合歓山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
合歓山
Hehuanshan Cuesta.JPG
合歓山
標高 3,417 m
所在地 台湾の旗 台湾 南投県花蓮県
位置 北緯24度08分33秒
東経121度16分17秒
座標: 北緯24度08分33秒 東経121度16分17秒
合歓山の位置
合歓山
合歓山の位置(台湾
テンプレートを表示

合歓山(ごうかんざん、合歡山, 拼音: Héhuān Shān)は台湾花蓮県南投県の境界に位置する、海抜高度 3,417 メートルの山。台湾の主要な河川である大甲渓濁水渓立霧渓の分水嶺で、三等三角点 6388 号がある。冬季は雪化粧が見られることから「雪郷」の呼び名がある。

[編集]

合歓山は七つの峰、合歓主峰(3,417 m)、合歓山北峰(3,422 m)、合歓山東峰(3,421 m)、合歓山西峰(3,145 m)、石門山(3,237 m)、石門北峰(3,278 m)、合歓尖山(3,217 m)が連なっている。合歓主峰は合歓群峰中の最高峰であるが眺望が果てしなく広いため、以前は軍事管制区でかつて軍隊が駐留しており、一般人は立ち入れなかった。現在は軍隊は撤退し、山頂および電気通信業者の無線通信基地を除いて登山客に開放されている。