ブギーポップシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブギーポップシリーズ
ジャンル 学園小説
セカイ系
小説
著者 上遠野浩平
イラスト 緒方剛志
出版社 アスキー・メディアワークス
(旧・メディアワークス
レーベル 電撃文庫
刊行期間 1998年2月 -
巻数 既刊18巻
漫画
漫画:ブギーポップは笑わない
原作・原案など 上遠野浩平
作画 緒方剛志
出版社 メディアワークス
掲載誌 電撃hp電撃Animation Magazine
レーベル DC animation magazine wide
発表号 1999年9月号 - 2001年5月号
電撃hp:12号 - 18号
発表期間 1999年8月7日 - 2002年6月18日
巻数 全2巻
漫画:ブギーポップ・デュアル
負け犬たちのサーカス
原作・原案など 上遠野浩平
作画 高野真之
出版社 メディアワークス
掲載誌 コミック電撃大王
レーベル Dengeki comics
発表号 1999年11月号 - 2000年10月号
発表期間 1999年10月18日 - 2000年9月18日
巻数 全2巻
アニメ
アニメ:ブギーポップは笑わない
Boogiepop Phantom
原作 上遠野浩平
監督 渡部高志
シリーズ構成 村井さだゆき
脚本 村井さだゆき、水上清資
野尻靖之
キャラクターデザイン 須賀重行
音楽 The Art of Club For B.P.
アニメーション制作 マッドハウス
製作 プロジェクト・ブギーポップ
放送局 放送局参照
放送期間 2000年1月5日 - 3月22日
話数 全12話
映画
映画:(実写)ブギーポップは笑わない
Boogiepop and Others
監督 金田龍
制作 メディアワークス博報堂
東映ビデオ
封切日 2000年3月11日
上映時間 109分
テンプレート - ノート 
ウィキプロジェクト ライトノベル漫画アニメ
ポータル 文学漫画アニメ

ブギーポップシリーズ』は、上遠野浩平による日本のライトノベルシリーズ。第1作『ブギーポップは笑わない』は第4回電撃ゲーム小説大賞受賞作品で、著者のデビュー作でもある。イラストは緒方剛志が担当。

概要[編集]

"世界の敵"と戦うために一人の少女の中から浮かび上がってくる、ブギーポップと名乗る人格と、様々な夢や、希望や、あきらめや、悩みや、いろいろな思いを持っている少年少女達の物語。「ブギーポップ(不気味な泡)」とは、周囲に異変を察知した時に自動的に人格が浮かび上がってくることを由来とする、同名のキャラクターの自称を指す。

この作品のヒットが『ブラックロッド』(古橋秀之著)によって源流が作られた電撃文庫の個性を形作る流れをより強め、ライトノベルのレーベルの中での電撃文庫の位置づけをより確定的なものにすると共に、ライトノベル界に大きな影響を与えた[1]。シリーズ累計発行部数は2010年8月現在で420万部を突破している[2][3]

海外アーティスト名を元にしたMPLS能力名の取り方など、荒木飛呂彦の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の影響を強く受けており、文章中にもオマージュ的な表現が見受けられる。

作者自身は一作目で『笑わない』は完結しており、その後のシリーズ作品は『笑わない』の姉妹作に当たると説明している[4]

後進に与えた影響も大きく、西尾維新は本作ひいては上遠野浩平の作品が、執筆業を志した決定打であったと度々インタビューで答えている。上遠野との対談の際には、自身のデビュー作である『戯言シリーズ』が本シリーズのオマージュ、『人間シリーズ』が『ビートのディシプリンシリーズ』のオマージュであることを明かしていた[4]時雨沢恵一は本作を読み、「電撃ゲーム小説大賞(現・電撃小説大賞)」への投稿を決めたと語っているほか、奈須きのこ武内崇とその実兄にある日突然「これがお前のやりたいことだ!」と、本作を見せられて宣言されたと述べている[4]。また、佐藤友哉も強い影響を受けたことが明かされている[4]


登場人物[編集]

用語[編集]

下記のいくつかは他の上遠野作品にも多く登場しており、そういった用語は説明を補足して表記する。

深陽学園
竹田、藤花ら何人かの登場人物が通う高校。いくつかの事件の舞台にもなっている。なお、テレビアニメ版での呼び名は「しんようがくえん」だが、正式な呼び名は著者が決めていないため不明[5]
世界の敵
この世界の持つ可能性を閉ざしてしまう危険を秘めた存在だと言われており、MPLS(後述)能力者がそれとなっていることが多い。敵となる条件は、その対象の「意思」と「能力」の方向性で決定されている。敵となっているものはMPLS能力を有するための価値観ゆえに、意思の方向性が変容、決定している場合がほとんど。「死」や「諦め」など、何らかの事象、概念を体現する存在であり、それで世界を満たそうとする意思を持つ者、さらにその意思がなくとも存在するだけで影響を及ぼす者(植物や微生物、はては力場エネルギーや、能力者本人が死亡したため残ったMPLS能力のみの存在、いわば幽霊に近いものなども含む)が敵として該当する。他にも、MPLS能力者本人が自覚しないまま、能力の強大さのみが肥大化した事例もある。
統和機構(後述)でもMPLSの排除活動は行われているが、中枢であるオキシジェンは真に危険な敵は何者かが常に排除しており、自分達はそのセンサーにも掛かっていない小物を処理しているに過ぎないと気づきつつある。
反統和機構組織のように(裏の世界で)表立って、世界への反意や悪意を示す訳ではなく、それまでの自身の日常生活を送り続けながら、水面下で自身の欲望や悪意を満たしている者が多い。そのため、平穏に見えて変化が無いように思える日常においても、常に多くの大小様々な世界の敵が潜んでいる。危険度の大小はあっても、世界の敵そのものは希少性のある特別な存在ではない。前述のように能力が発現しても本人の自覚がないまま、一気に世界を滅亡に追い込む事態になりながらも、半日と立たずにブギーポップに能力だけを殺された「敵」なども存在している。
MPLS
「人類の進化した姿」といわれている、何らかの特殊能力をもつ人間、およびのその能力そのものを指す。統和機構が管理、監視しようとする最優先対象である。物理的影響を及ぼすものから、他者心理への影響を直接的に起こすものなど様々。
合成人間のベースとなる能力もMPLSの研究成果の一端であるが、比較してMPLSの方が強力な存在が多く、特に心理的に影響を及ぼす能力は他者には認識されにくい効果を持っているため、一見すると大した能力とは思えなくても、世界にとっては合成人間とは比較にならない危険性を孕む。その中からさらに、世界の敵になった者は統和機構の存在にも気づいている場合が多く、合成人間すら利用、駆逐してその活動を拡大していく。ブギーポップシリーズの姉妹作『ヴァルプルギスの後悔』では「人の思考の隅で眠っている、世界に影響を与える、非現実的な作用をする力」と説明された。
なお、合成人間からもMPLSへと目覚める者は存在しており(その場合は合成人間の能力とMPLSの能力の両方が扱える[6])、加えて「MPLS=世界の敵」というわけではない。
自動的存在
世界規模での要因によって、人の内から自動的に浮かび上がる存在。常人の内から全く異なる人格を持って現れるため、他者からは二重人格者のように写り、ベースになった人間の体を借りているようにも見える。発現するための理由や目的はそれぞれ異なっており、特定の場所での何らかの事象が起こりえると感知された場合に、自動的存在は機構的に現れ事態を処理する。
本シリーズにおいて登場し、判明している自動的存在はブギーポップ、歪曲王、プーム・プームの3名(『ロンドン・コーリング』では19世紀に現れた「切り裂きジャック」も世界の敵を排除する自動的存在とされ、その自動性はジャックの子孫にも継承されていた)。また、水乃星透子は自己の意識を残しながら、その行動力と意思の力が自動的な存在と変わりないほどに強大な存在であったため、「半自動的な存在」と成りえていた。ブギーポップとプーム・プームは「世界の敵の敵」として機能しており、プーム・プームの言によれば彼らは「世界の敵に対してのカウンター・抑止力」となる者と明かされている。ただし、ブギーポップ自身の敵であった水乃星透子が死亡した後も、彼が浮き上がる理由は不明となっている。
合成人間はおろかMPLSとも比較にならない規模の能力を持ちながら、統和機構も捕捉すら出来ていない感知外の存在である。
突破
水乃星透子の目指すもの。詳細は明らかにされていないが、彼女は集めた"死"によってそれを果たそうとしていたことが判明している。また、エンブリオが「素質のある者」からその才能を引き出し、それを果たす現象、行為を示す。
統和機構
この世界を裏で操っていると言われる存在。中枢アクシズ)と呼ばれる存在によって統制されているが、その実体は組織と言うより「システム」と言った方が正確と言える。
虚空牙であるエコーズの捕獲に成功することで合成人間の製造技術を実質独占し、世界中のあらゆる場所、政治経済エリートから地域社会の隅々に至るまでに端末と呼ばれる構成員をおく。戦闘用合成人間などの戦力や開発技術はほぼ独占、強力なMPLSなども多く保有しており、様々な反統和機構組織は有する戦力から規模に至るまでその比較対象とは成り得ていない。構成員は中枢の名で発せられる命令に従って動き、MPLSの探索および危険と判断された場合の排除を主な活動内容とする。
その活動目的は、MPLSを進化した人間であると仮定し、現在の人間種を守るために成り立っている。そのため、作中でその存在意義を表す際には「未来に抵抗する現在」とされていた。彼らが”敵”と定める判定基準はMPLSが主であるが、その中には世界の敵として覚醒しているものが含まれていることがある。この点でブギーポップの目標と交差していることが幾度かあった様子。
設立の起源は魔女の一人アルケスティスが、自身の「敵」に対するために組み上げたシステムである。しかし長い年月に渡って繰り広げられているその戦いの最中、MPLS殲滅という自らの役割を果たしながらもシステム内部に属する者達(特に中枢)は、魔女たちに対する策を同時に張り巡らせて行くこととなった。
中枢(アクシズ)
統和機構のエージェントたちが受けた命令の発信者を漠然と指すときに用いられる言葉であるが、統和機構全体の最高指揮権を有する存在そのものを指す言葉でもある。実体は統和機構のエージェントたちにすら不明で、絶対的な存在である個人、複数の権力者による会議、スーパーコンピューターなど様々な説がある。現在はある一人の人物が中枢と同義の存在を果たしている。また、後継者と目される人物も複数登場しており、一定の期間ごとに代替わりする(現中枢がかつてその座を争ったのは数百年前)。
合成人間
人工的に造られた特殊能力をもつ生体兵器。基本的にはエージェントとしての任務を遂行するために、一般社会に極普通に溶け込んで生活している。その製造技術は統和機構のみが所持しているが、稀にキトやコールド・メディシン(蒼衣秋良)のように流出した技術で他の組織によって造られた者もある。組織内に類似した能力を扱う者のいない個体は能力名とコードネーム(本名)が同じである。
身体能力や戦闘能力は常人に比べて高く、科学物質や技術を用いたことで発動する特殊な能力を持つ。本編中で確認されている能力は「戦闘型」「殲滅型」「索敵型」「洗脳型」「万能型」など。この内洗脳型のスプーキーは「C」、戦闘型のユージンは「B」に該当するタイプであったと語られている。また、製造コストが高い「スーパービルド」と呼称される特別製の合成人間も存在しており、その能力の影響効果は通常の合成人間と比較して高い。
本シリーズの姉妹作である『ビートのディシプリン』では、合成人間誕生の秘密が明かされている。合成人間は完全にゼロから造る方式と、普通の人間に投薬して強制的に進化させたものの2種が存在しており、前者にスプーキー、後者にピート・ビートや矢嶋万騎などが該当する。
I.C.E [アイス] (In・Complete Error)
統和機構が定義する、未完成、失敗作(本来の製作意図とは異なる能力が発生した)の合成人間を指す。統和機構の面々からは隠語で「ワンオフ」と呼ばれる。
正義の味方
黒田慎平が霧間凪に問われて回答した、自身がなりたいと思う理想の存在。ここでいう正義の味方は何者にも縛られることなく、ただ純粋に救い良いことをする、またそれを出来る者を指す。この考え方は凪のメサイアコンプレックスの源ともなっており、彼女の行動原理に強い影響を与えている。上遠野作品には少数ながらも重要な意義をともなって登場する用語であり[7]、こういった存在に該当する人物は、例外なく際立った意思の強さを持つ者達である。
MCE(ムーンコミュニケーションズ・エンタープライゼス)
実業家の寺月恭一郎が設立した巨大企業。その実体は統和機構が経済を操作するための存在であった。
上遠野の書く他作品にも度々登場している。
PW(ペパーミント・ウィザード)
MCEのアイスクリーム部門。一風変わったアイスを売り、大変な人気を呼ぶ。
本編ではPWとしか呼ばれていないが、姉妹作のソウルドロップシリーズにて正式名称が明かされた。
ダイヤモンズ
反統和機構組織の中でも有力な組織の一つ。世界各地に拠点を有し、統和機構と暗闘を繰り広げている。
集団昏睡事件
とある街で高校生たちが昏睡状態に陥り、病院に運ばれたものの回復しないで眠り続ける状態となった事件。各方面の関心を呼んで調査が始まる。
ロックボトム
詳細が全く不明な世界の敵のひとつ。その正体は地面に根を張ることで地中の気の流れ、「地脈」を操り地震を発生させることのできる謎の植物である。塩分に非常に弱いという特性がある。
ペイズリーパーク
町の外れにある開発途中で頓挫した遊園地。取り壊されることもなく、その廃墟が残されている。
ジンクス・ショップ
楢崎不二子がオキシジェンと協力して起業した小さな店。大型量販店の裏に隣接して建っており、普通に歩いている限り気づき難い立地にある。その名の通り"ジンクス"を売り、高校生層を中心に口コミで評判になる。ここでいうジンクスとはある種のちょっとした未来予測とそれへの対処法を意味する。ジンクスはカードに文字を書いた状態で渡される。
牙の痕
郊外の丘にある謎の地形の事を指し、同様の地形が世界各地に4か所確認されている。その地形の正体は、『ナイトウォッチシリーズ』に登場する人類の天敵「虚空牙」が、人類の調査のために送り込んだ使者が降り立った跡。4か所のうち1つでは天から降りてきた存在の回収に成功したが、マンティコア・ショックの際にそれも失われてしまったという。『ロスト・メビウス』において、その正体と行動目的の一部が明らかにされ、さらに他の牙の行動についてはソウルドロップシリーズにて知ることができる。
なお、牙の周囲の領域は異次元のような状態で隔絶されており、普段は侵入不可となっている。この内部ではオキシジェンの見る「運命の糸」すら断絶される。
提案者
飛鳥井仁が設立したグループ。設立目的は、MPLS同士が相互に助け合うこと。高代亨・霧間凪・軌川十助らが所属し、九連内朱巳グループとも連携していることからかなりの戦力と情報力を有すると考えられる。統和機構の注意は引かない方針を取っているらしいが、実際は複数の統和機構がらみの事件で被害にあった人々を救援する活動を行っている。少数精鋭であるが、事件そのものが世界中で起こるため、慢性的な人手不足に悩まされている。
クレイムクラブ
統和機構の活動の足跡を追い、そこから情報やテクノロジーの奪取などで利益を引き出すことを目的に設立された団体。

シリーズ[編集]

単行本[編集]

ブギーポップは笑わない
1998年2月発売、ISBN 4-8402-0804-2
それぞれの登場人物の視点から物語を重ねるという手法を取り、全ての物語が重なった時にその全体像が浮かび上がってくるという構成になっている。
ブギーポップ・リターンズ VSイマジネーター PART 1
1998年8月2巻同時発売、ISBN 4-8402-0943-X
ブギーポップ・リターンズ VSイマジネーター PART 2
1998年8月2巻同時発売、ISBN 4-8402-0944-8
VSイマジネーターシリーズは、後述の『夜明けのブギーポップ』の一篇がPART 3、ナイトウォッチシリーズの『わたしは虚夢を月に聴く』がPART 4となっている。
ブギーポップ・イン・ザ・ミラー パンドラ
1998年12月発売、ISBN 4-8402-1035-7
ブギーポップ・オーバードライブ 歪曲王
1999年2月発売、ISBN 4-8402-1088-8
英文タイトルが『Heartbreaker II』となっており、『ブギーポップは笑わない』の一遍『Heartbreaker』の続編になることが分かる。
夜明けのブギーポップ
1999年5月発売、ISBN 4-8402-1197-3
ブギーポップ・ミッシング ペパーミントの魔術師
1999年8月発売、ISBN 4-8402-1250-3
ブギーポップ・カウントダウン エンブリオ浸蝕
1999年12月発売、ISBN 4-8402-1358-5
ブギーポップ・ウィキッド エンブリオ炎生
2000年2月発売、ISBN 4-8402-1414-X
ブギーポップ・パラドックス ハートレス・レッド
2001年2月発売、ISBN 4-8402-1736-X
ブギーポップ・アンバランス ホーリィ&ゴースト
2001年9月発売、ISBN 4-8402-1896-X
ブギーポップ・スタッカート ジンクス・ショップへようこそ
2003年3月発売、ISBN 4-8402-2293-2
ブギーポップ・バウンディング ロスト・メビウス
2005年4月発売、ISBN 4-8402-3018-8
ブギーポップ・イントレランス オルフェの方舟
2006年4月発売、ISBN 4-8402-3384-5
ブギーポップ・クエスチョン 沈黙ピラミッド
2008年1月発売、ISBN 978-4-8402-4141-0
ブギーポップ・ダークリー 化け猫とめまいのスキャット
2009年12月発売、ISBN 978-4-04-868197-1
ブギーポップ・アンノウン 壊れかけのムーンライト
2011年1月発売、ISBN 978-4-04-870122-8
ブギーポップ・ウィズイン さびまみれのバビロン
2013年9月発売、ISBN 978-4-04-891870-1

短編[編集]

メタル・グゥルー
メディアワークス電撃hp』3号掲載、単行本未収録
ロンドン・コーリング
メディアワークス『電撃hp』4号掲載、単行本未収録
死神を待ちながら
メディアワークス『電撃hp』5号掲載、単行本未収録
チャリオット・チューグル
メディアワークス『電撃hp』6号掲載、単行本未収録
ブギートーク・ポップライフ
CD『ニュルンベルクのマイスタージンガー第1幕への前奏曲ブギーポップ・ヴァージョン』に掲載

漫画作品[編集]

ブギーポップは笑わない(コミック版)
原作 - 上遠野浩平、作画 - 緒方剛志
小説の挿絵担当者による原作第1巻のコミック(全2巻)
緒方はコミック連載と同時期に『電撃hp』にて掲載されたイラストノベルも描いており、それがコミック版の雑誌連載最終回では、エピローグとして再掲載されていた(単行本未収録)。
ブギーポップ・デュアル 負け犬たちのサーカス
原案 - 上遠野浩平、作画 - 高野真之
全2巻。原作とは別のブギーポップが登場する。

テレビアニメ[編集]

ブギーポップは笑わない Boogiepop Phantom』。テレビ東京系列局6局ほか一部系列外局にて放送。全12話。系列キー局のテレビ東京では2000年1月5日から同年3月22日まで深夜アニメとして放送された。キャストは若手声優を中心に構成されている。

原作の『ブギーポップは笑わない』および『夜明けのブギーポップ』の後日談を描いたオリジナルストーリー。同年公開の映画版とリンクするメディアミックス企画であり、原作の場面や台詞も登場するがその一部は映画版のそれに基づいている。また、オリジナルキャラクターとして、実体を持たないもう一人のブギーポップ(ブギーポップ・ファントム)が登場する。テレビアニメ版が外伝的なオリジナルストーリーとなった理由として、シリーズ構成の村井さだゆきは、原作がシリーズもののテレビアニメに向かない構成であることを挙げている[5]

原作と同様に各話の語り手が異なり、全ての話を見ることで事件の全体像が浮かび上がってくる構成となっているが、小説本編を読んでいないと内容をほとんど理解できない(『笑わない』の部分は映画版によって補われるはずだったが、公開が遅れたため構想が狂った)[5]。また、ほぼ全編を通して明度が抑えられた暗い色調の画面が続き、物語の重奏低音である登場人物の不安や憂鬱と相まって、サイコホラーを思わせる演出効果をもたらしている。後の製作者サイドのコメントによると、色調に関しては特に演出意図はなく、想定していた以上の暗さに製作者も意表を突かれたという[5]

電撃文庫からは関連書籍として、文庫本サイズの『ブギーポップは笑わない TVシリーズシナリオ集』も発刊されている(全2巻)。

キャスト(アニメ)[編集]

スタッフ(アニメ)[編集]

主題歌(アニメ)[編集]

オープニングテーマ
夕立ち
歌 - スガシカオ
  • 後述の実写映画版のオープニングテーマにも用いられている。
エンディングテーマ
「未来世紀(秘)クラブ」
歌 - 杏子

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
1 Portraits from Memory
記憶の肖像
村井さだゆき 渡部高志
安田賢司
安田賢司 須賀重行
2 Light in Darkness
闇の灯火
安田賢司 米田光宏 田中穣
3 Life Can Be So Nice
世界を受け入れし者
水上清資 村田雅彦 関口雅浩
4 MY FAIR LADY
けがれなき少女への愛
野尻靖之 松浦錠平 福世孝明
三宅雄一郎
5 Interlude
間奏
村井さだゆき 安田賢司 三浦和也
6 Mother's Day
汝、母を愛せよ
野尻靖之 渡部高志
えんどうてつや
熨斗谷充孝 浅野ヒロ
7 Until Ure In My Arms Again
世にかなわぬ願いなく
水上清資 仁賀緑朗 山田次郎 関口雅浩
8 She's So Unusual
彼女の生き方
村井さだゆき 川瀬敏文 山本恵 秦野好紹
梅原隆弘
9 You'll never be young twice
過ぎ去りし我が時
野尻靖之 安田賢司 松本文男
10 Poom Poom
プームプーム
水上清資 佐藤雄三 金紀杜
11 Under The Gravity's Rainbow
村井さだゆき 仁賀緑朗 矢吹勉 米田光宏、三浦和也
伊藤良明、松本文男
12 A Requiem
眠りによって全てが終わる
渡部高志 安田賢司 須賀重行

放送局[編集]

放送地域 放送局 系列 放送日時
関東広域圏 テレビ東京 テレビ東京系列 毎週水曜 25:45 - 26:15
北海道 テレビ北海道 毎週日曜 6:30 - 7:00
愛知県 テレビ愛知 毎週火曜 25:45 - 26:15
大阪府 テレビ大阪 毎週火曜 26:15 - 26:45
岡山県香川県 テレビせとうち 毎週土曜 6:30 - 7:00
福岡県 TVQ九州放送 毎週月曜 26:05 - 26:35
福島県 テレビユー福島 TBS系列 毎週月曜 24:50 - 25:20
静岡県 静岡放送 毎週金曜 26:05 - 26:35
テレビ東京 水曜25:45 - 26:15枠
前番組 番組名 次番組
ブギーポップは笑わない

実写映画[編集]

ブギーポップは笑わない Boogiepop and Others』。2000年3月11日公開。第1作の映画化。

主演の吉野紗香がメディアワークス主宰のラジオ番組『電撃大賞』の第6期パーソナリティに起用される。

キャスト(映画)[編集]

上遠野浩平がエキストラ(階段で本を読む男性)として登場している。

スタッフ(映画)[編集]

主題歌(映画)[編集]

「夕立ち」
歌 - スガシカオ(アルバム『Sweet』収録)

ゲーム[編集]

電撃文庫 FIGHTING CLIMAX
電撃文庫キャラが登場する対戦格闘ゲームで、ブギーポップがサポートキャラクターとして登場する。

関連作品[編集]

上遠野作品は全ての作品が、どこかでリンクし繋がっている。以下にはブギーポップシリーズと直接リンクしている作品を挙げる。

ビートのディシプリン
ブギーポップシリーズと同一の世界設定と作品内の年代を共有し、合成人間ピート・ビートを主人公として物語が進展する。上遠野の作品中でも本シリーズと最も関わりが深いシリーズの一つ。
わたしは虚無を月に聴く(ナイトウォッチ三部作
ナイトウォッチ三部作の2作目。ブギーポップシリーズの遥か未来の物語。本シリーズの水乃星透子が重要な役割で登場する。
しずるさんシリーズ
ブギーポップシリーズと同一世界の物語。しずるさんの入院している病院は『ホーリィ&ゴースト』に登場するスリム・シェイプが入院している病院と同一。
ソウルドロップシリーズ
ブギーポップシリーズと同一世界の物語。本シリーズやしずるさんシリーズに登場したキャラクターや用語が多数登場している。『ホーリィ&ゴースト』に登場する病院も作中に登場。
事件シリーズ
ブギーポップ世界から様々な物(霧間誠一の著書など)が漂着しており、それを研究する界面干渉学という学問がある。魔法の発動原理がブギーポップシリーズの水乃星透子の扱う"死"と同じ原理。
ギニョールアイの城/ドラゴンフライの空
事件シリーズの外伝。『ホーリィ&ゴースト』に登場する<リセット>雨宮世津子は『ギニョールアイの城』が初登場。現在はAmazon.comで電子書籍として販売されている。
酸素は鏡に映らない
ブギーポップシリーズと同一世界の物語。組織や登場人物など、随所でブギーポップシリーズとのリンクが見られる。
ヴァルプルギスの後悔
霧間凪を中心とした物語。炎の魔女ヴァルプルギスと氷の魔女アルケスティス、二人の魔女の戦いが中核となる。『ビートのディシプリン』と同様、本シリーズとの関連性が最も深いシリーズの一つ。他にも『ホーリィ&ゴースト』に登場する病院、ソウルドロップシリーズの釘斗博士、事件シリーズの世界に存在する呪詛という概念が登場するなど特にクロスオーバーが濃い作品である。
戦車のような彼女たち
統和機構の合成人間たちが登場する物語で、事件シリーズとも関係している。ソウルドロップシリーズの釘斗博士も登場する。
螺旋のエンペロイダー
統和機構に確保されたMPLSが通うNPスクールでの、「エンペロイダー」をめぐる物語。『冥王と獣のダンス』の枢機王も登場する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 講談社刊 『ファウスト』 2005 SPRING Vol.5 東浩紀 『波状言論』 序文より
  2. ^ 『電撃文庫総合目録2010』
  3. ^ 『ぼくの、マシン ゼロ年代日本SFベスト集成〈S〉』(創元SF文庫
  4. ^ a b c d 講談社刊 『ファウスト』 2005 SPRING Vol.5 スーパートークセッション
  5. ^ a b c d 電撃文庫 『ブギーポップは笑わない TVシリーズシナリオ集』 (1巻 ISBN 4-8402-1491-3、2巻 ISBN 4-8402-1536-7)より
  6. ^ 例として『戦車のような彼女たち』(講談社)に登場したマウスなど
  7. ^ 『酸素は鏡に映らない』『残酷号事件-the cruel tale of ZANKOKU-GO』など。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

第4回電撃ゲーム小説大賞・大賞受賞作品
第3回 ブギーポップは笑わない
上遠野浩平
第5回
該当作品なし 該当作品なし