ライザのアトリエ2 〜失われた伝承と秘密の妖精〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アトリエシリーズ > 秘密シリーズ > ライザのアトリエ2 〜失われた伝承と秘密の妖精〜
ライザのアトリエ2
〜失われた伝承と秘密の妖精〜
ジャンル 錬金術RPG
対応機種 Nintendo Switch
PlayStation 4
PlayStation 5
Steam
開発元 ガスト
発売元 コーエーテクモゲームス
音楽 柳川和樹
裏谷玲央
松村佑樹
水上浩介
三武亜紗美
アサノハヤト
美術 トリダモノ(キャラクターデザイン)
シリーズ アトリエシリーズ
人数 1人
発売日 [Switch/PS4/PS5]2020年12月3日
[Steam]2021年1月26日
対象年齢 CEROC(15才以上対象)
テンプレートを表示

ライザのアトリエ2 〜失われた伝承と秘密の妖精〜』(ライザのアトリエツー うしなわれたでんしょうとひみつのようせい)は、コーエーテクモゲームスより発売されたゲームソフト。『アトリエシリーズ』の一作。

Nintendo SwitchPlayStation 4PlayStation 5(DLのみ)[注 1]・PC(Steam)のマルチプラットフォームでPS5/PS4/Switch版は2020年12月3日に発売され、Steam版は2021年1月26日に発売予定[1]

概要[編集]

錬金術によるアイテム作成を主題としたアトリエシリーズの22作目(スピンオフ系タイトルを除く)。2020年7月20日配信の「Nintendo Direct」にて発表された。ガスト開発部の横浜移転後初のアトリエシリーズ新規タイトルでもある。

ライザのアトリエ 〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜』の続編で、前作から3年後の物語が描かれる。主人公の続投はシリーズでは初のケースとなる[2]

ゲームシステム[編集]

登場人物[編集]

主要人物[編集]

ライザリン・シュタウト
声 - のぐちゆり
本作の主人公。愛称は「ライザ」。20歳。前作の冒険後はクーケン島に残り、今では島の子供達の教師的存在となっている。独学で続けている錬金術は行き詰まり気味。
フィー
声 - 和多田美咲
ライザが出会った正体不明の小動物。可愛らしい姿をしており、ライザに懐いて共に行動するようになる。
クラウディア・バレンツ
声 - 大和田仁美
行商人ルベルトの娘。現在は王都で仕事をしている。前作でのライザ達との冒険の思い出が忘れられないでいる。
レント・マルスリンク
声 - 寺島拓篤
ライザの幼馴染の一人。前作の冒険後に武者修行として旅に出る。立ち寄った王都にて、ライザ達と再会する。
タオ・モンガルテン
声 - 寺島惇太
ライザの幼馴染の一人。現在は王都へ留学中で、家庭教師をしている。前作から大きく背が伸び、声変わりをした。
パトリツィア・アーベルハイム
声 - 大空直美
王都における資産家のヴォルカーの娘。愛称は「パティ」。タオの教え子の一人。剣術の嗜みがある。
クリフォード・ディズウェル
声 - 竹本英史
トレジャーハンターの青年。トレジャーハンターを名乗ってはいるものの、実際には盗賊に近い。
セリ・グロース
声 - 藤井ゆきよ
前作に登場したリラ・ディザイアスと同じオーレン族の女性。植物の種を集める旅の過程でライザ達と出会う。

王都の人々[編集]

ヴォルカー・アーベルハイム
声 - 新垣樽助
パトリツィアの父親。王都の貴族で、元騎士。
ボオス・ブルネン
声 - 阿座上洋平
ブルネン家の息子。タオと同様に王都へ留学中。
ゼフィーヌ・ボドワン
声 - 逢田梨香子
学園区にあるカフェで働いている看板娘。
デニス・ホーラント
声 - 八木沼凌
王都内では優れた技術を持つ鍛冶屋。
ロミィ・フォーゲル
声 - 長久友紀
商店の店長。ライザとは顔馴染みの関係。
カサンドラ・カペリ
声 - 鈴代紗弓
農業区にある農家の長女。

その他[編集]

アンペル・フォルマー
声 - 野島裕史
流れの錬金術士。ライザの錬金術の師匠で、今作においてもリラとの二人旅を続けている。
リラ・ディザイアス
声 - 照井春佳
アンペルと共に旅をしているオーレン族の女戦士。

用語[編集]

アスラ・アム・バート
ロテスヴァッサ王国の首都。本作の舞台。

関連商品[編集]

CD[編集]

ライザのアトリエ2 ガスト限定 ドラマCD『あの夏、ふたたび。〜少し大人になった少女たちの女子会〜』
ライザのアトリエ2 豪華絢爛!GS最強ギャラクシーコンボセット収録。[3]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ パッケージも発売予定であったが、諸般の事情を理由に発売中止となった。PS4版(パッケージ・DL)は購入した場合、PS5へアップグレード可能。

出典[編集]

外部リンク[編集]