
人口密度 11.2人/km2
隣接自治体 福井県:福井市大野市越前市鯖江市南条郡南越前町
岐阜県揖斐郡揖斐川町
町の木 スギ
町の花 しゃくなげ
池田町役場
町長 杉本博文
所在地 910-2512
福井県今立郡池田町稲荷35号4番地
北緯35度53分25秒 東経136度20分39秒 / 北緯35.89028度 東経136.34414度 / 35.89028; 136.34414 (池田町)座標: 北緯35度53分25秒 東経136度20分39秒 / 北緯35.89028度 東経136.34414度 / 35.89028; 136.34414 (池田町)
池田町役場
外部リンク 公式ウェブサイト

池田町 (福井県)位置図

― 市 / ― 町・村

ウィキプロジェクト
テンプレートを表示
龍双ヶ滝
池田町のかずら橋

池田町(いけだちょう)は、福井県嶺北地方にあるである。同町のみで今立郡を構成する。

内陸の山間部にあり、町域の約9割は森林で、福井県でも有数の豪雪地帯という山間僻地である[1][2]

伝統芸能の能楽、それに伴う能面芸術の文化を受け継いできた。

地理[編集]

主な居住域は、周囲を山で囲まれた海抜150〜250m程度の場所に若干広がっている谷間。日本有数の豪雪地帯であり、町全域が特別豪雪地帯の指定を受けている。

隣接している自治体[編集]

以下の6市町と隣接している。

福井県
岐阜県

このうち、鯖江市と接しているのは福井市・越前市を含む4市町境となっている山頂1点のみ。また、南越前町・大野市と接続する道路はいずれも冬季閉鎖となる。

人口[編集]

池田町と全国の年齢別人口分布(2005年) 池田町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 池田町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

池田町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

過疎地域自立促進特別措置法2条1項により過疎市町村に指定されている。2015年国勢調査において北陸地方3県(新潟県を含まず)では、唯一の村である富山県中新川郡舟橋村を下回り、人口最少の市町村となっている。

健康[編集]

歴史[編集]

沿革[編集]

  • 1955年(昭和30年)3月31日 - 今立郡上池田村及び下池田村が合併して、今立郡池田村が発足する[3]
  • 1964年(昭和39年)9月1日 - 今立郡池田村が町制施行して、今立郡池田町となる[3]

行政[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

1985年(昭和60年)から2005年(平成17年)までの間、上記7市町の持ち回りで毎年1回の「全国池田サミット」が開かれていた。

町職員間の結婚に伴う退職慣行[編集]

1993年から、町職員同士が結婚した場合、夫婦どちらかに退職を促す慣習があり、憲法違反のおそれがあると指摘された[4][5][6]。この慣習は、採用時に説明されない「暗黙のルール」であり、2020年からの過去20年で3組ほどの夫婦が対象になったが、2人とも役場に残った例はない[7]。一方、2020年以降は退職勧奨が1度あったが、実際には退職しなかったという[8]。2020年8月の町議会で問題が取り上げられ、町の職員組合も撤廃の要望書を出しているが、町側は「職員の高い給与水準を批判する町民感情」「人事ローテーションの制約」「過去に退職した人がいるので、今更やめたら不公平」などを理由に「撤廃する予定はない」と回答している[7][9]。2024年3月の町議会で質問が挙がった際、副町長の溝口淳は「人事配置上の制約がある」などと述べ、今後も継続することが改めて示されている[8][10]

移住希望者向け「七か条」[編集]

2023年初時点の人口は約2300人で30年でほぼ半減し、高齢化率は45%と全国平均(29%)を上回る[1]。多くの自治体と同様に移住者を誘致しており、年20~30人程度が町外からやって来る[1][11]雪かき草刈りなどの共同作業に移住者が参加したがらないといった声が元からの住民にあり、33集落の区長会が『池田暮らしの七か条』を定め、2023年1月の町広報誌やウェブページに掲載した[1][12][13]。集落の一員という自覚が望まれること、地域行事が多く都市にはなかった面倒さ、プライバシーが無いと感じるほどのお節介さがあることを説明し、移住当初はどんな人で、なぜ池田町へ来たかなど「品定めされることは自然」であり、「都会風を吹かさないよう心掛けてください」などと注意喚起する内容である[11]。これが報じられるとインターネット上では、「排他性の極み」「上から目線」といった批判が相次ぎ、移住してきた町民でも不快感や恐怖を覚えたという意見が出た[14][1][11]

これに対して町役場は、「意図が伝わるようにすべきだった」としつつ、景観や伝統文化は濃いコミュニティーの努力で守られてきたことを知ってもらい、移住後に「知らない」「聞いていない」となる事態を避けるための心得として作成したもので、文面は変えず、さらに集落ごとの慣習をまとめた冊子を作成してよく説明していくと取材に答えている[1][11]。農村研究や移住支援の専門家からも、表現に工夫の余地があるとしつつ、ミスマッチやトラブルを避けるために、一見マイナス面に思える情報も率直に発信することは意義があるという評価・コメントが出ている[1][11]

町内の各地区は移住者を含めた相互扶助の役割も担っているほか、町議会選挙においては「組織票」として機能する面もあり、立候補に際しては地区内で事前に了解を得ることが有利とされる[15]

経済[編集]

産業[編集]

農業[編集]

町全体で有機栽培への取り組みが進んでおり、日本農林規格(JAS)の有機認証ではなく、池田町独自の認証制度「ゆうきげんき正直農業」を作り、化学肥料なし、農薬も可能な限り使わない米や野菜づくりを行っている[16][17]。主体は作りで、除草剤の量を制限した米は「うららの米」の名でブランド化され、家庭から出る生ゴミと池田牛の糞で作った堆肥は「土魂壌(どこんじょう)」の名で一般販売もされている[18]。毎朝収穫されたものの一部が福井市の大型商業施設に開いた同町のアンテナショップへ運ばれ直売、都市部の消費者の人気を呼んでいる。

商業[編集]

2011年(平成23年)4月に唯一の観光物産店「こってコテいけだ」がオープンした[19]

コンビニエンスストア、スーパーマーケット、ドラッグストアは平成時代末期まで1軒もなかった[20][21]。2018年(平成30年)8月、町役場の西面向かいに福井県内資本のドラッグストアであるゲンキー池田稲荷店(現・池田町店)が開業した。

健康[編集]

  • 平均年齢 51.9歳(2005年国勢調査)
福井県の現行市町、調査当時の市町村いずれにおいても最も高い。
  • 町内の医療機関は診療所2か所(内科・小児科)、歯科1か所がある。

教育[編集]

池田町立図書館

中学校[編集]

小学校[編集]

図書館[編集]

  • 池田町立図書館 - 1995年(平成7年)10月開館。書店がない池田町における情報発信の拠点施設と位置付けられている[22]

交通[編集]

鉄道路線[編集]

池田町を鉄道路線は通っていない。鉄道を利用する場合は、JR西日本北陸新幹線福井駅や、ハピラインふくいハピラインふくい線武生駅など。

バス・乗合タクシー路線[編集]

いずれも本数は少ない。町内区間はバス停留所標識のない経路上でも乗降可能としている。

  • 福井鉄道(福鉄バス) - 池田線
  • 池田町 町民協働バス「マイバス」(2019年4月に京福バス池田線から転換)
    • 北陸新幹線ほかの福井駅(福井市)との間の乗合タクシー路線。概ね足羽川に沿う経路(国道158号 - 県道武生美山線 - 国道476号)で町内に入り、福井駅から町役場まで約1時間。福井市内の乗降地点は福井駅東口(一乗谷口)・県立中等学校前・総合病院などに限られ、両市町に跨がる利用のみ可能。平日の一部便、土休日全便はデマンド運行につき役場へ要予約。
  • 池田町 町民バスなかま号
    • 町役場を拠点に町内常住集落を網羅するコミュニティバス。小人50円、大人100円。土休日運休。
  • 福井市 美山地域バス(味見ルート)
    • 町内には乗り入れていないが、町北端部の福井市境に面する松ヶ谷集落であれば越美北線美山駅を発着するコミュニティバスを利用し、福井市側の隣接集落にある「折立」停留所から国道476号で約800 mと比較的近い。

道路[編集]

福井県の市町では唯一、高速道路地域高規格道路の供用および整備計画がない。高速道路の最寄はE8北陸自動車道福井ICまたは武生ICである。

一般国道[編集]

町内を走る一般国道
  • 国道417号
    • 岐阜・福井県境部の車両通行不能区間を解消する工事が冠山付近で進められた(冠山峠道路)。県境を越える全長約4.8 kmとなるトンネルが2020年11月に貫通、2023年11月19日に開通した[25]
    • また、勾配線形の良くない越前市境部においても新たなトンネルを設けるなどの改良工事が進められている(板垣坂バイパス)。こちらも2022年4月に全長約2.5 kmのトンネルが貫通し、2024年度の供用見通しとなっている。
    • この路線は岐阜県側でも同名の町を経由するため、同県内の案内標識では本町が「福井県池田」と表記されている場合もある。
  • 国道476号

都道府県道[編集]

町内を走る県道
岐阜県へ抜ける代替道路
  • 林道冠山線 - 例年11月頃から5月頃まで冬季閉鎖となる。

通信・郵便[編集]

電話[編集]

町内の固定電話市外局番は、武生MA(単位料金区域)と同一の範囲を持つ0778で統一されており、以下の区域への通話は市外局番不要かつ市内通話料金が適用される。

なおNTT西日本による級局区分は、2級局である。

郵便番号[編集]

  • 池田郵便局 〒910-25xx(町内全域)

名所・旧跡・観光スポット[編集]

祭事・催事[編集]

  • 水海の田楽・能舞2月15日:鵜甘神社、国の重要無形民俗文化財
  • 能面祭(2月6日、須波阿須疑神社)[27]
  • 池田大祭(6月9日-11日、須波阿湏疑神社)[28]
  • 池田追分け(6月9日および盆、須波阿湏疑神社、県無形民俗文化財)[29]
  • さかずき取り(9月、清水谷八幡神社)
  • 能楽の里池田マラソン(10月)

出身有名人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 正直すぎる移住案内 ダメなの?福井県池田町 広報誌が物議「都会風NG」「品定めされることは自然」東京新聞』朝刊2023年2月11日(特報面)2023年2月15日閲覧
  2. ^ 『過疎地域自立促進計画(平成28年度~32年度)』(福井県池田町)p.20
  3. ^ a b 福井県池田町 町勢要覧 資料編 2017Ver.
  4. ^ “役場内結婚、どちらかに退職促す慣習 池田町、高い給与への住民感情理由”. 福井新聞. (2020年8月10日) 
  5. ^ 町役場の職員同士結婚、夫婦どちらかに退職求める…「婚姻の自由」の侵害?”. 弁護士ドットコム (2017年12月17日). 2023年2月8日閲覧。
  6. ^ 職員同士結婚はどちらか退職の慣例”. 毎日新聞 (2017年12月13日). 2023年2月8日閲覧。
  7. ^ a b 今どき?「職員同士の結婚、どちらか退職」 福井・池田町の暗黙ルール、弁護士「ハラスメントだし違法」とバッサリ”. J-CASTニュース (2020年8月12日). 2023年2月8日閲覧。
  8. ^ a b 町職員同士で結婚したらどちらか退職を…勧奨内規を継続 福井県池田町会で副町長「人事配置上の制約ある」」『福井新聞』2024年3月14日。2024年3月14日閲覧
  9. ^ “役場内結婚、どちらかに退職促す慣習 池田町、高い給与への住民感情理由”. 福井新聞. (2020年8月10日) 
  10. ^ 町職員同士の結婚に「退職勧奨」 福井・池田の内規が物議、離職も”. 朝日新聞 (2024年3月14日). 2024年3月17日閲覧。
  11. ^ a b c d e 移住者に「都会風吹かすな」福井・池田町が七か条「品定めされる」表現物議『毎日新聞』夕刊2023年2月15日(社会面)同日閲覧
  12. ^ 「池田暮らしの七か条」「池田暮らしのテキスト」について”. 池田町 (2023年1月27日). 2023年2月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年2月8日閲覧。
  13. ^ 『広報いけだ』2023年1月号” (PDF). 池田町. 2023年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年2月8日閲覧。
  14. ^ 移住者に「都会風やめて」広報誌に提言、福井・池田”. 共同通信 (2023年2月8日). 2023年2月8日閲覧。
  15. ^ 「七か条」の町 移住者が立候補したら/福井・池田町議会「出ること地区に報告した?」住民と協力 町盛り上げたい『朝日新聞』夕刊2023年4月22日(社会面)2023年4月27日閲覧
  16. ^ ゆうきげんき正直農業認証事業”. 池田町農業公社. 2023年2月8日閲覧。
  17. ^ オーガニックとはどういう意味?基準や目的、有機との違いなどを解説”. UMM. 2023年2月8日閲覧。
  18. ^ 岡島慎二、土屋幸仁『日本の特別地域 特別編集65 これでいいのか 福井県』p.93マイクロマガジン社 2014年)
  19. ^ まちの市場「こってコテいけだ」公式サイト
  20. ^ いけだ暮LASSEL(池田町役場内). “池田に住んではいけない10の理由”. 2019年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。
  21. ^ 池田町に住むとしあわせな理由 いけだ暮LASSEL(池田町役場内)
  22. ^ 池田町立図書館再整備基本構想 池田町、2018年3月
  23. ^ 福井鉄道とヤマト運輸が路線バスで宅急便を輸送する「客貨混載」を開始』(プレスリリース)ヤマト運輸・福井鉄道、2018年8月8日http://www.yamato-hd.co.jp/news/h30/h30_37_01news.html2019年8月13日閲覧 
  24. ^ “福井鉄道とヤマト 路線バスで「貨客混載」”. 日本経済新聞. (2018年8月8日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33947570Y8A800C1LB0000/ 2019年8月13日閲覧。 
  25. ^ 国道417号 冠山峠道路 令和5年11月19日(日)に開通します 〜県境を結ぶ冬期の安定的な交通が確保されます〜” (PDF). 国土交通省近畿地方整備局 福井河川国道事務所 (2023年9月29日). 2023年11月19日閲覧。
  26. ^ 本家・徳島直伝、スリル満点 かずら橋(福井県)朝日新聞(2010年7月23日)
  27. ^ 貴重な能面を公開する伝統の「能面祭」 池田町”. NHK (2023年2月6日). 2023年2月8日閲覧。
  28. ^ 須波阿須疑神社・稲荷の大杉 いけだ農村観光協会(2016年3月20日)
  29. ^ 池田追分け 福井の文化財

関連項目[編集]

外部リンク[編集]